LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

センバツ強打者列伝4 まだこんなもんじゃない 堂林 翔太 

今日、紹介する選手で、一旦、センバツ選手編を終え、大学野球(神宮)(日米戦)、福岡NHK杯の選手寸評を行っていこうと思います。

センバツでチェックをしたものの(メモ書きで選手の特長などを記した選手)、ここに記載しなかったバッターは、「河野凌太(明豊)、川本真也(清峰)、高橋義人(日本文理)、高野圭(前橋商)、西藤昭太・柳田恭平・阿部康平・森泰一(鵡川)、河合完二(中京大中京)」らです。
この中で、西藤や柳田はホークススカウトの視察を受けていますし、河野は九州を代表するバッターなので、寸評すべきとは思ったのですが、夏の甲子園後にやるかと意図的に後回しにしました。正直、現時点で、彼らを「どう評価すべきか」がちょっとまとまりませんでした。特に鵡川の二人は、将来的にも投手希望のようですしね。投手としては、全くピンときませんでしたから。(ですが、西藤にはカープのスカウトが「将来、160kmを出せる逸材」とまで言っておられ、私は「うっそーん?どこが?」って感じです。)

実は、今日、寸評する選手も最後まで、どう評価すべきか、私には非常に見えにくかった選手です。
投手として、センバツに出ていましたが、投球の完成度という点で西藤よりもずっと上の評価でした。それ以上にバッターとしての方が、魅力がありそうと。といっても、打者として、プロで何を売り物にするかといった部分までは見えないって感じで。まぁ、とりあえず、やっておきます。怪我をしたようですが、ドラフトに掛かる可能性は、高そうですしね。

中京大中京(愛知)
堂林 翔太(外野手 右打ち右投げ)

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村←王さんが、山笠の台上がりを務められました。嬉しそうに「これで博多の人になったね。と言われました。」と仰っているお姿に博多っ子として、ジンとくるものがありました。こういう方が、チームのトップにいてくれることは、チーム運営に有形無形の力を呼び込んでくれると思います。
投手として、身長もあり、尻もしっかりして、フォームもある程度まとまりがあるのに、球速が130km前後で、もったいないなぁと思ったのと同じように打撃でも、長打が打てそうなステップの良さ、トップの入り方の割りにスウィングスピードにやや迫力を欠く。打者のタイプとしては、長打の可能性を秘めた井手正太郎や谷(巨人)のような右のヒットメイカーか。

構えもオーソドックスで、クセがない。先に述べたように、足はちょっと上げて、巻きこむように(逆の「の」の字を足で描くようにし、左尻からボールに向かっていくステップの良さが印象的。タイミングの掴み方が巧そうな。

トップの角度がやや投手よりに倒れており、トップではバットの先端が頭よりも前に出ており、ヘッドがやや遠回りしている。しかし、それを本人も分かっているようで、アウトコースに狙いを定めているようで、非常に巧く外の球を打つ。外のスライダーなどにも対応出来そうな感じを受ける。又、トップのバットの倒し方さえ直せば、インコースの速い球にも対応出来そう。

やはり、フォームなどをこうして分析しても、悪い部分はそう感じない。その割には、強く魅力を感じないのが・・・。もっと、外の球を強引にレフトオーバーするくらいの「強さ」をこの選手からは感じたい。B+



スポンサーサイト

テーマ: ドラフト会議 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/216-92e2e3e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。