LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

もしかして大ブレークの予感 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

天才は紙一重 

本日の開幕戦、明石が見事なタイムリーヒットを放ちました。フィガロのチェンジアップを右手を巧くコントロールして、ちょこんとセンターへ落とす、芸術的な打撃でした。
3年前の09年、後半戦に明石が台頭してきた時、楽天のスコアラーは「今、パリーグで変化球を一番巧く打つのは、明石か後藤(オリ)じゃないか。」というコメントを残しています。その言葉どおりの打撃でした。
ですが、あの打撃こそ、明石を苦しめてきたという一面も実はあるのかもしれません。あんな難しいボールを下手に拾いきれるもんだから、どんなボールでも打ちにいくという、負の側面が明石の打撃には見られます。あれだけ当てるのが巧いくせに、意外に空振り三振が多いのはそういったのが原因でしょうね。
あんなボールは、打ちにいきながらも、「やっぱ、やーめた。」とバット先端を地面の下につけるような動き(中途半端はスウィングのような動きですが)でも出来れば(カズ山本や門田はこれをやってたなぁ)、本当はもっと安定感のある打撃が出来るはずなんだろうなぁと。バットを止める勇気と力と選球眼がつけば、3割越えは決して難しくないと思うのですが。

明石自身は、昨年、3割越えをしていた時、「一軍でもスタメンで出て、打席に立てていれば、これくらいは打てるはずと思っていた。」とコメントを残しています。やはり、同じ投手と3打席対峙出来れば、対応出来るんでしょうね。それを裏付けたヒットだったのかなと。私が言う事など、杞憂であって欲しい。というか、なんのかんの言いながら、ああいった魅せるヒットを打てて、攻撃的な打席スタイルの明石の方が好きなんですけどね。

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

大越基よく戦いました 

元ホークスの大越が監督をしている、山口県、早鞆高校がセンバツ出場し、残念ながら、敗退しました。試合の方はまだ観ていない(HDには収録済み)のですが、結果的に奈良の智弁相手によく戦ったと思います。

数年前、深夜TV放送で大越監督の特集があり、観たのですが、実はそれに苦言を呈する記事を書きかけて止めた記憶があります。
その苦言の内容とは、大越の部員への過度な厳しい指導は、このままじゃ身を結ばない(甲子園出場出来ない)のではないかといったモノで、いかに私が薄っぺらな予測しか出来ていないか、よく分かるものですね。(苦笑)

しかし、実際、あの時の大越の指導は、厳しすぎました。バント練習で失敗した部員に「このおぼっちゃんが!!」などと捨て台詞を吐きながらの指導するなどし、まぁ厳しい中に明るさがあれば、救われますが、どうも陰にこもった激しさ・厳しさをぶつけてて、なんだかなぁと。

決して、甲子園常連校ではない、早鞆高校で、あのように選手を追いこむ指導は、まだ早すぎると感じました。
大越が受けてきた、強豪校である仙台育英高レベルの野球やその取り組みを、そのまま早鞆の子達に求めるのは危険じゃないかと。その時の選手らが、明らかに大越との距離を取っているのも手に取るように感じましたし。

大越は、自身の高校時代はセンバツで準優勝(東北初の甲子園優勝かと大騒ぎでした)、大学でも1年から大活躍したのに中退、プロでも、野手として、98年、オープン戦絶好調で、レギュラーを掴んだかと思われた時に大怪我をし、そのまま控え選手に陥りました。
なにか、大越の往く道には、厚い雲のようなものが最後に覆ってくるというか、光を掴み損なう人だという悪いイメージが、私にはありました。監督でもそれが続くんじゃないかなと、改めて悪い予感があの番組からしたんですよね。(あの時点で、そんなゲンが悪い事を他人様に言うのは、気が引けて、下書きで止めたのです)

また、雁ノ巣で実際に見た、大越という選手は、とにかく気性が荒い選手でした。私にとっての大越は、甲子園のスーパーヒーローで、高校生の頃は、仲間とよく話題にのぼった選手で、雁ノ巣で憧れを持って、眺めたもんですが、雁ノ巣で野手をやっていた時の大越は、その憧れのイメージとは程遠く、近寄りがたい雰囲気を醸し出していました。
デッドボールを喰らっては、投手につっかかろうとするし、ハーフスウィングをスウィングと判定されては、審判をにらみ、ベンチでバットを叩きつけて、暴れたりと高校生を指導しちゃいかんだろうって感じの選手でした。あの激しさが、高校生を委縮させていたのは間違いなかったはずです。

このたびのセンバツ出場に際し、大越の特集番組を見ましたが、正直、以前のTV番組との違いはあまり感じませんでした。激しく、選手を追いこんでいる感じはありましたから。
しかし、大越と同じ年の鳥越コーチなどが、指導に対する助言を受けるなどし、少しは心境の変化があったのかもしれません。TVには映らない選手を気遣う気持ちを出していたのかも。高校野球は、監督の人間力こそが、チーム成績に繋がると思いますから、監督しての成長がセンバツ出場に繋がったのだろうと思います。

森療術院←友人の森療術院(整体・カイロ)が無事に2周年を迎えました。ただいま、2周年記念割引価格です。ぜひ、この機会に一度お試しください。彼の素朴で誠実な人柄がうかがえるブログも面白いですよ。

テーマ: 高校野球 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

12年開幕希望ローテ 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

12年度開幕希望オーダー 

先日、家庭菜園検定2級の検定試験を受けてきました。(マークシートの塗り間違いでもなければ、合格しているはずです)これの勉強の為、ブログの方がなかなか更新出来ませんでした。(まぁ、言い訳なんですけどね)ちなみになぜ、このような検定を受けたかと言われますと、最近、近所の方からも菜園関連の質問を受ける事が多く、どうせなら、いつか、野菜作りのレッスンプロにでもなろうかと密かに企んでいて(苦笑)、知識の方を強化する時間を作りたかったんですよね。検定という目標があれば、やはり、勉強しますしね。お金を使って受けている訳だし。久し振りのお勉強は、意外に楽しいもんでした。

そういや、昔、野球小僧が「野球の技術力観察講座」みたいなものを開設していましたね。結局、尻つぼみになったのかな。そういった講座や技術力検定みたいなもんも面白そうですね。例えば、高畠導宏が唱えた「チンチンブラブラ打法」とはどのようなものか、効果とともに答えよといった問題とかね。少年野球のコーチなどはこういった検定を受けておく事が、将来のステータスになったりして。(まぁ、これを利用して、勉強しようって人はいないわな。正しいボールの持ち方すら知らんコーチが多いはずだし)

さて、大きく横道に逸れたのを戻して、更新が滞っていると感じているブログについての今季の展望を。ブログのほうは、大体、月8回の更新を最低限の目標にしています。(そのうち最低4回、すなわち更新の半分をブロとも用記事として配信予定)もうちょっと、記事を短くして、更新回数を増やす方向も考えてはいます。ブログは、頻度的に多く、また早く更新出来ることが、既存メディアと違う強みでもありますしね。その強みをもっと活かしていくべきかなと。ドラフト選手紹介も今年は全くできていませんが、今年は短く、多く選手紹介をするパターンでいこうかなと考えています。有力選手は、昨年好評だった指標を使ってやりますが。だらだらと長くだべってしまいましたが、この記事はそのショートバージョンでやってみます。(これだけ前置きが長くて、どこがショートなんだろう)

今季の希望オーダー(予測じゃありません)

1 セカンド 本多
2 センター 長谷川
3 レフト 内川
4 サード 松田
5 ライト 多村
6 ファースト 小久保
7 DH ペーニャ
8 キャッチャー 細川
9 ショート 明石

【明石を潰すようなマネはするな】

私は2番明石はいまのところ、反対なんです。例え、明石が開幕から3割を超えるような打率を保っていてもです。
ショートで2番は、初めて一軍でレギュラーを張らせるのには、負担が大きすぎるとみています。もっと気楽な部分で、打つ事だけに専念させて、守備のミスを取り戻す機会でも与えるような立場で、今季は野球をやらせるべきだと思います。打てて走れりゃいい、多少の守備は目をつぶるといった。その立場で明石に3割以上を望みたい。1番に2年連続の盗塁王の本多を置いた、ホークスの2番は打つのも大変でしょう。好きなボールをガンガン振りにいくタイプである明石には合っていない。そうなると、2割5分くらいで、どこにでもいるような打者に陥りかねないと懸念しています。

それになにより、オープン戦のように、8番長谷川なんて、長谷川を逆に楽をさせすぎです。嫌な言い方ですが、彼の給料にも見合っていない立場に置いています。8番センターなら、城所おいててもでいいんじゃないかと思いますよ。8番長谷川が3割くらい打っても、今のようにホームランが打てなきゃ、大した価値はないとみます。最弱打者の細川の前にランナー貯めてどうすんだって。

【松田を甘やかすな】

オープン戦で不思議だった事のひとつが、松田の打順が低い事でした。もっと、松田には大きな期待をかけてやらないと。それをオーダーで示さないと。そうじゃないと、松田がもう一伸びが出来ない気がして。2流で終わらせちゃいかん。
松田を4番にして、打てなくても4番打たせて、苦悩させるくらいの度量がないんかと思っています。明石をはじめとする若手野手にはえらい厳しいすぎるのに、松田・長谷川・本多は逆に大事にしすぎるのは、秋山監督の七不思議のひとつです。

王さんは、96年、3年目の小久保を4番に据えて、大して打てなくても使い続けました。(他に打者がいなかったのが一番大きな要素である事は、忘れたふりして話しています)こういった、4番を作るという大仕事を秋山監督は挑むべきです。それがいずれは、勝ちと価値に繋がりますから。

【松中はここというところで】

DHはペーニャを入れいていますが、これは、松中をここという場面でつぎ込める強みを重視した為です。当然、5回以降のチャンスでは、ペーニャに松中代打っていうのもありだし、細川・明石はもちろん、場面によっては、小久保や長谷川にも代打松中はありだとみます。(長打が欲しい時などに)
代打ペーニャだとこういった作戦は使えないでしょう。松中は苦しい立場で不満もあるでしょうが、そのへんはお金で解決というか(苦笑)。ペーニャ以上にホームランをパカパカ打てる松中なら、レギュラーの価値もありますが、やはり、この打線には、一枚ホームランしか打てないような打者が欲しいもんです。
今の松中なら、スタメンで出ても、ホームランよりヒットを打つことで、結果を残そうとするでしょう。それは小久保の役割だし、何枚もそういった打者はいらない。そういった打撃は代打でこそ、意義があるはずで。
小久保が二千本を達成し、その後、不調であったなら、松中と小久保を入れ替えるというのはありでしょう。ただ、その場合はファーストを守ってもらわないとね。

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

12年雁ノ巣ホークス観戦記5 RIDE ON SHOOTINGSTAR 牧原(VS北神戸バファローズ1回戦) 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

開幕投手の格 

北ハムの開幕投手が斉藤佑樹に決まったそうですね。喧々諤々とあるでしょうが、まぁ、武田勝が納得済みなら、戦術的にはあっても良いのかなと。ハンカチにも、もっと試練を与えるべきで、彼がこの大役(開幕投手云々より、ローテ1番手の試練の方が大きい)をこなせなくても、それなりに成長に寄与するかもしれませんしね。

現状のハンカチって投手は、プロでは勝てる投手っていうより、先発としてイニングを投げられる投手になれれば、恩の字なのかなと診ています。ハンカチでリリーフを休ませて、武田勝で確実に勝つという考えなら、悪くないですね。なかなかのアイデアだと思います。これでプロ野球の開幕も少しは注目を集めますし、それもプロとして必要な要素です。

開幕投手の格ってもんもあるとは思いますが、それもここ20年ほどで崩れたのかなと。それも崩したのは、私は王貞治監督だったと思っています。

96年、ホークス開幕相手は、千葉ロッテでした。そのロッテの先発は、エースには程遠い、園川というベテラン左投手。(で、その程度の相手に負けたはず)試合後の王監督は、「開幕投手には格ってもんがあるんだ。」と怒り心頭でした。
ロッテとすれば、ホークスの開幕投手はエース工藤で、この投手のみ打てない先発投手でしたから、ここを避けて、2番手以降の投手(つーか、まともな先発2番手投手すらいなかった、当時のホークスって・・・)に伊良部や小宮山などのエースクラスをあてて、確実に勝つ方が得と考えるのは当たり前といえば、当たり前なんですよね。
今回も2番手以降の投手が弱い、西武相手に良い投手を当てようとするのは決して悪い作戦ではありません。

さて、実は、その「開幕投手の格」を重視すべきと発言した王さん自身が、その禁を破ることとなります。それは00~01年のホークスの開幕投手に「西村龍次」と刻まれている事から分かります。

前年、10勝を挙げて、まっとうな形で、99年の開幕投手となった西村ですが、その年、優勝しました。御存じの方も多いでしょうが、ヤクルト時代から西村が開幕投手をすると優勝するという、すさまじいジンクスがあり、99年に優勝した事で、王さんまでもがあやかってしまいました。これが、開幕投手の格を崩したと思っています。

00年の西村の開幕投手など、前年4勝の投手が務めて良いはずがありませんしね。01年に至っては、前年0勝、その年、開幕1試合での登板に終わるという投手でしたから、まさに「ジンクスの為の登板」でした。
ちなみに私はあの起用はありだったと思っています。当時、ホークスにはエースらしいエースなどいませんでしたし(それでも2位までを確保出来たんだから、やりくりは大したもんだ)、ファンも、西村開幕投手を面白がっていましたしね。王さん自身も「俺は、ゲン担ぎはしないが、これだけは特別だ。」という発言をしたほどです。格には落ちますが、そういった開幕投手もあっていいのかなと思います。もちろん、絶対的なエースがいるチームでやっていいことではありませんけど。

ホークスの開幕投手で印象的だったのが、当時20歳の村田勝善の初開幕投手ですかね。91年のことです。相手はオリックスで、たしか、完投勝利を飾ったはずです。あの時の次代のエース誕生かと、ホークスに光が差した気がしたもんです。
同じような例としては、03年の和巳の初開幕かな。前年の8月から台頭してはじめて、開幕を勝てた事で、それこそ、投手としての格が上がった感じを受けました。それこそ、斉藤佑樹が開幕に勝てるとそういった感じを受けるかもしれませんね。開幕を良い踏み台に出来るかな?それとも・・・。

テーマ: プロ野球 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

中西太コーチング論 

さきの宮崎キャンプでB組の若手を熱心に指導してくださった、臨時コーチ中西太氏のコーチ哲学を紹介した文章に出会い、改めて感銘を受けたので、ここで紹介します。
この文章は、週刊ベースボールに連載していた、清武氏(って、球界はこの人、このまま放ったらかすの?もったいない。おかしな部分はあったけども、これだけ育成に心を砕ける人、育成の重要性を他者に説いた編成人ってそうはいないはずなんだけど。いつまで、巨人の顔色窺ってんだって)が書かれています。

中西太のコーチ哲学

1 理想論は選手を委縮させるばかりだ。選手はノックで育つ。理論で育てられん。言って育てられん。

2 ミーティングで選手の悪口を言ってはいけない。コーチが知ったふりをするのも恥ずかしい。デリカシーを持ってやりなさい。長所を見てやるのが大事だ。

3 良いところを伸ばしてやりなさい。出来る守備をより確かなものにするようなマネはやめよ。

4 牽制で死ぬのも、盗塁を狙って2塁で死ぬのも一緒だ。足は速いが、チョンボをするような選手を前向きに育てなさい。

5 コーチは弱い選手、本当に助けを求めている人を助けなさい。うまくいっている選手は放っておけば良い。

6 監督は決断する人、コーチはつくる人である。弱いチームのコーチにもやりがいはある。優勝しても、もとから強いチームだったなら、「コーチの力があったから」とは言ってくれないだろう。

非常に大げさな話をすると、プロ野球が今後、社会的存在として意義あるものとする為には、いかに「育成」を選手に施せるかどうかではないかと考えています。
今後、衰退が予測される日本社会にじっくりとしたインパクトを与えうるのは、それこそがベストであろうと思われます。「人は育つ」という事をプロ野球が証明していく事が、日本社会に明るい希望を与えるはずだと。求められるはずだと。

そうなるといかに育てるプロを育成するか、育てられる環境を整えていくかをプロ野球機構は考えるべきだし、ファンはそれをもとめていくべきでしょう。(もう、マスコミには期待はしにくい。ファン同士で考えていく方がまともな気がする)特に育てるプロとは何かを、一ファンとして、見つめていきたいです。
そういったなか、太さんのように素晴らしいコーチ哲学を持った先達を抱えるプロ野球とは、なんと豊潤な土壌があるのだろうと改めて感じ入りました。これこそが、歴史を積み重ねた強みだなと。この強みこそ、活かすべきだと思います。なかには、変なOBも多数いるのが残念ですが。(そういう奴ほどマスコミでの発言力があるのがタチが悪い)

テーマ: プロ野球 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

12雁ノ巣ホークス観戦記4 ウェイクアップ 立岡(3/11VS北神戸バファローズ 教育リーグ) 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

12雁ノ巣ホークス観戦記3 さまよわないバット 江川(VS福岡工業大 練習試合) 

家(兼仕事場)から歩いて10分ほどのところに福岡工業大の球場が出来ました。なんでも3軍ホークスもここで練習などをするとか。散歩がてら球場に寄れるなんて贅沢な気分です。

その球場の落成式があり(町内会でも回覧板などでお知らせがありました。我が町内会会長も来賓として出席してたし)、王会長もお越しになって、落成セレモニーに華が飾られました。

記念すべき第一試合だったのですが、ホークス側がお粗末でしたね。特に打つ方が、寒かったです。(球場も海のそばなんで、風が雁ノ巣よりも強くて寒い)福工大側は、エラーも多かったのですが、それをチーム全体で取り戻そうとするチームワークがあり、プロを喰ってやろうとする気迫がありました。その姿勢を感じたのか、はじめて、大学野球を観ているのであろう、多くのお客さんもまるで「我が街のチーム」といった感じで後押しする声援もありました。とりあえず、私も今後は我が街のチームとして、福岡工業大を応援します。今までは九州共立大を応援していたけど。

福工大の投手は、登板したどの投手も、まとまっており、四球四球で崩れるような事は無かったですね。審判もアマから派遣されたのか、ややストライクゾーンは広いかなといった具合で。(というか、プロの一軍の審判のストライクゾーンは狭すぎる。あれこそ、ルール違反)
最後に投げた都留という投手は、面白い投手だと思います。上から投げおろす感じで、手元でキュっと曲がったり、落ちたりするスライダー(もしくわフォーク)は、猪本が手を出したくても出せないボールでした。ゆったりと放っている割にスピードもありましたしね。

では、寸評です。
-- 続きを読む --

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

厳しすぎません? 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。