LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

行くなダルビッシュ 

小ネタじゃなくなりそうですが、ダルビッシュがメジャーへ行くという飛ばし記事がまたもや流れたようです。あれだけ、本人は興味がないといっているのに、なんでああも行かせたがるんでしょうね?マスコミって、ダルの鬼人がごときピッチングの凄さを相手打者のブランドでしか計れないんでしょう。そして、メジャーというブランドでしかプロ野球に大して興味が無い一般ピーポーの関心を得られないと思っているのでしょう。執拗にダルをメジャーへ行かせたがってますもん。

まず、相手が誰であれ、ダルの球を打つのは至難の技ですよ。そら、メジャーのバッターにスゲーのが多いのは認めますよ。でも、それ以上にダルは凄い。私が今まで見てきたプロ野球の投手で、ダントツのトップでしょう。簡単に打てるシロモノじゃない。
私はメジャーなんか、今は全く見ないので、現在のあっちの投手との比較は出来ませんが、知っている限りでは、ペドロマルティネスクラスだと思っています。

次にこれが最も言いたい事なんですが、マスコミにとって、野球に関心がない層に訴える商品は大事でしょうが、球界にとって、そんな人達はそう大事じゃないと思うんですよね。野球に関心が無い層を(≒球場に足を運ばない層)と定義付けしたら、そんな人達が無責任に「ダルがメジャーと対戦するのを見たい」とかほざいていても、無視しときゃいいんです。どうせ、そいつら、TVでそれを見るだけでしょう。ダルを球場で見られるチャンスを奪われる、我々野球ファンの楽しみを奪うような事を簡単に言いやがってと腹立って、腹立って。球界にゼニ落としてから、発言しやがれってやんでーて思うんですよ。

我々、野球ファンはイチローや松坂、城島らのプレーを間近で見るチャンスを無くしました。球場でライブでイチローのプレーが見られなくなった喪失感は、私なりに結構大きなモノがありました。イチローみたいなヒットしか打てないタイプのバッターにはさほどの興味は無かったのにもかかわらず。
球場で、松中が松坂から3発ホームランを打った試合も見た事があります。あの時の強敵(強敵と書いて、「とも」とも呼びます)のラオウでも倒したような、カタルシスはそう味わえるもんじゃありません。松坂がいてくれてこそです。
繰り返しますが、球場に足を運ぶファンの声こそを球界は最も大事にしていくべきだと思うのです。マスコミが世論をミスリードする時代など終わっているんですから。あいつらの声に騙されちゃいけない。ダルを無理にメジャーへ行かせなきゃならない空気を作るべきではないんです。ダルがメジャーに行ったからって、野球ファンが増える訳じゃない。一般ピーポーのちょっとした退屈を凌がせるにすぎません。
野球人気が無くなったとか言う声に怯えちゃいけない。視聴率がどうとか知るか。平日の昨日だけで8万人以上の人が楽しめた娯楽など日本にはないんですから。その8万人が、ダルをライブで見るチャンスを無くす方が球界の損失だと自覚すべきなんです。

ダルがメジャーへ行きたがっているなら、それはしゃーないです。しかし、どう見ても現状は、マスコミが異常な精神で、彼をメジャーへ行かせたがっている状況であって、それはもう不愉快で不愉快で。
しかも、その後には、お決まりの「ダルが居なくなった後のプロ野球は、メジャーのマイナーと化した」などと戯言をほざく、豊田泰光みたいなアホな輩が出てくるんですから。ダルはたしかに最強投手ですが、それでも日本プロ野球は、彼に負けないスーパー投手をいずれ生みだすとも誇りを持って言えます。

とにかく、ダルよ、今は行くな。同級生の江川と健太がお前を粉砕してから、行ってくれ。それまで、ここで君臨しとけ。
スポンサーサイト

テーマ: プロ野球 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

王楽さん トリプルヘッダーとはびっくりです!(笑)

島袋見そこねた(汗)…どうだったのでしょう?
ビデオ判定について、面白いな…と思ったのがテニスのチャレンジというシステム(挑戦という意味ではないようです)

全然 テニスの事は解らないのですが どうやら三回程、選手がライン際の微妙な判定に対して ビデオ判定を求めてよいらしいのですが、これが駆け引きとして成立していて、選手の『チャレンジ!』と言う言葉に対し『おお!…ここでチャレンジするか!?』…という観客のどよめきが起こる中、CGゲームのような臨場感のあるビデオが流れ、その結果に観客が再びどよめき、 さらにこのシステムは 選手のクレームが正しかったら 三回の権利が減らないという事、 微妙なな判ができているという事は、ボールが見えているということ…選手は調子に乗り流れが変わる…というシーンが非常に面白かったです…勿論、逆にチャレンジに失敗すれば雰囲気も悪くなり、流れは正反対に…ある意味の駆け引きで 観客を引き付けるショー的要素も含まれ 面白かったですね。
もっとも、これはセンターコート(ウィンブルドン?)…とか、一部のコートとかにしか私用されないルールらしく、不平等で問題点があるらしいですが、 割りとポンポン、テンポよく進むテニスのスポーツに ビデオ判定を息を飲み待つ…緊張と緩和などのテニスにはない間ができた…というのが成功の鍵だったのでは?…と思い、もともと間のあるスポーツである野球には取りいれてもさして意味はないかなぁ?とは思いますが。

しかし平光は酷いですね…勿論、審判は人間ですが 思った以上の偏見でびっくりしています。 勿論、そんな人ばかりではないでしょうが、審判は縦社会ですから、 年令の高い平光のような審判がそうと決めたら、なかなか若い人は口を出せないでしょうし、なかなか由々しき問題ですね。

…しかも そんな事をファーム上がりの投手に思っていても『こういう事を言うと反感を買うかな?』…と 躊躇すらせず、さも解説のように話す平光のバランス感覚のない愚かさにも呆れますね(もっともよくも悪くも頑固さが審判には必要ですが(笑))

…ちょっと 話は変わりますが、これは賛否両論あるでしょうが、 DH制を取り入れて成功したように ちょっと個性的なルールや球場を作っても面白いんじゃないですかね?(笑) …前に話しをしたある大リーグの球場は、自軍の球団が投手中心の年はラッキーゾーンを外し 打線中心の年はラッキーゾーンを作ったり。

ローカルルールで思いだしましたが、昔、一発カン太君という兄弟で野球をやるアニメ(タツノコプロかな?)で、下町の工場に囲まれた非常にはばの狭い球場の敵本拠地で ボールがもったいないから工場にファールを打ちこんだら即アウト…というルールに かん太のチームが打撃を崩す…というシーンがあり 私も 工場地帯の三角公園でホームランを打ったら 物凄い薬品の臭い工場にボールを取りにいかないといけない…という経験があり 身につまされました、…このアニメは 喋る犬がが九番で サヨナラ勝ちの時に尻尾でホームをタッチしたのが 違反ではないか?…というのを相手チームに指摘され…反則を取られ、思い悩み、悲観した犬が線路に尻尾を起き…それを皆がとめ 慰めるというエピローグがあったのですが その前に 犬を出すのがルール違反だとクレームつけろよ!…と突っ込みたくなる話もありました(笑) 母一人 兄弟八人のチームで ボールの形をした移動車でラーメンを売る設定もよかったです(笑)

ダルビッシュは本当に凄い投手ですよね 前回チェンジアップにやられたから気をつけろよ!…と思っていたら 次の試合でそれまで投げてない、えげつないシュートを投げていて (ワンシーム?) …なんじゃこの投手!?…次々に必殺技を出してきて 漫画の主人公か!?…と驚嘆したものです、 …東京ドームでの対ホークス戦でのデビュー戦を見たのがよい思い出です。

ラオウの話悪く、松坂相手の松中三連発!…折れたバットでスタンドイン!…あんなドラマもっと見たいですよね!

う~ん江川いつか出ないかな? 中西は甲子園でダルビッシュ打ったんですがね(笑)

ほーくすくす #- | URL
2010/04/03 19:55 edit

悩んだあげく プレイヤーズファイルを断念して 野球小僧名鑑だけ今買ってきました…(苦笑) …他にちょっと気になる本があって… 野球名鑑をニ冊買う余裕あんのかよ俺…? …と今日は断念しました…次に本屋に行ったら買うかもですが(笑)

今日の一軍で関心したのがオーティズ… 七回かな?…岩隈に対して 初球ストライクくさい変化球にぴくりとも動かず見逃し 岩隈もいぶかしげな顔…あれはオーティズ完全にリードを研究してますね…オーティズは子沢山でモチベーション高く 明るいし 研究熱心だし 好きなタイプの助っ人です! 甘い変化球を逃さず捌くのも好きですし、本当にオリックス時代から成長しました!別人のようです…ロッテファンに言わせると セカンドもアメリカで大変練習して かなり上達したとか。 あ レフトは…ありゃしかたないです、守ったことないんだから(笑) あの守備は見たくはないですが(笑)

城所… 相変わらずまったく見えてない。

二軍では久しぶりに大田原先発で好投! 二保も二回ノーヒット! 福ちゃんもヒット出たみたいだし! あと中村戻ったら 最強雁ノ巣打線?(笑)

ほーくすくす #- | URL
2010/04/03 20:18 edit

ダルがメジャー入り?つー記事は今までだと単なる飛ばし記事(ダルはメジャーに全く興味がないのは周知の事実)だったのですが、そろそろ現実となりそうな感じはしてます。
理由として

①今後も好成績を上げていけば当然年俸は上がりっぱなし・・・
現実問題として5億、いやそれ以上の年俸をハムが数年間も支払えるのか?FA前にポスティングで一稼ぎという考えがフロントに出てきてもおかしくないのでは?

②ダルの実父はメジャー行きを熱望してますし(これも周知の事実)、芸能人の嫁も当然「メジャーリーガーの妻」というブランドは自分の格を上げる材料として欲しくて仕方ないでしょう。
つまり家族から内堀が埋められると。

③ダルの「芸能活動(副業全て)」はサニーサイドアップ(サッカーの旅人中田等スポーツ選手のマネジメント数多く手がけている事務所)が仕切ってますが、「単なる北海道ローカル球団のエース」よりも「メジャーリーグ球団のエース」の肩書きが欲しくてたまらないでしょう。
CMのギャラやスポンサー料も桁が違ってくるでしょうし。
(勿論「日本の大エース」の称号は既に得てますが)

以上個人的な妄想が多いに入ってますが、ダル流出は必ずしも単なるでまかせでも無さそうな気がしますね・・・
まあ結局は金の話に落ち着いちゃいますが。

おっさん #- | URL
2010/04/03 20:46 edit

Re: タイトルなし

>ほーくすくすさん

> 王楽さん トリプルヘッダーとはびっくりです!(笑)

実はちょいちょいと下書きを貯め込んでいたので、一気にまとめあげました。ビデオ判定に関しては、前から「これ以上は審判の為に勘弁しちゃろうよ。」という気持ちと「お前らもっとしっかりせーよ。」という気持ちが入り混じり、書きにくさがあったのですが。

> 島袋見そこねた(汗)…どうだったのでしょう?

文句無しです。優勝投手にこれ以上ふさわしい投手はいないというくらいで。味方が実質7エラーくらいしたのですが、それに振り回されず、しっかりとした気持ちの投球が出来ていました。急きょ、甲子園に駆け付けたという沖縄出身の友人にも「渚に見習わせたい精神力」とメールしときました。

> ビデオ判定について、面白いな…と思ったのがテニスのチャレンジというシステム(挑戦という意味ではないようです)>

3回の権利があるとは知らなかったです。テニスは一時期はまっていたのに、あまり真剣に見てなかったもんな。本当にショーの要素ありますね。この問題に対して、このご意見が一番腹に収まるというか、採用しましょっか(笑)。一案の価値はあると思いますよ。試合の流れを止めると一応書きましたが、どうせ、抗議で止まるしねとも思ってましたし。審判の権威は、我がで高めてくれと。心配してやる気にもなれない事が多すぎます。

> しかし平光は酷いですね…勿論、審判は人間ですが 思った以上の偏見でびっくりしています。 勿論、そんな人ばかりではないでしょうが、審判は縦社会ですから、 年令の高い平光のような審判がそうと決めたら、なかなか若い人は口を出せないでしょうし、なかなか由々しき問題ですね。 >

「ハーン、こいつら、やっぱり、かなり偏見持って、ジャッジしてたんや。うすうす思っていたけど。」と確信した瞬間でした。最近、逆球とまでいかないまでも、捕手のミットと違うところにきたら、ゾーンを通っているのにボールにするケースも異常に目立ちます。先入観がすぎる一例だと思いますね。

> …しかも そんな事をファーム上がりの投手に思っていても『こういう事を言うと反感を買うかな?』…と 躊躇すらせず、さも解説のように話す平光のバランス感覚のない愚かさにも呆れますね(もっともよくも悪くも頑固さが審判には必要ですが(笑))

ファームあがりの和巳を絶賛していた、故杉浦忠さんとの違いを大いに感じました。和巳のバント処理のフィールディングを見て、「この投手はよく訓練されている。意識が高い選手。」と即座に見破っていましたから。
平光は正確には思い出せませんが、車の中で聞いていて、私がどなりあげたのを覚えていますから、もっとひどい事を和巳にぶつけていたのは間違いないです。しかも執拗に。(苦笑)

> …ちょっと 話は変わりますが、これは賛否両論あるでしょうが、 DH制を取り入れて成功したように ちょっと個性的なルールや球場を作っても面白いんじゃないですかね?(笑) …前に話しをしたある大リーグの球場は、自軍の球団が投手中心の年はラッキーゾーンを外し 打線中心の年はラッキーゾーンを作ったり。

これはほーくすくすさんが以前からご提案されていて、私も全く同意したいご意見です。絶対話題性もあって面白いと思いますよ。ヤフードームのフェンス3m以上はフェンスにあたってもホームランとかね。そういった遊び心のある改革は大賛成です。

> ローカルルールで思いだしましたが、昔、一発カン太君という兄弟で野球をやるアニメ(タツノコプロかな?)>

地味に好きなアニメでした。あと、レッドビッキーズという実写野球ドラマなんかも好きでした。野球関連の子供向け番組って今はあまりないですね。「メジャー」くらいかな。ちょっと気がかりな部分です。

> ダルビッシュは本当に凄い投手ですよね 前回チェンジアップにやられたから気をつけろよ!…と思っていたら 次の試合でそれまで投げてない、えげつないシュートを投げていて (ワンシーム?) …なんじゃこの投手!?…次々に必殺技を出してきて 漫画の主人公か!?…と驚嘆したものです、 …東京ドームでの対ホークス戦でのデビュー戦を見たのがよい思い出です。

おぉ、あのデビュー戦をご覧になったんですか。あの頃は高校時代同様に迫力には大いに欠けた投球でしたが、それなりに試合をまとめてた記憶があります。
本当にマンガの主人公ですよね。いや、(昔の)水島御大でもここまで無敵には描かない。(笑)土門と不知火と里中を足して3で割ったような投手ですからね。
私も初期ダルは「シュート」「シンカー」のイメージが強いんですよね。スライダーも凄いけど、そっちは松坂のイメージというか。いつの間にやら、カーブ・フォークも自分のものにしているし、なんとかならんですかね。

> う~ん江川いつか出ないかな? 中西は甲子園でダルビッシュ打ったんですがね(笑)

中西健太というと、ダルから打ったセンター前のイメージが未だに忘れ難いです。良いバッターやなぁと。それでいて、強さや怖さがあるタイプの打者やなと。

王楽太陽 #B9vKlaaI | URL
2010/04/04 07:15 edit

Re: タイトルなし

>ほーくすくすさん

> 悩んだあげく プレイヤーズファイルを断念して 野球小僧名鑑だけ今買ってきました…(苦笑) …他にちょっと気になる本があって… 野球名鑑をニ冊買う余裕あんのかよ俺…? …と今日は断念しました…次に本屋に行ったら買うかもですが(笑) >

これ、昨年からありましたかね?いや、秀逸の情報ですよ。データみながら、野球を楽しめてますよ。

> 今日の一軍で関心したのがオーティズ… 七回かな?…岩隈に対して 初球ストライクくさい変化球にぴくりとも動かず見逃し 岩隈もいぶかしげな顔…あれはオーティズ完全にリードを研究してますね…オーティズは子沢山でモチベーション高く 明るいし 研究熱心だし 好きなタイプの助っ人です! 甘い変化球を逃さず捌くのも好きですし、本当にオリックス時代から成長しました!別人のようです…ロッテファンに言わせると セカンドもアメリカで大変練習して かなり上達したとか。 あ レフトは…ありゃしかたないです、守ったことないんだから(笑) あの守備は見たくはないですが(笑)

私も好きなタイプの外人さんですね。やっぱ、外人さんは浅黒いのがいいですよ。あの振りが好きなんですよ。空振りしても、納得出来る強さがあって。ガタイは小さくて、迫力に欠けますが、その分、小回りも利く感じも「♪我らがトニー(バナザード)」を思いだします。
レフトの守備は、松中やイボムホも責任を感じないといかんでしょう。本当はDHにしてやりたいですね。実際、DHの方がよく打っている感じもしますし。オーちゃん一人のせいではないでしょう。彼が本当に40本打てたら打線にやっと核が出来るんですけどね。

> 城所… 相変わらずまったく見えてない。

彼に関しては、先に降りました。(笑)ただ、さきの審判の話ではありませんが、あの三振のハーフスウィングを主審が簡単に判定出来るとは到底思えなかったですね。あれこそ、偏見そのものだと感じました。城所なら振っているといった。

> 二軍では久しぶりに大田原先発で好投! 二保も二回ノーヒット! 福ちゃんもヒット出たみたいだし! あと中村戻ったら 最強雁ノ巣打線?(笑)

大田原の良い結果がめちゃめちゃ意外ですね。3月頭の時点では、まだ何か以前との違いがあったんですよ。ひっかり癖が完全に取れていないというか、回転とリリースが一致していないというか。
最強を謳いたいのに思ったほど点が取れてないですね。(苦笑)打つ時は打つけど。まぁ、5月くらいになれば、もっと凄まじい打線となっているはずですが。今は仲澤を試してやって欲しいですね。左投手が打てるタイプですし、使い手はイボムホよりもあるはずです。イボムホは左が打てるタイプじゃないでしょう。それに彼のあの走力なら、なんぼ出塁率が高くても、ほとんど意味をなさないですから。(あれならヒット3本いるもん。そんなには続かん)
柴原・仲澤の代打は使えると思いますけどね。もっと、攻撃にバリエーションをつけないと。西武のように強い打線じゃないんだから。

王楽太陽 #B9vKlaaI | URL
2010/04/04 07:36 edit

Re: タイトルなし

>おっさんさん

> ダルがメジャー入り?つー記事は今までだと単なる飛ばし記事(ダルはメジャーに全く興味がないのは周知の事実)だったのですが、そろそろ現実となりそうな感じはしてます。
> 理由として
>
> ①今後も好成績を上げていけば当然年俸は上がりっぱなし・・・
> 現実問題として5億、いやそれ以上の年俸をハムが数年間も支払えるのか?FA前にポスティングで一稼ぎという考えがフロントに出てきてもおかしくないのでは?
>
> ②ダルの実父はメジャー行きを熱望してますし(これも周知の事実)、芸能人の嫁も当然「メジャーリーガーの妻」というブランドは自分の格を上げる材料として欲しくて仕方ないでしょう。
> つまり家族から内堀が埋められると。
>
> ③ダルの「芸能活動(副業全て)」はサニーサイドアップ(サッカーの旅人中田等スポーツ選手のマネジメント数多く手がけている事務所)が仕切ってますが、「単なる北海道ローカル球団のエース」よりも「メジャーリーグ球団のエース」の肩書きが欲しくてたまらないでしょう。
> CMのギャラやスポンサー料も桁が違ってくるでしょうし。
> (勿論「日本の大エース」の称号は既に得てますが)
>

いや、全く仰るとおりだと思うんですよ。それも「マスコミがメジャーを過度に評価している」という大前提があってのこそで、それがうっとしいんですよね。お金はともかくとしても。
だからこそ、せめて、野球ファンの立場としては、声をあげておきたかったというのがあります。ダルはずっと身近で見ておきたい投手なんですがね。メジャー行ったら、魂がない、ただローテの役割を果たすだけの選手になり下がる感じも受けますし。そんなん、つまらんやろと。

> 以上個人的な妄想が多いに入ってますが、ダル流出は必ずしも単なるでまかせでも無さそうな気がしますね・・・
> まあ結局は金の話に落ち着いちゃいますが。


まぁそうなんですよね。といっても、「ダルがメジャー行きを決意」と言えるほどの裏付けは全くなかったですね、あの記事の中には。ダル自身も呆れていました。

王楽太陽 #B9vKlaaI | URL
2010/04/04 07:44 edit

山田 完封! 調子いい時上で使っちゃえ!…王さんならするな…(笑)

ほーくすくす #- | URL
2010/04/04 17:07 edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/319-2ff3ea6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。