LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

センバツ好投手列伝3 古都のドクターゼロ 長岡宏介 

昨年の福岡県には三嶋(福岡工業)という、福岡NO1といってもよい投手がいましたが、この投手はプロでどう生きていくのか、将来性はどうなのかという寸評・予測が非常に難しい投手でした。(逆にいえば、そういった投手がどう育っていくのかを見届けるのがドラフトファンの楽しみでもありますが)今日、取り上げる投手は、三嶋同様の投手じゃないかと思います。

福知山成美(京都)
長岡 宏介(投手 右投げ)
この投手の一番の売り物は、完成された縦のスライダー。縦のカーブのように思われるが、球速も速く、曲がりも打者の近くから急に曲がっており、スライダーと思われる。大塚(元近鉄)ばりの落差とブレーキだと感じる。大塚と違い、長岡は横曲がりのスライダーや小さな落ち幅のフォークも放り、先発として試合を作る能力も有する。センバツでも秋季大会でも1試合で1点くらいしか取られなかったのは、プロでもトップランクのこのスライダーがあってこそだろう。まさに三嶋である。

ストレートに平均135・6kmか。MAXは144km程度。外角がシュート回転し、高めにも抜けるなど、まだまだストレートの成熟度は低い。あくまでスライダーを活かすボールとなっている。ただし、コントロールはそう悪くなく、ストライクを取るのに窮するタイプではない。ある程度、ストライクゾーンを2分割くらいには投げ分けられそう。

フォームはお尻よりも左肩から打者へむかっていくように感じるなど上体中心の投げ方。しかし、腕は非常にしなりが感じられ、遅れて出てくる印象。水田(ホークス)とどことなく似ているような。

即プロは難しいかもしれないが、今プロに入っても、得意のスライダーで中継ぎなどで生き延びれそうなタイプといえよう。A-

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村←最近、このブログからアマゾンへ行かれ、お買い物をされる読者の方が多くおられて、嬉しく思っております。誠にありがとうございます。
それで得られた報酬は、高校野球観戦費用になどにあて、必ずここでフィールドバックさせて頂きたいと考えております。
スポンサーサイト

テーマ: ドラフト会議 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

No title

王楽さんお疲れ様です。 ようやく書き込める時間ができたので、本当は各王楽さんのリポート毎にコメントしなくてはいけないのでしょうが、ものぐさなのでここに書きます(笑)

…まずは、雁ノ巣斉藤和巳鉄骨に攀じ登ってのリポート、 非常に面白かったです! 最後の方の、雁ノ巣を見続けていた王楽さんの斉藤和巳の想いも伝わってきました。
…鉄骨をよじ登った時に手についた鉄の匂い…そこから少しだけ見える和巳の投球、ブルペンに響き渡るミットの音…。

…そんな事までが想い浮かび、なんだかよく少年時代に、よく球場の隣にある小学校のプールに飛び込んだ軟式ボールを取りに塀を攀じ登り、入ったりした事までオーバーラップして 懐かしい気すらしました。

和巳は思ったよりは投げれるようになったんですね、正直、今シーズンは厳しいでしょうが、王楽さんの言われるよう、村田兆治のような不死鳥 和巳が復活を見たいですね…。
…思えば、長年雁ノ巣にいて、二十勝投手にまで成長し、あの沢村さえも上回る勝率の無双の大エースに成り上がった和巳こそが 王楽さんが見守り続けた雁ノ巣の育てた最高の選手であるかもしれませんね。

その手負いの和巳が、再び雁ノ巣に戻り、捲土重来を目指す、そんな姿を私達も、王楽さんのblogを通して復活を信じ、見守っといきたいです、なによりも和巳は長年、若いころからリハビリに堪えた精神的粘り強さもありますからね!

現在の、無敵の投げる絶対権力者、ダルビッシュに立ちはだかるのは あの堂々たる和巳の立ち姿しかないですからね!

追伸…ドームでも江川 ホームラン打ちましたね! 見ていたたれぱんだ号の主さんがうらやましいです!

たれぱんだ号の主さんのおっしゃるように、現在の打線に割り込むのは難しいかもしれませんが、ベテラン陣は怪我も多いし、なんとか次世代の右の大砲江川が加われば 本当に楽しみな打線になりますからね!

次のチャンスは掴めよ!
…それにしても田上の 昨日の館山のシュートを狙い打ち 驚嘆でしかありませんでした、本当に江川も何かを感じて欲しいです。

田上は昨日もびしっと盗塁を刺したり、(福地?が走った時も悠々とアウトに出来る球を投げました…がニ遊間がセカンドに入らず)最近、盗塁も刺しますが、記事を見たら、どうやら「牽制をせずに、刺しに行こう」…と 打撃同様 決め打ちならぬ 決め刺しをしているようです! …たしかに、まるで牽制をしなければ、走者もいつもと違うシュチエーションで ついつい気持ちよく行け!みたいな感じでいきやすくなるのかな?(笑) ともかく、色々な事を考え、試し 失敗は気にせず決め打ち、決め刺しする田上の成長には驚くばかりです!

八番松田、九番田上 こえー(笑)

そるにしても、ファインプレーをしたあと セカンドゲッツー失敗、セカンドカバーに入れなかった本多のムラと、原因は解らないけど 川崎がハツラツさがなくなったのが気になります、川崎は何があったのでしょうか? なんか変なんですよね…プライベートでなんかあったか? 怪我の影響か?

細かいミスが好調なチームの命取りになりかねませんからね。

それにしても同じ過ちを繰り返す大場は 二軍に落とさず中継ぎ待機だとか

…ここは秋山ホークス 育成の我慢の起用の方針が見え、 ちょっと大場にイライラするのも私も我慢してみたいと思います、もがき苦しみ 大場は精神的に成長するかなぁ??
でも内田あたりも結果が出たら使ってくださいね一軍首脳陣様!

ほーくすくす #- | URL
2009/06/12 16:25 edit

Re: No title

>ほーくすくすさん

> 王楽さんお疲れ様です。 ようやく書き込める時間ができたので、本当は各王楽さんのリポート毎にコメントしなくてはいけないのでしょうが、ものぐさなのでここに書きます(笑)

いえいえ、書き込めるときにコメント頂けるだけで感謝しておりますよ。ドラフト関係の更新を春先からサボっていた為に今、ちょっと力入れて更新しております。ていうか、ドラフト関係のブログやサイトが2・3年で終わっているのは良く分かります。(苦笑)毎年色んな選手を見るのは楽しいのですが、なかなか寸評作りも大変ですから。

> 和巳は思ったよりは投げれるようになったんですね、正直、今シーズンは厳しいでしょうが、王楽さんの言われるよう、村田兆治のような不死鳥 和巳が復活を見たいですね…。
> …思えば、長年雁ノ巣にいて、二十勝投手にまで成長し、あの沢村さえも上回る勝率の無双の大エースに成り上がった和巳こそが 王楽さんが見守り続けた雁ノ巣の育てた最高の選手であるかもしれませんね。

まだまだ年齢も若いし、必ず鷹の大エースとして君臨するのを期待しています。雁ノ巣育ちの選手としては、最高の投手ですね。ただ、二軍ではおたけびをあげることなど無かっただけに2000年にあれだけ気迫を入れて投げている姿を見た時にはびっくりしました。

> その手負いの和巳が、再び雁ノ巣に戻り、捲土重来を目指す、そんな姿を私達も、王楽さんのblogを通して復活を信じ、見守っといきたいです、なによりも和巳は長年、若いころからリハビリに堪えた精神的粘り強さもありますからね!

怪我が多い投手でしたからね。雁ノ巣でもなかなか見れない時期もありました。初めて和巳の速球を見た時は忘れられないですね。球速はそうでもなかったのですが、ボリュームがある感じで。腕のしなりも凄かったです。

> たれぱんだ号の主さんのおっしゃるように、現在の打線に割り込むのは難しいかもしれませんが、ベテラン陣は怪我も多いし、なんとか次世代の右の大砲江川が加われば 本当に楽しみな打線になりますからね!

江川クラスの打者なんて、そう簡単に獲得もできないのですから、絶対に彼を将来の柱にしなきゃならないと強く思っています。

> 田上は昨日もびしっと盗塁を刺したり、(福地?が走った時も悠々とアウトに出来る球を投げました…がニ遊間がセカンドに入らず)

あれはなんだったんでしょうね。滅多にみれないプレーでした。草野球でもないようなプレーです。

最近、盗塁も刺しますが、記事を見たら、どうやら「牽制をせずに、刺しに行こう」…と 打撃同様 決め打ちならぬ 決め刺しをしているようです! …たしかに、まるで牽制をしなければ、走者もいつもと違うシュチエーションで ついつい気持ちよく行け!みたいな感じでいきやすくなるのかな?(笑) ともかく、色々な事を考え、試し 失敗は気にせず決め打ち、決め刺しする田上の成長には驚くばかりです!

凄い発想ですね。野村が監督だったら、絶対に許さないでしょうけど、面白い発想だなぁ。そういや、田上が刺すランナーって、俊足ばかりのような感じがします。

> そるにしても、ファインプレーをしたあと セカンドゲッツー失敗、セカンドカバーに入れなかった本多のムラと、原因は解らないけど 川崎がハツラツさがなくなったのが気になります、川崎は何があったのでしょうか? なんか変なんですよね…プライベートでなんかあったか? 怪我の影響か?

ムネが酷いです。ストライクを取るのに汲々としている由規に先頭の初球から打つなんて・・・。基本的にイケイケ野球が好きな私でもあれはひどすぎると思いました。頭もスランプになっているような。ああなるとたまに変えてやるのも必要かと。02年頃まで城島も連敗が続いたりして、リードがパニックになると休ませたりしてましたしね、王監督時代は。そういった事も必要かと。

> …ここは秋山ホークス 育成の我慢の起用の方針が見え、 ちょっと大場にイライラするのも私も我慢してみたいと思います、もがき苦しみ 大場は精神的に成長するかなぁ??
> でも内田あたりも結果が出たら使ってくださいね一軍首脳陣様!

大場は精神面ももちろんですが、技術的にもあれほどシュート回転するストレートなど課題は山積みですね。正直、今、一軍の中継ぎにいても意味はないかなと。

王楽太陽 #B9vKlaaI | URL
2009/06/12 21:51 edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/202-7a3e7e2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。