LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

11雁ノ巣ホークス観戦記23 ブルータルユース・柳田(VS川崎ジャイアンツ練習試合) 

10/7に巨人との練習試合を観に行きました。巨人は私がアマ時代に目をつけていた選手を多く取るチームなんですよね。仮想ドラフトで獲得した選手が巨人に行く(中井、田中大、笠原など)率は高いはずです。そういった思い入れが強い選手の成長を、雁ノ巣で見る事が出来たのは本当に嬉しかった。九州の選手が多いってもありますしね。

巨人の先発は田中太一でした。大分出身の高卒ルーキーです。ルーキーと思えないほど、しっかりとした投球が出来ていました。亜細亜大3年に東浜というエース投手がいますが、彼に投げ方も投球スタイルも似ていますね。
コントロールも良いし、途中から、「太一カーブ」と称された、速く鋭く落ちるパワーカーブが決まりだし、猛打・雁ノ巣打線が相当にてこずりました。(といっても、ストレートは捉えちゃいるんですけどね。コントロールが良いから、正面に飛んだんだよな)

相手で印象的だったのは、隠善ですね。北ハムにいた小田という打者の体の使い方が似ていて、「ツイスト」がしっかり効いたスウィングをしてて、面白い存在です。ちなみにこういった体の使い方は、ウチの牧原も出来ています。

九国大付属の加藤も捕手でスタメンでした。ちょっとポロポロしていましたが、エラーのあとほど、しっかりと声を出し、投手をしっかりとリードしていた姿には好感を持てましたし、しっかりと育成しているなぁと。

心配だったのは、大田かな。守備も打撃もまだ時間がかかるなぁという感じです。ステップの踏み込みが弱いし、開きも早そうです。打球に力が感じられません。どういった打者になるべきか迷っているんでしょうね。あんだけデカい体で何を優しく振っているんだって。そういった点で、表題で取り上げたウチの大物打者とは、違いを感じましたね。

では、ウチの寸評です。



-- 続きを読む --
スポンサーサイト

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

11雁ノ巣ホークス観戦記21 取材メモバージョン(VS名古屋ドラゴンズ21回戦) 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

11雁ノ巣ホークス観戦記20 雁ノスラッガーの大共演(VS名古屋ドラゴンズ21回戦) 

いやはや、雁ノ巣公式戦最終戦は、凄まじいホームラン共演を魅せてくれました。5本も飛び出ましたからね。低反発なにそれ?って感じで、どれも打った瞬間に分かるソレでした。
特に江川の9回ツーアウトからの勝ち越しホームランには感動しました。前に小斉が敬遠され、しかも、投手以外では江川のみヒットを打ってない状況での勝ち越し弾でしたからね。お客さんも凄く声が出ていて、物凄く良いムードが出来ていました。8-2からの逆転ですから、大したもんです。

ホームラン5本にこの逆転は、私の約20年にわたる(途中、6年ほど年に2・3回の観戦だったけど)雁ノ巣観戦において記憶にありません。これだけの試合が出来る若い選手を育成出来ている事にホークスファンは、誇らしく思って良いと思います。一軍と二軍の打撃力で最も違いが出るのが、長打力だと思います。それを雁ノ巣ホークスはがっちり備えているんですから。

では、寸評です。
-- 続きを読む --

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

11雁ノ巣ホークス観戦記 どじょう打者 豊福(VS三重スリーアローズ) 

三重スリーアローズとの試合を5イニングほど観てきました。台風の影響による強風のせいか、審判のゾーンがやや辛かったからか、ファーボール連発で締まらない試合ではありました。
ただ、7-2とリードされてからの3軍ホークス打線の凄まじい反発力は大したもんです。2回に早くも円陣を組んでしっかりと気を取り直したのも良かったですね。
そういや、3軍ホークスの内野陣はみんな九州出身なんですよね。捕手・拓也(大分)、一塁・中原大(鹿児島)、二塁・豊福(佐賀)、三塁・立岡(熊本)、遊撃・牧原(福岡)って具合に。これが2軍で見られるようになれば、ちょっと感慨深いです。その時を楽しみにしていましょう。

さて、三重の方ですが、糸川・石原とまとまった好投手が投げていた割に乱れましたね。石原という投手など、交代直後は、シュートやシンカーが冴えまくっていて、面白い投手だと思ったんですけど、言っちゃ悪いけど、体格が子供なんですよね、ストレートがピュっとキレますが、当てられないほどじゃなくて、当てられると簡単に飛ばされるんですよ。改めて、体格というのが、プロとアマを大きく隔てさせる事を痛感しました。

では、寸評です。
-- 続きを読む --

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

11雁ノ巣ホークス観戦記 彼らの7年間戦争(江川・高橋徹)(VS九州産業大) 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。