LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

ノビシロはまだまだあるはず 庄司隼人 

常葉学園橘(静岡県)
庄司隼人(投手 右投げ左打ち)

中学時代に軟式で144㌔投げ、スーパー中学生として注目された投手。

そのたぐいまれな野球センスの良さとやや小柄な体格から、野手としての評価も高いが、私は、これは「桑田真澄」に野手をやらせてみたかったという声と同じように聞こえる。「そら、桑田は野手でも凄かろうけど、やっぱり、投手やん。」といった。なんといっても、これだけの投手であるから、即野手転向は本人が納得しようがないだろう。

球速は平均143・4㌔。外のストレートが伸びてきて、重さともに感じられる、最も質の高さを感じさせるボール。ホークスでいえば、摂津のストレートがこれに近い。私は、今年の夏の甲子園でNO1のストレートだったと思う。

変化球は、横曲がりのスライダー(125㌔)と縦落ちのカーブ(120㌔)を投げる。スライダーの切れ味は、ドロンとしてて、打者が当てるのに苦労しないタイプ。恐らく、曲がりが早いのだろう。カーブは縦落ちの大きさはあるが、スライダーと球速は変わらないので、緩急のアクセントにはなっていない。恐らく、腕の振りはスライダーだろう。実は、この変化球に対してのみ、庄司に不安を覚える点。シュートやチェンジアップなどの習得が、一軍に登る為の必須条件になるのではないか。逆言えば、何故、高校時代にもっと投球を組み立てられるだけのボールを身につけなかっただろうとも思う。

コントロールは、ストレート・変化球ともにストライクを取るのに苦労は無い。逆にストライクを集めすぎる感じもみられる。ストライクゾーンに命一杯放る事に楽しみを覚えていうか、投球に幼さを感じてしまう。

フォーム的には、ワインドポジションの際に体の中心軸がホームベースの真ん中ではなく、インコース・打者方向に向ける。昨年のオリの近藤がこの形だった。そこから、右打者に向かってくるようにステップしてくる印象。甲子園では、足を上げた際に一端止める投球を「違反」とされ、フォームの修正を受けたが、プロではあの程度は問題ない。この足を止めてから、急に一塁方向へお尻を突き出しての踏み込みこそが、庄司のストレートの源であろうだけにあの審判の注意は、投球に響いただろう。

ここまでみてきて、庄司という投手は、投手としての矜持や風格を備えてそうで、意外に一本調子な投手である事に気付く。ここらへんが、投手としてのノビシロに疑問を持たれたところか。こういった投手は、雁ノ巣で見ていた頃の藤川球児がダブる。彼もストレートの質は高いが、なんとも特長が無いような投手だった記憶がある。庄司も球速を伸ばし、フォークのような決め球を身につけられるだろうか?少なくとも、その可能性に賭けてみたいと思わせる投手である。A+






スポンサーサイト

テーマ: ドラフト会議 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

No title

王楽さんお疲れ様です! 迷惑コメントが消えてるから 今頃王楽さんがパソコンに向かってる頃かな?(笑)

ほーくすくす #- | URL
2009/09/19 19:53 edit

No title

もうすぐドラフトですね!…いゃあ 一年たつのはは早い!…見た目より伸びがある(笑)

あの仮想ドラフトで 王楽さんの奇跡の巽外れ単独獲得シンクロ事件から もう一年!早いものです!(笑)
庄司は私もも好きなタイプなので縁あったら欲しいですね!

渡しは茂垣君を野球小僧でしか見てないのですが、茂垣君みたいなタイプが育つ土壌があればいいんですけどね! 若手の成長プランしっかりしている日ハムですら鵜久森を なんかスケールの小さなこぢんまりとしたフォームにしてるし…ああいうタイプは 多少アベレージが残せた所でスタメンはキツイです 例え駄目でも、石嶺のような 遠心力タイプのスラッガーとして育てないと価値ないですね。

…さて 一軍は監督の名前は秋なのに 秋の風物詩 の大失速…。 今日はなんとか西武球場の大声援に応え勝ちましたが…。

遠征距離の長さからの疲れが秋にピークを迎えるのか? 食生活、メンタル 健康の管理が駄目なのか? 秋に弱い理由はわかりませんが、特定投手に弱い事といい、戦力補強云々の前に直して欲しい体質ですね。

さて、むろん一位通過を諦めたわけではないですが、最近の戦いや選手の起用法にイライラする半面、 まだまだこんな戦いかたで日本シリーズに出るのは失礼かな?…との客観的観測もでてきましたが、 そんな時でも 初年度優勝のように 永井 星野が急に成長して優勝したように、 いまだ成熟してないチームには若手の急成長はかかせないでしょう。

来シーズンは やはり岩嵜、二保の総合的体力アップ…また、雁ノ巣の投手育成システム、コーチの改善は不可欠でしょう(ここに来て育成面で工藤獲得希望の声もファンに出てきましたが、私は正直、まだ判断を下せないのでノーコメントです)…意外な 高橋徹、大谷原、山田辺りをうまく土をかえ、植木鉢をかえ、育てられたら それは名コーチと呼べるでしょうね。
後は若手のスラッガー候補…松田に 指が治れば伸びっぱなしマルチ長距離になれる資質ありの長谷川(でも、あの指は難しいかな)… フォーム改造が必要な小斉、中西辺りが候補 …そして唯一、 若手で場外アーチのかけれる江川…。

基本アベレージで アーチも増やしていき 巨人吉村タイプに成長希望 中村

昭和にはよくいた 下位たたきあげタイプ 藤井…

この辺りから 大砲が育ってもらいたいですね。

オリックス岡田が三振かホームランで夢をファンに与えてるように…。(身体から弾き返しなパンチショット咫◆
見てて希望の持てる若手大砲にでてきてほしいものです!

ほーくすくす #- | URL
2009/09/19 20:46 edit

Re: No title

>ほーくすくすさん

> もうすぐドラフトですね!…いゃあ 一年たつのはは早い!…見た目より伸びがある(笑)

そうですね。ドラフトとともに一年が終わる感じなので、もう今年もあと少しかという感じです。

> あの仮想ドラフトで 王楽さんの奇跡の巽外れ単独獲得シンクロ事件から もう一年!早いものです!(笑)
> 庄司は私もも好きなタイプなので縁あったら欲しいですね!

さすがに巽は思いいれを込めて見ましたよ。元々好きな投手でしたし。しかし、予想以上に細かったですね。太れないでしょうね。
庄司は、凄い投手からいかに勝てる投手・抑える投手になるかが注目ですね。その点においては、ワンステップ踏んでのプロ入りもありかと思います。

> 渡しは茂垣君を野球小僧でしか見てないのですが、茂垣君みたいなタイプが育つ土壌があればいいんですけどね! 若手の成長プランしっかりしている日ハムですら鵜久森を なんかスケールの小さなこぢんまりとしたフォームにしてるし…ああいうタイプは 多少アベレージが残せた所でスタメンはキツイです 例え駄目でも、石嶺のような 遠心力タイプのスラッガーとして育てないと価値ないですね。

茂垣は完全に遠心力タイプですね。石嶺のようにインを捌けるかは別として。
球団もそうですが、当の本人が、アベレージさえ残せば、プロで生き残れると思ってしまっている長距離砲は多いのかなとも思いますね。そういう選手を過剰にもてはやす傾向もファンやマスコミにもありますし。我々は、ここでそうした流れに逆らっていきましょう。門田チルドレンとして。(笑)

> 遠征距離の長さからの疲れが秋にピークを迎えるのか? 食生活、メンタル 健康の管理が駄目なのか? 秋に弱い理由はわかりませんが、特定投手に弱い事といい、戦力補強云々の前に直して欲しい体質ですね。

ウチが8・9月に弱いのは、私はまず「長打力不足」だと思っています。8・9月に初回からバントして、コツコツ点を取っても、ドカーンと一発打たれたら、追いつかないです。8・9月は、主に外人さんの一発を持っていないと苦しいと思っています。抑え投手にも疲れが出ますしね。

> さて、むろん一位通過を諦めたわけではないですが、最近の戦いや選手の起用法にイライラする半面、 まだまだこんな戦いかたで日本シリーズに出るのは失礼かな?…との客観的観測もでてきましたが、

非常に理解できますね。たしかにこれでパの代表チームかといえば、まだまだ物足りません。
それにしても、この時期にこれだけ点が取れなくても、スタメンメンバー固定化や代打・代走を出さない戦術って一体何?と真剣に思っています。強いチームじゃないんだから、もっとあがけよと。何か風を起こせよと。
今はマスコミが大人しいですが、昔なら、秋山批判は凄かったことでしょう。というか、私は森脇に問題があるとみているのですが。アイツがヘッドコーチとして必要な理由なんてあるんでしょうかね?来年もあのバントバント野球を見せられるのかと思うと真剣にうんざりしてくるのですが。

> 来シーズンは やはり岩嵜、二保の総合的体力アップ…また、雁ノ巣の投手育成システム、コーチの改善は不可欠でしょう(ここに来て育成面で工藤獲得希望の声もファンに出てきましたが、私は正直、まだ判断を下せないのでノーコメントです)…意外な 高橋徹、大谷原、山田辺りをうまく土をかえ、植木鉢をかえ、育てられたら それは名コーチと呼べるでしょうね。

私は工藤が、ウチのコーチを引き受ける約束をしてくれれば、気の済むまでいてくれても構わないという立場です。工藤ならそれくらいのわがままはよかでしょう。

雁ノ巣だけでなく、今のホークスコーチ陣はちょっとホークスの血が濃すぎる気がしますね。異文化を入れる必要を感じます。
しかし、わざわざ、知らん土地の福岡に来てまでコーチを引き受けたいと思う人っていないんでしょうかね?門田じゃありませんが、ちょうど年頃のお子さんもおられる世代でしょうし。特にファームのコーチなんかとてつもなく重労働ですしね。打撃コーチの山村さんなんて、本当に頭が下がる思いです。灼熱の太陽の下、あれだけ汗まみれになって、選手を大きな声で鼓舞しながら遅くまで必死に指導されていますし。

何度言ったか忘れましたが、二保・山田の二人は早く支配下登録してやって欲しいんですよね。そうじゃないと、期待をかけるのも申し訳ない気さえします。

> 後は若手のスラッガー候補…松田に 指が治れば伸びっぱなしマルチ長距離になれる資質ありの長谷川(でも、あの指は難しいかな)… フォーム改造が必要な小斉、中西辺りが候補 …そして唯一、 若手で場外アーチのかけれる江川…。

先日、健太と江川の居残りティ打撃を20分ほど見ましたが、二人ともよくなっていました。健太は、ボールが当たってから、腕が伸びていくような接地時間が長いミートが戻っていましたし、江川もボールを潰さんばかりのティ打撃が印象的でした。鳥越・山村コンビも、「お前達は、たくさん守れるポジション持っているんやから、まだまだチャンスはあるんやぞ。」とかハッパもかけてました。
二人とも入団当時は、5球ほどティを打てば、フラフラしていたのに、今はしっかりと地面と掴む感じでステップしていたのも、「成長したなぁ」とジーンときました。彼らには、希望を託すものがあると信じています。

> 基本アベレージで アーチも増やしていき 巨人吉村タイプに成長希望 中村

中村は来年は一軍キャンプ・オープン戦で使うべき選手ですね。ただ、一軍は個人練習時間が短いらしいですから、その点は気掛かりです。キャンプでもっとガンガン打たせないと。なんか全体で一点を取る練習らしきものに目が行っているらしいですが、あんたら、どうせバントしかせんのやから・・・。

王楽太陽 #B9vKlaaI | URL
2009/09/21 10:27 edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/243-775d758d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。