LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

九州の逸材高校生(センバツ高校野球編)2 

センバツでチェックを入れ、寸評を書いた選手をざっと数えたのですが、40名弱でした。(これらの選手を全部紹介するのはキツイなぁ。ピックアップします)この中でプロ入りする選手はおそらく5名もいないんだろうなと思います。こうした登竜門をくぐり抜けたプロ選手がいかに凄いかという事を改めて感じます。では、センバツで気になった選手。九州編の続きを。

鹿児島工業
内村 尚弘(投手 右投げ)
まずは、投手としての評価。足を上げて、一瞬止まる事で、股関節に体重を充分に乗せてから投げる事が出来ている。速球は135km弱だが、低めにコントロール出来ており、球速よりもズバっといっている感じがある。最も良いのが、腕の振りが緩まないカーブ。競った場面でインコースを3球続けて投げる度胸も良い。-A
打者の評価。右打者としては、私の最高評価の打者。投手に向けて、かかとからステップし、トップの際には、見事なヒップファースト(上半身より下半身が前に出ている体勢)の形で、ボールを迎えている。
ボールを叩くまでは、小さなスウィングでありながら、フォロースローが大きいのも素晴らしい。+A

ただし、投手としても、打者としても非常に高いレベルでまとまっているが、それゆえにもうワンランク上の選手として、何を売り物にしていくべきなのかが、私には見通せない。柴原のようなタイプの選手だろうか。
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ←ブログランキングです。励みになりますので、よろしかったら、クリックをお願いします。
鹿児島工業
中道 優輔(ファースト 左打ち)
背筋がピンと優しいステップが、元ロッテ監督の山本功児のよう。軽く振っているようで、ボールが思ったより伸びていくのが印象的。長打力もあるが、外の球をきれいに流せる能力を持つ。-A

城北(熊本)
村方 友哉(投手 右投げ)
非常にオーソドックスで癖のないフォームは、山口俊(横浜)のよう。腕の振りがしなるようで、球速は130kmほど(このセンバツは、スピードガン表示が非常におかしかったのでうのみには出来ない)だが、初速と終速の差が少ない為か、ホールトンの速球のように高目は浮くような感じを受ける。なんといっても大場のようなカーブの如き、縦スラは充分に上のレベルでも使える逸品。しかし、あれだけまとまったフォームでありながら、コントロールにバラツキが見られるのは、解せない。-A

明豊(大分)
金沢 徹(ライト 左打ち)
ホークス藤井の高校時代のように、みぞおちまで思い切り足を上げる、超個性的フォーム。大きく上げながら、イチローの振り子のようにタイミングを取る事には、長けている感じを受ける。-B

千速 太樹(ファースト 左打ち)
小さく構え、体をゴムまりのように捕手方向にねじり、鋭いスウィングで打つ姿は、掛布(元阪神)のよう。トップの際にバットのヘッドがもう少し、投手方向に倒れたら、もっとバットに力が伝わるのではないか。
+B
スポンサーサイト

テーマ: 高校野球 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/38-dca597d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。