LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

泣かせるぜ 

ホークスやドラフトの話題を離れ、野球の雑談を。

いや、久し振りに漫画で涙を流しちゃいました。その漫画とは、ご存じ「おおきく振りかぶって(14巻)」です。本当にこの作者は、野球好きの心の柔らかい部分を分かっていますね。

ネタばれありなので、一端CMを挟んで。



この巻では、主役の西浦高校が負けちゃうんですが、その負けっぷりがいいんですよ。変に劇的にせず、負けるべきして負ける展開にしている点にリアリティがあって、引き込まれるんです。
そして、涙を流してしまったのは、最後のバッターになった、補欠だった西広君が応援団に挨拶する際に泣いちゃうシーンですね。
私も何かの大会の決勝戦で、最後のバッターになった事があるのですが、あれって、負けを一人でしょいこんじゃうくらいの気分に陥るんですよね。そういった部分を女性の作者がなんで分かってるかのように描けるのかが不思議で。
エースなのにオドオドしている三橋君も少しずつ成長している姿もたまりませんね。彼が涙を流そうとする瞬間に「泣くな」と止める女性監督の存在も「この漫画の今後」を楽しみにさせます。本当にストーリーがよく練られているし、なにより、これほど野球好きを納得させるほど、現実に近い野球漫画は稀有だと思います。ぜひ、ご一読を。

スポンサーサイト

テーマ: 野球全般 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

野球も漫画も好きな私ですが、そういや野球漫画は久しく見てないので、王楽さんほどの野球通が面白いと思うなら興味湧きますねー、 ネタバレは意識をボカして見て(笑)読んでみる気になりました… さて文教堂にあるかな?(笑) 王楽さん効果で本屋から 大きく振りかぶってが姿を消していたり…(笑)

そういや、王楽さんはこのblogを始める時に野球以外に漫画とか音楽とか映画とかの記事も書きたいと言ってませんでしたっけ?…オススメの漫画とかあったら書いてください…(笑)おそらくらくは視聴者の需要を考え野球以外は減っていっていたのでしょうが…(笑) てか、野球以外に自分の趣味をここに書くのを気恥ずかしい気もしますね…。…笑ったのが、かの手塚治虫さんが電車の中で漫画を読む時に恥ずかしいから小説のカバーを付けて読んでいつ、「(漫画を世に知らしめていく立場の)俺がこれでどうする…」…と自戒していました(笑) でも解るなぁ(笑) あの人はコンビニに行く時にはバレンないようにベレー帽とメガネを外して逆変装していくのですが 結局メガネをしていいないから、オニギリの種類が解らず苦労するとか(笑)…私は子供の頃から手塚先生を尊敬していますが、ここが凄い!…とか関係ない事書くと引かれますが…一度テレビのドキュメントで手塚さんが締め切りギリギリの多忙なスケジュールの時に海外に行かなければならない時に
タクシーに走る六十近い手塚さんの姿を見て… 「おお!手塚治虫は足も早いな!」… とびっくりしたら 友人に「そんな所はで褒めないでいい…」と言われました…手塚治虫の意外な足の速さに驚嘆したのは私だけでしょう(笑)

ほーくすくす #- | URL
2010/04/29 08:42 edit

Re: タイトルなし

>ほーくすくすさん

> 野球も漫画も好きな私ですが、そういや野球漫画は久しく見てないので、王楽さんほどの野球通が面白いと思うなら興味湧きますねー、 ネタバレは意識をボカして見て(笑)読んでみる気になりました… さて文教堂にあるかな?(笑) 王楽さん効果で本屋から 大きく振りかぶってが姿を消していたり…(笑)

私なんかが宣伝しなくても、「おおふり」は絶賛発売中なんですが、何か、この感動の感謝の気持ちを表したくて。作者は、我々と同じく、ドカベンの大ファンだったらしいですよ。投球カウントまで覚えこんでいたくらいの。特に捕手出身のほーくすくすさんには、配球の妙がびっしり描き込んであって、たまらなく面白いと思われると思いますよ。

> そういや、王楽さんはこのblogを始める時に野球以外に漫画とか音楽とか映画とかの記事も書きたいと言ってませんでしたっけ?…オススメの漫画とかあったら書いてください…(笑)おそらくらくは視聴者の需要を考え野球以外は減っていっていたのでしょうが…(笑) てか、野球以外に自分の趣味をここに書くのを気恥ずかしい気もしますね…。

そういうつもりで始めたのですが(自分が感動したものへの感謝を表したくて)それは、アマゾンなどのCMの形でやります。色んなものを書くと何かゴチャゴチャしてくるというか、どうせ書くなら、ある程度系統立てたいというか。読者も偏ってくれた方がいいかなと。なにより、時間をホークスやドラフトに費やしたいとも思ってますからね。

>…笑ったのが、かの手塚治虫さんが電車の中で漫画を読む時に恥ずかしいから小説のカバーを付けて読んでいつ、「(漫画を世に知らしめていく立場の)俺がこれでどうする…」…と自戒していました(笑) でも解るなぁ(笑) あの人はコンビニに行く時にはバレンないようにベレー帽とメガネを外して逆変装していくのですが 結局メガネをしていいないから、オニギリの種類が解らず苦労するとか(笑)…私は子供の頃から手塚先生を尊敬していますが、ここが凄い!…とか関係ない事書くと引かれますが…一度テレビのドキュメントで手塚さんが締め切りギリギリの多忙なスケジュールの時に海外に行かなければならない時に
> タクシーに走る六十近い手塚さんの姿を見て… 「おお!手塚治虫は足も早いな!」… とびっくりしたら 友人に「そんな所はで褒めないでいい…」と言われました…手塚治虫の意外な足の速さに驚嘆したのは私だけでしょう(笑)


私も手塚ファンでしたが、そのエピソードは知らなかったなぁ。手塚さんというと運動音痴のイメージがありますもん。
ブラックジャックとか火の鳥、アドルフに告ぐなどむさぼるように手塚漫画を読んだ時期もありました。

王楽太陽 #B9vKlaaI | URL
2010/04/29 21:13 edit

王楽さん疲れ様です 私も中高時代にブラック・ジャックや火の鳥やアドルフに告ぐをむさぼるように読んでましてね あ! あのアマゾンのポチは王楽さんのオススメが見れるシステムだったんですか…知らなかった…。本屋好きで本屋にに通う異端者をお許しください まぁ アマゾンは仕事上関わりがあるんですが それゆえ少し頼みづらい事情が(苦笑)

漫画の事を書くのは野球と関係無くはばかられるのですが まぁ ライオンズ、アトムズは手塚さんですし(むりやり…あのマスコットマークは実はパンジャで、あまり野球に興味ない手塚さんがレオの利き手を間違えてるのを反転してアシスタントが書きなおしてたのは有名ですね…笑)

手塚作品の中でもブラック・ジャックや火の鳥は好きでして、ブラック・ジャックは連載時でも、最近のブームでもない端境期で 学校の図書室に置いて貰おうっか、布教活動もしましたねー(笑) あ その図書室で確か例のホークス中学生指名か?の記事を見た記憶が…(笑)… ブラック・ジャックを置いてもらうにあたり、司書の真面目な眼鏡かけた先生に交渉するに辺り、ブラック・ジャックの外見から なんか残酷な漫画だと思われて、誤解を解くために 1番脂の乗ってるチャンピオンコミックス十三巻くらいを読ませて理解してもらいようやく置かせてもらったなぁ…図書室に合うよう豪華版だったなぁ そういや、初めてのバイトでバラバラだったコミックスを大人買いで全巻揃えた思い出が…(笑) 店員さんに「そこからそこまで 全部ください」…と棚を指し、セレブが洋服買うような生意気大人買い(笑) 小学生の時にブラック・ジャックの 無頭児や人面痩の話を立ち読みした時はトラウマになったものです(笑)

あ 野球と関係ない話になったので無理矢理野球の話に ブラック・ジャックで一話だけコマの端に岩鬼が出て来る話があるんですよよく考えると 当時のチャンピオンはドカベンとブラック・ジャックがクリーンアップを打ってたんですね…五番はガキデカのようでしたが…(笑)(ブラック・ジャック連載初年度は生まれた年くらいの事なのでリアルタイムにはしりませんよ…笑)

南海ホークスと手塚治虫との出会いが私の人生変えました(笑)

ほーくすくす #- | URL
2010/05/02 23:22 edit

Re: タイトルなし

>ほーくすくすさん

> 手塚作品の中でもブラック・ジャックや火の鳥は好きでして、ブラック・ジャックは連載時でも、最近のブームでもない端境期で 学校の図書室に置いて貰おうっか、布教活動もしましたねー(笑) あ その図書室で確か例のホークス中学生指名か?の記事を見た記憶が…(笑)… ブラック・ジャックを置いてもらうにあたり、司書の真面目な眼鏡かけた先生に交渉するに辺り、ブラック・ジャックの外見から なんか残酷な漫画だと思われて、誤解を解くために 1番脂の乗ってるチャンピオンコミックス十三巻くらいを読ませて理解してもらいようやく置かせてもらったなぁ…図書室に合うよう豪華版だったなぁ そういや、初めてのバイトでバラバラだったコミックスを大人買いで全巻揃えた思い出が…(笑) 店員さんに「そこからそこまで 全部ください」…と棚を指し、セレブが洋服買うような生意気大人買い(笑) 小学生の時にブラック・ジャックの 無頭児や人面痩の話を立ち読みした時はトラウマになったものです(笑) >

BJは最初、「恐怖コミック」と銘打ってあって、その後、「ヒューマンコミック」となりましたよね。最初は怖いもん。策士ですね。
ウチの妹も私の影響でBJ好きになって(当時小学3年生くらいなのに)、のちに大人になって、文庫本を揃えていました。妹は「サボテンに体を乗っ取られる」話がトラウマとか(笑)
ちなみに犬の名前は「ピノコ」です。もう一匹も「(本間)丈太郎」だったのですが、長すぎると、「太郎」に略されました。
本間先生のいまわの際の「おこがましいとは思わんかね」というセリフは、子供の漫画にあるセリフじゃないですよね。大人になって、シミジミと感じます。

> あ 野球と関係ない話になったので無理矢理野球の話に ブラック・ジャックで一話だけコマの端に岩鬼が出て来る話があるんですよよく考えると 当時のチャンピオンはドカベンとブラック・ジャックがクリーンアップを打ってたんですね…五番はガキデカのようでしたが…(笑)(ブラック・ジャック連載初年度は生まれた年くらいの事なのでリアルタイムにはしりませんよ…笑)

それは知らんかったです。中学生の頃には古本屋などで全巻揃えてたんですが。ガキデカはよー出てきた記憶が。

> 南海ホークスと手塚治虫との出会いが私の人生変えました(笑)

たしかに(笑)。南海(≒門田)と手塚との出会いは、私の人生を芳醇なものに変えてくれました。

王楽太陽 #B9vKlaaI | URL
2010/05/03 23:30 edit

おお! 本間先生の名前をつけるとは 筋金入りですな!(笑)…今思えば、天才的な腕でありながら、不遇な晩年を送った本間先生は、やはり波瀾万丈な人生を送った我王や未来編の猿田博士、黎明編?のサルタヒコと…それぞれ天才的な才能を持ちながら、人に理解されず、苦悩の連続だった彼の火の鳥現代編の転生の姿こそ本間先生だったのかもしれませんね。

人間が人の生き死にを操ろうなんをおこがましいとは思わんかね…? …ですね …ブラック・ジャックは名言多いですよね
二度死んだ少年や、すりのヒゲおやじの山手線の哲…、 その言葉を待っていた!…の おばあさんが息子の手術のためにずっとお金を払い続けていた話もよかったなぁ。 地味なお医者さんが、派閥争いで病院がダメになった時に初めて脚光を浴びた…六等星なんて話も…

むろんライバル、ドクターキリコとの話も好きでした…。

サボテンに乗っ取られる話はトラウマですねー あの話は封印された一話かな?(かなりうろ覚えな情報なので信じないでください(汗)) もしかしたら今のコミックスには載ってないかもです。

岩鬼は初期の人間鳥に出てたかな? あの話はう~ん…ですが。

また野球の話に無理矢理繋げるならば… 本間血腫という名前の奇病の正体は 実は人口心臓の故障だった話がありましたが、確かその本間血腫の患者さんが野球選手の 山上選手(ガキデカの作者)でした…無理矢理だなー(笑)
一つ言える事は 野球の話はまったく手塚先生はダメだったなぁ…スポーツ苦手で嫌いでしたからね(笑) …でも幼少時代はもやしっこでしたが、晩年は漫画書いた腕力で逆立ちしながら腕立てしてましたね…(笑)

ほーくすくす #- | URL
2010/05/04 00:07 edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/329-2840a46a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。