LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

夜霧のドラフト審議会(高校生野手編) 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

王終身GM誕生 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

雁ノ巣ホークス観戦記20 VS長崎セインツ 君の翼だ 藤井のホームラン  

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

九州の逸材高校生3 

伊波 翔悟
浦添商 (投手 右投げ右打ち)
身長が170cm強だが、しっかりした佇まいというか、マウンドでは大きく見える。フォーム的には、非常にオーソドックスで、欠点らしいものは感じない。逆にいえば、ちょっとまとまりすぎかと思うほど。ロッテに入った林啓介(福井商)という投手にどことなく似ている印象(誰も覚えてないって)。
球速は平均で143・4kmほど。しっかりしたバックスピンが利いた質が高いストレートを放る。問題なのは変化球で、カットとツーシームというストレート系の変化球を主とする為、緩急がきかず、一本調子な投球に感じる。
同郷の好投手東浜に強いライバル心を持ち、投手としてのプライドを感じるが、バッターとしても、非常に柔らかいバットコントロールを甲子園で見せつけ、「バッターの方がプロで可能性が高いのでは?」という声も多く挙がった。+B

赤川 克紀
宮崎商 (投手 左投げ 左打ち)
夏の甲子園で最も株を上げ、ドライチ候補との声まである大型左腕。又、素材型左腕からの脱皮したともいえる、春から夏にかけての成長度の高さも好感されている。
身長184cmの割りに重心を下にかがませるように投げる為、角度のある感じはしない。山本昌、八木(日ハム)、有銘らのようにガチャガチャした感じ(どんな感じや)のフォームで、個人的には好きなタイプの左腕ではない。(吉田修司や篠原のような綺麗なフォームの左腕が好きです)
ストレートは平均142km程度か。低めに決まるので、球速よりは速く感じる。右打者のアウトローへのストレートが生命線のよう。
変化球は、その生命線を活かすべく、右打者の足元に大きな横滑りのスライダーが武器。スライダーの質は高く、よくコントロールされ、打者の近くで大きく曲がっている。
今のところ、投球の幅が無いのが、たまに傷だが、チェンジアップやフォークなどを習得すると面白い。不器用そうだが、インタビューからも真面目そうで、今後の成長も大きく見込めそう。+A

テーマ: 高校野球 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

夜霧のドラフト審議会(高校生投手編) 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

グッドバイからはじめよう 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

いつまでも博多の王さんで居て欲しい 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

雁ノ巣ホークス観戦記19 VS北神戸サーパス(21回戦) 今季雁ノ巣最終戦 ムネの元気を浸透させよ 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

言葉が見つからなくて 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

雁ノ巣ホークス観戦記18 今季最低の試合 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

ドラフトで恐れていた事が・・・ 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

鷹ファンとしてささやかな誇り 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

北京に間に合わなかった男 

書き損なっていましたが(というか、ほとんどドーム観戦記は書いていないのですが、ちょいちょい行ってるんです)、先週、渚の今季初勝利を見る事が出来ました。久し振りに渚の凄まじい速球と切れ味鋭いスライダーを堪能出来ました。
渚の不調は、カーブやフォークを覚えた事で、横振りだった腕の振りが縦振りとなり、得意のスライダーが暴れ馬のようになってしまった事にあるようですが(ホークスのライター田尻耕太郎氏のブログから)、それの修正を行い、スライダー一本で勝負したところ、復活を果たしたようです。

あの時の渚を見て思い出したのが、北京五輪で韓国の解説者が日本人記者に言ったという次の言葉です。

-- 続きを読む --

テーマ: プロ野球 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。