LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

損して徳取れ(ホークスバージョン) 

石田雄太氏が先週の週刊ベースボールのコラムで巨人・山口が先発に転向した事を「損してをとった政策」と論じていました。
「得」ではなく、「徳」であることがポイントです。リリーバーを続けると疲弊するので、山口の投手寿命を伸ばすが為に原監督が頼りになるリリーバーを減らしても行なった配置転換だと。原監督は「徳」を取ったのだと。この考察は非常に面白く、興味深いですね。

福岡ホークスでは、リリーバーが先発に転向して成功する例はあまりないですね。古くは、福岡ホークス元年にセーブ王になった井上祐二を先発に転向させて、失敗したり、王時代には篠原(現横浜)を先発に転向させ、失敗したりと。

特に篠原の転向は反対でした。本人が強く希望したようですが、球種少なく、ストレートで押すタイプの投手は先発は難しいのではないでしょうか。昨年、馬原はもう先発に戻した方が良いという話も解説者を中心に起こりましたが、それには私は反対ですね。馬原も球種が少ないのがネックです。

そういえば、野茂英雄がメジャーに行った際に解説者の江川卓が「野茂はリリーフとしてなら、メジャーで通用する」という論陣を敷いていましたが、私も珍しく彼と意見が一致したのを覚えています。言うまでも無く、江川と私の意見など嘲笑うが如く、野茂はメジャーでも先発として大成功した訳なのですが、私は未だに「野茂は本当はリリーフタイプ」と思っています。先発とリリーフの適性を考えるのは面白いです。石田氏の話の趣旨とちょっと逸れていますが。

そのなかでこの投手は先発にした方が良いと思うのが、摂津です。この投手こそ、典型的な先発タイプだと思います。球種は豊富で、コントロールも良く、セルフコントロールも出来そうで、アマ時代には先発経験も長いとくれば、先発タイプだと思います。多少、今よりもスピードは落とさなきゃならないでしょうが。

摂津の投手寿命を考えると来年には先発をさせるという選択肢は入れてほしいです。となると、リリーフが出来る投手が必要となります。それは、大石(早大)が埋めてくれれば万々歳なのですが。大石も摂津同じく、リリーフも出来る、先発タイプとは思っていますが。

スポンサーサイト

テーマ: プロ野球 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/304-0894e802
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。