LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

柳田悠岐の現状認識 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

巽の捲土重来はあるか 

先日、ウエスタンリーグ・阪神戦がTV中継されていて、3・4イニングほど軽く観ました。(あとでじっくりと観れたらいいんですが)その試合では、巽が先発していました。
ご存じの通り、一軍でメタメタにされ、しかも、ファームの阪神戦でも、1回に馬鹿打たれしていたようで、かなり心配していたのですが、正直、その心配など全く吹き飛ばすかのようなボールを放っていました。

まず、ストレートが非常に強かった事。球速も常時145㌔越えしてて、打者のバックネットへのファールチップ(投手のボールが強い・伸びがあるかは、まずこの手のファールの打球を参考にしています。タイミングがあっているのに後ろに飛ばすというのは、投手のボールに力・勢いがある証拠ですから)や振り遅れの逆方向へのファールが目立っていました。
投げ終わった後に右手が勢いがついて、下から頭上に跳ね上がる感じになっていましたし(杉内の好調時にみられていました)、腕が力強く振れているのに好感を覚えます。セットの構えから、少し、オープンスタンス気味(例:ロッテの小林マサ)に放っていて、骨盤と股関節ががっちりとかみ合う感じだったのも良かったです。

ただ、気掛かりといえば、スライダーでしょうね。一軍でメッタ打ちされていた時も、変化球が真ん中寄りにきたのを、簡単に弾かれていましたが、それはこの日も散見されていました。特にカウント球の横のスライダーがつまらんボールです。高いわ、曲がりは早いわで。
解説の矢野(元阪神)は、巽について、次のような、非常に面白い事を言っていました。「この投手は球種は多いのに決めきれない。こういった投手は、逆に球種を投げさせない方向でリードすると、その限られたボールを使えるボールにしようと様々な工夫をする。球種の多い投手はその辺がアバウトになる。」
私はこの提言は、至言だと思いますし、ぜひ、巽や2軍首脳陣が取り入れて欲しいと思います。特に横のスライダーは完全封印し、スライダーを使うなら、縦カットのみでいくべきだと思います。(しかし、この縦カットも低目のストライクゾーンギリギリからワンバンになっているので、プロなら、ボール球として見送られる。杉内の縦カットのように左打者のインハイから真ん中に落とすようなカットを会得して欲しい。もっとカットを操る意識を持たないと)

矢野を褒めておいてなんですが、決め球はないこともなかったです。この日は、チェンジアップが決め球として、非常に有効的でしたから。捕手の田上も2回以降は、これを中心に決め球として使っていました。縦カットは、ボール球が放れるカウントでないと使っていませんでしたし。

9連戦での先発も可能性があるようですが、ぜひ、チャンスをやって欲しいです。あれだけ恥をかかせたのですから、それを拭う、汚名挽回のチャンスを与えないと、大事な大事なドライチが潰れちゃいます。


テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

プチ川原フィーバー 

福岡の鷹番組で、連日、話題となっているのが、川原のA組入りです。今日も、ニュースでノックを受ける姿が取り上げられていました。(しかし、いい体になっとんなぁ)

地元出身ということもあって、お父さんまでTVインタビューに答えられてましたね。全く一軍実績が無い、ファームの投手にこれほどスポットが当たる事って、ドライチでもない限り、そうある事ではないでしょう。ラジオ番組に出ていた、ニッカンスポーツの記者は「持っている力は、和田・杉内ランクよりも上の投手」とまで言ってました。ここまで言われるとフィーバーというより、バブル的な存在とならないかとちょっと不安にすら感じます。

というのも、以前こうした、バブルがありましたからね。そのバブルの対象は、小椋真介でした。00年キャンプ、前年のMVP左腕、エース工藤がFAで移籍し、左の先発がいなくなった際、その埋め合わせを、地元出身の2年目左腕・小椋に期待しました。
しかし、その年のオープン戦で、ファーボールを連発し、バブル的人気が破裂し、その後、長く低迷しました。期待が大きかった分、ファン・マスコミの失望も大きかった気がします。小椋自身も、その当時、周囲のあまりの期待の大きさに自分を見失ったというコメントを後に残しています。どうしても、あの時の苦い経験が川原と被っちゃうんですよね。若手に期待を寄せるようなブログを散々書いておきながら、なんなのですが。(苦笑)

今、川原に言いたいのは、A組入りは、まず自分の成長の糧の機会となるようにすれば良いって事ですね。このキャンプでは、A組の投手と競うというより、自分の理想と勝負して欲しいです。いや、自分の理想を作り上げて欲しいです。その材料探しがA組入りだと。それくらい、のんきに時間をかけて、成長させたい投手なんですよね。下手に急がせたくないという。絶対に壊しちゃいけない、ホークスの宝ですからね、川原は。

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

11年期待の若手通信簿 豊福晃司 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

11年期待の若手通信簿 立岡宗一郎 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。