LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

福岡県の逸材3 頼むぞ 辛島(飯塚) 

さぁ、明日から甲子園大会の始まりです。また、一回戦をビデオに録り(DVD故障中)、有力選手のチェックをして、こちらで紹介出来たらと思っています。
福岡は、飯塚高校が代表となりましたが、飯塚を引っ張っているのは、なんといってもエース辛島です。今日は、辛島とホークスにも在籍していた笠原の息子さんの紹介を行いたいと思います。

飯塚高校
辛島 航(投手 左投げ)
「(今は)凄みは感じないけど、勝てる投手」こういったタイプの投手で、しかも左投手が、福岡予選を勝ち抜く事は、近年非常に多い。辛島は、その典型的なタイプだが、そういったタイプの投手の中でもトップランクのピッチングの巧さを感じる。
フォームは、非常にまとまっており、オーソドックス。力感が全く無く、腕の振りもゆったり。打者にとっては、その割には速く感じるのか、平均130km弱のストレートに押されていたり、振り遅れの空振りを取ったりする。和田(ホークス)タイプかなと感じる。ファーボールは非常に少ないが、コースコースにバシバシ決めるコントロールは無く、よく高目に浮く球がみられるのが気掛かり。
この投手のミソは、変化球とのコンビネーションで、変化球は、大きなカーブとチャンジアップ、カット気味のスライダーを持つ。TVで見る分には分からないが、何故か、打者がベースの前のワンバンのチェンジアップを空振りを誘う事もよくある。
即プロといった感じは今のところ無いが、フォームの良さからも、和田や古川(清峰→日本文理大3年)のように大学で大きく速球の威力を増し、ドラフト上位指名選手になれる可能性が高い投手だと思う。+B
福岡工大付城東
笠原 将生(投手 右投げ)
「(今は)勝てる投手じゃないけど、凄みがある投手」こういったタイプの投手が、福岡県大会ベスト8にまで勝ち残る事があまり無いので、この投手をTVで見れた事はラッキー。
ロッテにドライチで指名を受け、後年ホークスに移籍し、根本氏に非常に目をかけられていた(結局、プロでは1勝出来ず)父のDNAを受け継ぎ、非常にスケール感のある体格で(身長185cmくらい?)足腰もがっちりとした印象を受ける。
フォームは、岸(西武)のような綺麗な投げ方(大好きなんです。あのフォーム)。あの体格で、あのフォームの割には、速球の球速は135km程度(だと思う)とちょっと残念。
コントロールは、低目に行くが左右にバラけており、逆球が多い。変化球は、ドロンとしたカーブに横滑りが大きいスライダー。県大会では、ストレートを狙い打たれており、まだ、変化球や投球術には課題が大きい。
しかし、大学などで実戦力を磨けば、十分にドラフト上位指名の潜在能力を感じさせる。今、プロに入っても、自信を失うだけだろう。-B
スポンサーサイト

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

No title

管理人様お疲れ様です 私のうちは自宅のリフォームのどさくさで テレビがしばらく見れない状態なので 関東地区の予選決勝もビデオにとれなかったありさま… 甲子園では 幸島投手登板までにはなんとか見れるようにしたいて思います!(泣) 笠原投手のお父さんがホークスにいた時は 根本監督が 高木やバッティング投手の田口を復帰させたり、過去のドラフト一位の潜在能力にかけた時代がありましたね。

田口投手あたりが活躍できればドラマチックだったのですが やはりこういったタイプの選手が活躍する鍵は、 かつての自分のスタイルにしがみつく事なく 新たなスタイルを確率した ロッテ高木投手みたいなタイプでしょう。 いまだに投げてますもんね。

話しは変わり、昨日のガラスの加藤投手を 某四百勝投手のせいで肩を壊したと憤慨してた河村英文氏は とても懐かしく 南海時代、後楽園球場で珍しく内野で野球を見たときに半室内プルペンで 山内孝投手が岩木捕手相手に投げている姿を見て けして速球派ではないですが さすがに初めて真近で見たプロの球は 目にもとまらず ホームベースの四隅にビシビシ決めていたのに感激した思いがあるのですが…その後 河村投手コーチが岩木捕手とブルペン備え付けのヤカンをどこに置くかで ゆる~い論議をかもしていたのがやけに記憶に残ってます(笑)

…また 後にホークスが九州に移った後は 関東ではテレビはおろか ラジオのホークス戦も稀で 一生懸命に九州のラジオ放送が聞こえるよう 毎晩 ラジオのチューニングをスパイのように気を使い 電波のよいとこ 電波のよいところにラジオ流浪の旅にでるのですが やはりなかなかうまくいかず ようやく入ったと思ったら なぜかロシアの放送がはいり 地団駄を踏んだ思いをするのですが…(泣) たまにうまい具合に電波が届いた時に 河村英文氏のあのダミ声が聞こえてくると やった! KBCにつながった!…と宝を掘り当てたような、訳の解らない喜びに浸っていたのです(笑) …河村英文氏のダミ声こそ ホークスラジオ流浪の旅の道しるべでした(笑)…今思うと懐かしい思い出です RKBは香川さんと山内孝則さんでしたね 今もそうなのかな?

あ 私が高校時代に見た福田は右打席だけなので 原や新城に例えただけで 最近の左打席に関しては 粗い携帯動画で見ただけなので いつか左も見る機会があったらといいな思います。 またファーム情報楽しみにしてます。

追伸、…大田原の右手だらりは バルデスもやってませんでしたか?(笑) 私はあのバルデスの投げ型が嫌いでした(笑) 低めの変化球打ちは好きでしたがね!(笑)

そえですか 小斉が代打を意識してやってましたか! いいことです! 打撃に関しては小斉と中西は本当に魅力いっぱいです!

ほーくすくす #- | URL
2008/08/01 23:35 edit

No title

>ほーくすくすさん

今でこそ、CS放送やネット放送まであり、福岡では大体平均週3回以上は地上波でもTV放映があるのですが、ホークスが来た頃は、TV東京系のUHF放送も無く、ラジオこそがホークスの情報が得られる全てって感じでした。(それが今では、毎夕方の地方ニュースでも各局5分ほど取り上げるようになるとは)その時代の象徴こそ、河村英文さんで、南海のコーチをしていた事もあり、ホークスに非常に詳しく聞き応えがありました。
ちなみに今はKBCが、西村龍二、藤原満、RKBが加藤伸一、浜名千広、島田誠、山内孝徳(月1回ほど)といった布陣です。お亡くなりになる間際まで、杉浦忠・稲尾和久という巨頭の解説(そういや、仰木監督も1年やってました)を聞けました。福岡の野球ファンは果報者です。

バルデスも右手ダラリですね。吉武真太郎もそうだったような。今はルーキーの中村晃がそうなんですよ。あれは直して欲しいのですが。

王楽太陽 #B9vKlaaI | URL
2008/08/02 22:05 edit

楽天勝ちパターンの中継

今日、辛島投手初ヒーローだった。楽天の勝ちパターンに入っています。

どら@道内 #- | URL
2010/04/25 16:51 edit

Re: 楽天勝ちパターンの中継

>どら@道内さん

> 今日、辛島投手初ヒーローだった。楽天の勝ちパターンに入っています。

楽天ファンの方でしょうか?08年福岡ビッグ4のうちで、辛島が最も早くに一軍で活躍していますね。オープン戦で見た時、「こんなに速かったっけ?」と思うほど、ストレートが伸びていました。彼は先発でもやれるタイプでしょうから、そっちも視野に入れてほしいですね。

王楽太陽 #B9vKlaaI | URL
2010/04/27 17:42 edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/106-fb188556
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。