LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

大学逸材野手1 石井浩郎2世 中原恵司 

熱戦続く甲子園関連のドラフト候補選手を紹介した方が、アクセス数は増えると思うのですが、さすがにオンタイムで甲子園出場選手の寸評を追いかけきれないので、さきの大学日本選手権、日米野球選手権に出場したドラフト候補の寸評をやっていきます。(録画も消去したし、早めにやっとかないと印象が消えてしまう。メモはあるけど)

もし、甲子園をご覧になられた方で、「この選手は凄かった。あんたはどげん思うね?」といったお話があれば、コメントに投稿して頂ければ、幸いです。(エントリー内容とは関係なく)
又、一軍のホークスについても、コメント欄で喧々諤々とやっていますので、ご覧頂ければと思っています。現在、明石の大活躍でコメント欄は、非常に盛り上がっています。

では、話が逸れましたが、私が思う、今年の大学生野手NO1選手の紹介です。恐らく、ドライチで消えるのではないでしょうか。

亜細亜大学
中原 恵司(外野手 右打ち右投げ)

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村←今のところ、私を「ウヒョー」と唸らせた投手は、常葉橘の庄司隼人投手ですね。あれだけのストレートとスライダーならプロでも十分やれそうなんですけど、バッターとしての評価の方が高いらしいです。
今年は、「エースで4番」タイプの逸材が多く、将来的には当たり年かもしれませんね。「菊池雄星世代」として、大きくフューチャーされそうです。

亜細亜大学の監督をして、「松田(ホークス)より飛ばす」といわしめた、大学生では稀有な長距離ヒッター。
その打撃フォームや打撃スタンスは、あの「侍」石井浩郎(元近鉄)を思い出させるほど。

構えは中島(西武)のようで、グリップを大上段に構え、心持ち左肩をセカンド方向に向けている。両足の幅は肩幅ほどで、構えからはあまり長距離砲というイメージは受けない。

印象的なのはステップの仕方。石井のようにベルトの位置まで左膝が上がる一本足で、そこから蹴るようにしてステップする。その際のトップが非常に深く(グリップが捕手寄りとなっている)、「当たったら、ボールが飛んで行くやろうな。」と感じさせるものがある。しかし、左肩はあくまでセカンド方向へ向き、「インコースは打てんやろ。バットが遠回りするやろ。」とも思わせるほど、体をねじりすぎている。トップの際のバットの傾きはやや寝ているのも、インパクトまで遠回りしそうな印象を与える。

ここからが、彼の特長だが、踏み出した足をインステップさせ、狙いはアウトコースのみという感じ。日米野球でホームランを含む、長打を連発したが、外人さんのアウトコースへストレートに力負けないこの強い踏み込みが出来ている。
バットの軌道は遠回りしているが、アウトのボールを体の近くまで引き付け(アウトコースであのインパクトのポイントなら多少遠回りしても打てる)、高目はバットを縦に叩き割るようにぶちかましていき、センターから右へ打ち、低目は巻き込んで、左中間に打つ打法。こうった打ち方はまさに石井。インコースはツーストまで打とうともしない姿勢も好感。(小斉、見習え?)ツーストからはインを右方向へファールにしようとする。
長打を打つ打者には、アウトコースが増える為、その球を遠くに飛ばせるのは、多村同様(多村の打撃メカニズムとは違うが)に現代仕様の長距離砲。

高校時代はショートを守っており、守備も悪くなく、足も速いのもドライチ候補にふさわしい。S-

スポンサーサイト

テーマ: ドラフト会議 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/233-3b0e2474
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。