LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

加藤良三新コミッショナーへの期待 

新コミッショナーが就任されましたが、いつもは「また、官僚の天下りかい。」とプロ野球を良くする方向へ導いてくれるなど鼻から期待などしていないのですが、今回の加藤氏の就任は、私には珍しく期待を(若干)持っています。
それは、加藤氏が、大の野球好きで、元アメリカ大使ということもあって、大リーグとの交渉に多少なりとも期待が出来るという事が要因でしょう。

具体的には、まずは、大リーグとの調整では、FAで大リーグに移った選手の日本のチームへの補償制度を構築して欲しいと思います。大リーグチーム間では、ドラフト指名権の移譲など補償が存在しているのですから、日本から獲得した場合も何らかの手当てを行うべきだと思います。そうした日米間の規約の見直しを行う時期がきていると思います。

次に日米チャンピオンチームにおける(将来的には、アジア各国や中南米チームも入れていきたい)真のワールドシリーズの実現を訴えて欲しいです。
ホークスの孫オーナーが就任当時、大リーグ機構などに訴えていましたが、尻すぼみになっています。これをコミッショナー主導で行い、実現すれば、プロ野球機構の財源の確保も図れ、権威も増すはずです。7試合の短期決戦なら、日本一のチームの勝利も十分に有り得る話で、日本野球の凄さや面白さを、普段野球を見ない層にも訴える事が出来るはずです。WBCのように。
スポンサーサイト

テーマ: プロ野球 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

雁ノ巣ホークス観戦記14 VS四国九州アイランドリーグ選抜 五輪中の救世主現る? 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

ドラフトから診る現有戦力と後半戦の展望(福岡ソフトバンク編) 

【前半戦の戦い】こんなもんじゃない投手陣
ホークスの誤算は投手陣でしょう。オープン戦では、柳瀬・藤岡・三瀬・ニコースキー・馬原で磐石にみえた中継ぎ・抑えも馬原の離脱を中心に狂い始め、先発も未だ0勝の新垣をはじめとして、頼りない時期が続きました。嬉しい誤算は、10年目に花を咲かせた小椋とルーキー久米の活躍です。この二人がいなければ、どうなっていたかと。非常に価値のある活躍をしてくれました。
しかしながら、投手陣の奪三振がパで断トツの数を叩き出している事からも、投手の能力が高い事は疑いも無いところです。

打撃陣では、若手の活躍に隠れている感もありますが、やはり松中・柴原の復活・小久保の早期復帰が、チームを5割ラインで踏みとどまらせた大きな要因です。
特に松中が3番に座り、5番までの上位打線で点を取るシステムを確立した事で、現在、1試合平均得点4点と勝つ為の最低条件を満たす事が出来ました。(私は、野球は打者が4点を取り、投手が3点に抑えれば勝てる確率が高くなると思っています)
そして、先にも触れた若手野手の台頭は、福岡のTVニュースなどでもよく取り上げられています。今まで、中西・長谷川など知られて無かった選手が、多くのファンから期待の目で見られているのは、ホークスにあまり無かった事です。
今年支配下選手登録の野手で、一軍の打席に立っていないのは、ルーキーを含め、たったの8人だけと怪我人が続出したとはいえ、いかにチャンスをもらっているかが良く分かります。素人目にも「いい形で打っているなぁ」と感じた野手は、すぐ一軍へ行って、しかも一軍で、なんらかのチャンスを即座に貰っており、王ー石渡ラインの連携の良さがこうした現象を起こしているかなとも思います。

【近5年のドラフトの傾向から診る現有戦力】【後半戦の展開】大場と松田がキーポイント
ここ数年のホークスのドラフトは、明らかに野手優先の指名でした。それでいて、即戦力投手もそれなりに獲得しており、獲得した野手の育成に成功すれば、後年、高く評価を受ける指名ではないかと思います。
投手については、大場・新垣・馬原の出来が後半戦の鍵となると思います。大場・新垣のピッチングはハマルと手が付けられないほど、爆発力がある力量ですから、彼らに勝ちが計算出来るようになれば、トップでのゴールも視野に入ってきます。
シーズン前に馬原が7月まで復帰にかかるようなら、今年の優勝は期待出来ないと思っていましたが、7月までなんとか持ちこたえました。なんとか後1ヶ月を凌ぎ、馬原の鬼神の如き活躍を期待したいです。

打撃陣では、松田の長打爆発がキーポイントだと思います。5番までの打線でなんとか点は取れているのですが、松中・小久保・柴原の夏バテも予想されますし、下位でも点がある程度取れないと、優勝を争う試合では苦しくなります。大村が帰ってきて、出塁率があがるでしょうから、柴原・大村といった打者をホームに帰す役割の打者が必要となってくるでしょう。その第一候補は松田でしょう。
又、序盤に350の高打率を残した井手正太郎や勝負強い田上の復帰が見込まれる事も大きいです。もし、松田が前半のようでしたら、彼らを代打に出すといった荒療治も必要かもしれません。松田のところに回ってくるだろうチャンスをどのように点を取るのかが、首脳陣に求められるような気がします。

【結論】
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ←励みにしております。よろしかったら、クリックをお願いします。
-- 続きを読む --

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

ドラフトから診る現有戦力と後半戦の展望(東北楽天編) 

出来れば、ホークスのこれを書いて、このシリーズは一旦終わらせようかと思っています。ロッテ・オリックス編はいずれかの機会に。ホークスも明日書ければ良いのですが。

【前半戦の戦い】ノムラの教えが浸透
私が最も戦力を見誤ったのが、楽天です。完全に野村監督を侮っていました。いや、あの人があまりに監督の力を誇示するので反発心が出ちゃって、楽天を最下位予想していました。(試合での采配よりも戦力の整備の重要性の方が上位の価値にあるとの考えに揺らぎは無いのですが)
野村監督の教えであろう点がデータに出ているのは、「打者の三振数が最も少ない」「打者の四死球の獲得数が最も多い」(ホークスの打者は最も少ない。うーん、らしい結果だ(笑))「投手の被本塁打が最も少ない」という3点です。野村監督らしいチーム作りが分かりますね。

投手の方では、岩隈の復活がとても大きいですね。それと永井・朝井といった昨年そこそこ活躍した投手が、今年もそれなりにローテを守っている事が、私には意外でした。この3人の勝ち星は、私の計算外で、開幕前は、「楽天は投手がどうしようもなくなる」と思っていました。特にオープン戦での岩隈は、ストレートが走らず、「早熟型投手」だったのかなぁと見くびっていました。
楽天の投手の特徴としては、フォークを放る投手が多い事で、先発ローテ投手のほとんどが、投球におけるフォークを投げる比率が10%を超えています。ピンチには初球からフォークを放るなど、打者の配球を読んだリードがそれを活かしています。足を引っ張っていた守備力も渡辺直がショートに入り、非常に安定しています。

打撃も意外だったのは、山崎武の昨年のような爆発がなきゃ、大した事はなかろうと思っていたのに、ホークスよりも本塁打数が20本以上少なくて、ほぼ同じチーム打率なのに、得点は、楽天が20点以上多く取っています。(楽天の方が消化試合数が少ないにもかかわらず)先に述べた四球を選んでいる事が得点に寄与している事が窺えます。

【近5年のドラフトの傾向から診る現有戦力】【後半戦の展開】抑えが確立すれば、優勝戦線に食い込める
ドラフトの傾向としては、以前にも書きましたが、即戦力志向で、小技が利くタイプの選手を多く獲得しています。これも野村監督にとって、満足できる獲得でしょう。ちなみに、ここの高卒選手は、全くの独自路線なのが興味深いです。昨年のドライチ寺田を筆頭に、山本・銀次の上位指名には驚かされました。

さて、後半戦に対して、投手の上積みといえば、長谷部・片山の台頭でしょう。楽天の最大の泣き所である「左の先発投手」が出てくるかという点で重要なポイントとなるはずです。特に五輪で2枚看板を持っていかれそうなだけに。
抑えは、ムラがあるとはいえ、昨年の後半にとんでもない球を放っていた小山が調子を取り戻す事を祈るしかコマがないかなと思います。

打撃陣では、横川や中島などの長打力を秘めた打者が台頭し始めた事が、後半戦に向け、大きなことだと思います。草野も最後には3割近くに持ってきそうな技術力を持っていますし、今以上の上積みが期待されるでしょう。

【結論】
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ←ブログランキングです。後半戦のホークスへの期待をこのクリックに込めて、ポチっとお願いします。
-- 続きを読む --

テーマ: プロ野球 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

ドラフトから診る現有戦力と後半戦の展望(北海道日本ハム) 

「ドラフトから診る」などと大げさなタイトルをつけた割には、大してドラフトに触れておらず、自分の力量不足を感じてしまい、書き終わって、一回で嫌気が差してきた「埼玉西武」編でしたが、乗りかかった船として、続きをやっておきます。もっと違うイメージの戦力予想をするはずだったのに。昔、江川が「うるぐす」でやってた「戦力数値化コーナー」(連覇値だっけ)のような。

【前半戦の戦い】極端な投高打低チーム
日ハムが2位に踏みとどまっているのは、一にも二にも投手力に尽きます。とはいえ、抜群の防御率ほどの凄みを感じないのは、先発の頭数がやや足りない傾向にあるからかと。多田野が戦力になっていますが、あの投げ方に慣れてきたらどうなるかと後半戦に向けて未知数の部分も残しています。

又、藤井・スウィニーがよく頑張ってはいますが、完投は0。チーム完投数7の内、ダルが6つと完璧に抑え込む投手が、見当たらないところに苦しさもあります。武田久・マイケルの比重が高くなる為、彼らが打ち込まれるとかなり苦しいペナント争いを強いられるかと思われます。

打撃力はかなり苦しいのですが、リーグ断トツの91犠打(ホークスがリーグ3位の51犠打。西武の54犠打にはびっくりです。投手出身監督は本当に送りバントが好きですね。)(←見間違いました。2位は楽天の60犠打でした)と昨年までの細かく点を取る野球を継続しています。大沢親分が日ハムの監督の頃、犠打が多い森監督(西武)に「バントばっかりやってんじゃねぇ。」と食って掛っていってましたが、愛するファイターズの現状をどう見ているのでしょうね。案外「あの弱いチームが細かい野球が出来るようになったんだ。天晴れやっとくれ。」って感じかも。とにかく、この打力で2位とは私の理解を超えています。

【近5年のドラフトの傾向から診る現有戦力】投打ともに将来性は抜群のチーム
日本ハムは、数値で選手の能力評価を行うシステムを構築し(1億円もかけたとか)、戦力分析・把握に余念の無い、フロントが野球を知っているチームです。さすがにここ数年のドラフトは、「巧者」と呼びたいほどです。高校生でスケール感のある選手を獲得し、大社で即戦力投手を獲得する傾向にあります。

投手については、昨年、戦力となった木下・吉川の高卒組の伸び悩みが痛いはずです。今シーズンの戦力はならないでしょうが、この二人に加え、ダースローマシュや植村、津田らのスケール感のある高卒投手が、先発ローテに入ってくる日が来れば、日ハムがパの常勝チームとなっているはずです。基本的には今は大社の即戦力タイプの投手がよく頑張っています。

一軍では長打力不足に悩まされていますが、ファームには来年にもそれを解消出来る人材が豊富です。ファームでよく打っている金子洋・糸井・陽・市川らが、今シーズンにでも、長打力を発揮出来る可能性は高いと思われます。
但し、投手・守備力で勝ってきたチームが、先の選手を入れる事で、守備力や細かい野球が出来る力を落としてしまい、混乱を生じさせる可能性もあるかもしれません。今のところ、梨田監督は、細かく点数を取る野球を踏襲しており、長打に頼る野球へ変更するのは、早くて来年からかとは思いますが。

【後半戦の展開】今年も「1-0」で勝てるのか?
-- 続きを読む --

テーマ: プロ野球 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

0.1秒スピードアップの勝利 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

王型継投 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

ドラフトから診る現有戦力と後半戦の展望(埼玉西武) 

交流戦後の後半戦のパリーグがどう展開するかを、前半戦の戦いと過去のドラフト指名を中心に推し量ってみたいと思います。まずは、首位を走る西武ライオンズから。

【前半戦の戦い】思い切り良く振って、確実に投げる
なんといっても、打撃力が凄まじかったのですが、それに見落とされがちですが、投手力が安定していた事が、西武にとって、最も驚くべき事象だと思います。
中継ぎや先発の頭数に不安がありながらのスタートだったのですが、涌井・岸・石井・西口に加え、帆足が台頭した事が大きかったですね。
奪三振数は、少ないものの、四球が少なく、西武ドームでありながら、被本塁打が最も少ないのは、いかにコントロールに意識して、投球しているかが分かります。また、我慢して起用していた細川のリードも良くなっているのでしょう。

打撃面では、本塁打・三振・併殺・盗塁刺の多さからも思い切った野球を展開している事が分かります。正直、意外で仕方が無いのは、あのアッパースウィングの中島の打率が非常に高い事です。盗塁数も確かに多いのですが、片岡の数が突出しており、下位打線に走れる打者がいません。

【近5年のドラフトの傾向から診る現有戦力】第2のGG候補はいるが、第2の涌井はいない
長田(34)山崎(17)、松永(34)、平野(19)ら、指名当時には、ドラ1としては、やや役不足感が否めない指名が目立ちました。(例外は、岸(11)で、ドラフトマニアからは、大隣より絶賛された逸材でした。私も岸の大学時代はベタ惚れでした)ここいらが、評判どおり、大して戦力になっていないのは、投手がどうしても、足りなくなってくる後半戦に暗い影を落とすのではないでしょうか?

打撃面では、ファームには後藤や黒瀬といった打者が好調で、赤田・高山・松坂・大島・佐藤友など、今期まだ本領を発揮していない、潜在能力は高い打者も多く抱えており、多少の怪我人が出ても、ある程度の水準は保てるのではないでしょうか。
とにかく、カブレラ・和田という軸がいる間に多くの打者を集め、鍛錬していた成果が十二分にみられます。大したもんです。さすがに、名伯楽土井コーチの置き土産は大きいですね。
【後半戦の展開】優勝争いをしながら、思い切り振れるのか?

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ←励みにしておりますので、よろしかったら、クリックをお願いします。
-- 続きを読む --

テーマ: プロ野球 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

交流戦雑感 セリーグのリリーフ投手は凄い 

交流戦では、セリーグに大きく勝ち越しているパリーグですが、パのファンとして、嬉しいんですけど、決して、昔のように(80年代後半)「セリーグ弱えー。」などとは思えません。
そう思うのは、セのリリーバーに素晴らしい投手、150kmを連発し、落ちる球を持つような投手が多い事が原因かもしれません。何か先発を打ち崩しても、その後に点が取れず、思ったより「楽勝 楽勝♪」という試合が少ないかと。

やはり、投手が打席に立つ、セリーグでは、リリーフを固めて、継投を巧くやらないと勝てないんでしょうね。セリーグは、スカパーでもほとんど観ないので、昔からそうなのかは分かりませんが。阪神のJFKに影響されての流れでしょうか?(それにしても、投手が打席に立つのは、パを見慣れた者からは、つまらんですね。息を抜ける打者がいるっていうのは)

逆にパは、先発に君臨型の若く凄い投手が多い(完投数もセとパでは3倍近く違うようで)のですが、リリーフは、やや手薄のチームが(ホークスを含め)多いのですが、交流戦では、対戦数も少ない事から、そうしたリリーフ陣でも通用し、勝ちを拾えているのかなと思いますが、どうでしょう?

にほんブログ村 野球ブログへ

テーマ: プロ野球 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

王監督の遺産 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

気分はJOHJOH 

福岡では、ホークス関連の番組が結構あるのですが(各局趣向を凝らして、なかなか面白いです)、その中でも老舗は、FBSの「夢空間スポーツ」だと思います。(ホークスが福岡に来たときに「JUMP UP ホークス」という番組をいち早く立ち上げました。番組名は変わりましたが、その流れの番組です)
その番組では、97年以来、「気分はJOH JOH」という、城島を取り上げるコーナーをずっとやっているのですが、先ほど、番組MCがアメリカに行って、インタビューしていまして、それが非常に面白かったです。

(言っても詮無い事とはいえ)「もし、王さんが俺もあと一年やるから、来年帰って来い。一緒にやろう。」と言われたら、どうしてましたか?」との質問に城島は、「万が一でも、監督は言わないでしょうが、それは間違いなく心が揺らぎますよ。」と言い、「でも、契約書にハンコを押す前に、王さんに連絡した際に王さんが契約延長を喜んでくれて、あれで吹っ切れました。」「そら、ホークスの事は、契約延長を迷わせましたよ。でも、マリナーズは、どうなるか分からない日本人捕手を認めてくれた球団。そのチームに恩返ししなくて帰る事は出来なかった。男として。」と答えていました。

4年後は待っているから、ジョー。
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

交流戦は増やすべき 

マスコミはあまり言ってませんが、交流戦を観てて驚くのは、「どこも観客数多いな。」という事です。パリーグの時代が来たと言われますが、日曜日でもなかなか満員は難しい球場は多いのですが、昨日・今日の西武ドームなどカープファンが多く来場されてて、球場を真っ赤に染めていました。(関東には、頼もしいホークスファンも多いのですが、あそこまで黄色にスタンドが染まる事はないようです)視聴率のようなものより、球場に足を運ぶ、お客さんが多いという事こそ、野球界が最も大事にすべき事だと思います。

交流戦の試合数が減ったのは、「間延びする」とか「(セリーグが)巨人・阪神戦が減る」とかいった理由から減ったはずですが、もう一度見直すべきだと思います。
この前、ヤフードームに中日戦を観に行って、思ったのですが、福岡にも中日ファンは結構いるようで、そうした人にとって、ホークス戦は貴重な生観戦の機会な訳で、それを少なくしてどうするの?と思います。身近で観れないからこそ、思い入れが強いところもあるでしょうし、その証拠に(?)ダグアウトで売っていた、中日グッズもよく売れているようでした。
そういえば、中日の落合監督のような、プロ野球が興行である事を全く意識しない監督などは、交流戦を減らせって言っていましたね。あれだけ集まった、博多の中日ファンをあの人はどう見ているんだろう。見えてねーか。勝ちゃあいいんだもんね。

しかも、2試合制になって、日程が飛び飛びとなっています。せめて、30試合制(にして、日本で野球が無い日を極力無くすべきだと思います。毎年、セパで3試合開催シーズンを交代しながら。

最後に、昔はオールスター戦にパリーグの誇りを託していましたが、今はそれが交流戦となっています。今年もほぼ、パの勝ち越しで終わりそうで、なによりです。交流戦で「パは面白れー。」と思ってくれるファンが少しでも増えると良いのですが。

テーマ: プロ野球 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

雁ノ巣ホークス観戦記13 ホークスVS由宇カープ 10回戦 苦悩しているスラッガー江川 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

ドラフトでは九州人を取れ(ホークス出身地分布データ付き) 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

松田は分からん 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

南海ホークスユニホーム 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

ホークス 九州20年史 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

中西 健太 はじめの一歩 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。