LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

似て非なる二人 

オープン戦2試合で目立った投手と言えば、私的には二保と東浜でした。
この二人、本当に良く似ているなぁと改めて感じました。年齢も一緒で、背格好も似ている。フォームは違うけど、綺麗な欠点がない投げ方っていうのもよく似てます。投球で打者を討ち取るタイプっていうのも一緒です。
あえて、違う点を探したのですが、いまのところ感じたのが次の点です。
「カウント球があって、打者を追い込むのが上手なのが、東浜。但し、決め球にはイマイチ欠ける」
「カウント球が無く、ボール先行になりがちなのが、二保。但し、決め球のチェンジアップ・フォークがある」

東浜は、ストレートのコントロールが良く、鋭いスライダー、ツーシームがある為、打者を追い込むのが非常に上手です。これはプロでもそのままでいけるなと。ですが、これという決め球にはやや欠ける印象があります。それでも、そのスライダー・ツーシーム・ストレートのコントロールの投球術・コンビネーションで十二分に打者を討ち取れるだろうと感じます。

一方の二保は、東浜よりもストレートのスピード・キレは感じますが、いかんせんコントロールにやや甘さがあり、精度に欠けます。スライダーも大きく曲がる為、決め球にはなりますが、見逃せばボールになることが多く、カウントを整える為にはやや精度を欠きます。それでも、追いこめば、チェンジアップとフォークという縦で攻められる決め球があるのは強みがあります。(それで三振を奪えれば、もっといいんですけど、そこまで威力があるかはまだ見極められません。昨年までは三振を奪うタイプではなかったですね)

さて、この似て非なる二人がこれからどうやって、プロでやっていけるのか。ライバルストーリーを作っていけるのか。楽しみは尽きません。
スポンサーサイト

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

長谷川が・・・ 

長谷川の新たなフォームが素晴らしいとここで書こうと思っている間に、長谷川が大変なことになってしまいました。物凄く柔らかく、且つ、長打が出る最高の型だと思っていただけに残念です。

今年から長谷川は、投手のモーションに合わせて、一度、バットの先を投手に向けるようにして、トップにバットを入れる形をしていました。一度前足(右足)に上体を体重移動させて、後ろに引く形です。
これは、ホークスでは、良い時の明石がやっていますが、この打ち方の本家と言えば、王貞治、次にバリーボンズが思いだせます。これを手塚一志氏は「ヘッド・ブリングバック」と名づけて、ホームラン量産装置とまで言っていました。一度上体を前足に乗せてから、再度、後ろ脚に引きもどす動きによって、大きな位置エネルギー変化を生じさせることで、打球が飛ぶと。
私の感覚では、この打ち方は、やはり頭を動かす事で、目線がややずれますから、ミートに支障をきたす感じがあります。しかも、やや猫背になってしまうことで、向かってくるボールのスピード感が増すという感じもありました。
それでも、今までにない打球を打てる感覚はよくわかります。トップの時に後ろ脚にしっかりと体重が乗る感覚がありますから。長谷川がシート打撃などで、軽く振って、恐ろしく飛ばしている映像も見ましたが、「これなら、30本打ってもおかしくない」と強い期待をしたくなったんですよね。(率は落ちるかもしれんけど)

長谷川のように抜群のミート力を持つ選手がこれを採用するのは、ありだと感じていました。長谷川自身は投手との間合いを図る為にこれをやっていると言っていました。たしかにあのバットの動きは「投手とのシンクロ行為」の一環です。それによって、「目」でボールを追うのではなく、体全体を「目」のようにして、ボールを追う事が出来ます。目線のずれなどは、これで補えるのではないかと思っていました。慣れるまでに時間は掛かってもいいから、続けて欲しいなぁと。それだけに今回のアクシデントは無念ですね。一日も早い復帰を祈りますが、頭だけに無理だけはしちゃいかんです。

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。