LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

トゥーシェンと柳田のプロ初ヒット 

久し振りにスコア「6-1」から逆転するという試合をホークスが演じてくれました。

その立役者のひとつが、雁ノ巣育ちの若手野手の台頭だと思います。なかでも、プロ初ヒットがタイムリーとなったトゥーシェン、豪快なセンターオーバーを放った柳田は称賛に値します。(一番、称賛したいのは、前日、ノーヒットにもかかわらず、スタメンで二人とも起用した秋山監督です)

柳田は、一軍入りに際し、ステップの仕方を変えたようです。ちょっと前まで、投手のリリース時につま先でチョンと地面をついて、ステップに入る型をとっていましたが、これは絶対にやってはいけないシンクロで、変化球との間が掴めなくなります。城所が悪い時にはこれが発生します。(松井秀喜も悪い時はこのチョンステップをやってたなぁ)
つま先で、地面をチョンとつくと、かかと側に体重が乗らない分、我慢できずに、変化球で前に上半身が突っ込みがちになって、腰砕けになります。

それが一軍では、しっかりと足をあげ、投球との間が少し掴めていましたから、安心しました。一軍に行ったからといって、即座に型を変えるのは、基本的に反対なのですが、あれだけの欠点を放置しておくのもどうかと思いますし、この場合は良い判断だったと思います。
ただ、柳田自身が「なんで変えなきゃいかないんだろう?一軍のコーチが言うから、変えとくか。」くらいの考えで変更しているようなら、あまり意味がないのかなとも。まぁ、プロ初ヒットが出たんだから、「この打ち方がいいんだ。」って感じを掴めたら、良いのかもしれませんけどね。何が良いのかを考えると逆に打てなくなりそうなタイプでもありますし。

トゥーシェンは、自分の型どおりの打撃で勝負していました。問題はヒッティングポイントで、プロ初スタメン時では、どうしても、ボールを当てたい意識が強く、前で捌こうとしていました。トゥーシェンの良いところは、体のギリギリまでボールを呼び込んで、左中間・センター寄りからライト方向に強い打球を飛ばせるところにありますから、その打撃をして欲しいと思っていたら、見事にアウトコースストレートを右に強い打球を放ちました。
トゥーシェンの場合は、前で捌こうとしたら、ショートゴロになるんで(少し、左肩の開きが早いんだよな)、体の近くまでボールを引きつける勇気を持ち続けて欲しいです。体の近くでも、トゥーシェンの体格とパワーがあれば、ボールは外野に飛びますから。
あのプロ初ヒットで一軍でもこの打撃でいけるんだって事を実感出来たのではないでしょうか。それが今後の成長に繋がるはずです。
同時に「ファームでもこれくらいの投手はいたよな。これなら打てるやん。」ってくらいに呑んでかかる気持ちを持って欲しいです。一般人が思うほど、ファームと一軍の投手の差なんて大きくないんですから。昨日までファームで放っていたような投手がほとんどなんだし。

それにしても、こうして多くの若手打者のコマが揃ってきたのは、97年くらいのダイエーホークスを彷彿とさせます。こうした流れをファンが後押しするような感じがいりますよね。ちょっと負けたくらいで、ガタガタするなと、強くない時期だからこそ、若い選手が出てくるのをじっくりと見つめてやろうやと。打者が一人前になるには、どうしても一軍に「慣れる」という時間も必要ですから。

スポンサーサイト

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

聖域なきトレード? 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

柳瀬の復活 

育成から支配下登録された柳瀬が、一軍初登板を素晴らしい形で飾りました。

7回ツーアウト2塁の場面で、打者谷繁での登板でしたが、谷繁には、ファーボール。続く、高橋周平をフォークで三振に切りとり、見事な火消しを果たしました。

3年ぶりの一軍登板が、こんなプレッシャーの掛かる場面とあって、解説の西村龍次は再三再四、苦言を呈していました。こんな場面では可哀想だと。もちろん、柳瀬の気持ちを慮っての発言だったのですが。
あまりバクチを打たない秋山監督にしては、ヒット采配だったと思います。もし、今後、柳瀬が勝利の方程式として一翼を担えば、この場面で起用した采配は、より高く評価されるべきでしょう。

それにしても、高橋周平には、0-1から、ストレートしかないだろうという場面でそのストレートで空振りを二つも取りました。球速は145㌔前後でしたが、柳瀬らしい、小さなゆったりとした腕の振りから、ピュっと浮いてくるかのようなストレートでした。全盛期のそれですね。その後のフォークも落ち幅は大きく、手術の影響はまるで感じられません。本当によく戻ってきた。

私は、初めて参加した仮想ドラフトで柳瀬を指名し、その後、現実でもホークスに入団した事もあって、非常に思い入れの強い投手です。あの年、怪我をしていなければ、ドラフト上位で消えてなきゃおかしい逸材でした。3年生くらいまで京都産業大の平野(オリックス)と龍谷大の柳瀬は同等の評価をしている人も多かったんですよね。

今後も頼むぞ、柳瀬!!

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

12雁ノ巣ホークス観戦記10 ハングリーハート(VS西部ガス 練習試合6/5) 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。