LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

九州の逸材高校生 (センバツ高校野球編)1 

センバツ高校野球で逸材とされる選手の感想をボチボチと書き連ねていきたいと思います。一回戦をビデオでツマミツマミ観た感じだと、全体的に、豊作とされた過去3年に比べると、ドライチ確定(大社と合わせて)とされるような選手は、現段階では見当たらなかったかなという感じです。但し、高校生は7月までの3ヶ月で急に伸びますから、まだまだこれからですね。岩嵜翔も昨年のこの頃は、サイドハンドで投げていた位ですから。

まずは九州・沖縄の選手から 評価 S(ドラフト上位指名あり)A(ドラフト指名の可能性あり) B(将来ドラフト指名の可能性あり)←あくまで私の私見です。あしからず。

沖縄尚学(沖縄)
東浜 巨(投手 右投げ)
センバツで観た投手では、頭ふたつ抜け出ている印象を持った投手。股関節の柔らかさを感じさせるゆったりとした足の上げ方に力強いステップ。肘がしなっているかのような腕の振りと元西武の河原を彷彿とさせるものがありました。速球は140km前後で、ツーシームやスライダーなど横の揺さぶりも出来、童顔とは裏腹の大人の投手。-S

西銘 生悟(ショート 両打)
私の中で、断トツの大会NO1バッター。身長さえあればとは思うが、その思いをかき消してくれるほど、(東浜同様に)体の使い方を良く分かっている感じの綺麗なフォーム。
変な閉めこみをせず、スムーズなステップが、岩村(元ヤクルト)のようにめいいっぱい体を回転させていると感じる。じっくりと落ち着いた始動で、シンクロをしっかり行っており、タイミングを取る事に長けている。又、右打席は、小さなすり足打法で、体重移動をあまりしていないように感じるが、それでも飛距離を出せる。
足も速く、両打ちで、長打力もある、野性味溢れるプレイヤー。金城長靖(沖縄電力)を思い出させてくれた。+A

仲宗根 一晟(セカンド 右打ち)
この選手のポテンシャルには、非常に興味がある。原辰徳(元巨人)を思わせるフトコロの深い構えが、強打の4番打者の雰囲気をかもし出している。とはいえ、基本的には、センターを中心にヘッドが向いており、中距離打者のようである。大会前に雑誌で見て印象的だった、打ち終わった後の、頭が後ろに残っている、前田(広島)のような見事なステイバックは甲子園でもみられ、満足。-A

上原 亘(投手 左投)
ワクワクさせてくれた沖縄尚学の選手の中で、ちょっと期待はずれだったのが、この投手。これという決め球に欠け、ストレートも130km未満、でコントロールもアバウト。プロを意識するのは、体つきを活かし、次の段階かな。-B

スポンサーサイト

テーマ: 高校野球 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/37-f26cc358
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。