LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

大学逸材投手1 大学球界右のエース 二神一人 

法政大
二神 一人(投手 右投げ)
昨年秋までリーグ戦2勝しか挙げていないにもかかわらず、今年になり、MAX150㌔をたたき出し、一躍ドラフトの主役、それどころか、日米野球では斉藤(早大)らを押さえ、開幕投手を務めた、日本のエースとまで目される、シンデレラ投手。

その高評価の要因は、安定して145㌔を出せる球速と適度な伸びと重さを感じさせる球質の良さ。(最も質が高いタイプのストレートといえる)。このタイプのタイプ的には、そのストレートの球質もフォームも似ている、金子(オリックス)。金子よりも体には、プロ級の厚みがあり、ノビシロも感じさせる。

フォーム的には、金子のように足を上げてから、両手とともに下に重心を下げ、股関節にそれを十分に乗せてからステップするのが特徴。ステップ幅も広く、しっかりと腰を落とし、前(左足)にしっかりと重心を移せており、無理のない縦振りのスローから、力強さと柔らかさが感じられる、非常に良いフォーム。

コントロールは、ややアバウト。ストライクゾーンを2分割で投げ分けられるかなといった具合。ボールボールとなって、ストライクが取れないという感じは受けない。実際、2試合連続での無四球完投も経験している。

ストレートはさっきいったような感じ。空振りを取るというより、打者が気後れて見送ってしまう感じのボール。(ホークスでいえば、その最高峰は斉藤和巳で、現在では摂津のストレートがそのタイプ)
ただしシュート回転こそしないものの、時折高目に浮き気味になるのも日米野球では散見された。もっと低目に手首でボールを押し込めるフォームと思われるだけにちょっと意外な感じも受けるし、今の彼において最も気掛かりなところでもある。

変化球は、スライダーの曲がりがよく、カウント・決め球として使える。金子ほどの大きさはないが、やや球速が速いカーブも緩急や高低のアクセントとしている。フォークやチェンジアップもあるが、比率は低い。フォークは見送られていたのも、改善の余地があろう。もっとフォークを有効活用しないとプロでは厳しくなるはず。

まず、ドラフト1位指名は間違いは無いはず。即戦力として考えても、遜色はさほどないような。大場の4年生の時よりもこっちの方が良いなという感じも私にはある。S+







スポンサーサイト

テーマ: ドラフト会議 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/234-028bc778
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。