LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

FAと複数年契約のあるべき姿 

皆さんご存知であろうし、いまさら言う事ではないのですが、基本的に私はFAを基軸としたようなチーム編成は嫌いです。制度自体を無くして欲しいと思うほどに。ファンにとって、良い事はひとつもないとすら思っています。正しい正しくないではなく、好きじゃありません。

そのなかで、今年はFAで二人獲得したいという王会長の発言にも違和感を覚えています。以前(02年頃)、王会長はなんらかの会議(監督会議だったかな)において、「FAは1年で1チーム1人だけの獲得とすべきではないか?」と発言した事もあります。わざわざ古巣の巨人・原監督に対し、「原君、どうだろうか?」とまで尋ねて。しかし、それを受けて、ナベツネが「ワンちゃんもおかしなことを言うようになったな。」と発言し、その案をあっさりと握り潰しました。
王ファンとしては、この発案をホークスにおいて、遵守してもらいたかったという気持ちはあります。こうした過去の発言を金科玉条のごとく祭り上げ、育成原理主義に陥るのは愚かしいかもしれないという葛藤は持ちつつ。そういった奴の戯言と思って、今後を読んで頂ければ。

さて、前置きが長くなりましたが、これまでのFA戦線報道で不思議で腹立たしかったのは、最初は、FAで出て行こうとする多村には、複数年を渋り、獲得しようとする選手にはそれを認める(って、FAで獲得するってのは複数年提示しなきゃならない訳ですから)といった具合の報道が流れ、それはどういった了見に基づいているのだと。気が触れているのかと憤慨していました。

しかしながら、(今、最もホークス編成情報で信用出来る、最新の)スポニチ情報などによれば、多村にも細川にも4年契約を保証している模様ですね。そして、基礎年俸を抑え、出来高の部分を広くする契約をホークスの今後の複数年契約の姿として、提示しているようです。
これなら、まだ納得出来ます。多村だろうが、細川だろうが、複数年契約として、あるべき姿はこの「基礎を抑えて、出来高部分を増やす」形だと思いますから。
複数年契約ってのは、「4年間は雇いますよ。しかし、給料はある程度しか保証しませんよ(って、それも一般人には十分に凄まじい金額なんですけどね)」って形がベストでしょう。
この複数年提案に多村や細川らが納得しなければ、交渉決裂も致し方無いと思います。いきなり、この契約を押し付けて、多村には可哀想な部分もあるんですが、ホークスが、今後、複数年契約に対し、まともな形の契約をしていく為の一里塚とするには、適しているケースなのかとも思います。(まぁ、本当は、多村の前に松中になんらかの責任を負わせなきゃならないはずなのですが)

「FA二人獲得」についての話を冒頭で触れましたが、あと一人のFA候補とされている、内川獲得は、多村の契約いかんによって、変動するようですね。多村がホークスに残りゃいらないと行った感じなのかな。それもありですね。
また、多村がいなくなったとしても、内川に対して、ベースとなる基礎年俸は低くするべきだと考えます。それを呑めないなら、無理に獲得に走るべきではないと考えます。それによって、チームが弱体化しても構わないとすら覚悟を決めたいですね。編成もこの契約に対して、ファンの理解を求める発言をしても良いかと思います。球団にお金は無尽蔵にある訳ではないと。結局は我々のチケット代などに跳ね返ってくるのだと。

FAでチームを強くするのは、好きじゃありませんが、手段として必ずしも間違いとは言い切れないモノはあります。しかし、今までのような複数年で多額の金額までも保証する契約は、チームの弱体化を招きかねないとは思います。
私のような古いファンは、FAによって、多額の金額を保証された途端に急激にダメになった選手を数えきれないほど見てきました。FA移籍はなんのかんの言っても、お金を中心とした自己待遇を良くする為のものですから、これによって、多額の金額が長く保証された場合、モチベーションというのはそれだけで満たされてしまうのだろうと思わざるを得ません。FA直前の年が最も高い成績を挙げる選手が多いことからもこの推測は当たらずと言えど、遠からずでしょう。

そう考えると、今までのFAに際しての複数年契約には、欠陥があったと思います。複数年に対する、王さんの危惧は良く分かるし、その欠陥を多少なりとも補える今回の複数年契約提示は、方針として間違いじゃないと思います。いつかは、球界の複数年契約のモデルケースとなるかもしれません。



スポンサーサイト

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

王楽さんお疲れ様です まずは下沖について、下沖の高校時代の印象は フォークやスライダー等の変化点が打者に近く、真っ直ぐもプロの身体になれば結構いけそうで、インスラやシュートの使い手としてもいけそうな印象があり、もっともプロ向きなタイプだと思いました。(投球タイプとしてはコバヒロみたいなタイプになるかな?)

プロ入りしてからは 王楽さんの記事によればかなりワイルドな荒々しいタイプになったとか…まぁ理由は解りませんが、総合的には投げれるタイプなので、一軍が狙える来年はその辺は錬磨していくんじゃないでしょうかね? 1番期待しています。(川原も化ければかなりになりそうなのですが、適応は下沖だと思います、適応こそがプロの命、周りを適応させるくらいなら逆に大スターですが(笑))

さて、FA…基本的には好きではないですね、どちらかと言えばホークスに行きたい選手が来てくれる逆指名制度復活を望みますが、それは私の勝手なエゴで議論に値しません(笑)

複数年で出来高変動相場制は公平ですし、双方にメリットもあり公平なんじゃないでしょうか? 働かないで高額保証があるのはモチベーションが上がらない場合もあるし、かつてのヤクルト→中日川崎のように活躍できず本人も針のムシロになる場合もありますし、やったらやるだけの報酬が貰えるのは正しいことではないでしょうか? 基本給だってかなり貰えるわけだし、複数年採用なら割りと落とし所あるやり方だと思います、ま、あくまで制度であり、個人的にはちょっと小林至が少し舐められてるんじゃないかとも思うんですよね、なまじ現場にいて、活躍しなかっただけに、選手側からしたらね… 。

そんなの経営に関係ないですが、やはり人対人ですから理想通りにはいかないのが世の中ですしね。

というか、きっちり育成できればFAで補強しなくてもいいんですが、ポコポコ抜けそうですしね、 FAでも人的保証でもどっちみち思い入れのある選手が抜けるのは見ててツライ、選手の権利と言えばなんも言えませんが…。

てかね、日本で実力つけてからアメリカ…って…じゃあアメリカで育てば実力つかんのかい?

アメリカ向きの選手なんて 斎藤隆とか岡島くらいしかおらんのじゃ? アメリカで大成長っていますか? イチローとかはどっちでもやれるからでしょう?

確かに本場たがら 才能ある人が大リーグに集まります、レベル高いとこで勝負したい!…って野心は解りますが、肝心の自分はレベルアップできるのか? せいぜい向こうの野球に合わせ、ツーシームとか習うくらいでは?
それなら日本全体ででレベルアップして WBCとかで力試しすればいいんじゃないか? まぁ本気のキッチリした国際大会が整備される事が重要ですが。

それなら日本のファンも興奮しますしね!

ほーくすくす #- | URL
2010/11/19 17:02 edit

Re: タイトルなし

>ほーくすくすさん

> 王楽さんお疲れ様です まずは下沖について、下沖の高校時代の印象は フォークやスライダー等の変化点が打者に近く、真っ直ぐもプロの身体になれば結構いけそうで、インスラやシュートの使い手としてもいけそうな印象があり、もっともプロ向きなタイプだと思いました。(投球タイプとしてはコバヒロみたいなタイプになるかな?)

コバヒロは言い得て妙です。タイプ的にも似ている気がします。違いといえば、小林は縦振りで身長もあるので、ストレートに上下の角度があって、下沖は横振りで横の角度があるってとこでしょうか。

> プロ入りしてからは 王楽さんの記事によればかなりワイルドな荒々しいタイプになったとか…まぁ理由は解りませんが、総合的には投げれるタイプなので、一軍が狙える来年はその辺は錬磨していくんじゃないでしょうかね? 1番期待しています。(川原も化ければかなりになりそうなのですが、適応は下沖だと思います、適応こそがプロの命、周りを適応させるくらいなら逆に大スターですが(笑))

もう少し、コースコースに142㌔くらいの速球を投げ込めりゃ、もっと総合力が使えそうですね。今は単調ですから。川原は142㌔のストレートでもストライクゾーンにいきゃ、打ち取れそうな感じがありますが、下沖は繊細さが必要でしょう。

> さて、FA…基本的には好きではないですね、どちらかと言えばホークスに行きたい選手が来てくれる逆指名制度復活を望みますが、それは私の勝手なエゴで議論に値しません(笑)

FAか逆指名かといわれれば、私も当然、逆指名派です。やっぱり、取られる側のファンの事を考えてもFAは素直に喜べないです。私にとってのベストはドラフトとFAをリンクさせる「指名御断りドラフト」って方法なんですけどね。FA取得年を基本8年くらいにして、ドラフト時に「指名御断り名簿」を提出し、その断った球団に応じて、FA権取得が長くなるって方法です。ホークスしか入団したくないとすれば、11球団に御断りするのでFA取得は19年後ってなります。詳しくはこちらで→http://www.geocities.jp/ouraku/kaikakuan7draft.htm

> 複数年で出来高変動相場制は公平ですし、双方にメリットもあり公平なんじゃないでしょうか? 働かないで高額保証があるのはモチベーションが上がらない場合もあるし、かつてのヤクルト→中日川崎のように活躍できず本人も針のムシロになる場合もありますし、やったらやるだけの報酬が貰えるのは正しいことではないでしょうか? 基本給だってかなり貰えるわけだし、複数年採用なら割りと落とし所あるやり方だと思います、ま、あくまで制度であり、個人的にはちょっと小林至が少し舐められてるんじゃないかとも思うんですよね、なまじ現場にいて、活躍しなかっただけに、選手側からしたらね… 。

小林至は可愛げはありますが、年齢に応じた貫禄っていうか迫力に欠けてますもんね。その点、小川新2軍監督の方が、プロの顔をしています。彼を編成の柱にすべきって思うんですけどね。
今までの複数年は本人もつらいですよね。ファンの怨嗟や嫉妬の的になりますもん。福岡にいると松中なんか悪い話しかききません。どうしてこうなっちゃったんだろうってくらいに。昔でいえば、山本浩二や衣笠や門田なんかのベテランにこんなに罵詈雑言を浴びせるってなかったと思うんですよ。チームの功労者へのファンのいたわりみたいなものが複数年契約によってなくなりましたね。

>てかね、日本で実力つけてからアメリカ…って…じゃあアメリカで育てば実力つかんのかい?
> アメリカ向きの選手なんて 斎藤隆とか岡島くらいしかおらんのじゃ? アメリカで大成長っていますか? イチローとかはどっちでもやれるからでしょう?
> 確かに本場たがら 才能ある人が大リーグに集まります、レベル高いとこで勝負したい!…って野心は解りますが、肝心の自分はレベルアップできるのか? せいぜい向こうの野球に合わせ、ツーシームとか習うくらいでは?
> それなら日本全体ででレベルアップして WBCとかで力試しすればいいんじゃないか? まぁ本気のキッチリした国際大会が整備される事が重要ですが。
> それなら日本のファンも興奮しますしね!


アメリカでダメなら、最後は日本に帰ってきて、もうひと稼ぎ出来るってシステムになっちゃってますから、そら、あっちに行くでしょう。アホみたいなお金になりますもん。野球ごときにあれだけの金を出す方がどうかしていると思いますけどね。レベルアップとか夢とかそんなんは後付けだと思いますよ。そういうのをしゃべっている奴に「イラ」っときます。メジャーに行きたきゃ行ってもらって構いませんが、必要以上にメディアが追いかけるのもバカバカしいですね。

王楽太陽 #B9vKlaaI | URL
2010/11/21 18:15 edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/460-817321db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。