LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

負けを覚悟の交渉へ就こう 

本日、6時から12球団のファン有志で行う仮想ドラフトに参加します。こちらで指名選手のUPが行われると思いますので、ご興味がある方はぜひご覧下さい。

さて、我がブログのコメンテーターの方々にも多くのご意見を頂いている(返信出来ずにすみません。これがご返答を思って頂ければ)城島問題ですが、現在の私の考えを述べておきます。

結論から言うと「負け・恥を覚悟で交渉すべき」という想いです。阪神の条件には遠く及ばない金額しか出せなくて、城島がそれに対し、「誠意が無い」と思ったとしても、ファンや世間から「ソフトバンク、金持ってねー。ケチくせー。」と思われたとしてもです。

「球団内のバランス」とか「田上の成長」といった御託を並べて、交渉すらしない選択が最もホークスファンの心を傷つけるはずです。澱みをも残すでしょう。我々はずっと「城島」という郷愁を振り払うことが出来ないのです。

その不利な条件を城島が選択しなかった場合、彼の今後の野球人生に暗い影を落とすのは間違いありません。恐らく、「金を選んだ男」とでも揶揄されるでしょう。しかし、その方が、ファンとしては、諦めもつきます。(私のように「お金も大事な選択肢。仕方ない」と思うファンもいるでしょう)ホークスとしては、「城島を悩ませたくない。」という気遣いまではすべきじゃないとも考えています。そこまで城島を大事に扱う必要は無いと考えます。ここで選択してもらえなきゃ、ただサヨナラだけです。

また、その負けの舞台には、王貞治会長だけは、同席させちゃいかんだろうとも思っています。城島はともかく、王貞治を辱めるのは、球界への冒涜に近いものがあります。王さんは「君臨すれど、統治せず」の形が、ホークスにとっても良い形だと思います。

そして、最後にもし負けたとしたら、ホークスファンや福岡の財界、政界は「ソフトバンクは金持ちだから」といった甘えを失くす機会にもなるでしょう。ダイエー後期のような、「俺達がホークスを支えないと」という気運を取り戻すきっかけになるかもしれません。
とにかく、負けても良い、正直、野球選手に1年に7億なんて金を払う方がどうかしている。ホークスが出せる限りの額で、交渉してください。

PS:「負ける、負ける」と言ってますが、それは、私のようにお金を判断基準しがちな人間(決して、悪い事ではないはず)の選択の場合です。これと違う例も知っています。それは、我等が、小久保キャプテンのご帰還の時の事です。
実は、表面に出てきた額以上を巨人は提示したとの話を聞いた事があります。もちろん、それはソフトバンクの提示を越えていたとか。それでも小久保は、王さんからの「何も言わずに黙って帰って来い。」という電話ひとつで、ホークス入りを確実なモノとしたらしいです。今は王さんが監督じゃないのが痛いのですが・・・。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村←フェニックスリーグの若鷹の躍進は見事だったようですね。特に藤井の大爆発には度肝を抜かれる想いです。福田、中村晃など来年の一軍が十分に見えてきつつあります。先発候補の岩嵜・巽も十分来年こそは先発ローテ入りもありかなと。問題は、勇気の無い一軍首脳陣だけです。
スポンサーサイト

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

来年は江川飛躍の年になってほしいです。

立岡も体がだいぶ大きくなったと聞きました。

藤井もフェニックスリーグで活躍と野手は明るい話題が多くていいですね。

鳥越監督は明石に自分が気持ちいいバッティングをしようとするなとアドバイスをして目が覚めたと明石が言っていたそうです。

鳥越監督は初年度から仕事してると感じました。

あとは投手と中軸を打てる打者です。藤井の来年に期待したいです。

誰が指名するかまったく今年はわかりませんが、入団してくれた選手を精一杯応援したいです。

ぺ #- | URL
2009/10/29 11:53 edit

Re: タイトルなし

>ぺさん

> 来年は江川飛躍の年になってほしいです。

全くですね。短い期間でも良いから、一軍で爆発する姿を見たいです。

> 立岡も体がだいぶ大きくなったと聞きました。

下半身が、福田同様にどっしりしています。足にバネがついているんじゃないかという感じもありますね。

> 藤井もフェニックスリーグで活躍と野手は明るい話題が多くていいですね。

ハイ、フェニックスは見たかったですね。野手は順調に育っています。数名の選手は、後は一軍での対応力をいかにつけるか、首脳陣が我慢出来るかという段階に来ていると思います。明石のように。

> 鳥越監督は明石に自分が気持ちいいバッティングをしようとするなとアドバイスをして目が覚めたと明石が言っていたそうです。
> 鳥越監督は初年度から仕事してると感じました。

とにかく、色んな選手にコミュニケーションを取っています。守備指導よりも打撃指導に力を入れているのも特長ですね。明石が二軍の時、居残りティをやってて、鳥越監督の言葉を真剣に聞き入っている姿が印象的でした。今までの明石と違う印象でしたね。言葉が届いている感じを受けました。

王楽太陽 #B9vKlaaI | URL
2009/10/30 20:41 edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/258-46e25c16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。