LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

すり足と一本足 

松中がすり足にして以来、彼の打撃が楽しみで仕方ありません。こんな事何年ぶりだろう。元々、松中はすり足打法でした。アマ時代も雁ノ巣でも、レギュラーを取った99年~03年くらいまで。03年に足をけがして、苦し紛れに一本足にして、それから徐々に一本足の比率が高くなった気がします。

私は基本的に打者は一本足打法の方が見るのは好きです。なんといっても、南海の門田の大ファンでしたし(私が野球を見始めた頃には王さんは引退していたんよね)、ダイエー時代でもその門田の教えを受け、一本足の美しき流れを引き継いだ、佐々木誠、山本和範、そして、小久保裕紀らのファンでしたしね。高々と上げる一本足打法こそが、ホークスの伝統的な打ち方と思っています。(次は江川が引き継ぐからね)
そう思っているのに、松中だけはすり足打法の方を観るのが好きなんです。品格がある打ち方というか、日本的な美しさを感じるんです。辞める前に戻してくれて良かった。

私は松中と同じ年ですが、私達が少年の頃は、一本足で打つなんて、指導者に怒られるような所業でした。我々の世代の高校野球なんかでも珍しかったんじゃないですかね。(私は高校で野球をやっていませんけど)一つ下の松井秀喜が高校時代に一本足だったのを「オッ、足上げるんや」って思いましたから。
非常に蛇足ですが、私は、足首が異常に硬く、すり足にすると左肩の開きを早めてしまう、且つ、足を上げないと間が作れない不器用なタイプなので、草野球でもバッティングセンターでも一本足でないと打てません。初めて、一本足で打って、「こんなにボールって飛ぶんだ。」という快感を得たのが忘れられないのもあって。

先述した、足を上げるのが怒られる理由としては、「足を上下させる事で目線がぶれる」「着地と同時に前に体が突っ込んでしまう」などが挙げられていたようです。(俺らには理由も無く、「止めろ」でしたが)ところが、今は高校生でもほとんどが大小あれ、足を上げて打ってますね。足と地上に隙間が出来ている。地を這わせる、すり足の方が本当に珍しい。
この流れは、一本足で打たせてもらえなかった、私にとっては、当時の指導者に「ざまーみろ」って言いたくなる流れではあるんですよ。私達は、足を上げないで打つのが基本とされた最後の世代なのかもしれませんね。
それだけにその世代の「打撃の基本」の象徴として、松中のすり足を憧れとして観てしまうのかな。自分が出来なかった事を同世代の松中が出来ていると。

ちなみに張本勲は、「ボールとの間合いを作るのが下手な選手は一本足が良い。しかし、間合いが作れるのなら、すり足の方がボールを捉える確率が上がる」と言い、古田敦也も「基本的に打撃というのは、すり足の方が良い。一本足は率を落としますよ。難しい打ち方なんです。(多分、こんなニュアンスだったはず)」と言っています。
一本足の方がよいのか、すり足の方がよいのかは人それぞれ理屈があるのでしょうが、同じ型の打ち方しか認めないような時代ではなくなりつつあるのは、歓迎すべきです。個性がいらないのは、トップの型とその後のスウィング軌道だと思います。そこまでは自分の体に合った個性を作るべきなんです。

といいつつ、私はT岡田らのノーステップ打法は「邪道じゃあんなのは。あれで打てるのは品が無か。」などと個性を認めない、昔ながらの体制側の人間に、何時の間にやらなっているんですけどね。チャンチャン。

スポンサーサイト

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

怜王のクロスファイヤー(サンプル) 


[広告 ] VPS


このクロスファイヤーがヒットされたのが、今の怜王を象徴しているのかなと。あれだけ良いコース、キレでヒットされるってのが、(前の外ローのボールも効いているはずなのに)どう評価すべきかが分かりかねるんです。

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

中原大の工夫 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

ショートの右中間突破ツーベース 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

明石の復活へ 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

立岡のレフト前ヒット 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

11雁ノ巣ホークス観戦記9 (what’s the Story)Leo’s Glory(VS徳島インディゴソックス SB杯) 

先週の土曜日(5/21)に3軍VS徳島インディゴソックス(SB杯)を観に行きました。約5イニングほど。

徳島インディゴソックスでは、藤岡という投手がこのリーグにしては、珍しく正統派の右投げ投手で、面白い存在だと思いました。まぁ、私が見ていた時は結構、打たれていたんですが。身長が高く、縦振りで投げおろしてきるので、ストレートに角度があります。しかし、まだ、「球威」「キレ」といったものが感じられなかったですね。ストレートに迫力が無い。ツーシーム・チェンジアップ・カーブなどを放ります。これらも「特長」が見えにくいんですよね。討ち取る方策がイマイチ見えにくいというか。
昨年、ここで面白いと書いた岸(その時も雁ノ巣軍団にバカ打たれしました)という投手が、育成で巨人入りした事もありますし、ここからの成長に期待です。

3軍ホークスは、とにかく元気が良い。大人しかった小川史監督(内に込めたファイトは凄かったけどね)のチームがあんなにバカ騒ぎするチームになるなんて。(笑)元気者だった笹川コーチや森コーチの指導も良いのかな?本当に見てて、可愛いです、このチーム。
指導が良いといえば、山村さんが3軍打撃コーチになっていますが、やっぱりこの人は基礎的な打撃力をつけさせるのは、大したもんじゃないですかね。3軍の打撃をみて改めて思いました。
その選手の特長を活かしつつ、強く振れる指導が行き届いている気がします。振る事に委縮していないし、3月頃に比べると徐々に打撃の型がよくなっている選手が多数見受けられます。まだ、プロとしての基礎能力が乏しい選手に、大きな変化を求めると打撃自体が分からなくなる事が多いと思われますので、漢方薬のように徐々に良くなっていく山村指導は3軍選手には合うと思います。時間をかけて良くなっていく選手は強いですから。

では、寸評です。

-- 続きを読む --

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

柳川洋平の一軍登板 

ちょっと時期を逸して、書きそこなっていましたが、柳川洋平が、支配下登録され、一軍初登板をも果たしました。

この投手に関しては、とにかく「怖い」という印象が強いんですよ。その「怖い」とは、ボールの迫力もそうですが、なんといっても、打者の頭の近くにやたらボールが散ってしまうのが、怖くて、相手チームに申し訳なくて(動画リンク参照)
一軍登板の際に、ジョニー黒木も言っていましたが、開きがちょっと早いので、ボールがシュート回転してしまうんですよ。一昨年くらいの大場もこの病いに悩まされていました。柳川に関しては、これが治らないと支配下登録すべきではないとすら思っていました。ストレートの力自体は大場クラスの評価は出来るのですがね。

ただ、この投手はどんな試合でも(学生との練習試合など)必死に声をあげながら投げている姿が好きでした。投げる姿に迫力を感じさせるんですよね。頭の上に抜け球放っても、腕の振りを緩ませるようなヤワなマネはしませんしね。剣が峰に立たされている投手の覚悟・強さを感じさせます。

今季、私が見たとき(一度ですが)には昨年までと大きな変化は感じませんでしたが、少し、抜け球が改善したのかもしれませんね。恐らくは、自主トレで、和田が左手の使い方を指導して、開きを極力抑えるようなフォーム作りを施したのかなと勝手に想像しているのですが。

柳川がホークスに入団し、ここで教育リーグでの登板を取り上げたとき、それまで所属していた、独立リーグ、福井ミラクルエレファンツのファンの方から、柳川に関するコメントを頂きました。支配下登録出来た事で、やっとそのチームの関係者・ファンにホークスは恩返し出来たのではないかと思っています。

PS:一軍初登板の際、140㌔越えのフォークと実況アナは言っていましたが、あれってフォークなんですかね。私は縦スラとばかり思っていました。あそこまで速いフォークってファルケンボーグ様クラスじゃないでしょうか?意外にスゲー球放っていたんですね。

ツインズももち
ホテルツインズももち
←県外のホークスファンの方々に宣伝させて頂きます。こちらのビジネスホテルは、ヤフードームから徒歩7分という好立地にある、非常にお洒落な感じのホテルです。ホークスファン御用達にうってつけです。
実は、このホテルは昨年より私の高校時代からの親友(ホークスファン)が支配人として運営しております(友がみな、偉く見ゆる・・)ので、少しでも助けてやって頂ければと。
交流戦などで福岡にお越しくださる際には、ぜひこちらのご利用をご検討下されば、幸いです。こうしたネットもご縁ということで、バナーのクリックをお願いします。ツイッターでもホークスネタ満載です。

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

森野2世 湯本翔太 

湯本 翔太(日本文理高 新潟県)
外野手 左打ち右投げ

(紹介・タイプ)

ここ数年のドラフトにおいて、高校生を中心に「守備・走塁」能力が高くなく、打撃に特長が見出しにくいいわゆる中距離ヒッタータイプの指名が極端に減っている気がする。昔は、外野手は打てる事が第一とされたが、今は「速い」が優先されているきらいがある。ヒットを打つ能力が軽視されているの気がして。そうしたなかで、この打者こそ、そういった不利益を受けかねないタイプであろう。とかく、ヒットを打つ能力でいえば、確実にファームレベルにはある。
プロでのタイプ的には、森野(中日)や清水(元巨人)。ヒットを打てる中距離ヒッター。

(フォームイメージ)

本人もファンのようで、軽い脱力した構えやステップは森野。但し、振りおろす姿や打ち終わった後の迫力は金本のよう。しっかりとバットに全ての下半身の力を移行させる感じを受ける。

(スウィングの強さ・打球の速さ)

トップまでの優しい感じから一転、スウィングは強く、打球は非常に速い。また、意外にスウィングの孤は大きく、トップまでは小さく、前が大きい形となっている。この点がしっかりしているのは、飛距離のノビシロを感じさせる。

(構え)ーほぼ完ぺきー

柔らかいというより、軽い感じの構え。腰の座りも良く、両目でボールも捉えられている。股関節と肩甲骨の揺らぎもある。手直す部分など感じさせない。

(タイミングの取り方・始動)ーほぼ完ぺきパート2-

始動のスウィッチである、シンクロ自体は速いのだが、ステップする足が動きだすタイミング・時間はゆったりタイプ。これも私の考えでは理想的な姿。最近の高校生はシンクロのタイミングが遅く、間が出来ていないタイプが多い。

(ステップ 投球との間合い)ーヒットメイカーだが長距離砲には向かない?ー

ゆったりステップである為、ボールとの間合いがキチンと測れている。変化球で体が前に突っ込む姿など想像させない、優しい踏みこみ(ただし、長距離砲になるには優しすぎる)。ステップする距離も短く、頭は全くぶれない。

(トップの形)-ほぼ完ぺきパート3-

雁ノ巣ホークスの選手に「こういったトップを作る努力をしなさいよ」と教科書として渡してあげたくなるトップの姿。強いて言えば、もうワンテンポ早くトップを作れれば、言う事はない。
とにかく、トップの際のバットの角度・左肘の深さ・高さは、お手本。私はトップに個性はいらない、個性は欠点を生むものと思っているほど、トップをフォームの過程で最も重視して診ているが、高校生でこれだけのトップを作れる選手はこれだけで高く評価したい。

(スウィングの軌道)-縦振りー

バットは振るのではなく、落とす感じがベストである。その点から、この打者のストンと縦に落としてくるスウィング軌道は強くボールを叩く事を可能としている。

(インパクトポイント・精度)

インパクトは体の近くと現代野球仕様。精度は高いだろうが、どっちかといえば、引っ張り中心の打撃タイプではないか。柔らかい腕の使い方をするというイメージは持てない。インコースを中心に強く叩いて、ヒットを量産する感じを受ける。

(評価)S-

2塁打を打つ為に生まれてきたような打者になるのではないか?その点が特長として見えにくいという考えもあるだろうが、これほど高い技術をプロが買わないのは本当はおかしい。数字に換算される能力ばかりを重視する傾向に楔を打つ為にも彼の高い順位での指名を望みたい。





テーマ: ドラフト会議 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

和田毅という男への誘い 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

打順の組み方基本講座 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

ホームラン数の低下と復活 

先日、西日本新聞に今季のホームラン数が昨年より3割減ったといった記事が載っていました。あの統一球という低反発球なるものの影響がモロに出ていると。

私自身は「統一球」の使用は反対の立場でした。その反対の理由としては、なにより採用理由が納得出来なかったからです。WBCを意識して、世界基準(アメリカ基準)に合わせるべきであるという理由は、プロ野球ファンの総意なんでしょうか?
WBCは確かに重要なイベントとなりつつありますが、それを過剰に意識して、日頃、球場に足を運ぶ、最も重要なファンの望まない野球にする事、現状の野球のあり方を急速に変化させる事は、野球界の進むべき方向なのだろうかと思っちゃうんです。本当にWBC対策というなら、開催前年のみ低反発球を使用するとかそういう形でも良かったんじゃないでしょうか?

ホームランは野球の華だが、野球を面白くする一方で、野球をつまらなくする要因ともなり得るという意見もあります。監督がアイデアを凝らして、サインプレーなどで1点を取っても、ホームランでサクっと3点を取って、勝つ野球は魅力は無いという考えに基づいたものです。
たしかにそういった野球を楽しむ、ツウの野球ファンは少なくないと思います。しかし、プロ野球はまず子供達に魅力的であって欲しいと私は思うのです。
子供達は総じてホームランが好きです。遠くにボールを運ぶ、スーパーマンに憧れます。特に球場に観に行った時に最も印象に残るのは、ホームランを観る事ではないでしょうか?少なくとも私は子供の頃に平和台に観に行った試合では、ホームランが一番印象深いです。巨人のロイ・ホワイトのホームランの迫力は忘れられません。
ヤフードームでは、試合前に子供達が選手にメッセージを送り、スタメンにつくというイベントがありますが、その際「○○選手、ホームランを打ってください」という言葉を多く耳にしますしね。わざわざボールの質を落としてまで、ホームラン数を落とす施策はいかがなものかと思います。

しかし、そういいながら、こういったホームラン数の減少は、ここ数年だけでまた元に戻るんじゃないかとも思っているんです。それを教えてくれたのは、170㎝のホームラン王・門田博光の言葉です。
福岡ドームが出来て、あれだけ広く、高いフェンスの球場が増えると野球の質が変わる(実際、外野手の守備力を重視すべきといった質の変化は促しました)、ホームラン数は激減するだろうという見解が横行していたなか、、私が知る限り、唯一、門田のみが福岡ドームで解説していた時にこういった見解を述べていました。
「一時的にホームラン数は減っても、必ず、この球場の広さに則したホームランを打てる打者が増えてくる。そういった訓練を積む選手が現れるはずだ。それがプロの力というもんですよ。ホームランをあきらめちゃいかんのです。」
この慧眼どおり、このチームには、小久保や松中、城島、井口などが現れ、あのデカい球場を物ともしない長距離砲がキラ星のごとく生まれました。この例からすると、低反発球で一時的にホームラン数は減っても、また戻る動きは十二分に想像出来ます。

という事で、ボチボチ「結論」の出番なのですが、まぁ変えちまったもんはしゃーないので、これで行くしかないのだろうと。第3回WBC後にもう一度ボールの見直し論はあっても良いのかなと。(というか、球場によって、ボールメーカーが違うって、「戦術論」的に面白いと思うんですよね。打撃のチームだったら、この「高反発のメーカーを使用する」とか)
最高なのは、この低反発球をモノともしないホームラン打者の育成に野球界あげて、取り組むようになればと思うのですが・・・。



テーマ: プロ野球 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

11雁ノ巣ホークス観戦記8 3軍VS2軍 実況メモバージョン 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

11雁ノ巣ホークス観戦記7 クドウ三世 坂田 (3軍VS2軍) 

3軍と2軍の試合はあらゆるプレーをチェックばかりしてて、ネタはたまるのですが疲れもした。(苦笑)しかし、色んな選手が見れて、本当に良い気分だったのに、最後の最後でヤン(91 投手)がいきなりサイドスローになってて、唖然と。
私はヤンほどのストレートは滅多に見れない(1・2軍含めてね)とストレートだけなら最高評価しているほどなのに(杉内クラスで)なんで、その持ち味を消し去るような小手先の転向をしたのか(まぁ、コントロールを考慮したのでしょうが)、心底がっかりきている上になんと肩か背中かを痛めたようで、途中降板。次の投手も用意されておらず、前イニングで投げていた渚が緊急登板とやれやれな感じでした。(今宮が投げたら面白かったのに)

では、寸評です。

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球 ファームへ
にほんブログ村
-- 続きを読む --

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

博多の伝統芸・シュート 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

点をやらないカツキのリード 

最近、下記の本に再チャレンジしているんですよ。配球論に絞った本で、ホームベースを5本ラインに区切って、配球の基本、変化球の活かし方などを論じている本なんですけどね。論旨は凄く面白いし、配球の勉強にもなるんですが、いかんせん、「誰のどういった希望に対して書かれたのか」がぼやけてて、高校生で実戦に役立つ配球論を知りたい人向けなのか、プロ野球をより深く楽しめる為の配球論なのかが、凄く見えにくく、やや冗長になって、一度途中で読むのを断念したんですよね。せっかくの素材を編集者が活かしきれていない例でしょうね。

で、その著者の配球論「ファイブラインマジック」をツールに、山崎カツキの配球を見るとこれがなるほど、理にかなっている感じなんですよね。配球ってのは、基本的に打者の目の錯覚をいかに活かすかがポイントだと思うのですが、カツキはそれに添っている気がします。「打者の裏をかく」じゃないんですよね。細川のような。

私はカツキ捕手を買っていますので、リードについては、まぁ相当のひいき目で見ているのですが(苦笑)、間違いなく言えるのは、「ワンバン取るのは本当に巧い」ってことですね。細川とはそこに雲泥の差すら感じます。さすがに新垣に鍛えられたことはある。(笑)今の捕手起用の重要ポイントじゃないですかね、ワンバン止める能力って。投手がランナー3塁でも思い切り腕を振って、ワンバン投げれますからね。



にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

最高のヒーローインタビュー 

よー勝ったというより、よー言ってくれたという万感の思いがした、岩嵜のヒーローインタビューでした。「将来、ホークスのエースになれるように」との言葉は、これを書きながらもウルっとくるほど、心強く素晴らしいもんでした。その一言をシャイな彼から聞けたのがたまらなくうれしい。初ヒーローインタビューでそこまで言えた選手なんて、いなかったでしょう。エースとなる人は自分で自覚しないと。彼にその自覚が備わっていたのが、この4年間の彼の真の成長だと思います。

本当にここまでこのブログをやってきて、岩嵜の成長の一端を綴ってきて良かったと思える、雁ノ巣ホークスファンとして最良の一日となりました。

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

初物に弱いのですか?いいえ、誰でも? 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

初めて見たアキラの笑顔 

ただいま、熊本のビジネスホテルから祝杯をあげつつ、書いています。

中村晃が先発と知り、外に食事に行かず(業者さんごめんね)、弁当を買って、ホテルでTV観戦しててよかったー!!素晴らしいプロ初ヒット、初タイムリー、初盗塁でした。あのいつも仏頂面のアキラが、あんなに喜ぶなんて。ああやって、若い選手が一軍で感情を出して、プレーしている姿こそが私にとっては勝利以上の愉しみなんだと改めて感じました。ベンチも凄い盛り上がりでホームインしたアキラを迎えていましたね。初ヒットのボール(ダミー)を客席にやって、アキラを慌てさせたり。ああいうムードこそがいずれ強いチームを生むんだと信じています。だから、生えぬきを我慢して作っていかなきゃと。まがまがしい刺青をみせびらかす外人の汚らしいヒットとは価値が違うんです。(あれを認める事は王さんの顔に思い切り泥を塗っているのがわからんの?あれを認めるなら、今宮が鼻ピアスしたって、城所がモニカンにしたって誰も文句はいえんのよ。いかん、せっかくのアキラの晴れの日にあんな奴の事書いてたら、気分が悪い)

中村晃に関しては、私は1年目の途中からずっと天才・天才と言い続けてきましたが、昨年からちょっと様子が変わっていました。今もそうですが、昨年からトップがやたらと深すぎて、肝心なミート精度がこころもち狂っていないかと危惧していたんです。あそこまで深くしなくても、ヒットは打てると。しかし、中村は体格の無さをトップを深くする事で補い、強い打球を打つ事を志向していたと思います。初ヒットは、その強い打球を打ちつつ、持ち前の高いミート精度を両立させる事が出来た成長のヒットだっと思います。なんとなく、レフトに打ったんじゃないと。
こういった、小さい体で深いトップを取る打者は、オリの後藤がそうですね。変化球打ちはパでもトップランクの精度を持ちつつ、強いスウィングが出来る打者です。アキラの将来像は彼かもしれませんね。

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球 ファームへ
にほんブログ村

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

小久保の引き際を考える 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

良い笑顔だった、岩嵜 

前回の登板ではきつめに評価した、岩嵜ですが、本日の投球・マウンド姿にはほぼ文句はありません。立ち上がりに2点奪われましたが、これは捕手の要求通りに投げて打たれた訳で、投手の責任はそう重くはありませんしね。まぁ、ゼロではないのですが、FA移籍してくるほどの大捕手のサインに首を振るのは、若い投手には難しいでしょう。って、なんでもう少し、(俺の可愛い)カツキにチャンスをやらんのでしょうね。ワンバン取るのは、12球団で一番巧いし(BY達川光男)、1割5分も打てないようなヘボな打者は我慢して使っちゃいかんでしょう。少しは競争させろよ。ったく。

えーっと、岩嵜の事でしたね。7回になってもストレートの球速が落ちる事も無く、フォームも前回と違い、安定していましたね。
なにより、7回のバント処理での必死な姿、バント処理でどっか痛めていないか心配する先輩に対して、笑みを見せる余裕の(を作った)姿が良かったです。
オーちゃんがエラーして広がったピンチをカバーしようと必死に抑え込もうとする姿もありましたしね。そういった気持ちを出す投球は十分に感じ取れました。
1回に2点取られても、すぐ立て直すところなど、ローテーション投手として一番大事なモノを備えつつあります。クリーンアップをサクっと三者凡退に抑え、味方のリズムも作れています。前回の汲々とした、なんか息苦しい投球とはえらい違いでした。最近、在福マスコミが必要以上に岩嵜の初勝利達成はいつかと煽っていますが、そういったムードに巻き込まれないことでしょうね。

メジャーへいった長谷川滋利(元オリックス)は、ルーキー時、初勝利を挙げるまで良いピッチングをしながら、なかなか勝てず、6連敗くらいするという事がありました。それでも1勝を挙げると、その年の新人王になるまで立て直しました。(12勝9敗)今の岩嵜を見るとこの例を思い出します。(そういや、投球スタイルもそっくりやん。長谷川の人間性だけは似て欲しくないけど)こういった例もあるのだから、とにかく1つの勝ちを焦らん事でしょう。

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。