LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

教科書に載せたい投球フォーム 小杉 陽太 

私が仮想ドラフトで上位指名を考えた投手の一人が小杉です。巽が取れたので、順位を5位にしましたが(高卒投手を優先した為)最初のシュミレーションでは3位くらいを予定していたほどの私の中での評価が高い投手です。

小杉 陽太
JR東日本 投手 右投
球速は140km弱の投手をここまで評価するのは、とにかくフォームが綺麗なこと。しっかりとした縦振りで、肘から打者へ向かっていく、腕の振りが特に素晴らしい。その腕の振りが出来るが為に得られる、大きなカーブが主な変化球。
球速はないが、身長も185cmと大きく、まだまだノビシロは大きいと見込まれる。一度、野球を諦めかけ、大学を中退するなど苦労をした分だけ、野球への思いは強そう。-A
スポンサーサイト

テーマ: 社会人野球、大学野球 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

No title

王楽さんお疲れ様です…システム上こちらに投稿します…その門田と島田紳助との対談見たかったですねぇ!。

そういえば 野村監督は門田のことを気にくわなかったみたいですね(笑) 野村は南海の 江夏 江本 門田の三悪人と称してましたよ(笑)…野村を含めみんな我が強かったですからね(笑) …大村もある意味で我が強いパ・リーグタイプなんですが……。

背骨がバキバキになるまで振り込む王さんの考えは まさに門田ですよね! 一キロバットを試合で使ってたのは門田くらいではないでしょうか? 今は八百九十グラムとか軽いバットを使っている人もいるくらいですから。

…もともと門田は二番で起用しようという野村監督の構想で 二年目で三番に入れたのも 繋ぎの三番で入れたのに 四番の自分(野村)を差し置いて打点王をとったのも気にいらなかったのかな?(笑) …陽気で仲間から人気のある門田と陰気な(笑)野村監督とではそりが合わなかったようですね(笑)

…あ 門田といえば鈍足というイメージですが四十才過ぎの時 繰り返しダッシュの時の50メートルタイムを測ったら、当時、 中学の時の私と同じ七秒二!… 脚だけは勝てるだろう…と思ってた私の考えは甘いと気づかされました。…四十を越えて 鈍足と言われている選手でも このタイム… やはりプロ野球選手は凄いのだときづかされたのでした…。

…ちなみに私はロッテの水谷相手に門田のセフティーバントを見たことがあります(自慢です…笑)
緑さんもお書きになっていたように 清原デビューの年に 私も開幕戦を西武球場に見に行ったのですが、開幕だけは片平がファーストで、清原は見れず(次の試合で藤本ニャンコからホームラン!)…その年サードにコンバートされた香川には打球は飛ばず(笑)…わけのわからないブコビッチに打たれ負けた非常につまらない試合でした。(笑)

その時の西武 片平とか大田とか よい選手いましたね!

南海はその時のオーダー は投手山内孝徳…山本 山田 グッドウィン 門田 デビッド 香川 河埜 吉田博 湯上谷 だったかな?いぶし銀池之上 強肩定岡 左殺し高柳

次の年にに加藤英(あの打ち方過ぎだったなぁ)が移籍して二千本打って 門田が二千本打ち! 先発は 山内孝 山内和 藤本ニャンコ 西川 …矢野 中条 井上の勝利の方程式(笑)
湯上谷 佐々木 岸川 藤本博の台頭に 南海最後の年は その後のダイエー戦士吉田豊 若井 柳田 大道 吉永 村田勝喜入団 そして身売り…最後の大阪球場の涙の門田 杉浦監督の挨拶 …球場に流れるスローでスローテンポで流れる南海ホークス球団歌のトランペットの音色…

…その前私が見に行った西武球場最後の南海の試合では やはり西鉄身売りを経験した西武応援団の人も気持ちが解るのか?、南海応援団に抱き着き、共に泣いている姿が印象に残っています。

弱いけど 本当によいチームでした あのモスグリーンのチームは…。

あ、関係ない話しすいません 失礼します。

ほーくすくす #- | URL
2008/11/03 13:33 edit

No title

追伸 王楽さんのが前にご指摘の正太郎の右膝の癖 、どうやら立花コーチに直されて 回転がスムースになりよくなったらしいですよ! 詳しくは実際に見てないので解りませんが 今度見に行かれたらチェックしてみてください。

ほーくすくす #- | URL
2008/11/03 13:45 edit

No title

>ほーくすくすさん

あの開幕戦に行かれたのですか。あの年の開幕戦は良く覚えています。なんといっても、私が南海ファンになって、初めての開幕戦でしたから、その試合はたしか、ちょっとしたTV中継(プロ野球開幕特集みたいな感じだったかな)もあり、門田のホームランを見る事が出来ました。

私は門田ってもの静かなイメージだったのですが、江夏なんかの話だと陽気で、フレンドリーな感じの人らしいですね。まぁ、頑固は頑固でしょうけど。(笑)そのおかげで野村の「小さく振る」「当てに行く」毒牙にかからず、大きく振れるバッターとして大成した訳ですが。

ちなみに野村の野球観・打撃観は私とは全く相反します。人間的にも嫌いなんですが、あぶさんの影響か、どこか憎めず、気になる存在でもあります。野村がTVで話すようなご自分のエピソードみたいなものは大概知ってますし。ただ、最近、ちょっと過剰評価しすぎじゃないのかという思いはあります。自分に甘くて、他人に厳しいだけの人なんだけどなぁ。それにやけに監督の力・試合中の采配力なるものを誇示しようとしますが、そういった野球はもう終焉に近いんじゃないかと。私は行く勢力が高い監督こそが評価されるべきだと考えています。

西武の大田卓司は好きでした。西鉄出身だし。ダイエーでも打撃コーチをやってましたね。秋山体制になって、大田か長池あたりが帰ってこないかと期待していたのですが。秋山とも縁が深いですし。

それにしても、門田のセフティバントを一度でよいから見たかった。私は今まで少年野球から現在の草野球まで一度もセフティバントなるものをやった事はないんですよね。真似もした事がないくらいで。一度やってみようかなとも思うのですが、一応クリーンアップを打っている、太ったおっちゃんがセフティをやっても笑いのネタを提供するだけかとも考え、躊躇しています。

王楽太陽 #B9vKlaaI | URL
2008/11/05 20:34 edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/141-d0c93e2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。