LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

センバツ強打者列伝2 時代は大型遊撃手 陽川 尚将 

中島(西武)や坂本(巨人)の影響からか、ここ数年は、ショートで4番を打つような大型ショートがアマ野球では増えてきているような気がします。私は、ショートと捕手は守れれば良いといった考え方は大嫌いなので、この傾向は歓迎しています。ショートを守れる選手は、チームでもトップランクの身体能力を持っているのですから、そういった選手が、最も打つのが難しい長打を志向するのは、本当は至極当然の傾向ともいえるのではないでしょうか。
今日、紹介する選手は、その中島に雰囲気・体格が非常に似ていて、肩が強く、守備がやや粗く、打撃は粗いが、魅力的な打球を放つ選手です。

金光大阪(大阪)
陽川 尚将(ショート 右打)
好きな選手は中島とあって、大上段にグリップを高く、後ろ(捕手寄り)に置いて、クローズド気味(左肩がセカンド方向に向いている)に構え、大きく足をあげ、巻き込むようにステップするなど中島そっくり。

その背中を投手に向けるような構えから、ボールが見辛そうで、グリップの位置から、手の自由が利いていない感じで、ボールへの対応力は低いと感じさせる。まず、今、ファームの投手相手でも2割は打てないよなといったような。

それでも、芯に当たっていない打球でも、十分鋭かったり、外の低目の球を巻き込んでレフトオーバーにするなど、随所に「中島2世」の名前に恥じない、魅力的な打撃もみせてくれた。

現状、プロは打者を時間を掛けて、高卒から育成しようとする傾向にあり、そういう方針のチームにおいては、非常に興味深い素材であろう。B+

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村←メキシコリーグを退団した、山村路直がトライアウトへ向けてトレーニング中のようです。
ぜひ、捲土重来を期待しています。

スポンサーサイト

テーマ: ドラフト会議 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/210-1d0afc6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。