LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

さよなら とべとべホークス 

20年を超える長寿番組「とべとべホークス」が終わっちゃいましたね。まだ、ホークスが福岡で広く認知される前に毎日5分間とはいえ、ホークス番組を放映してくれ、始まった当初、高校生だった私は非常に嬉しかったのを覚えています。まだ、インタビュー慣れしていない南海出身の選手達もメディア慣れさせてくれました。その後もホークス選手の素顔が最も拝めた番組ではなかったでしょうか。
ああいった番組は続ける事に意義があって、辞めなきゃいけないような番組とは思えないのですが、折からの不況(というか、メディアの構造的変動)は地方局を直撃しているようですし、ホークス自体にも注目度が薄くなったといった理由などもあるのでしょうか、とにかくひたすら残念です。

なんといっても、この番組ほど、ファームの選手を取り上げてくれる番組は無かったですし(とべとべの本拠地・雁ノ巣球場といったフレーズも最終回で紹介されました)、それこそ藤井翼や荒川のコーナーなどまで設けてくれました。
荒川も「ああいった放映をしてくれると頑張らなきゃと思う。」と言っていましたが、メディアに滅多に取り上げられず、自分がプロ選手なのかどうかを迷いがちになるであろう、ファームの選手にとって、TVで取り上げてあげる事は明日への養分となったことでしょう。そういう意味でも続けてほしかったです。

とべとべのレポーターの女の子を見かけるのも雁ノ巣観戦の楽しみだったんですけどね。綾瀬はるか似で、好みのタイプだった白見加奈子さんや新入団の江川に「好みの女性のタイプは?」と質問をして、「あなたのような方です。」(江川、良い根性しとんなと思った瞬間でした)と答えられて、照れた姿が可愛かった小林容子さん、「早よ、誰か(ホークス選手)、手を出さんか。結婚せんか。」と思うほど綺麗で人当たりの良かった(牧のうどんでそういう姿を見た事があるんです)、都筑さやか様など身近で女性芸能人を見れるような小さな喜びがありました。サカナアユちゃんも見たかったのに・・・・。(って話が逸れていますね)

ゴホン、ともあれ、20年間、雁ノ巣を中心にホークス番組を放映してくれてありがとうございました。10年ほど福岡を離れていた事があったのですが、帰ってきて、「とべとべ」を見るたびに「あぁ、福岡に帰ってきたなぁ」と実感できたもんでした。これからのTNCの新しいホークス番組でもファームの選手を多く取り上げてくれるように心から望んでいます。

PS:「とべとべ」には、時々、藤井のヒットを観客席で手を叩いて喜ぶ私も画面に映り込んでいて、家族で爆笑したりした良い思い出もあります。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村←早起きし、東海第五高校の寺岡投手を観に久留米くんだりまで行ったのに雨で日程が狂ったようで、試合が行われておらず・・・。アマとはいえ、もう少し情報を流してくれよ、福岡高野連。HPもあるんだから。





スポンサーサイト

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

小林至編成部長の育成戦略立案 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

ホークスドラフト史 1996年 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

多分、大きな一歩だよね?地行浜ホークスVS四国・九州アイランドリーグ 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

大樹晩成 祝・山田の支配下枠昇格 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

ホークスドラフト史1995年 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

笑顔のオープン戦 怜王の初登板 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

雁ノ巣ホークス観戦記5 爆裂投球 二保 (VS鳴尾浜タイガース 教育リーグ3回戦) 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

損して徳取れ(ホークスバージョン) 

石田雄太氏が先週の週刊ベースボールのコラムで巨人・山口が先発に転向した事を「損してをとった政策」と論じていました。
「得」ではなく、「徳」であることがポイントです。リリーバーを続けると疲弊するので、山口の投手寿命を伸ばすが為に原監督が頼りになるリリーバーを減らしても行なった配置転換だと。原監督は「徳」を取ったのだと。この考察は非常に面白く、興味深いですね。

福岡ホークスでは、リリーバーが先発に転向して成功する例はあまりないですね。古くは、福岡ホークス元年にセーブ王になった井上祐二を先発に転向させて、失敗したり、王時代には篠原(現横浜)を先発に転向させ、失敗したりと。

特に篠原の転向は反対でした。本人が強く希望したようですが、球種少なく、ストレートで押すタイプの投手は先発は難しいのではないでしょうか。昨年、馬原はもう先発に戻した方が良いという話も解説者を中心に起こりましたが、それには私は反対ですね。馬原も球種が少ないのがネックです。

そういえば、野茂英雄がメジャーに行った際に解説者の江川卓が「野茂はリリーフとしてなら、メジャーで通用する」という論陣を敷いていましたが、私も珍しく彼と意見が一致したのを覚えています。言うまでも無く、江川と私の意見など嘲笑うが如く、野茂はメジャーでも先発として大成功した訳なのですが、私は未だに「野茂は本当はリリーフタイプ」と思っています。先発とリリーフの適性を考えるのは面白いです。石田氏の話の趣旨とちょっと逸れていますが。

そのなかでこの投手は先発にした方が良いと思うのが、摂津です。この投手こそ、典型的な先発タイプだと思います。球種は豊富で、コントロールも良く、セルフコントロールも出来そうで、アマ時代には先発経験も長いとくれば、先発タイプだと思います。多少、今よりもスピードは落とさなきゃならないでしょうが。

摂津の投手寿命を考えると来年には先発をさせるという選択肢は入れてほしいです。となると、リリーフが出来る投手が必要となります。それは、大石(早大)が埋めてくれれば万々歳なのですが。大石も摂津同じく、リリーフも出来る、先発タイプとは思っていますが。

テーマ: プロ野球 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

雁ノ巣ホークス観戦記4 正太郎のノッキング オン メジャーズドアー (VS鳴尾浜タイガース 教育リーグ) 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

ホークスドラフト史1994年 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。