LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

サブロー移籍問題 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

しっかりしようや、嶋 

他球団の事なんで、あまりぎゃーすか言いたくないんですが、昨日の楽天戦を見て、なんというか、ガクっときたんですよね、敵ながら。

今年、東北がああいうことになったので、心情的に楽天は応援していました。実際、その意気込みは4月頃の楽天にはあって、ベンチでの気合いがすごく伝わるチームだったんですよね。攻撃中に、みんながベンチで立ち上がって、応援している感じがあるほどで。高校野球みたいでした。しかし、昨日の試合は、肝心かなめのバッテリーに幻滅しました。配球論は好きではないのですが(結果論が多いし)、嶋の配球に・・。

問題としているのは、小久保の逆転ホームランのあとのカブレラの打席です。あの連続ホームランの際の。
あのカウント2-3から、インコースのストレートを要求するのは、私にはさっぱり分かりません。
今のカブレラなら、まともに走れないでしょうから、ファーボールになっても問題無いはずです。たとえ、次打者の松田を歩かしても、怖くないほどです。おおげさにいえば、3塁ランナーカブレラになっても怖くない。そこでヒットさえ打たれなきゃ点は入らんといって良いほどでしょうから。
あの場面で、一番いけないのは、カブレラにホームランを打たれる事なのに、それをやってくださいと言わんばかりの配球ですから。4-2のスコアならまだ攻撃意欲もわきますが、5-2だと苦しい。私が野手なら、「お前ら、アホか!!」と怒鳴り上げたい衝動に駆られたでしょう。

あそこで何故にインコースのストライクゾーンに構えて、ストレートを投げさせたのか?(で、投手も何も考えていないから、それがシュート回転してど真ん中高目へ)珍しく、解説の松本匡までもが、強い苦言を呈していましたが、私も同感でした。あそこは、ファーボール覚悟のインへのシンカー、もしくは、外のボール球の変化球でよかったはずです。
私は嶋が「常識の罠」と「星野の眼」に囚われた為と見ています。ホームランの後のファーボールを嫌う監督は非常に多いのです。しかし、本当はそんな事はケースによります、打者によります。言われたら、言い返せばいいんです、城島のように。
あそこで、ファーボールになったとしても、嶋が「良い球でした、どんどんきてください」といった態度を取れば、投げた投手のファーボールへの罪悪感も減ります。そういった気遣いをすべきなのが捕手なのに、あれは自分が怒られまいとした配球だった。(ウチの3軍のイノケンや拓也でも出来てそうなことやぞ。投手を1人にしないっていうか)

これは、嶋をベンチで立たせながら、衆人の目につくところで、怒り続けた野村の罪も大とみます。(こんな人の機微がわからん奴が名将な訳ねーやん)1年生からああいった育てられ方をすれば、人によっては、「無難な事」を選択しがちです。委縮してしまうというか。そういった癖がついてしまったのかなと感じました。

ともあれ、もっとしっかりせー嶋。あんなんだったら、学生時代、俺のお気に入りだった伊志嶺のほうがよかやないか。


テーマ: プロ野球 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

北ハムのトレード戦略 

先日、巨人との交流戦では色んな事を考えさせられました。あれだけFAでのチーム創りを誇った球団が、若手育成モードに見事に切り替え、現時点での段階では、十分に上手く行っていると言わざるを得ない事。(1~3番まで高卒ドライチ野手を並べるなんてにくい演出です。タっちゃん監督は名監督の階段を着実に昇っている。本当の成功はこれが3年後にレギュラー化している事だけど)
これについても何時か書きたいとも思いますが、今回は改めて、巨人に高橋信二(前北ハム)がいるってのが、物凄い違和感やら面白さを感じて、そっちを優先し、北ハムという球団のトレード戦略の独自性・画期性について書いてみたいなと思います。

言うまでも無く、北海道日本ハムはトレードを積極的に行う球団です。巨人に北ハムの選手がやたらいますしね。編成同士が編成のあり方に対して、共鳴しあう部分があるのかな。
それにしても、高橋のような黄金時代を築く大功労者(4番やら捕手やらを務めてましたもんね)を1年ちょっとほどの不調で、放出するのはそうある事ではありません。ホークスでざっくりといえば、03年途中に前年不調だった柴原をトレードしたようなもんでしょう。(柴原は03年に復活しましたが)
しかし、その1年ちょっとの間に北ハムが綿密な計画を組んだドラフト戦略で獲得してきた野手が育ち、入れ替えを促されるようになってきました。

高橋自身は「まだ若手に負けない」という気持ちもあったでしょうが、北ハムは「3年後に誰がレギュラーとしてふさわしいのか?」を優先して、編成をしていると思われます。同じような数字なら、若手を使うと。
梨田監督にそこまで深遠な考えがあるかどうかは分かりませんが、球団としては高橋をトレードする事で、梨田監督に高橋を使うという選択肢を強制的に無くさせたといえるかもしれません。そして、陽や中田、大野、鵜久森らを使わざるを得ない状況を生みたかったと。ファンから愛されながら去っていく「幸福な引退」を、球団として授けるべきベテランは、稲葉1人で良いとも考えていたのかもしれません。

こうした入れ替えを球団主導で促しながら、割りを食ったベテランをトレードして、働き場を考慮しているのが、北ハムの凄いところです。それも「衰えたな」と思われない間に出してやるってのに独自性を感じます。これは出来そうで出来ないもんです。
ちなみに以前はこういった入れ替えは監督が主導となってやるもんでした。(特に新監督が)入れ替えを促された、ベテランの監督への恨みつらみは枚挙にいとまがありません。(最近の監督はベテランへの配慮・依存が過剰だろ)

トレードというと、昔から、ファンも球団もマスコミも「損得」をやたらと考えすぎです。その為、「他で活躍されるくらいなら、ウチで腐らせた方がマシ。」といった考えでトレードに積極的で無いチームも少なくありません。本当は、出した選手が他で活躍してくれりゃ、それは出した球団の「徳」として評価すべきなんです。昨年、荒金や金子がオリで活躍してたのは本当に嬉しかったですけどね。あれは新しい編成のファインプレーと評価しています。いちばん愚かなのは、過剰戦力で、球界の宝である選手を持ち腐れさせることなんですから。だから、私は基本的に北ハムの球団の姿勢を高く評価しています。

しかし、こういうベテランをトレードする風潮は、チームへの「忠誠心」やチームが築く「伝統」といったモノを奪う傾向にもあります。この北ハムにおいては、チームの中心で、ファンの支持も篤かった、小笠原や森本らがにべにもなく、FAでチームを去ったのは、これと無関係じゃないのかもしれません。選手がチームに根付かないチームでも良いのか?ファンとして、議論の余地があると思います。議論をとおすことで、ファンも球団・選手との快適な距離感を築いていけるもんではないでしょうか?それが編成方針にもフィールドバックしていくのが、本当の球団編成のあり方だろうと思います。マスコミの一方的な論調じゃなくて。
例えば、極端な事を言うと、ホークスという球団のファンが、生えぬき優先、地元主義、ベテランの厚遇などを求めるならば、それに添った球団編成を行っても良いと思います。ファンの心情に添ったチームづくりこそ、真のファンサービスのはずですから。

また、若手の入れ替えという観点では、絶対的にルール5ドラフトの採用(リンク参照)も不可避だと思います。

PS:という事を踏まえて、いずれ「オレ達の江川をトレードにすべきか」という題で記事を書くつもりです。

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

斉藤佑樹をどう診るか?とたずねられると 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

小久保の遺伝子 

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。