LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

鷹VS竜 日本シリーズ観戦記第7戦 二人の敗者復活戦 

【1回表】=この前とは全然違う杉内=

立ち上がりに難がある杉内だが、珍しく綺麗な立ち上がり。前回の日本シリーズ登板と違い、コントロールも良く、投げ終わりの体勢がフラフラと3塁側に流れていない。左足がゆったりと四股を踏むようについてきている。今年の中でもピカイチの出来ではないか。チェンジアップもアウトローにスっと沈んでいる。カーブも大きく、縦割れしている。

【1回裏】=この前ほどでは無い山井=

前回、バツグンの投球を見せた山井だが、悪い時の特徴である、ストレートのシュート回転が散見される。本多がレフト前に打ったのがまさにそれで、アウトハイに浮いた感じの強くないストレートだった。前回はもっと、しっかりと指に掛かったストレートで、球速以上の威圧感があった。
しかし、気掛かりなのが、高目のストレートをやたらと審判がストライクコールしている事。アウトローにズバっと決める杉内のストレートは取らず、山井の浮いたストレートを取っているのは、やや不利か。

ポンちゃんの盗塁がアウトになったが、攻めの姿勢こそがホークスの攻撃。全く問題なし。

【2回表】=杉内の異変=

この回の杉内は1回と別人。投げ終わりがフラフラし、チェンジアップが浮き始める。これが一番怖い。特に和田・平田のような右に長打を打てる打者には致命傷になりかねない。
それに、トップからリリースまでの肘の「切り返しの間」が違う感じを受ける。左肘から先に打者に向かっていってない。ボールが肘よりも先に出ている印象。この「間」「肘の角度」が作れていない無い事が、骨盤の回転とリリースとの若干のズレが生じさせて、おかしな体勢になっているのか。当然、リリースポイントも安定せず、コントロールにブレが生じる。

【3回表】=また、杉内が戻る=

この回、また杉内のフォームが安定する。フォームの安定はチェンジアップの落ち具合にも大きく影響している。良い時は外の低目に決まっており、分かっていてもあれは打てない。
中日の荒木は、ホークスの多くの投手の変化球を拾うように打う、技量の高い打撃で、ヒットにしてきたが、さすがに杉内の決まった時のチェンジアップは、ミート出来ず、ファーストフライ。

【3回裏】=ホンマモンの長距離打者の打ち方=

多村が、インハイに浮いてきたシュートをライト前にポテンヒット。高目をなんとか当てて、ヒットゾーンに落とすのは、多村の真骨頂。これがポイントが前になれば、レフトスタンドへ持っていける。ここを今後も打ちにいって欲しい。
続く、長谷川はインコースストレートをセンターオーバーツーベース。大きな弧のスウィングでボールを乗せて、遠くに運べる、この長距離砲の打ち方こそが、長谷川の真の姿。あの打球の強さ・回転があるから、センターにボールをこぼさせる。ただ、当てた打球なら、外野手も取りやすい。長谷川はこの打球を打てる、自分の能力ももっともっと自覚すべき。率への意識なんか、捨てちまえ。いずれ、率は付いてくる。

ランナー2・3塁で打者は山崎。細川よろしくバスター打法で、投手を揺さぶる。山井は動揺し、0-3に。そこから、バスターからバントの構えで、一瞬「スクイズか?」と思わせ、山井を揺さぶり、ストレートのファーボールをもぎとる

代わった小林正から、ムネが押し出しファーボールを選ぶ。ランナーを置いてからのリリーフが多く、コントロールが良い小林でもノーアウト満塁からのリリーフではこうなる事は致し方ない。改めて、同じ状況で抑えた森福には感服する。
しかし、その後、ネルソンを投入してきて、後続が続かず、1点に終わる。ネルソンは、前回の登板と違い、ストレートの厚みがある。前回は、小久保がライト前に打てた、同じ外の高目のボールをミートし損ない、センターフライ。

【4回表】=ミートされても飛ばされないストレート=

杉内のストレートも厚みがある。和田一が外のストレートをジャストミートしたが、思った以上に伸びず、ライトフライ。ネルソンの出来からも、ここから投手の我慢比べが続きそう。

【4回裏】=チャンスに強いガッツマン、我らのカツキ=

ネルソンはフォークが冴えまくる。縦の角度のあるストレートとフォークの組み立てはそうは打てないだろう。そのなかで松中がファーボールを選ぶ。次に松田が、送りバントをしたが私は疑問だった。2塁に送ったからといって、松中がヒット一本で返ってこれるなんて思えず、それなら、バントでアウトをくれてやらず、松田・多村・長谷川の3人の長打力に期待した方が効率が良いと思ったからだ。

続く、多村は、スライダーをセンラーライナー。少し前ポイントで打った、多村のあの打球がセンターオーバーしないとは想定外。バントをして2塁に送った事で、ヒットを欲しがり、スウィングスピードが緩んだのではないか。長距離砲の前にバントをした弊害のひとつかもしれない。

長谷川は当然の敬遠で、ランナー1・2塁で山崎勝己勝負。願いはひとつ、「ファーボールを選べ」だった。(カツキ、ゴメン)ヒットを打っても、外野手は前で、しかも、セカンドランナー松中では点が入るはずもないと思っていたからだ。

ただ、細川同様に山崎勝己もシーズン後半に柔らかい構え、ステップに変更して、前半ほど悪い感じは持っていなかった。
この日の解説の梨田の現役時代ようにコンニャク打法と呼ばれるような、体を思い切り揺さぶりながら、投球フォームとのシンクロを図り、間が作れてはいた。それでも、さすがにネルソンのボールには押し込まれて、セカンドへの深いフライだろうと予測していたが、外寄りの高目のストレートを前ポイントでしっかりと上から叩き、ライト線寄りのヒット。
松中は足の遅さをカバーするように、捕手のタッチをかいくぐる、見事なスライディングで、貴重な2点目のホームインとなった。

【5回裏】=ネルソンのフォーク祭り=

さきほどの回で点を取られた、ネルソンだが、この回は、フォークが冴えまくる。ポンを空振り三振。内川をピーゴロ、小久保三振はいずれもフォーク。
前の回では、松中がこのフォークをしっかりと見極め、四球を選んだ事から、フォークの比率は減っていた。山崎もあの場面でフォークを投げられたら、まず、前に倒れるようなスウィングで空振りしていただろう。しかし、あの回の谷繁の頭には、松中の事もあり、「落ちが大きすぎるフォークは四球の可能性がある」と思ったのではないか。そういう意味でも、フォークを見極めての松中の四球には、価値があった。この回の3人のように分かっていても、振ってしまうほどの威力があったのに、谷繁にしては、珍しいミスをした。

【6・7回表】=杉内と勝己の敗者復活戦=

CS第3戦、10回杉内の気力を奪う、おかわり君のツーベース、日本シリーズで平田にレフトフェンスへのタイムリーツーベース、しっかりと叩かれたのはどちらもインコース狙いのストレートだった。さきほどの回から、解説の野村、中日スコアラーの話からも「インコースのボールが少ない」との共通した見解があった。

しかし、この回から、この杉内・山崎バッテリーは、大胆なイン攻めを敢行する。杉内の最も素晴らしい、打者が思わず、見惚れて、見送ってしまうようなインローへのストレートが蘇る。その同じコースへ、ギュっと曲がってくるスライダーが打者のスウィング軌道を崩す。当然、2点目があってのこその攻めだろうが、これこそ、杉内の本領発揮。
荒木にはインストレートでレフトフライ。井端には、インローへのスライダーでサードゴロ。和田一には、1-1からインローへズバっとストレートで見送らせ、同じコースへのスライダーで三振。

このシリーズで徹底されていた、右打者へのインコース攻めの総仕上げともいえる、戦闘力溢れる投球。今季、散々悔しい思いをしてきた、このバッテリーだからこそ、その迫力が増幅していた。何度負けても立ち向かう気持ちが勝利へ導く。

ちなみにイン攻めが少ないから、アウトコースのチェンジアップを狙えという、野村と中日スコアラーの見解は疑問。あれだけ、インを攻められるとアウトコースに踏み込める訳も無く、なにより、3回からは、分かっていても、当てられない一級品のチェンジアップも取り戻していた。配球を読めば打てるってのは、一昔前の野球。あのインコースストレートを一発で仕留められるような、美しく、強いスウィングが出来る打者の方が、求められる時代となっている。ファンはそれを渇望しなきゃならない。受け身である打者が、余計な事を考えすぎるとそれは出来ないのも知っておくべきだ。

【7回裏~】=やっと打てた浅尾、そして、フィナーレへ=

投手は浅尾。ここで、さんざん、浅尾攻略無くして、シリーズ勝ち越せずと書いてきた。先頭のムネが四球を選び、続く、本多がセーフティ気味の送りバント。このセーフィ気味がベンチのサインであったら、このシリーズの攻撃面で、最高の采配だったろう。このバントを浅尾が見事なフィールディングで本多を補殺したものの、浅尾は足を痛める。日本シリーズで散々登板してきたツケを払ったともいえるシーンであった。

続く、内川がイン寄りの高目ストレートをセンター前タイムリーヒット。浅尾を潰すのは、高目のストレートを叩けと言ってきた事も実践してきてくれたのが、本当に嬉しく、感無量。私のメモには、「これで勝った。日本一にふさわしい攻撃力。」と書いてある。見つからなかったジグゾーパズルの最後のワンピースがはまったかのようだ。アンコールで一番聞きたかった曲が演奏されたようだ。

この後、8回はファルケンボーグ様が相も変わらず圧巻の投球。これが出来たのも、5・6戦を休まさたリリーフ陣の厚みのおかげ。そして、9回にファルキーの右肘ライナー直撃アクシデント後には、森福・攝津のリレーで中日を寄せ付けず、勝利に導く。
9回のヒット・降板は予想外だったが、森福・摂津の登板は、まるで予定通りだったかのように、安定感ある投球を演じる。そこには、セイバーメトリクスなどでは計り得ない、真の投手力があり、それをプロ野球ファンにみせつけた。






スポンサーサイト

PAGE TOP

二人の敗者(CSファイナルステージ回顧録) 

狛江の鷹さんから、CSファイナルステージ、第3戦回顧録を寄稿して頂きました。今日の決戦に向け、非常に良いタイミングで、杉内の熱闘を思い起こさせて頂きました。まるで、ナンバーの回顧録のように非常にち密で、気持ちも伝わってくる名文です。ぜひ、ご覧ください。

涌井秀章 9勝12敗 防御率2.93
杉内俊哉 8勝7敗 防御率1.94
これが2011年レギュラーシーズンのホークス・ライオンズの両「エース」の成績だ。
「エース」をかっこ書きにしたのはこの成績がチームにとって、そして何より彼ら自身にとって不本意なものだったからだ。
涌井はシーズン前から右肘の故障に悩まされ、6年ぶりの1桁勝利。そして3つの借金をつくってしまった。
杉内は防御率こそすばらしいものの、打線の援護に恵まれず、また後半戦では右肩の故障もあって5年ぶりの1桁勝ち星。勝利数は昨年の半分に終わった。
両者はクライマックスシリーズセカンドステージの第3戦の先発投手として相まみえた。もし、涌井・杉内が例年通りの成績を収めていれば、各々のクライマックスシリーズ初戦の先発だったはずだ。それが、杉内は第3戦。涌井に至っては第1ステージから数えて5戦目にようやく先発した。これが、現在の彼らのチーム内での立場を端的にあらわしている。杉内・涌井はこの対戦をどのように受け止めていただろうか。

2011年11月5日13時1分、試合が始まった。
立ち上がりは両投手とも好調。1回は両投手とも相手打線を三者凡退に討ち取る。杉内は右打者の内角に決まる変化球、涌井は左打者の内角をつく球が効いている。

2回、両者とも走者を出しながら3人で終わらせた。杉内は先頭中村を左の二の腕にまともに当たる死球でランナーに出すが、次のフェルナンデスを外角に抜いた球で併殺。浅村は真ん中低めの球を一邪飛。コースは甘いが球のキレが上回っている。
涌井は1死後の松田にフォアボール。きわどいところを見られた。しかし小久保の初球で走者松田が盗塁失敗。小久保をピッチャーゴロに打ち取る。低めを丁寧に突くピッチングだ。

3回、杉内は1死から銀仁朗に外角球をうまく合わせられ初安打を浴びる。次打者熊代が送り2死2塁。栗山を
ファールで2ナッシングに追い込むが3球目の変化球をライト前に打たれる。銀仁朗がホーム突入。しかし、ライト多村がストライク返球で本塁タッチアウト。味方の好守備で初めてのピンチを逃れた。
涌井は先頭の多村に低めを捉えられるも、ライナー気味のセンターフライに討ち取る。続く長谷川は外角の変化球で三振、山崎を同じく外角の変化球でサードゴロに討ち取る。いずれも最後の球はスピードを殺し、タイミングをうまく外している。

4回、杉内は1死後、中島にスライダーが真ん中に入ったところをセンター前にはじき返される。中村はチェンジアップがうまく決まり三振。次のフェルナンデスの時、中島が盗塁成功で再びピンチを迎えるが、フェルナンデスは膝元のチェンジアップでサードゴロに討ち取る。このあたりから、チェンジアップが低めのコーナーに決まり始める。
涌井は先頭の川崎を外角高めの球でサードゴロ。本多を真ん中低めのチェンジアップで補邪飛。内川を内角高めのストレートでショートゴロ。ストレートが低めに伸び、打てる球がない。

5回、杉内は三者凡退。ストレートのキレが増し打者が力負けしている。涌井は圧巻。カブレラ、松田、小久保を三者連続三振に切って取る。これで涌井は5回までノーヒット。杉内も3安打無得点ながら2度のピンチを背負っており、前半戦は涌井が押し気味にゲームを進めた。

6回、杉内は三者凡退。コントロールのブレが少なくなってきた。前回から目立ってきた球の力もあって、打者を圧倒している。涌井は先頭の多村に甘く入った変化球をセンター前に運ばれ初安打を喫すると、続く長谷川もやはり甘い変化球をライト前ヒット。山崎に送られ1死2・3塁のピンチを背負う。しかし、次の川崎は抜いた初球を打たせセカンドフライ。本多にはセンター後方にいい当たりをされるが熊代のファインプレーで救われた。5回までとは別人のように決め球が甘く入ってしまう。

6回以降、杉内と涌井の勝負という観点からすると、杉内が一方的に押しまくり、涌井がひたすら堪え忍ぶという展開が9回まで続く。杉内は4回2アウト目から丸6回分をパーフェクトに抑えている。
一方の涌井は6回から9回まで毎回安打を打たれ、特に6回から8回は先頭打者を出した上、四球を含めると二人以上のランナーを出している。しかし、要所を併殺で切り抜け、何とか得点は許さない。

この時両者はどんな想いでいただろうか。
涌井は味方が1人のランナーも出せない状況を見たとき、自らの負けを予感しただろうか。それとも味方が点を取るまでは自分も点をやらないと気合いを入れ直しただろうか。
杉内は味方のチャンスがことごとくつぶれていくのを見て、シーズン中の援護の無さを思い出していただろうか。それとも今日こそそのジンクスを破るときと思い直しただろうか。
こうして両者とも9回を完封し、ともに10回のマウンドに登った。

10回表、杉内は中島を三振に切って取る。これで18人連続の凡退。次の中村、初球はアウトロー一杯のストレート、2球目はチェンジアップが低めに外れる。3球目はストレートが外角に外れ2-1。4球目はスライダーでファールを打たせ2-2。5球目、ストレートが甘く入り、レフトフェンス上段直撃の2ベース。
次のフェルナンデス、初球はストレートが高めに外れボール。そして2球目、杉内の127球目。チェンジアップが甘く入ったところをレフト線に運ばれライオンズに1点を奪われる。
口を開き呆然と外野を見る杉内。もう力が入らない。両膝に手を当てて足下を見つめる。高山コーチが慰めるように杉内の腰を、肩をたたいているが顔を上げられず、帽子を目深にかぶったまま1塁ベンチに下がる。スタンドは拍手で迎えるが、ベンチの中でも顔をタオルで覆って顔を上げられない。まだ試合は終わっていないが敗者の姿がそこにあった。
その後ライオンズは金沢、森福に抑えられ10回の攻撃は1点に終わった。

10回裏、涌井は松田をライトフライに討ち取るが、続く小久保に初球をしぶとくセンター前に運ばれ1死1塁。代走福田。次の多村の初球にスタートを切る。多村はサードゴロに終わるが2死2塁。次の打者はこれまで2安打の長谷川だが、ネクストバッターズサークルには前日に代打満塁ホームランを打った松中が出て、長谷川との勝負を促す。初球は内角の変化球が外れる。福田のリードオフが大きく銀仁朗が2塁に牽制球を投げるもきわどくセーフ。2球目は内角低めの変化球を空振りで1-1。3球目も内角低めの変化球を空振りで2-1。4球目、外角低めの素晴らしいストレートが行くがボールの判定で2-2。5球目、今度は内角低めのストレートがきわどく外れ3-2。そして6球目、涌井の127球目。真ん中低めのカットボールを長谷川が右中間にはじき返し、同点に追いつかれた。
三塁近くで打球が飛んだ方向を呆然と見つめる涌井。マウンドに戻るが、杉内同様両膝に手を当てて足下を見つめる。もう投げられない。アンダーシャツの袖で目のあたりをぬぐい、帽子を目深にかぶって3塁ベンチに下がる。数分前、杉内が見せたのと同じ敗者の姿がそこにあった。

杉内と涌井の投手戦に勝者はいなかった。9回を完封した両者が10回に1点ずつとられ、二人とも敗者になってしまった。
もし、涌井と杉内がレギュラーシーズンにいつもどおりの成績を上げていたら、二人は直接対戦することなく、それぞれに勝者となり、晴れやかにヒーローインタビューを受けていただろう。しかし、巡り合わせが生んだ残酷ともいえる結果こそ二人が両チームの真のエースであることを改めて示したと私は思う。そして、彼らの今シーズンを象徴するように、この至高の投手戦はホークスのCS突破の陰になり、十分に語られない。その記憶を少しでも記録にとどめておきたい。その一心でこの駄文を書き留めておくことにした。最後までおつきあいいただきありがとうございました。

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

鷹VS竜 日本シリーズ観戦記5  

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

鷹VS竜 日本シリーズ観戦記4 苦い勝利 

【ベンチの大きなミスを救うリリーバー】

このシリーズで最もまずい試合運びだったと思う。このまずさを引き寄せたのは、ベンチの采配。とりもなおさず、いっぱいいっぱいのホールトンを6回に何故か、続投した事。色んな理由を考えたが、さっぱり分からない続投だった。シーズン中でもあり得ないし、ましてや、この短期決戦であってはならない。
ホールトンは、前の回もストライクを取るのに汲々としており、ストレートでストライクを取るには135㌔まで球速を落とさなきゃならない状態だった。しかも、相手の代わった山井がバツグンの投球をしており、1点を守る試合展開であったのだから。

馬原が事実上、いないようなものの為、リリーフ陣が足りないというのはあろう。しかし、そこは、大隣・岩嵜に賭けるべきではなかったか。この二人が、あの時のホールトンより劣るはずもない。日本シリーズ初登板、しかも慣れないリリーフというプレッシャーはあったとしても。ここで攻めの采配を何故やらないのか?大隣・岩嵜でなくとも、吉川でも十分だったはず。今、考えてもあの続投が、チームを危機に陥れた。これは、悪いなりにあそこまで粘ったホールトンを悪くいっているのではない。

それにしても、そのベンチのミスを覆い尽くす森福の圧巻の投球だった。ノーアウト満塁で三振が欲しい場面で、代打小池を外シュート。平田をインのスライダーで詰まらせ、レフトフライ。(内川、なんとかキャッチ。あれはもっと余裕を持って取れたはず。足が遅いのか、ポジショニングが悪かったのか)(PS:足の運びが悪い。まっすぐ追えていない。キャンプでもう少し外野守備の向上を目指すべき。もっと巧くなきゃ困る)
最後は、谷繁を外スラ(PS2:外のストレートでした)で、ショートゴロと、ファーボールを出せない場面で、インにアウトに投げ分ける勇気と技量に酔った。普通は、押し出しが怖く、どうしても真ん中近くに放ってしまうものだが、それが全く無いという凄まじさ。全てが対角線へ。インに投げた後にアウトいっぱいに投げるというのがプロであってもどれだけ難しい事か。(野村はそれを理解していない気がする)コントロールの凄みとはまさにこの投球の事だろう。

【ファルケンボーグに頼るのはベンチのヒットじゃない】

8回からはファルケンボーグの登板。この回は3番から始まるというのもあって、ここで一番強い投手をつぎ込むのは、常套手段。9回に抑え投入といったおかしな事に囚われず、フレキシブルにファルケンボーグを起用したのは、ベンチのヒット策といえる。
しかし、そのファルキーに2イニング頼る形になったのは、解説の山田久志が言う様な「ベンチのヒット策」などでは決してない。ファルケンボーグが凄すぎて頼れただけにすぎない。出来るなら、4連投目の2イニングは避けるの方がヒット采配。ファルキーは、ガラス細工のような投手だけに、ファルキーが潰れた瞬間にホークスは終わるリスクを背負っている。あの体の弱さを山田は知らないのだろう。
こうした巡りになったのも、6回の続投が招いたと思う。6・7イニングを他の投手でまかなっていれば、森福・金沢・ファルキーで2イニングをまかなえたはず。

落合もおかしな采配をちょいちょいしているが(最後に谷繁打たすのは笑った。というか、谷繁以外に捕手を作っていない点で監督としての能力は劣る)、投手に関しては、度胸があり、攻めており、それでいて最後の6・7戦死闘を見通した起用はしている。この日の山井起用は、その大決戦にプラスに働くはず。あそこまでスライダーがキレていれば、打てるはずもない。田中マー君並みの投球だった。私なら、7戦目は山井を先発にする。中日にすれば、山井の収穫で、負けてもさほど痛くないはずだ。まぁ、ホークスのファルキー同様に中日も浅尾に頼りすぎだが、浅尾の体の強さならありだと思う。

【前半の打撃陣は称賛に値する】

後半打てなかったので、褒めにくいが、初回によく川井を捕まえたと思う。(PS3:やっと予想が当たりましたね。初回がポイントだという。って、俺が凄いんじゃなくて、データを拾ってきただけなんだけど)右打者全てが、右方向への意識が強く、それが出来ていた。あの松田までが、右に打とうとするとは。(いや、やっぱり、お前だけは好きに打っとけ。慣れん事すると型が崩れる)内川・小久保のライト前ヒットはベンチの狙い通りの当たりだったろう。
話が逸れるが、繋ぎの4番としての小久保は十分に機能している。しかし、ここで試合をひっくり返して欲しいといった時には頼れない。あくまでホークスの今の安定した投手力あっての小久保4番だ。4番を作るという課題は来季の最大課題のままで存在している。来シーズン、それを解消する挑戦をリスクを背負って、ベンチは努力しないと、中日打線のようなチームに成り下がる。小久保4番は短期決戦用とまで思って欲しいほどだ。

試合展開にさほど関係が無い蛇足だが、カブレラの代打にはいらついた。プレッシャーにさほど強くない三瀬を助ける役割だった。ベース前でワンバンするようなスライダーは空振りするし、さほどキレてないストレートに「着払い」状態だったのは、心底情けなかった。しかも、なにやら、ニヤニヤしているし。戦う気迫を見せてくれるオーちゃんの方にチャンスをやって欲しい。士気が下がる。

【明日は6・7戦の為の戦い】

この日、勝った事で明日のホークスの先発は、山田となろう。負ければ、和田もありと思っていたが。和田は前回、かなり投げさせているし、6戦目に万全の形で行く為にも山田の方が望ましい。山田が悪けりゃ、大隣・岩嵜を早めにつぎ込み、吉川・ブラゾバンなど未だシリーズを放っていない投手で凌ぐのが望ましい。なんなら、先発3人組(山田・大隣・岩嵜)に3イニングずつ放らせるくらいの実験でもやって欲しいくらいだ。森福とファルキーだけは絶対に休ませて、これも6・7戦に備えさせるべきだろう。

相手はチェンだろうか。この辺は読めない。ソトの可能性もあるのではないか。山井の7戦目に目安がたったから、チェンか。
ホークスの攻撃陣においては、小久保の体調を気遣った起用を求めたい。00年のONシリーズは、さきに連勝したのに小久保がわき腹を故障して負けた。ファルキー同様に大事に使わなきゃならない。
また、チェン・吉見今度こそ倒す為には、多村のほかにもう1枚、爆発力のあるカードが欲しい。それはオーティズか明石かは分からないが、そういったカードを見極める采配も明日は必要だ。小久保を休養させるのに絶好の機会ともなる。





テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

鷹VS竜 日本シリーズ観戦記3 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。