LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

高橋由伸2世 高橋周平 

高橋 周平(東海大甲府高 山梨県)
ショート(サード)左打ち右投げ

【紹介】

今年の高校生NO1打者と早くから目されてきた打者。甲子園には縁が無かったが、高校選抜でも4番を打ち、全試合で打点を挙げ、決勝ではホームラン・3安打と木製バットを苦にせず、いかんなく能力を発揮した。
3年次にショートをやったが、これは監督がプロで守りで苦労しない為に守備力を上げる為に行っている。プロでは、サードを本職にするだろう。足も遅くは無く、ホークスでいえば、松田タイプのサードといえる。

【第一印象】

正直、フォームの連続写真を見ても、動画を見ても、「高校NO1打者」の名はいまひとつ腹に収まりが悪いモノがあった。フォームは綺麗そうだが、ヒッチやコックも目立ち、ステップは、少しすり足をして、足を上げるという特異な型であった為、なんとも特長が掴みにくい感じを受けたのだ。
しかし、春の県大会で、レフトにゆったりとした高い放物線を描くホームランを見て、高校生離れした技術・飛距離を感じた為、なかなか評価を出来ずにいた。この寸評はそれを経て、9月の高校選抜大会を下敷としている。今は、あのホームランこそが高橋の真骨頂で、基本ラインとすべき、放物線を描ける打者と思うほど、能力が高い打者と診る。過去の高校NO1打者の看板にも恥じない打者だと。

【タイプ フォームイメージ】

打者のタイプは高橋由伸。私にとって、この例えは最上級の例えである。由伸は結局打撃タイトルを取れないままに終わりそうだが、最も三冠王が取れるタイプの打者とみていた。中途半端に能力が分散しているのではなく、どれもが高い次元の打者だと。その意味では、高橋周平はまさにそれ。3割3分・35本を打てるタイプ。

フォーム的にも由伸に似ている。構えだけは似ていないのもよく(由伸はグリップと頭が近すぎる構えがいかん。肩甲骨の動きを阻害している)、似ているのは、ダブルシンクロ・一拍のある足の上げ方、ボールをしっかりとバットに乗せて、運ぶ打撃。フォロスローの美しさなどである。それぞれ、後述する。

【スウィングスピード・打球の速さ】

高校生にしては、凄まじいスウィングスピード。ただ、ホークスでいえば、江川・松田・柳田のルーキ時代クラスには少し劣る気もする。この点が高橋が長距離砲として少し疑問を持たれる部分ではないか。とはいえ、スウィングの弧はでかく、長距離砲のそれ。松田・柳田のように「あの弧で、なんであんなに飛ばせるんだ?」という印象は無い。江川のようにそら、飛ぶよなという感じ。

打球も当然速い。印象的だったのが、バックネットへの高い打点(だったであろう)のファール。多村は横浜時代、バックネットにファールを打つティ打撃練習をし、これは最もボールが飛ぶバックスピンを、ボールにかける練習をだそうだが、そういった訓練が必要ないくらい、ボールが一番飛ぶポイント、バックスピンがかかるミートポイント(ボールの中心の7mm下とされる)に自然にバットをもぐらせる打撃が出来ている。

【構え】

両肩甲骨・両股関節の揺らぎ、両目でボールを捉えられる首の柔らかさ、体勢を崩されない腰の座りの強固さと全てが完璧。威厳すら感じさせる、体が非常に大きく見え、「こら、打ちそうやな」と思わせる構えとなっている。

【タイミングの取り方・始動】ーダブルシンクロー

ダブルシンクロで早目に始動する。シンクロとは、投手のフォーム動作に合わせて始動を開始する動きだが、高橋は、投手の脚が下がる際に一度右足かかとを踏んだ後、再度、投手のリリースに合わせて、左足でもタイミングの一致を図っている。両足でシンクロを図る「ダブルシンクロ」を高校生がモノにしているとは!!これは由伸の稀有な技術で、小久保が巨人時代にマネしようとした奥義のようなもの。打者の間に投手を引きづり込んでいる感じすら受ける。

【ステップ・投球との間合い】ー足を上げて止まる一拍があるー

先述のように以前は、すり足をして、足を大きく上げる、これも珍しいステップだったが(佐々木誠がそういったステップをしていた印象があったが、動画で確認すると意外にそうでもなかった)今はしっかりと大きく足を上げる一本足のみとなっている。上げた足の膝を締めこむ事も無く、ふところの深い感じを受ける上げ方、しかも、右のお尻と足の付け根から足を上げる意識が感じられる、綺麗な一本足。

しかも、上げた際に一瞬止まるような「一拍」があるのが良い。(ちなみにルーキー時代の福田秀平にもこれがあったが、今は少しねじりながら打っている。なかなか、これが出来る選手がいないんだよな。牧原があるか)一拍があることで、ボールの変化・緩急をしっかりと見極められる。タイミングがあう。足を上げている時間も長く、ゆったりステップ。

また、ステップした足の踏み込みが強いのも良い。こころもちインステップであることも、外のボールを強く叩ける。さきのレフトへのホームランはこの強い踏み込みとインステップの効能。左投手をそう苦にしないだろうと予測される。

【トップの角度・高さ・深さ】

トップの角度はバットがしっかりと立てて、両肩に対し、60°の角度でつくれている。今はバットを寝かせたトップが多くなった中で、しっかりとした立ったトップを作っているのは好感。75°くらいまでバットを立てるほど長距離砲が多いという感じを持っている。

トップの際にグリップエンドの高さは、下の右手が左肩の位置とやや高目か。トップの角度が立ち気味なこともあり、この高さだと低目のボールを少し前で打たなきゃならず、打ち損ないが増える。低目を気持ちひきつけて、距離を出す為には、おかわり君のようにトップが低い方が良いだろう。特に左打者は、インローを遠くに打てるかがポイントとなるので、もう少し下げるのも一考であろう。

但し、最も距離が出せる、高目のボールを前ポイントで打つ為にはベストの高さ。高校選抜でもやや高目・外よりのボールをホームランにしたり、強い打球を打てているのは、このトップの高さのおかげ。

トップの深さは文句なし。

以前は、トップを作るのにバタバタしており、作る時間もかかっていたが、今はスっとトップに入れる事が出来るようになった。

【スウィングの軌道・ミート精度】

先述のように弧はでかく、ややぶん回しの感じすら受ける。ガッチリミート出来るタイプの軌道ではない。プロでは最初はミートするのに苦労するかもしれないが、それを過度に考慮して、小さく振るようになれば、この打者の持ち味は消えるだろう。プロで変に修正しなければよいが。
タイミングの取り方、ステップの良さがあって、ミート精度は高いので、心配はいらない。スウィング軌道を小細工して、ボールを当てようとせず、体全体で、お尻に目がついている感覚で打てば、ファームでもじきに3割ちかく打てるはず。

【インパクトポイント】

インパクトポイントはやや後ろ寄り。統一球になって体の近くのポイントではボールが飛ばないとされるが、高橋の場合、ボールをバットにのっけて、接触時間を長くして打つ技術があるので、さほど心配はないだろう。今のスウィングの弧を活かすには後ろ寄りで正解だと思う。

【評価】S+

4-0で勝っている場面で、一塁までヘッスラをするなど、熱い気持ちを出せる部分も評価した。高校選抜でもショートを守れるなど、守備能力も高いのも、高校NO1野手の評価に恥ずかしくなく、プロ好み。

1個1個詳細にみていくと長距離砲にふさわしい技を随所に感じさせられる。早くプロでみたい選手。



スポンサーサイト

テーマ: ドラフト会議 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

井口型内野手 松本剛 

松本 剛(帝京高 東京)
ショート 右打ち右投げ

【意外に高評価か】

今年の高校生内野手では、高橋周平(高校選抜で再確認し、10月くらいにUP予定)に次いで、高評価を受けている内野手(多分)。タイプ的には、浅村(西武)に似ているとの評価が多いが、同意出来る。長打も打てるが、まずは打点を稼げるタイプで、ここというところの「鋭さ」を強く感じさせる野手。
甲子園での花巻東戦でも、決勝のライト前タイムリーヒットを放ったり、ライト犠牲フライを打っており、勝負強い。このタイプは井口型ともいえよう。(東東京予選 打率593 本3 打点12)

【フォーム長所】

フォーム的には、トップの姿の良さ、スウィングの軌道の良さが際立つ。上体の使い方はほぼ文句ないレベル。東東京決勝でも、イン寄りのストレートをストンとバットを落として、切らさずにレフトスタンドに放りこめた。いわゆるインサイドアウトの軌道が作れており、グラウンドを広く使ってヒットを打てる。

【フォーム欠点】

投球との間がないステップが少し気に食わない。非常に遅い始動で、やや前のミートポイントで打つタイプなので、ステップが「バタバタ」している。右足に体重を乗せきる前に前に移動しているような感じすら受ける。つま先でチョイチョイとリズムを取るように小さくステップするタイプ。(このステップの仕方は、私の評価はかなり低い。昨年、城所がこれをやって、全く打てなくなっていた。いや、あれを治した今も一緒か(苦笑))

こういった印象を受ける打者は、ほぼタイミング・投球との間合いを取るのが下手で、初球を打ちにいっても、よくてファールになるといった打者が多いのだが、彼は投手の代りっぱなの初球を打ちにいき、結果を残せていた。初球から大きなカーブを打ちにいく姿勢も、こちらが思うほど「間」が掴めていない訳ではないのかもしれない。
この間の悪さをカバーしているのは、下半身の始動は遅いが、トップのみやや早目に入れている報労と診てよいだろう。ただし、プロのスピードだと、あの「チョイステップ」は治さないと対応出来ないだろう。この点は意外に苦労するかもしれない。自分の欠点がそこにあると気付く能力があるかどうかも含めて。

【評価】A+

ざっとしか見れていないが(診きれないのが本当だが)、守備能力はそれほど際立つものとは感じない。それでも、二遊間を守れて、足が速く、長打があれば、ワンランク上の評価をしたい。浅村も高校時代とは全く違う打ち方でプロで通用しており、4年ほどかけて、フォームを創りあげていけば、井口・浅村系の最も望まれる、万能型の貴重なタイプの二遊間の存在となれるかもしれない。

テーマ: ドラフト会議 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

ビッグ大隣 松本竜也 

松本 竜也(英明高 香川県)
投手 左投げ左打ち

【紹介】

大型左腕の噂の割に、昨夏の甲子園でも登板無く、センバツも不出場。その大きな体(190㎝)を持て余しているのだろうと思っていたが、今年の春についに覚醒したとの噂が飛び交い、非常に楽しみにしていた投手。その楽しみを明らかに凌駕する、怪物投手となっており、強く魅了された。今年の夏、最も評価を上げ、一躍ドラフトの目玉にまで躍り出ている。ホークスもスカウト部長がコメント(「非常に将来性がある投手」)を出すなど注目している。

【タイプ フォームイメージ】ードデカ大隣ー

投手のタイプとしては、大きな体の割(体は細い)にシュっとしたキレのあるボールを放る、バンビ系。球種も多く、まとまりもある為、先発タイプといえよう。

フォーム的には、大隣の腕の振りに非常によく似ている。あのように綺麗に肘からしなる腕の振りは、一生の財産。全体的な感じも似ているといってよいだろう。

但し、大隣の悪癖である、左手のテークバックの大きさ(お尻の割れ目まで回しこむ事がある)や、セカンド方向に上げた右足を過度に送り込む姿は、似ていない。(似て無くて良かったね)大隣のような反動をつけなくても、良い球を投げられるのが、親からもらった大きな体の良さといえよう。

ちなみに大隣は、プロに入って、左手とグラブを離す位置を、左股関節寄りに大きく変えたが、元々は、上げた右ひざの近くで割っていた。松本は、大学時代の大隣の様に右ひざ近くで離しており、ここも違う。
(軸に合う体の使い方で、大きく違いが出てくるのが、このグラブを離す位置なのだが、大隣や巽のようにここを大きく変えるのは、理解に苦しむ)

【打者の討ち取り方】

左右系の揺さぶりが主で、やや緩急を利かす。ただ、まだ投球が出来ている段階では無く、あくまで、キレのあるストレートありきの投手。はまった時は良いが、そうでない時は苦しくなるだろう。この点は、大隣テイスト。

【ストレート】

球質は、ピュッ系。打者手元でピュっとしたキレがあるので、打者は速く感じるし、空振りも取れる。このあたりはまさに大隣テイスト。ただ、こうしたボールは、当てられると簡単に飛んでいく。
球速は、平均137・8㌔。正直、スピードガンが故障しているのかと思うほど、この球速とは思えない、スピード感がある。
少し、肘が低いので、縦の角度は感じないが、大隣同様に横の角度があるボール。左右系にはうってつけ。

【変化球】

スライダー大小、カーブ、チェンジアップ(スクリュー?)がある。これというボールはないが、左投手として、戦える武器はしっかりと持っているかなとは思う。(まだ、どれも「どうのつるぎ」か「せいなるナイフ」くらいの破壊力だけど)
この点は、スライダーという「ドラゴンキラー」を持っていた大隣の学生時代とは異なる。どちらかといえば、山田大樹ぽい。

【コントロール】

ここもイマイチ。ストライクゾーンに投げようとして、適当に散って、なんとかファーボールにならないで済んでいるかなという状態。ただ、一応、左右に投げ分けようと意識している点は見られる。
あれだけ綺麗に体をまとめたフォームの割に尻の厚みの無い事から、踏み出した右足がまだ大きな体の動きを受け止めきれず、制球が乱れている感じを受ける。

【評価】S-

今年の高校生は、珍しく左腕のドラフト候補が少なく、その事情からも、外れ1位、少なくともドラ2までには消えるのではないか。山田大樹の成功例からも、左腕で大きな体で、綺麗なフォームの投手の需要は高まりそう。

まずは、テクニック部分のコントロール・変化球の破壊力・投球のコツを掴む事を重視して、育成すれば、3年後にはローテ入りも夢ではなさそう。大きな体と見誤って、ストレートの球速を増す方向性で育成するとその大きな体が仇になる可能性も高いとみる。(お取り扱いは難しそう)

ツインズももち
ホテルツインズももち
←県外のホークスファンの方々に宣伝させて頂きます。こちらのビジネスホテルは、ヤフードームから徒歩7分という好立地にある、非常にお洒落な感じのホテルです。ホークスファン御用達にうってつけです。
実は、このホテルは昨年より私の高校時代からの親友(ホークスファン)が支配人として運営しております(友がみな、偉く見ゆる・・)ので、少しでも助けてやって頂ければと。
終盤の優勝争い観戦などで福岡にお越しくださる際には、ぜひこちらのご利用をご検討下されば、幸いです。こうしたネットもご縁ということで、バナーのクリックをお願いします。ただいま、ドーム応援プラン・勝敗予想ゲームなど開催中です。


←ビリージョエル「MY LIFE」洋楽の歌詞はあまりにバカっぽい詞や訳がわからん詞が多いので、あまり興味無いんですが(音楽のみを聞くスタイル)、この歌(というかこの人)は詞も好きでした。
「僕は環境の犠牲になった訳じゃない」「僕の人生だ、放っておいてくれ」軽快な曲で、こんな風にサクっと人生を語る歌って好きなんです。

テーマ: ドラフト会議 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

和製リベラ 北方悠誠 

北方 悠誠(唐津商 佐賀県)
投手 右投げ右打ち

【紹介】-15番を継いでくれる男-

私的に今年の高校生で最も注目していた投手が北方だった。それは、もちろん、故・藤井将雄の友人・後援会長の息子さんというのがあって。その注目にたがわぬ、いや、それ以上の結果を夏に残してくれた。北方によって、藤井が改めて、マスコミ等に取り上げられているのも、ホークスファンとして、深く感謝したい

【投手のタイプ フォームイメージ】ー馬原2世・和製リベラー

投手のタイプでいえば、馬原か。145㌔前後のカットボールを操る様は、ヤンキースの名リリーバー・マリアーノ・リベラに例えたくなる。どちらもリリーバーであるように、リリーフ向きのタイプ。

投球フォームは、思いつきにくい。強いて言えば、強烈な腕の振りが、田中将大の高校時代を思わせる。
しかも、ショート方向に少し蹴るようにステップし、開きが早くなる点、左足の着地のバランスの悪さなどの欠点も田中将に似ている。同じように軸を倒して投げるタイプでもある。
田中将との違いは、腕の振り。田中が縦振りなのに対し、北方はやや肘が低い。ステップ幅を狭めて、もっと高い位置から放れるようになれば、ストレートに縦の角度がつくのだが。

【打者の討ち取り方】

基本的にはストレート系一本やりといえよう。今は、大きなスライダーも投げて、緩急をつけようとしているが、上のレベルだと曲がるポイントが早いので、少し苦しいか。この点も大学時代はスライダー投手だった馬原に似ている。
馬原同様に、縦横のカットボール(馬原は縦はフォークだが)とストレートで威圧しながら、討ち取っていく手法を取っていくだろう。

【ストレート】ー平均150㌔って・・・-

球質は、ズドンとギュイーンの間。重さと適度な伸びがあって、当てられても、遠くに飛ばされない感じがする。これもリリーバーにうってつけ。球速の割には、あまり速く見えないもこのストレート球質の特徴。
球速は、ほぼ平均150㌔弱。何球かに1球だけ150を出している訳ではないのが、凄まじい。

問題は、角度がないこと。縦も横もない。

【変化球】ー黄金のカットボールー

スライダー(125~130㌔)と縦・横のカット(140~145㌔)。馬原でも140㌔程度のカットなのに、北方は平気で145㌔を越えてくる。それが、横にキュっと曲がったり、ストンと大きく落ちるのだから(フォークじゃないよね)高校生打者が対応出来るはずもない。これがあるから、北方という投手は上の段階でも輝けると思う。

【コントロール】ー首を振るから悪いのか?-

ここはやや問題がある。ストライクゾーンに投げ込んで、ボールになっている感じ。投げ分けではなかろう。この欠点は、あのストレートの球速で覆い尽くしている感じだ。

このコントロールの悪さをリリース時に首を振る事が要因と見るむきもあろうが、私は違うんじゃないかと思っている。眼でコントロールをする訳でもなかろうし。プロに入るとここが矯正されるのは、怖い。(そして、腕が振れなくなる。球速が落ちていく。嗚呼)
コントロールが安定しないのは、左足の着地に問題があるのではないか。着地するポイント(つま先着地)が悪いのか、着地の際の膝・股関節の具合が悪いのか、あの凄まじい上体の動きを受け止めるだけの筋力が足にないのかは、分からないが、着地の安定感が無いのは、画像からも見て取れた。
ちなみに、田中将は、就任した佐藤義則コーチにここを修正され、制球の安定感・真の強いボールを体得したときく。

【評価】S-

この評価はリリーバーに専念するとしての評価。先発育成なら、少し時間が必要だと思う。甲子園で負けても、非常に雄々しい顔をしていたし、捕手の失敗を笑って許す、投手らしくない周りが見えている感じがあった。こういった冷静で、強気な感じもリリーバ向き。藤井と親父さんの男気溢れる、良い遺伝子をしっかりと引き継いでいると思う。こういった点も評価を上げたい。

ホークスには、20歳前後の投手が多いが、北方のようなキンタロウタイプの投手は少ない。(入ってくる時には、ひ弱な感じの投手が多いもんな。といっても、俺もバンビ系が好きなんだけど)北方なら、一年目から、雁ノ巣で、ガンガン放れそう。そして、投げれば投げるほど成長していき、ホークスに新風を吹き込んでくれそう。ということで、15番のユニフォームを持って、お待ちしております。

藤井ハリー

テーマ: ドラフト会議 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

斉藤和巳の原石 武田翔太 

武田 翔太(宮崎日大高 宮崎県)
投手 右投げ右打ち

【紹介】

昨年夏に151㌔をマークし、「来年の九州NO1投手」と目されていた投手。今年の夏は、足がつったとかで、好投するも勝ちあがれず。今のところ、ホークスが最も関心を寄せている投手ではないかと報道されている。

【タイプ フォームイメージ】

身長が高い事から、ダルビッシュに例えられるが、投球スタイルなどからも、ダルとは全く違うタイプ。どちらかというと、少ない球種で、勝負するスタイルは、斉藤和巳の方が近い。

投球フォームは、癖の無い、綺麗なフォーム。私は、木村恵二という、ダイエー初期のドライチ投手のフォームが似ていると感じた。
この投手は、和巳のように大きなカーブとフォークを中心にそれなりに活躍した投手だった。しかし、同じ投球スタイルながら、木村と和巳は投球フォームに大きな違いがある。武田はいまのところ、フォームを含め、木村似。(下に木村のフォームを掲載しておきます。知らない人も多いのかな)



上から投げ下ろす感じや少し担ぐ感じのテークバック、着地が早く、軽い感じなどは似ている。繰り返すが、和巳とはフォーム的には似ても似つかない。和巳は打者の方までしっかりとボールを持って投げていたし、踏み込みも強かった。それに全く担いでない。
ただ、軸を回転して投げるというより、軸を倒して投げるのは、3者に共通している。ちなみにダルは回転系。(この投げ方の分類は工藤公康が提唱しているが、私にはまだ不明な点は多い。これを分析ツールとして、もっと利用したいのだが、まだ勉強中)

ちなみに最初は、「木村恵二のダイナミック版」として、武田を紹介しようかと思ったが、九州の大逸材でもあるし、目標を高く持ってもらいたい(木村、ゴメン。俺はファンだったんだけどね)と「和巳の原石」とした。

【打者の討ち取り方】

高低・緩急系。投球の基本は縦割れの大きなカーブとストレート。こういった攻めの投手は今は珍しくなった。これにフォークか縦スラを身につければ、高低と緩急のパターンが深まる。彼がプロでやる為の必須条件だと思う。木村も和巳も出始めは、カーブとストレートの投手で、良いフォークを身につけて無かったが、これを後に体得して、それぞれ、活躍が出来るようになった。

【ストレート】

球速は141・2㌔くらいではないか。球質がピュっとギュイーンの間という感じで、打者手元でのキレと伸びが適度にあるので、速く感じる。これも木村テイスト。木村似という点では、ストレートに縦の角度がある。このストレートが高低の揺さぶりを利かしている。

ちなみに和巳はキレというより、伸びと重さが際立つストレート(これが最高球質だと思う)。しかし、和巳は沈み込みが深いので、ストレートの縦の角度はそう無かった。

【変化球】

縦割れの大きなカーブとカット系のスライダーがある。カーブは腕の緩みもさほど感じられず、使えるシロモノ。しかし、何度も対戦するプロにおいては、カーブは決め球になりにくい。

【コントロール】

高低のコントロールは問題ないが、左右がややアバウト。但し、カーブとスライダーが、ストライクを取れる能力があるので、そう苦労は無い。

【評価】S-

好きか嫌いかで言われると、投球スタイル、フォーム、ストレートの質など私が最も好きなタイプの投手。(木村も好きだったし)はっきりいって、今までチェックした、今年の高校生投手で最も気に入っている。ホークスが指名したとしても、強い異論はない。しかしながら、ホークスには同タイプの投手が多く、その投手達の年齢も近い。しかも、意外に時間はかかりそうなタイプでもある。決め球となる変化球が無いのもあって。
そういった編成事情から、一位入札となると少し首をかしげる。まずは、外れても良いので、藤岡・菅野の指名の方が良いのではないか。例え、武田が外れで残っている可能性は低くても。

テーマ: ドラフト会議 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。