LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

大学NO1サウスポー 坪井 俊樹 

私が仮想ドラフトで指名した、思い入れの強い選手の紹介です。

坪井 俊樹
筑波大 投手 左投
坪井といえば、高校時代、センバツで、当時九州NO1スラッガー定岡(ロッテ)がいる福岡工業大城東との対戦が印象的だった。今でもそうだが、背が高くヒョロヒョロしたサウスポーが定岡を手玉に取っていた。その坪井、大学世界選手権にも選ばれ、今年のドラフトでも上位指名が予測されている。
フォーム的には、やや踏み込みが甘い感じがし、力感は無いが、井川(元阪神)のように腕が遅れて出てきて、しっかりと上から投げ下ろす事が出来ている。その腕の振りと長身を活かした角度のある速球とカーブが武器。コントロールはあまり良くなく、意味無くファーボールを出したりもする。
来年、即一軍というイメージは沸かないが、現在のリーグ戦では上り調子らしく、良い感じでプロ入り出来るのは強み。+A
スポンサーサイト

テーマ: 社会人野球、大学野球 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

帰って来い九州へ 九州出身の逸材選手1  

今年のドラフトの特徴の一つに、九州に関連する選手が多くリストアップされている事が挙げられます。今日はその中でも九州を出て、東京の大学へ進学した好選手の評価をしてみたいと思います。

細山田 武史
早稲田大 (捕手 右打)
鹿児島の高校時代は、城島が何度かやったような(肩を痛めるから止めたとか)座ったままで、2塁へスローイングをするなど、強肩の捕手として鳴らした捕手。タイプ的は城島のような野性味溢れる感じというより、古田・伊東勤のようなインテリジェンスな感じがする。(いや、JOHの事を悪く言ってんじゃないですよ)体つきも細く、今でいえば、楽天の嶋のような。
早稲田では2番を打つなど、つなぎの役目を果たしており、リーグ首位打者も獲得した。打撃に力感は無いが、プロでも繋ぎの打撃は出来るような。中日の荒木の打撃にどことなく似ている感じがする。
非常にまとまっていて、即戦力タイプの捕手だが、その分ノビシロにちょっと不安が?+A

柴田 講平
国際武道大 (外野手 左打)
福岡の城東高校出身。ホークスにいた定岡(現ロッテ)と同期。甲子園にも出ているはずだが、私は記憶に無い。大学になって、急激に伸びた選手のようで、今年の大学世界選手権でも堂々のレギュラーとして、選出された。赤星2世といわれるように持ち味は足と足を活かした広い守備範囲。一塁までのタイムは3.9秒ほど。このタイムは、ホークスでは明石と本多だけ(王楽太陽 雁ノ巣で計測より)。
ただし、赤星の入団時同様に打撃の弱さは気にはなる。どことなく、雁ノ巣にいた時の高谷に似ている感じで、一見遠くへ打ちそうなイメージなのに、ゴロばかり打ってしまう感じの打撃。もっと、小さく構え、スリ足にし、コツンと当てていく、小さく振る打撃(楽天の内川のような)を完成させた方が、プロのレギュラーとしては生き残れそう。-A

今村 健二
亜細亜大(内野手 左打)
熊本の高校時代の打撃動画を見て、私が一目ぼれした好打者。高校でも大学でも1年からレギュラーだったとか。大学2年の時見た、神宮大会での打撃は、「やっぱ、今村は別格やん。」と感心したのを思い出す。
何が素晴らしいって、深いトップから無駄なく、ミートまで一直線に落ちてくるスウィングの軌道。調子が良い時の仲澤ばり。
打者のタイプ的には、まさに柴原。柴原同様に惜しいのは、十分一発を放つ力もあるが、身長の低さから、ヒットを打つ事を優先した打撃のようである。選手としての特徴の無さが、やや気にはなるが(実際にあまり話題にならない)、打撃技術の高さは、今年の大学生でもNO1じゃないだろうか。+A

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ←山田秋親が退団となりました。一度、病院の待合室で会った事があり(肘の手術後でしょう)、「頑張ってください」と声を掛けた事があります。非常に腰の低い、好青年でした。彼の今後に幸多かれのお気持ちを込めて、クリックをして頂けると幸いです。

テーマ: 社会人野球、大学野球 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

大学生 即戦力先発候補3人衆(明治神宮大学選手権より) 

今年は関西の大学に3人ものドライチ候補とされる先発タイプの右腕投手がいます。今日は、明治神宮大会での印象を踏まえ、ご紹介したいと思います。この3人で誰が最もホークスに欲しいかといわれれば、巽ですが、必要なのは、榊原じゃないかとも思っています。それぞれ、タイプが全く違うのも面白いです。

評価 S(ドラフト上位指名の実力)A(ドラフト指名の可能性がある実力) B(将来ドラフト指名の可能性がある実力)←あくまで私の私見です。あしからず。

近畿大学
巽 真吾(投手 右投げ)
大隣が近大の4年生の秋、肩を痛め、その代役として、明治神宮大会で放り、その素晴らしさに一躍「2年後のドライチは確定的」とドラフトマニアの大注目を集めた投手。投手は、和歌山の新宮高校3年から始めたらしい。にも関わらず、密かにプロの注目は浴びていたそうである。

フォーム的には、和歌山の先輩、西口(西武)に似た感じ。建築家を目指していただけあってか(?)(落合監督もそうだった)、自分のフォーム・技術分析には長けているとか。
速球は、西口同様に浮き上がってくるかのような、伸びのあるストレートが特徴的な快速球系。神宮大会では、平均で145km程度。しかし、回転数が多い為か、速球がやや軽いという印象を受ける。又、ビシっと捕手の構えたところに放るようなコントロールは無く、上下にバラつく事が多い。

変化球がまた特徴があって、大きなカーブでいつでもカウントを取れ、縦の速いスライダーで空振りを取る。(私は最初、フォークだと思ってました)西口と大きく異なるのは、横のスライダーが無いこと。速球を含め、縦の変化・組み立てで打者を牛耳るタイプ。

先日、ホークスがリストアップしてあるとスポーツ紙の一面も飾り、近大とホークスの繋がりの深さからも、私は彼の1位指名が最も考えられる線だとみている。(しかし、最低でも3球団以上の重複指名は予測される)
将来性はバツグン。一年目からも十分に先発ローテに加われるだろうが、大場同様にまとまった投手では無い為、育てながら使うといった感じになるのではないか?-S
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ←巽を取って、2011年には、大場・大隣・巽・岩崎・大田原のローテが完成したら、凄いだろうなぁと思われた方は、クリックをお願いします。励みにしております。
-- 続きを読む --

テーマ: 社会人野球、大学野球 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

ホークススカウトチェック選手(大学生)1 

近年、大学生野手の逆指名が非常に少なくなっています。10年ほど前(井口くらい)は、大学生の大物野手が、1年に1人くらい居たのですが、最近は注目されるのは、投手ばかりが目に付きます。この5年間で逆指名で入団した野手は8人(投手は48人)だそうです。
ところが、今年は社会人も含め、即戦力野手(といっても、プロで2~3年は苦労するのですが)が多くいます。今日は、その中でもトップランクと目され、当然、ホークススカウトも視察に訪れている二人を紹介します。

亜細亜大
岩本 貴裕(外野手 左打ち)
リーグ戦またぎで、4打席連続ホームランをたたき出した、大学NO1スラッガー。松田が4年生の時、2年生でありながら、松田を押しのけ、4番に座る事も。理想の4番を「サブロー」と答え、ランナーを返す為にはスクイズでもアリと考えられるのが、良い意味で、およそ長距離砲らしくない。好きな打者を前田(広島)と答えるように逆方向への意識も強く、広角打法を併せ持つ。又、剣道の素振りのような、縦振りの練習に取り組むなど、技術に対する意識も強い。

構えは阪神の林ウェンツゥのように、小さく力感が全く感じられな構え。ステップは、チョンと小さく足を上げ、踏み込む時は、どことなく阿部(巨人)のようにヒップファースト(頭は残して、下半身のみステップする態勢)を行い、軽く振って、乗せるようにボールを飛ばす。

なんとしても獲得して、5年後には、松田・岩本・江川の和製クリーンアップを観たい。昨年、指名の噂があった、松山(広島)をスルーしたのは、同タイプの岩本の獲得が頭にあったからじゃないかと思う。ちなみに投手もやっており、MAX146km。左のワンポイントで、真の二刀流選手の誕生か?+S
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ←ブログランキングです。ホークスに関する素晴らしいブログの数々に出会えます。励みにしておりますので、よろしかったら、クリックをお願いします。
-- 続きを読む --

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。