LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

フォーエバー親分 

私がパリーグなるものに興味を惹かれたきっかけとなったのは、週刊少年ジャンプに80年頃掲載されていた、「フォーエバー神児くん」(えだまつかつゆき著)というマンガでした。

このマンガの簡単なストーリーは、野球少年の神児くんが、彼のおじいさんが開発した、「精神力を肉体の力へ移行させる、パラメットというヘルメット」を被る事で、超人的な力を得て、(架空の)プロ球団「武蔵野ワイルドキャッツ」に入団し、弱小ワイルドキャッツを優勝に導くという話でした。
この武蔵野ワイルドキャッツは、パリーグに属し、神児くんは実際のパの選手と投手として、対決します。1年間というサイクルのなかで、神児くんが「大人の精神力」を持ち始めていくところは、大人の鑑賞にも耐えうるものだと思います。単純な能力UPじゃない部分が良いんです。

あの当時のパリーグといえば、南海・門田、阪急・山田、福本、加藤秀、西武・田淵、ロッテ・張本、村田、近鉄、鈴木啓示、日本ハム・江夏など球史に残る名選手揃いだったのにもかかわらず、非常にマイナーな存在で、子供がテレビで彼らの姿を見るのは、難しい状況でありました。そうしたなか、子供の読むマンガで、勇気を持って、パリーグを舞台にしたこのマンガは、こうした選手たちを活き活きと描き、当時、プロ野球球団がなかった(物心がついた時には、ライオンズは「所沢」だった)福岡の小学生Aに、パリーグというものに関心を与えてくれたのです。

そのなかでも、このマンガの準主役級の存在が、当時のパの強豪チーム・日本ハムの監督「大沢親分」でした。(南海は門田のカット絵のみでした。作者は近鉄ファンだったんだよな)
親分の持つ、大人の迫力に神児くんが対峙していく姿は、このマンガのハイライトでした。小学生1年のAは、敵である親分を「怖そう」と思いつつ、妙な親近感と憧れをもつこととなったのです。しかし、TVの「みゆき野球教室」なんかで親分の選手をぶん殴っての退場シーンを見た時は「えずかー(怖そう)。マンガと全然違うやん。」と思ったもんですが(笑)

ともあれ、実際の親分は、このマンガで描かれているように子供っぽい理論を跳ね返す、貴重な大人だった気がします。こうした古き良き、強い親父がいなくなるのは、さびしいもんです。野球界にあの人がいるって事は、私には妙な安心感がありました。
野村に対し、「自分が世話になった人(鶴岡監督)の葬式にもこねー奴が監督で人の道を説くなんて、ちゃんちゃらおかしいや。アイツにゃ監督の資格ねーんだよ。」などと正論を述べてくれる人がいなくなったんだなぁ。親分、安らかにお眠りください。

スポンサーサイト

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/449-49a46e67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。