LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

年数を重ねた凄み 

キャンプ途中でA組入りした明石の好調が止まりません。たかだか、オープン戦2戦消化した状況であるのに、私の中では、今宮とのショート争いには、「勝負あった(明石の勝ち)」という軍配を上げたくなる感じです。

なぜ、そう感じるのか。一番は、明石という選手の存在感に凄みが感じられるからです。一例を挙げると、ただ、ヒットを打っている訳では無く、しっかりと強く振る勇気、それこそが自分の長所であることをみせつけている点です。伊達に何年間も雁ノ巣で苦しい思いをしてきた選手じゃないよと下積みの強さが、あの振りにはあります。比べて悪いですが、今宮はヒットのほとんどが、センターから右に体が前につっこみながら、左手一本で当てる感じのヒットばかりで、変な焦りばかりが感じられる当たりです。そういった選手に一軍のショートは任せられんよなという気持ちになります。

今宮に関して言うと、ショートのレギャラーが取れなきゃ、雁ノ巣で苦労させるべき選手だと思っています。内野の控えなら、金子・仲澤の方が融通も利くでしょう。雁ノ巣で、サードやセカンドをこなす事も重要な時間となるでしょうしね。なにより、技術論云々よりも2軍の苦味を今のうちに嫌というほど味わっておく事が大事な気がします。下手に一軍のベンチに座らせてちゃ、屈辱が足らんでしょう。
明石も「開幕スタメンか?」という時にベテランや外人に負けて、2軍スタートとなった事が何度かあります。今にしてみると、そういった苦味を味わった事が、ドラフト下位指名にしては、派手なデビューを飾った事で、プリンス的存在となった明石をこれほど強くしたのだと思います。
明石は今年のA組に入りに際し、「今の僕には自信しかありません。」という言葉を出しました。これなどは雁ノ巣での9年間の苦味が吐かせた言葉だと思います。こういった渋みがある言葉が吐ける、雁ノ巣育ちの選手が出てこないかと渇望していました。

大打撃コーチ・中西太氏(豊福ら育成選手にも熱意を持って指導して頂き、ありがたい限りです)にも打撃力の高さのお墨付きももらったようですし、今年こそ、元祖天才・明石の躍動の年となって欲しいと切に願っています。レギュラー一年目で、いきなり首位打者争いくらいやってみぃ!!9年も我慢したんや、ただ、ホークスのレギュラー獲るといった爆発じゃ、俺は物足りん。今のお前なら、それくらい出来る。

←昨晩の福岡ライブ最高でした。HISAYOちゃんのステップと歌と同様に華がある曲だなと改めて感じました。

スポンサーサイト

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

エースにふさわしい男になった 

夕方のKBCニュース番組内で、5分ほどの岩嵜翔特集が組まれていました。(多分、毎日のホークスニュースとは別枠で)ニュース番組内で、まだチームの顔でもない投手をここまでクローズアップして取り上げるのは、あまりないよなとちょっと意外な特集でもありました。

主な内容としては、岩嵜のルーキー時からのたしかな成長を辿ったものです。和巳に教えを請ったり、初のヒーローインタビューで「エースになれるように」という発言を取り上げたり。それだけなら、わざわざ、ここで取り上げる気にならんのですが、技術的な説明や自分がどうありたいかとしっかりとインタビューで答える事が出来ていた点が嬉しかったですね。

今年から取り入れた、「L字投法」も昨年までの自分のフォームへの意識との違いがしっかり分かったうえで、取り入れたようです。昨年までは、上から叩くように、角度をつけて投げたかった。だから、左腕も上に上げていたとも言っていました。それを自分で動きながら、説明できていました。(こういった事が出来る事は、技術的進歩において大事です)工藤が言う「軸を倒す」投げ方だと思います。(腰を縦回転させる投げ方でもありますね)
しかし、ダルとの自主トレで「ボールをまっすぐに打者に向かう感じで投げた方が良い。」とアドバイスを受け、L字に取り組んだようです。

そのL字にした事、また、体重がかなり増加した事で(しっかりとメシを喰っている事もレポートされていました。よしよし)、ボールの力が増し、捕手から「別人のようだ」と言われたと嬉しそうでした。本人もエースになる為には、「ストレートでねじふせる」投手にならなきゃいけないという意識から、こうした投げ方に取り組んでいるようですしね。ダルから言われて、唯々諾々と投げ方を変えたのではなく、しっかり目的があって変えた事には安どしました。
また、「野球ノート」なるものを今年からつけはじめて、筋肉の疲れ、投げ方の違いを図にして、書いてみたりと非常に高い意識で野球に取り組んでいます。これならば、たとえ、L字が上手くいかなったとしても、それは遠回りにならないと思います。こういった投手こそが、ウチのエースになって欲しいと改めて惚れ直す想いがしました。目的と自己分析がしっかり出来たうえで、新しい事に取り組む姿勢は非常に高く評価しています。

但し、TV画面で確認した感じでは、私にはL字にした良さは、ストレートからはほぼ感じられませんでした。(スライダーは良くなっている。昨年のしょんべんスライダーとはキレがまるっきり違う)昨年のリーグ優勝決定の際の縦の角度のあるストレートの方が、私にはボールの強さ・打ちにくさを感じました。(紅白戦などのユーストリーム中継は本当にありがたいのですが、画面の粗さから、どうしても、球質までは感じられないんですよね。だから、投手に関する寸評などは避けています。自信がないのに人様に言えないと。投手はフォームよりも球質中心で寸評したいですから。特にベース近くのボールの力を感じたい。しかも、プロのレベルの投手のフォームの微妙な違いって分かりにくいんです)
現時点では、(たった2・3球、TVで観ただけで何を言うのかと思われるでしょうが)正直言えば、早目に昨年の投げ方に戻すべきだと思っています。そのうえで、テークバックからリリースまでの弧をもう少し大きくする投げ方へ進化させて欲しかった。それが体重増加と同時に球威を増やすはずだと思っていましたから。

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

現場に預けちゃいけないよ 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

L字投法考察 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

福田秀平のフライングエルボー 

この記事はゆずぼんどさんの2/10のコメント・ご質問、「福田秀平の左肘の使い方」にお答えるする形で書きます。私もご質問の前に福田の2/10のシート打撃の映像をニュースで見ていたのですが、ゆずぼんどさんほどしっかりと秀平の変化を感じ取れませんでした。正確にいえば、フォームの変化は感じましたが、ご指摘部分以外のところにチェックを入れていました。しかし、ゆずぼんどさんのご指摘部分こそが、フォーム改造のミソだと思いますので、そちらを中心に秀平の更なる進化の考察を述べたいと思います。いいところどりのようですが。(笑)みんなで作るランドホーということで。では。

福田秀平がフォーム変化をしています。一番大きな部分は、捕手側の左肘を高く上げて、少し左脇を空けて、構えている事です。この捕手寄りの脇を空けて構えるのは、「フライングエルボー」と呼ばれ、中南米の選手が好んでやる型です。ホークスでいえば、昨年までいたオーティズがまさにそれでした。(右打者の彼の場合は右脇を空けます)
このフライングエルボーは、落合博満、田尾安志なども高い効果があると指摘しています。(彼ら自身の現役時代はこれを採用していませんでした)その効果とは2点あります。(ここからは福田秀平・左打者をモデルに話をします。って私自身が右打者だったので混乱しそうだけど)

1点目は「左肘(捕手側の肘)の抜きが良くなる」
この肘の抜きが良くなるとは、スムーズにストンとバットを振りおろす事が出来ます。具体的には左肘にある「グリグリした部分」がみぞおちの部分に当たる感じでスウィングする形だといえまあす。このグリグリがホームベース・捕手の方向(体の外側)を向いていると「抜きが悪い」などと指摘されるかと思われます。
この肘の抜きが良くなると、インコースを強く捌けると言われます。オーティズは真ん中の高さのインコースに強く、ここをよくホームランにしていましたが、これは「肘の抜きの良さ」の恩恵でしょう。
逆に抜きが悪い選手は、落合は著書で「体(右肩)を早目に開いて、インコースを捌こうとする。肘の抜きの悪さを体の開きでカバーしようとする。そうすると、特に左打者の場合、左投手の逃げていくスライダーに対応が難しくなる。」と欠点を指摘しています。

この肘の抜きを良くする事は、衣笠氏(元広島)曰く「アメリカのマイナーリーガーが徹底的に指導を受け、訓練する箇所」だそうです。

2点目は、「左脇を一端空けて、スウィング途中で閉め込む事で、加速がつき、スウィングスピードが上がる」と言う点です。(これは田尾が強く指摘していました)
実際にご自身で試されるとよく分かるかと思いますが、左脇を空けて閉め込むとその動作で勢いがつきます。これをスウィングスピードのパワーに加わるのかと。

このフライングエルボーは良い事ばかりのようですが、日本人はあまり採用しません。昔から、日本では、「両脇を閉めなきゃいけない」と無条件に教え込まれるのが、第一の理由でしょう。インパクト(バットにボールが当たった瞬間)は、両脇を閉めるのが正しいのですが、その前に閉めておかなきゃいけないとは私は思いません。

もう一点の理由は、私が勝手に推測している事ですが、フライングエルボーにするとミート精度がやや劣るのではないかと思っています。スウィングスピードが速くなるとバットコントロールがそれにつれて落ちる傾向があるものです。(スピードとコントロールのトレードオフ関係)
私自身は、多少、バットコントロールが悪くても、スウィングスピードが速い選手を好みますが、日本では、そういった打者はレギュラーになりにくい傾向にあります。アマの指導者は「当てれば、なんとかなる」という言葉が大好きですからね。(この言葉は日本野球の元凶だと思っています)ちなみにプロの世界では、この言葉は当てはまらないんですよね。今の一軍でただの内野ゴロをエラーする事ってないもんですから。強く打たないと。まっすぐ打つのが命題のゴルフとは違うんだから。


強く打つ為、特にインコースを強く打つ為に福田秀平は、良いフォーム変更を採用したと考えます。左打者ですから、開きを抑えて、インを強く捌くことが求められますから。
もしかしたら、その強いスウィングの為に、ミート精度を落とすかもしれませんが、場面によって、意識的にスウィングスピードを落とし、バットコントロールを重視すれば、それも解決出来るかもしれません。そういった強弱をつけられるのなら、それに越した事はありませんしね。イチローなどはそのスウィングスピードの強弱の幅が非常に広い事で有名です。フライングエルボーをやって、それが出来るのかは不明ですが。勢いをつけるというのは、反動も出てきて、それは自分の意識的な動きでのコントロールをしにくくさせますから。緩く振る方法ばかりを覚えると強く振れなくなるもんですしね。

って、こんなもんでよかでしょうか?ゆずぼんどさん。

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

今季、期待する投手は?と問われると 

FBSホークス番組で「今季、期待する先発投手」というアンケートをファンに取っていましたが、一位は摂津でした。これはエースとしての活躍に期待ってことでしょうね。私的に一軍での活躍を期待したいは、そのアンケートリストに上がっていた投手としては、1番に大隣、2番目に巽なんですよね。大隣はこの前、触れたので、今日は巽について、何か書きます。(何を書こうかまとまっていないのですが)

巽は、昨日、秋山監督につきっきりで指導を受けたようです。TVでも指導の様子が流れていましたが、秋山監督は、笑いながら、野茂のようにトルネードの格好をしながら、なにやら話をしていました。どうも「もっと大きなアクションで放れ。」っていった事を伝えたとか。
私は、チラっと流れる巽のフォームには及第点を出したいんですよね。一番に、足を上げた時のグラブの位置が大学時代と同じ位置(上げた足の膝の位置)に戻し、両手が離れるタイミングが早くなっていた事に安心感を覚えたのです。
2年ほど前は、顔の右側にグラブを位置し、上げない足(右足)の股関節までじっくりと降ろしてから、両手を離す感じとなっていました。これは、右足を重心にして回転するタイプの投手がやるべきこと(例:攝津)で、巽がやるタイプの投げ方じゃないと思っていました。合わない軸の使い方をすれば、投げ方が崩れるタイプって、多いんですよね。大隣もそれでしたし。このグラブの位置と離すタイミングって、投手の軸の使い方によって個性があるべきものだと思います。これが一定していない投手は、フォームが固まっていないと観てよいのかなと。(ただ、これを修正して良くなる事もあるとは思います。だから、一概に反対するつもりはありません。変えた時は、じっくりと体になじむまでファームでやるべきだと思うだけで)

フォーム的にもう一点、気に入ったのは、グラブを持った左手をやや上気味に出していた事です。前は、一度、グラブを下げて、波を作るように出していました。あれも後ろ軸をより利かせる為の所作だと思います。前軸タイプの投手がやる事じゃないだろうって思っていました。この2点を修正している事には、安心感を持てました。

それにしても、秋山監督があのように投手をしっかり観ている事には好感を覚えます。野手出身監督は、投手を診る事に躊躇するタイプが異常に多いんですよ。広岡達朗氏は、「一番大事な投手を指導出来ない、ましてや、観ようともしない監督はダメ。」と述べていました。(野手出身でありながら、広岡さんは投手指導も卓越していたとの教え子の証言は多し)「投手は分からないから、投手コーチに全面的に任せる」という野手出身監督は、大概が上手くいかないですね。そういや、王さんもキャンプではブルペンにつきっきりだったとか。山村路直が放る時は、椅子を用意して、じっくり観ていたのをTVで見た事もあります。

ただ、今回の大きなアクションで放れって指導は、巽の体の柔らかさ・バネからも賛成なのですが、2年前、キャンプの自室に呼んでまで、巽に指導した、かの「後ろ軸中心のフォーム指導(推定)」は、私は反対です。秋山という人は、投げ方からも後ろ軸を中心に使うタイプの選手だったと思いますが、巽は絶対に前軸のはずですから、ご自身が良いと思う型とはズレがあると思います。(まぁ、本当は巽自身が「これは僕に合う投げ方じゃありません」とか言える事が大事なんですけどね。監督に言いにくいのはあるだろうけど)

最後にこの「軸の使い方は人によって、違う」という考えがもっともっと球界に浸透してもらいたいです。もっと指導者がそういった知識を得て、個性に合った指導ってやつを施さないと。選手の体の軸はどこなのかって事を知らないと。(って、私もどちらの軸かが分かっている訳じゃないです。あくまでアマ時代のフォームなどから推定しているだけで。これが分かれば、寸評もワンランク上のモノが書けそうなんですが)

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

プチ川原フィーバー 

福岡の鷹番組で、連日、話題となっているのが、川原のA組入りです。今日も、ニュースでノックを受ける姿が取り上げられていました。(しかし、いい体になっとんなぁ)

地元出身ということもあって、お父さんまでTVインタビューに答えられてましたね。全く一軍実績が無い、ファームの投手にこれほどスポットが当たる事って、ドライチでもない限り、そうある事ではないでしょう。ラジオ番組に出ていた、ニッカンスポーツの記者は「持っている力は、和田・杉内ランクよりも上の投手」とまで言ってました。ここまで言われるとフィーバーというより、バブル的な存在とならないかとちょっと不安にすら感じます。

というのも、以前こうした、バブルがありましたからね。そのバブルの対象は、小椋真介でした。00年キャンプ、前年のMVP左腕、エース工藤がFAで移籍し、左の先発がいなくなった際、その埋め合わせを、地元出身の2年目左腕・小椋に期待しました。
しかし、その年のオープン戦で、ファーボールを連発し、バブル的人気が破裂し、その後、長く低迷しました。期待が大きかった分、ファン・マスコミの失望も大きかった気がします。小椋自身も、その当時、周囲のあまりの期待の大きさに自分を見失ったというコメントを後に残しています。どうしても、あの時の苦い経験が川原と被っちゃうんですよね。若手に期待を寄せるようなブログを散々書いておきながら、なんなのですが。(苦笑)

今、川原に言いたいのは、A組入りは、まず自分の成長の糧の機会となるようにすれば良いって事ですね。このキャンプでは、A組の投手と競うというより、自分の理想と勝負して欲しいです。いや、自分の理想を作り上げて欲しいです。その材料探しがA組入りだと。それくらい、のんきに時間をかけて、成長させたい投手なんですよね。下手に急がせたくないという。絶対に壊しちゃいけない、ホークスの宝ですからね、川原は。

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

我慢する価値はありそうな外人さん? 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。