LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

九州の逸材高校生3 九州NO1野手 立岡宗一郎 

ドラフト前に(正直にいえば、他球団の選手となる前に)私が気になっていた選手の寸評をやっておきます。まずは、秋山2世の呼び声高い、九州NO1野手、立岡宗一郎から

立岡 宗一郎
鎮西 右打 外野手
走攻守に加え、長打力があるファイブツール型の野手好きの私としては、なんとか、仕事の都合をつけて、熊本まで立岡を観に行きたかった。(結局かなわず)なんとか打席の映像を観る事が出来たのだが、多分この選手の良さはそういった打席だけの映像なんかじゃ分からないものなんだろうなぁと思う。そう思いつつもその映像だけの判断をすると、イメージ的には、今福岡大で4番を打っている、博多工業の甲斐という野手を思い出した。決して、器用ではなく、フォーム的にも柔らかさを感じないが、振りの強さを感じさせる打者だ。プロでいえば、森本(日本ハム)のような感じか。森本も一軍定着に時間が掛かったが、立岡も時間がかかりそうな気がする。少なくとも今の金属打ちの打撃フォームは変える必要があると思う。私には上位指名すべき選手とは感じなかったが、ぜひプロで見てみたい選手である。
-A
スポンサーサイト

テーマ: 高校野球 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

大田泰示ちゃどげな選手ね?(ドラフト番付 横綱選手の紹介) 

まさかの大田(東海大相模高)の進路変更ですね。心より歓迎します。王さんの「大田は何故、プロに行かないんだ?」という発言が、福岡のスポーツ紙では一面を飾っていましたが、こうしたプロのラブコールも大田の心に影響を与えたのかもしれません。

ホークスのドラフト1位指名は、ほぼ大田に傾いたと感じています。大田がプロ志望を出さなきゃ巽(近大)だったでしょう。投手の補強も必要課題なんですが、昨年、大場と岩嵜を王さんが引き当てた事がその補強に若干の余裕を持たせてくれたような。又、将来のホークスの野手を想像するに、大田が入る事で、ジグゾーパズルの最後のワンピースが埋まる感じがあります。陽仲壽を獲得出来なかった穴がこれで埋まるような。

では、この大田という選手に対しての私の寸評です。大田同様に番付で投の横綱と私が高い評価をした八木という投手の寸評も書いておきます。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ←王さんが「育成枠選手」の拡大を考えておられます。ぜひ、その際にはロッテを解雇された柳田という打者を取ってくれないかなぁと。怪我でもしてなければ。
育成枠の拡大は賛成なのですが、なんとかファームの試合数を増やさないともったいないですね。選手は試合で巧くなりますから。
-- 続きを読む --

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

ホークススカウトチェック選手2 高卒投手で投手王国再建を 

ホークスが近田(報徳学園)、甲斐(東海大三)の両名の上位指名する事を目論んでいる事が発表されました。今後のドラフトでは、逆指名での即戦力投手の確保が不可能になりましたから、自前で投手を育てる事にシフトチェンジしようとする意思が感じられますし、良い戦略だと思います。それと岩嵜の育成に一定の成果が出ている事もこの流れを作ったのかもしれません。
打者の方では、城所・明石・江川・中西・福田・荒川・中村といった同世代に競い合うライバルがいますが、岩嵜のライバルは大田原くらいしか見当たらないので、高卒投手の獲得は彼らの成長にも寄与してくれるのではないでしょうか?では、その噂の二人の私の寸評を。一応、番付では高く評価しておりますので、並べてご覧下さい。

近田 怜王
報徳学園 (投手 左投)
一年生から高く注目され、3年生になった時には世代NO1となるだろうと目されていた投手。ところが、昨年夏の甲子園で、試合中に熱中症を患い、その後投球イップスに罹り、「近田はもうダメか。」といわれた時期もあった。しかし、今年の夏には復活を果たし、甲子園でも雄姿を見せ、ドラフトマニアをホッとさせた。

フォーム的には、テークバックの際に右肩が一塁ベンチ方向に向き、打者に背中を見せるように体をねじり、放る。肘の位置が低く、ややスリークォーター気味なのもあって、打者はボールを離す位置が見づらいのではないか。どことなく、元オリックスの前川の腕の振りに似ているような。
その為、速球の球速が平均138km程度で、ガンよりも速く感じるといったタイプの球でもないのに、打者が差し込まれるシーンをよく見た。ただし、ストレートのコントロールはまだまだアバウト。よく高目に抜ける球もみられ、ストレートはまだまだ改善する点が多い。

変化球は、スライダーがほとんど。曲がりが大きく、低目に決まる為、プロでも十分に決め球となるはず。カーブもカウントを取る球として放っていたが、腕の緩みが感じられる。

気持ちが前面に出た負けん気の強そうな雰囲気が杉内によく似ている。イップスの克服など苦労した分、大きく伸びる感じもある。+A

甲斐 拓哉
東海大三 (投手 右投)
中学時代は、全国優勝をしたほどのエリート投手。2年生まで怪我などで目立たなかったが、3年になり、頭角を現す。
体格も大型で、速球投手なのだが、マウンドでは力感が無く、どことなく立ち投げのような印象を受ける。大学時代の柳瀬みたいな感じ。
フォーム的には、新垣のように一旦上げた足を止め、ステップの幅が狭い。立ち投げのように感じるのはそこだと思う。重心が前に乗っていない感じもある。
それなのに、投げている球(速球)は一級品。平均で144・5kmくらいだろうが、力を入れると150km近く出る。腕が上から叩きつけるように出ており、角度がある。ロッテの大嶺の腕の振りに似ているような。
それを活かす変化球にやや難があるか。カーブも大きな落ちが無く、スライダーもドロンと曲がる。あの腕の振りなら、もっとフォークやカーブなど縦系の変化球も習得できると思うが、いかんせん下半身の使い方がそれを邪魔している感が。
ともあれ、スケールの大きさは抜群で、プロで大きく育って欲しいと願わずにはいられない怪腕投手である。+A

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ←雁ノ巣で柴田恵理アナを見て、見惚れてしまった私としては、軽いショックを受けています。ぜひ、癒しのクリックをお願いします。

テーマ: 高校野球 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

九州の逸材高校生3 

伊波 翔悟
浦添商 (投手 右投げ右打ち)
身長が170cm強だが、しっかりした佇まいというか、マウンドでは大きく見える。フォーム的には、非常にオーソドックスで、欠点らしいものは感じない。逆にいえば、ちょっとまとまりすぎかと思うほど。ロッテに入った林啓介(福井商)という投手にどことなく似ている印象(誰も覚えてないって)。
球速は平均で143・4kmほど。しっかりしたバックスピンが利いた質が高いストレートを放る。問題なのは変化球で、カットとツーシームというストレート系の変化球を主とする為、緩急がきかず、一本調子な投球に感じる。
同郷の好投手東浜に強いライバル心を持ち、投手としてのプライドを感じるが、バッターとしても、非常に柔らかいバットコントロールを甲子園で見せつけ、「バッターの方がプロで可能性が高いのでは?」という声も多く挙がった。+B

赤川 克紀
宮崎商 (投手 左投げ 左打ち)
夏の甲子園で最も株を上げ、ドライチ候補との声まである大型左腕。又、素材型左腕からの脱皮したともいえる、春から夏にかけての成長度の高さも好感されている。
身長184cmの割りに重心を下にかがませるように投げる為、角度のある感じはしない。山本昌、八木(日ハム)、有銘らのようにガチャガチャした感じ(どんな感じや)のフォームで、個人的には好きなタイプの左腕ではない。(吉田修司や篠原のような綺麗なフォームの左腕が好きです)
ストレートは平均142km程度か。低めに決まるので、球速よりは速く感じる。右打者のアウトローへのストレートが生命線のよう。
変化球は、その生命線を活かすべく、右打者の足元に大きな横滑りのスライダーが武器。スライダーの質は高く、よくコントロールされ、打者の近くで大きく曲がっている。
今のところ、投球の幅が無いのが、たまに傷だが、チェンジアップやフォークなどを習得すると面白い。不器用そうだが、インタビューからも真面目そうで、今後の成長も大きく見込めそう。+A

テーマ: 高校野球 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

福岡県の逸材3 頼むぞ 辛島(飯塚) 

さぁ、明日から甲子園大会の始まりです。また、一回戦をビデオに録り(DVD故障中)、有力選手のチェックをして、こちらで紹介出来たらと思っています。
福岡は、飯塚高校が代表となりましたが、飯塚を引っ張っているのは、なんといってもエース辛島です。今日は、辛島とホークスにも在籍していた笠原の息子さんの紹介を行いたいと思います。

飯塚高校
辛島 航(投手 左投げ)
「(今は)凄みは感じないけど、勝てる投手」こういったタイプの投手で、しかも左投手が、福岡予選を勝ち抜く事は、近年非常に多い。辛島は、その典型的なタイプだが、そういったタイプの投手の中でもトップランクのピッチングの巧さを感じる。
フォームは、非常にまとまっており、オーソドックス。力感が全く無く、腕の振りもゆったり。打者にとっては、その割には速く感じるのか、平均130km弱のストレートに押されていたり、振り遅れの空振りを取ったりする。和田(ホークス)タイプかなと感じる。ファーボールは非常に少ないが、コースコースにバシバシ決めるコントロールは無く、よく高目に浮く球がみられるのが気掛かり。
この投手のミソは、変化球とのコンビネーションで、変化球は、大きなカーブとチャンジアップ、カット気味のスライダーを持つ。TVで見る分には分からないが、何故か、打者がベースの前のワンバンのチェンジアップを空振りを誘う事もよくある。
即プロといった感じは今のところ無いが、フォームの良さからも、和田や古川(清峰→日本文理大3年)のように大学で大きく速球の威力を増し、ドラフト上位指名選手になれる可能性が高い投手だと思う。+B
-- 続きを読む --

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。