LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

YEN鷹傾向 

昨日は、柳田(Y)江川(E)中村(N)の3人衆のトリオアーチを見る事が出来ました。

今年のオープン戦で、この3人の成長を確信したので、打線的にはかなりの厚みが出ると予想していましたが(打線で優勝出来る見込みだった)、私には珍しく、ある程度は当たったかなと思っています。(ただ、その3人ともが怪我するとは思ってもみなかったんですが)それはともあれ、3人各々の特長が出た、いいホームランでした。

まずは、柳田。今のプロ野球のホームラン打者に第一に求められるのは、「高目を打てる」ことなのかもしれません。(昔は、低目をすくいあげる打者が、プロのホームラン打者でした)それが柳田はホークスの若手で一番上手に出来る打者だと思います。インハイ気味のストレートを上から強く叩ける打撃を存分に見せつける、どでかいスリーランでした。

次に江川。外のボールを強く叩いて、ライトスタンドにも持っていける、スウィングの強さがあるのは、江川の強みです。ま、インコースをライトスタンドに持っていくような技術を身につければ、ホンマモンの広角ホームラン打者になれるんですが(山本浩二・落合のような)、その域にまだまだ遠いかな。(苦笑)狙って、ライトスタンドじゃないすしね。
それはともかく、外の高目を空振りしてもいいから、踏み込んで強く振りにいく姿勢があれば、まだまだホームランは増やせると思います。

最後に中村晃。ホームランコメントで「いい芯詰まりのホームランでした」となかなか天才チックな(一般人には理解しずらい)コメントを残していましたが、「芯で捉えてから、ボールとバットを長くくっつけて、飛ばしたホームラン」といえるのかなと思います。

そう、この最高技術こそは、松中信彦の代名詞でした。これを出来る打者は、そうはいません。高い技術を誇る、今年の長谷川でも「詰まらせて飛ばす」ではなく、反動を利用して飛ばす型でのホームランですし。
(決して悪い事ではないです)内川がたまにこういったホームランを打ててる気もしますけど、それを、25歳前後の打者が出来ているってのが、将来に希望が持てます。いや、それ以上に「自分がそういった打撃が出来た」という事を自覚出来ているのが、恐ろしさすら感じます。。なんでボールが飛ばせられたかを言葉に出来ているんですから。


スポンサーサイト

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

王楽さんお疲れさまです、大場が一回持たず、先発ガタガタで先発は崩壊で優勝云々を云える立場ではないですが、

長い目で見て、今シーズンは生え抜きの若手打者を育てるよいシーズンで、長い大河ドラマという視点では大変に面白いシーズンです。


中村はそんな事を言っていましたか…本当に末恐ろしいし、武者震いのするようなコメントですね、今日のデッドボールの怪我はどうだったのでしょうか? 生憎その辺だけは見れませんでした。

江川はけして絶好調ではないにも関わらず、ホームランをコンスタントに打てるようになりました、シーズン通して出れば二十五は打てる間の取り方を覚えたし、フォームを崩しかけても修正もできるようになりましたし、もう一皮剥ければ近い将来三十本塁打打てるかもしれませんね。

彼のように巻き込んで打つ美しいアーチをかける打者はなかなか今の日本にはいませんし、しっかりとした考え方をインストールする事が、その一皮を剥く近道であり、また最大の難所でもあるような気がします。

今宮も含め若手が自信をつけ、内川、松田、長谷川が円熟の技術を見せ、ドカッと中心にいて、かなり理想的な打線になってきました、後は来年はボチボチ山下を育てていけば懸案の捕手も…。(捕手としてではないですが猪本がホームランを量産しているみたいですが原因は解りますか?)

しかし、ホークスは全体的に早めに動いて始動する打ち方が見事にはまりましたねぇ。

ほーくすくす #- | URL
2013/08/15 23:17 edit

Re: タイトルなし

>ほーくすくすさん

> 王楽さんお疲れさまです、大場が一回持たず、先発ガタガタで先発は崩壊で優勝云々を云える立場ではないですが、
> 長い目で見て、今シーズンは生え抜きの若手打者を育てるよいシーズンで、長い大河ドラマという視点では大変に面白いシーズンです。


今年はぶっちぎりで優勝するやろうとみてたんですけどねぇ・・・。負けた悔しさを晴らすかのように野手が育ちまくりなのは、本当に大きな収穫ですよね。

> 中村はそんな事を言っていましたか…本当に末恐ろしいし、武者震いのするようなコメントですね、今日のデッドボールの怪我はどうだったのでしょうか? 生憎その辺だけは見れませんでした。

デッドボールの後、足は地面についていたんで、大きな骨折はないと信じたいですね。
この発言で、いずれ、稲葉のようなホームランも打てる打者になれそうな予感がしました。あのホームランは稲葉のホームランに良く似ていました。

> 江川はけして絶好調ではないにも関わらず、ホームランをコンスタントに打てるようになりました、シーズン通して出れば二十五は打てる間の取り方を覚えたし、フォームを崩しかけても修正もできるようになりましたし、もう一皮剥ければ近い将来三十本塁打打てるかもしれませんね。
> 彼のように巻き込んで打つ美しいアーチをかける打者はなかなか今の日本にはいませんし、しっかりとした考え方をインストールする事が、その一皮を剥く近道であり、また最大の難所でもあるような気がします。


もっと7・8番くらい打たせて、ホームランだけ狙わせるようにしたら面白いんですが、そうも言ってられんですしね。柳田が体調万全なら、私でも柳田を優先して、スタメンで使うでしょうし。

私も江川こそが、私が昔から見てきた、古き良きホームラン打者と思うんですが、ホークスでコーチをしていた(当時は江川も在籍していました)金森氏は、解説で「入団当時はホームラン打者というイメージはなかったですけどね。」と発言していました。これを聞いて、人の見方というのは様々だし、逆に言えば、コーチというのは、ちょいちょい変えていかないとその思いこみで、成長を阻害する可能性もあるのかなと思いました。まぁ、なにより金森、診る眼無いわとも思いましたが。

> 今宮も含め若手が自信をつけ、内川、松田、長谷川が円熟の技術を見せ、ドカッと中心にいて、かなり理想的な打線になってきました、後は来年はボチボチ山下を育てていけば懸案の捕手も…。(捕手としてではないですが猪本がホームランを量産しているみたいですが原因は解りますか?)
> しかし、ホークスは全体的に早めに動いて始動する打ち方が見事にはまりましたねぇ。


早目始動はもっと注目されるべき技術だと思います。今は遅すぎですよね。高校野球でも「遅いなぁ」と感じる事がたびたびで。
猪本はフォームは変わっていませんが、以前よりもホームラン狙いの打撃を優先しているように感じます。前は、結果が欲しくて、状況に過剰に対応した打撃をしていましたし。その点は大道コーチが「お前はとにかく全部ホームラン狙え。」というくらいの大胆な指導をしたんじゃないかと推測しています。
大道コーチは、選手の特性を伸ばすタイプのコーチのようですし。

王楽太陽 #- | URL
2013/08/16 13:36 edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2013/10/14 08:40 edit

Re: 仮想ドラフト

> お久しぶりです。編集者です。
> 仮想ドラフトの件で、掲示板に日書き込みを行いましたので、よろしくお願い致します。

すみません。メールも返却しておりましたが、19日はダメなもんで。またの機会を楽しみにしています。

王楽太陽 #- | URL
2013/10/14 10:54 edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/797-3c4783e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。