LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

センバツ好投手列伝6 10年に1人の左腕 菊池雄星 

好投手が多かったセンバツで、高卒即プロにいける投手じゃないかなと感じさせられたのが、ここに挙げた6人と今村(清峰)の7人ですね。他にワンステップ後に面白い投手になれるかな(夏までに伸びずに現状維持の能力のままと仮定して)と思ったのが、村上勇太(富山商)、六埜雅司(光星)、渡辺貴仁(高崎商)、堂林翔太(中京大中京)の4人です。
2年生で、来年のドラフト上位指名候補となるであろう、岩本輝(南陽工)や島袋洋奨(興南)は来年寸評をやります。
ちなみに昨年のセンバツ出場投手で、プロ入りしたのは2人(東浜がプロ希望すれば100%ドライチだったでしょうから、実質3人)です。

さて、今日は真打・菊池の登場です。この投手を中心に今年のドラフトは展開するでしょう。巨人が長野のドライチを公表していますから、11球団中何球団がいくか。5・6球団は固いのではないかと思われますが、どうでしょう。今からワクワクする想いです。

花巻東(岩手)
菊池 雄星(投手 左投左打)

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村←NHKの地方ニュース番組に出演している、南海最後のエース・山内孝徳曰く、「大場は体の回転軸からリリースポイントが離れ過ぎて、ボールがシュート回転して抜けている」とのこと。全く同意ですね。今年初めて観た時から大場に関してはそれが気になってました。
あのヒゲのエースはどこからもコーチの声が掛かりませんね。抜群のコントロールの良さと心臓の強さからくる強気な投球術やあの世界の盗塁王・福本豊をして、「アイツは走りにくかった」と言わしめる牽制・クイック技術の高さからも、非常に頭の良い投手でしたから、コーチをさせたら面白そうなんですけどね。まぁもっとも大事な人柄はややこしそうだけど。デッドボールを当てられて睨んできた清原にも「なんかこらー」と向かっていってましたし。
来年、ホークスのローテーションにも十分入れるであろう、逸材中の逸材。「10年に1人」としたが、実際、この10年であれほどの高卒左腕はいないはず。甲子園で150kmを出した、辻内(巨人)でもここまで絶賛されていた記憶はない。
あわやパーフェクトかと思わせたセンバツ初戦の相手の鵡川高校は、今大会で最も打線が良いチームといってもよい相手だった。ややストライクゾーンの広い審判に救われたところもあったが、あのチーム相手にあの高度な投球は、度肝を抜かされる思いであった。

フォームやストレートに文句をつけるところはない
球離れが遅く、体でボールも隠せられて、足を上げてからボールを離すまでの時間も長く感じられるなど、バッターにとっては、もっとも打ちにくさを感じさせるフォームだろう。

ストレートは、143・4が平均球速だが、私が最も質が高いストレートと思っている杉内型ストレートで、バシーンとミットを叩く力もありながら、実際の球速よりも速く感じさせるもの。それでいて、左腕が最も苦労するコントロールも高校生離れしている。
変化球は主にスライダー。菊池が春先まで「憧れの人」としていた(現在は工藤へ鞍替えです)近田レオ(ホークス)に似た左打者の背中のほうから曲がってくるような大きな曲がり。これも杉内に似ている。(こっちの方が分かりやすいですね)鵡川戦は40%はスライダーだった。

意外にも一塁へヘッドスライディングする熱さもあり(もう2度としないでね)、それでいて、カウント1-3になるとマウンドを離れ、気持ちを落ち着かせようとするクレバーさもある。
球種の少なさがやや気になるが、あとはチェンジアップかスクリューを覚えれば、ほぼ完璧な左腕となるはず。ぜひ、憧れの近田怜王の同じチームのホークスにきんしゃい。S+

スポンサーサイト

テーマ: ドラフト会議 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

No title

王楽さんお疲れ様です! またまたコメントをテーマに沿わず載せていただきますが(汗)

>それにしても、まさか、西川のオールスターの話で出来る方と知り合えるとは。なかなかそういった方はいないので、今後とも意見の違いはあっても、長いお付き合いをよろしくお願いします。

こちらこそよろしくお願いします、南海の想い出話をできる人はいませんからね…!(笑)…本当に当時南海をテレビを目にする事は稀有で、オールスター、ましてや満員の大阪球場を見ることなんかないですからね!オールスター食い入るように見てましたよ!…後、一年に一回くらいNHKがやってくれる視聴率無視の大阪球場の試合は貴重でした!…(笑)(満員の大阪球場なんて広島近鉄日本シリーズの江夏の二十一球のドキュメントでしか見られませんからね(笑))
…門田や吉永のフォローは大好きでした! 私は真似うまいですよ!(笑)…後、門田は打席に立ち、バットを上段に構え、目を細めて、少し背中を曲げ 無造作に豪快に脚をあげ… の…目を細めて…の所まで真似してました(笑)…今思えば、あれは晩年目が悪くなってからの影響なのかな?

広永 いましたね!彼も作られた右なげ左打ちで右手のほうが強かったから真似がうまかったのかなぁ? 右が強い利点は 右手一本ですくいあげるように内角低めを打てる点もありますね。広永も掬い上げる打ち方の印象があります。

広永はパ・リーグ何万号?…とかメモリアルアーチに縁がありましたが、実は広永のプロ入り第一号を東京ドームで生で見ましたよ!

広永が代打で出てきて、当時無名の広永を友達に「広永は最近成長してきたから期待できるよ!」…と説明した直後に代打逆転スリーランを打ったので非常にインパクトがある出来事でした。

広永、吉永がそれから売り出してきて あの頃は弱かったけど希望の星でした。(なんとなく門田の系譜としての匂いがありましたし)

話は変わりますが 福大大濠の高木選手 なんか中学時代に野球小僧か、なんか他の雑誌でで聞いたことあるような… 思い違いかもしれません。

長距離砲として期待しちゃいますね!… 冷静に見ると動けない左の一塁は 相当打てないとプロ入りは難しいでしょうね 実際、タイプは違いますが、小斉はレギュラークラスの打撃技術はあるのになかなか出番がないですからね。 同じ長身、左の未完の大砲 ロッテの神戸も一応外野を守るますからね。

藤井はある意味ラッキーなプロ入りでした、ただ やはり飛距離を磨き 二十五~三十本はホームランを打てるようにならないと長くはやっていけないといけないですからね。
ホームランバッターは…飛距離素材型に対応力をつけさせていくのか? それともミート型をパワーアップさせていくほうが成功するのか?

少し前では小笠原や和田は確率中距離系から工夫と努力でホームランを打てるようになりました 稲葉も少し違いますがあてはまるかな?

最近の先天的長距離の成功は村田…高卒では おかわり君と吉村くらいかな?
本当に高卒の先天的アーチストが育ってきませんねホークスでは 山之内 内之倉 吉本の九州勢が…
松田はちょっと今まで見たアーチストと違う打ち方のタイプなので分類が謎なのです???(笑)…打球スピードは右打者では群を抜いてますから 角度をつけるコツを身につけることですかね? 最近は角度のつくアーチを打ちますが、最初の頃 彼のベストスイングは左中間弾丸ライナーで 少し擦った感じの時がホームランだったからう~ん?でしたね。彼ほどバットとボールの接地時間が短いホームラン打者を見たことがなかったもので。…いわゆる運ぶというよりパチンと点で叩く感じで…でも大学時代に比べ 非常に順調に成長しているので驚いてます!…大学時代 二割三分くらいでしたから…。

なかなか江川、中西がアーチストとして出てこないからアーチストレスでイライラしてきたぞ!(笑) みんな一流になってきた選手には こちらが感心するような考えかたや発想を持ってます、しかし それも活躍したからこそ マスコミが取材をして 我々に伝わってくるもの。

マスコミからは伝わってこない雁ノスラッガー(?)達の努力 工夫 もがき苦しみをこれからも 王楽さんにレポートしていただくと幸いです これからもよろしくお願いします。

あ 最近の充実したアマチュア選手レポートも 最近アマチュアを生で行く機会が激減した私にとって非常に助かります 頑張ってください! 雁ばれ王楽さん!

ほーくすくす #- | URL
2009/06/19 13:06 edit

Re: No title

>ほーくすくすさん
> 本当に当時南海をテレビを目にする事は稀有で、オールスター、ましてや満員の大阪球場を見ることなんかないですからね!オールスター食い入るように見てましたよ!…後、一年に一回くらいNHKがやってくれる視聴率無視の大阪球場の試合は貴重でした!…(笑

大阪球場での南海最後の試合は、関東で放映されましたか?岸川が勝ち越しツーラン打ったはずです。あれは福岡では放映されて、民放で大阪球場を見るのは、滅多になかったので貴重でした。NHKは年に1・2回やってくれましたね。ビデオも録画していたほどです。

> …門田や吉永のフォローは大好きでした! 私は真似うまいですよ!(笑)…後、門田は打席に立ち、バットを上段に構え、目を細めて、少し背中を曲げ 無造作に豪快に脚をあげ… の…目を細めて…の所まで真似してました(笑)…今思えば、あれは晩年目が悪くなってからの影響なのかな?

クローズドスタンスだったんですよね。門田は。力感なく、耳の近くにグリップエンドを置いて。そこから、あの台風のようなスウィングは絶対に忘れられません。共に同じ事を何度も語り継いでいきましょう。(笑)

後年門田の本を読んで、最も意外だったのが、「弱いチームで目標がないところで、試合をしていると気持ちがパニックになりそうになった。自分の頑張りがチームの結果に繋がらないと精神がおかしくなりそうになる。」といった言葉でした。門田に王ホークスのような勝利に向かう姿勢が良い、強いチームでやらせてやりたかったと心から思いました。
どっかのノンタイトルのホームラン打者が、「タイトルを取るのは、弱いチームからばっか。優勝争いしてたら、個人タイトルとか関係ない。」とかほざいていましたが、門田のような状況で頑張るつらさの方がよっぽどつらいはずですよね。

> 広永 いましたね!彼も作られた右なげ左打ちで右手のほうが強かったから真似がうまかったのかなぁ? 右が強い利点は 右手一本ですくいあげるように内角低めを打てる点もありますね。広永も掬い上げる打ち方の印象があります。

あぁ、分かります。広永の拾い打ちは、脳裏に簡単に蘇ってきました。実は一時期、広永の打ち方で草野球で打席に立っていた事があります。あの宙を蹴るようにステップする(今なら山崎武かな)のが、合いそうな気がしたのですが、タイミングがうまくつかめませんでしたね。

> 広永はパ・リーグ何万号?…とかメモリアルアーチに縁がありましたが、実は広永のプロ入り第一号を東京ドームで生で見ましたよ!
>> 広永が代打で出てきて、当時無名の広永を友達に「広永は最近成長してきたから期待できるよ!」…と説明した直後に代打逆転スリーランを打ったので非常にインパクトがある出来事でした。

うぉ!!記念すべきダイエー初戦をご覧になったのですか!!西崎からのスリーランでしたよね。家についたばかりのNHKBS放送で見ることが出来たのですが、あの試合、坂口がエラーして点が入ったんですよね。岸川もただのレフトフライをポロっとやらかしたし。そら、勝てんわ。(苦笑)

> 広永、吉永がそれから売り出してきて あの頃は弱かったけど希望の星でした。(なんとなく門田の系譜としての匂いがありましたし)

たしかに門田の系譜でしたね。佐々木、カズ山本など左打者が育つチームでした。しかも、誰もが強く振るチームでした。森脇までが振ってたくらいで。そういった教えが浸透していたようですね。今でもたまに藤本博史なんかが門田の話をすることがあるのですが、なんか嬉しそうなんですよね。彼らの誇りだったんでしょうね。

> 話は変わりますが 福大大濠の高木選手 なんか中学時代に野球小僧か、なんか他の雑誌でで聞いたことあるような… 思い違いかもしれません。

中学時代から有名な選手だったようですね。さすがに中学野球小僧とか、中学野球までは追いかけられないと全く詳しくはないのですが。
高木はホークスに入って、藤井と競いあって欲しいなぁと思ってしまいます。

> ホームランバッターは…飛距離素材型に対応力をつけさせていくのか? それともミート型をパワーアップさせていくほうが成功するのか?
> 少し前では小笠原や和田は確率中距離系から工夫と努力でホームランを打てるようになりました 稲葉も少し違いますがあてはまるかな?


確率からすると、後者のミート型のほうが、成功率は高そうですね。ただ、ヤフードームでホームランを量産するタイプはやはり前者じゃないと厳しいのかなとも・・・。難しいですね。ホームラン打者好きとしては、当然、前者に目がいくのですが。

> 松田はちょっと今まで見たアーチストと違う打ち方のタイプなので分類が謎なのです???(笑)…打球スピードは右打者では群を抜いてますから 角度をつけるコツを身につけることですかね? 最近は角度のつくアーチを打ちますが、最初の頃 彼のベストスイングは左中間弾丸ライナーで 少し擦った感じの時がホームランだったからう~ん?でしたね。彼ほどバットとボールの接地時間が短いホームラン打者を見たことがなかったもので。…いわゆる運ぶというよりパチンと点で叩く感じで…でも大学時代に比べ 非常に順調に成長しているので驚いてます!…大学時代 二割三分くらいでしたから…。

松田は系譜が思い当たらないです。大体、ホームラン打って、一塁側にこけそうになるバランスの悪いバッターなんていませんもん。バランス崩したら、普通は凡打ですから。あのバッターだけは本当に良く分からんです。ただ、彼なりにバット担ぎをやって、トップに入れるのをスムーズにしたり(今、トゥーシェンも取り組んでいます)考えてはいるはずですね。

> なかなか江川、中西がアーチストとして出てこないからアーチストレスでイライラしてきたぞ!(笑) みんな一流になってきた選手には こちらが感心するような考えかたや発想を持ってます、しかし それも活躍したからこそ マスコミが取材をして 我々に伝わってくるもの。
> マスコミからは伝わってこない雁ノスラッガー(?)達の努力 工夫 もがき苦しみをこれからも 王楽さんにレポートしていただくと幸いです これからもよろしくお願いします。

雁ノスラッガー、いつかいただきます。(笑)かなり気に入りました。
中西が完全にヘッドがライト方向に向いているんですよね。当てに行っている訳じゃないけど、ちょっと違うんだけどなぁと思ってみています。中西も完全に雁ノスラッガーですからね。今の打撃じゃもったいない。一軍に残りたいのは分かるんだけど・・・。

王楽太陽 #B9vKlaaI | URL
2009/06/19 23:01 edit

No title

王楽さんお疲れ様です ええっ!? 福岡では大阪球場の南海最後の試合を放映したんですか?! いいなぁ…関東でははビタ一文やりませんでした…。

ホークスが博多に行くと決まったから放映したんでしょうか? 本当に見たくてたまらなかったです 王楽さんはその試合録画してありますか? あの時スポーツニュースで見た必死の大応援は耳に残り今も離れません…。 どこかで見られないでしょうか? 後に出た さらば南海ホークスという雑誌での門田男泣きの記事を見て 本当に胸熱くなりました、南海ホークス球団歌のトランペットを哀しいスローテンポで流したみたいですね…お聞きになりましたか?

西武球場での南海最後の試合は見たんですけどね 試合後の応援二次会では やはり西鉄からの身売り経験者の西武応援団のかたがかけつけ 南海応援団のかたと肩を抱きあい泣いていました。 (この関東荒鷹会という応援団は弱い頃に発足した粋で本当に楽しい応援団でした、横浜高校出身の吉田捕手の打席の時は、「横浜!横浜!横浜!ブルーライト?…横浜!…追い掛けて?…横浜!…シュウマイは?…崎陽軒っ!」)…という謎のコールをやったり 本当に楽しかったです…今はあんまり粋で楽しい応援ないなぁ)
川崎球場の正真正銘最後の南海最後の試合も学校があり見れませんでした。 日米オールスターで見た佐々木が最後の生の南海ユニフォームでした。

ダイエー最初の試合は見に行きましたよ! ガツンと門田のようなフローズンロープのライトスタンドへの広永の逆点ホームラン!…おっしゃる通り再逆転され負けましたが(苦笑)

ダイエー最初の試合は なんかエメラルドグリーンの色での応援がきごちなかった印象がありますね…。 近所のダイエーにホークスグッズ売り場ができ 喜んでメガホンやでかい旗を買いに行った覚えがあります…デカイ旗は地震対策の伸縮式つっぱり棒にくくりつけました(笑)

当時の東京ドームは太鼓禁止で、それならと、応援団がお風呂の洗面器を叩いていて警備員に怒らていて切れた応援団が「 じゃあシャンプーハットを叩くならいいのか?」…と反論していたのが笑いました(笑)…なんで風呂周りの物を叩きたいねん!(笑)

門田は勝てない時にそんな風に悩んでたんですか…本当にドラ山本と門田にはダイエーでの優勝味わせてあげたかったですね…。

雁ノスラッガー… 改めて聞くとなんだかウルトラセブンのアイスラッガーみたいだなぁ 調度、カプセル怪獣アギーラも雁ノ巣にいるし…ファンケルボーグ様は幹部だから一軍ですけどね(笑)

交流戦優勝決まりましたね!…去年 生で交流戦優勝見に行きましたが あれから一年 早いものです、 今年は最下位になるなよ!

ほーくすくす #- | URL
2009/06/20 00:02 edit

菊池は非常に楽しみですね。将来の日本野球界を背負う投手ではないでしょうか。

他球団に行くことになればセ・リーグにはいることを願うばかりです(笑)。

いままでのホークスの傾向から言えば菊池、今村のどちらかが一位入札は間違いないと思います。

どちらかがとれれば大成功でしょう。

あとは野手で熊代、できれば筒香ですがそんな贅沢はいえないので、亜大の中原、金沢の林あたりの大砲候補をとってほしいですね。

ぺ #- | URL
2009/06/22 00:36 edit

No title

王楽さんお疲れ様です! 藤井大暴れみたいですね! ようやく努力が実りつつあるのかな… 本当に嬉しいです!

ほーくすくす #- | URL
2009/06/22 20:15 edit

Re: No title

>ほーくすくすさん

ご返事が遅れました。ちょっと出張で1週間ほど九州を離れていたもんで。

> ホークスが博多に行くと決まったから放映したんでしょうか? 本当に見たくてたまらなかったです 王楽さんはその試合録画してありますか?あの時スポーツニュースで見た必死の大応援は耳に残り今も離れません…。 どこかで見られないでしょうか?
> 後に出た さらば南海ホークスという雑誌での門田男泣きの記事を見て 本当に胸熱くなりました、南海ホークス球団歌のトランペットを哀しいスローテンポで流したみたいですね…お聞きになりましたか?

当時は、録画してて何度も見たのですが、現在は紛失しております。私も残念です。 YOU TUBEなどでは、南海最後の試合のプロ野球ニュースなどがUPされていて、最近それらを見た事があります。福岡では試合は最後まで放映されず、セレモニーなどは見てないんですよね。それこそ、塾から帰ってきて、プロ野球ニュースを見ましたね。あの門田が泣くなんてと衝撃でした。

> ダイエー最初の試合は なんかエメラルドグリーンの色での応援がきごちなかった印象がありますね…。 近所のダイエーにホークスグッズ売り場ができ 喜んでメガホンやでかい旗を買いに行った覚えがあります…デカイ旗は地震対策の伸縮式つっぱり棒にくくりつけました(笑)

ハイ、福岡は本当にぎこちなかったですよ。大体、ほとんど選手を知らないですしね。それに声援に応える選手側ももっとぎこちなかった。

> 門田は勝てない時にそんな風に悩んでたんですか…本当にドラ山本と門田にはダイエーでの優勝味わせてあげたかったですね…。

めちゃくちゃ意外でしょ。ブーマーが1年だけホークスに来ましたよね。あの時にブーマーも弱いチームに凄く戸惑っていて、門田に「こんな弱いチームでよくあれだけ凄い成績をあげられ、続けたんだ?あなたは本当に凄い。」と言ってきたそうです。門田もこういった気持ちを分かってくれる人がいて嬉しかったそうです。

> 交流戦優勝決まりましたね!…去年 生で交流戦優勝見に行きましたが あれから一年 早いものです、 今年は最下位になるなよ!

去年のことがあるから、芯から喜べないですね。とにかく、SBMの温存を図りながら、投手のやりくりを計画的に実行してもらいたいです。

王楽太陽 #B9vKlaaI | URL
2009/06/26 23:19 edit

Re: タイトルなし

>ぺさん

> 菊池は非常に楽しみですね。将来の日本野球界を背負う投手ではないでしょうか。

私的には、松坂以来の投手だと思っています。その間には、松坂以上の投手になったダルがいるのですが、私は高校時代のダルにここまでの期待はしていませんでした。田中マー君は、2年生の秋が凄まじかったのですが、3年の夏で私的な評価はガタ落ちしていました。左というアドバンテージも大きいですしね。

> 他球団に行くことになればセ・リーグにはいることを願うばかりです(笑)。

いやいや、パに良い選手が集まるのは、最高じゃないですか。なんといっても、生で見られる機会が増える訳ですし。

> いままでのホークスの傾向から言えば菊池、今村のどちらかが一位入札は間違いないと思います。

ハイ、このチームの編成ほど果敢に大物を取りに行く姿勢がはっきりしているチームも珍しいので、そうなると信じています。

> あとは野手で熊代、できれば筒香ですがそんな贅沢はいえないので、亜大の中原、金沢の林あたりの大砲候補をとってほしいですね。

筒香は難しいかもしれませんが、案外、熊代は2位なら取れそうな感じもあるのですが、どうでしょう。熊代もそうですが、ボチボチ、右の内野手の補充も必要かと思っています。

王楽太陽 #B9vKlaaI | URL
2009/06/26 23:31 edit

Re: No title

>ほーくすくすさん

>藤井大暴れみたいですね! ようやく努力が実りつつあるのかな… 本当に嬉しいです!

なかなか試合に出れない状況で、よくやっていますよね。初ホームランを打ったときに山村コーチが誰よりも、どの選手のホームランのときよりも、ベンチ前に飛び出してきて、大喜びしていたのが印象的でしたが、コーチが嬉しくなるほど、藤井は頑張っているんでしょうね。


王楽太陽 #B9vKlaaI | URL
2009/06/26 23:42 edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/208-ac663bc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。