LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

わたくし、小久保の味方です 

小久保が先日、記者団に対し、「カブレラまで獲得するなら、俺達(松中・オーティズ)はどうすんの?」といった具合で不満を挙げたようです。

この発言でまず思うのは、小久保の義侠心はわかるのですが、自らを「松中」と同等の立場で話をするべきでないということですね。
今年の優勝に4番として大きく貢献した小久保と貢献0に等しい(いや、年俸からしてもマイナス以上のものがある)松中とでは、カブレラの補強に対して、口を出せる立場かどうかは異なります。
小久保だけなら、カブレラ補強に対して、口を出したくなる気持ちも分かります。でも、松中まで庇うような発言はさすがに越権行為に近いものを感じます。

4番という立場でみれば、小久保の4番というのはやや物足りないものがありますが、6番ファーストの選手としてみれば、年齢を考慮しても相当の選手です。野手として、今年の優勝貢献度も当然高いものがあったと思います。
もちろん、それに加えて、最も大事なキャプテンシーがありますから、来季のホークスには欠かせない選手である事は言わずもがなです。そこに同じポジションの選手が入ってくれば、面白いはずはありませんね。「優勝に貢献しても追い出されるの?」と疑心暗鬼に陥るかもしれません。

この小久保の発言で思い出されるのは、落合の日ハム移籍ですね。3割20本を打ち、4番として巨人の優勝に貢献しながら、その年に清原がFAで入団してきたことから、レギュラーとしての出場機会を得る為に自ら移籍を求めた事がありました。
「落合も競争すりゃよかったとに」という声もあるかもしれませんが、FA移籍の選手や外人さんとは競争になりませんもん。彼らを優先的に使いますから。お金もかかっていますし。あと回しにされたベテランはだんだんと気持ちも切れていきますからね。

小久保に関しても、貢献者ですし、なによりFA選手だったのですから、内川やカブレラを獲得する意向があるならば、FA公示前に一言あるべきだったでしょう。私は、小久保に対する球団の姿勢は、非常に不誠実だったと感じます。「内川とカブレラ獲って、多村が残ったら、あんたと松中とオーティズのうち、1人しかレギュラーで使えんけどどげんするね?FAするね?」といった話し合いはすべきだったでしょう。
そのうえで、小久保が移籍を希望すれば、彼の望むチームにFAやトレード、自由契約で話をつけるべきだったんじゃないかと。もちろん、小久保が、ホークスでたったひとつ残されたレギュラー枠を松中らと競争する事を選択しても、それはそれで良いのですし。

さきの落合のケースは自由契約での移籍だったはずですが、外部からの補強を求めるならば、こうした悲劇が起こる事は覚悟すべきです。
外部補強に軸を置いた球団で、なによりみっともなく、見苦しいのは、球界全体の財産でもある著名な選手達を補強によって、飼い殺しという立場に追い込む事だと私は思っています。
他チームならば、レギュラーが張れる選手を代打や怪我した時の埋め合わせという立場などに追いやり、戦力が厚くなったと喜ぶようなフロントは愚か極まりない。コストパフォーマンスという観点からもバカ丸出しです。

私は、昨年、城島がホークスに戻ってくるならば、田上は無償でも良いから他球団にトレードすべきと思って、ここでもそう訴えていましたが、小久保・オーティズに対する今回のケース(まぁ、まだカブレラは確定じゃないけど)も同様に行うべきと思っています。彼らが望むならば。(って、だいたい外人はオーちゃん1人でよかろうもん。前半のMVPやん。せっかくの優良外人をダメにするなんて。長打力は今のカブレラよりもあろうし。慌てず、6月くらいまで待てば、怪我も回復しとろうやろ。なんなん、この編成の異常な焦りは)

これが、内部育成からの競争の結果で、ベテランが追いやられるならば、わざわざトレードの打診などはしなくても良いと思います。
小久保が可愛がっていた、江川や中西、中村、小斉らが成長して、彼らにレギュラーを獲られて、代打や控えに陥ったとしたら、甘んじて受けてくれたのではないでしょうか?入団時からの小久保ファンの私は、彼らが小久保を引退に追いやる日を夢見てきたのですが・・・。
万が一、まがまがしい刺青(なんであれをNPBは放置してんだ?)を入れた外人にポジション奪われ、小久保がベンチを温めるような事にでもなれば、一軍の試合なんか見ようと思わんですよ。勝ちゃー官軍なんて、そんな単純なファンになんかなりたくねーもん。こういったファン気質が増えつつあるのは、身勝手な選手達の撒いたタネという側面はあるにしても情けないですね。

最後に、松中に関しては、なんとも言いようが無いという立場です。ここで庇う気もさらさら起きないし。極端に長い複数年契約を結んだという選手の方にも責任はあるでしょうし、今年の結果から、来季に期待せーというのは無理な話です。それはご本人も認識しているようですけどね。それでも、もし、ホークスを出たいというのなら、話し合いには応じても良いかもしれません。球団の総年俸を下げるメリットから。

スポンサーサイト

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

王楽さんお疲れ様です、年末年始はフル回転、ダブルヘッダーの毎日でしょうから、これが最後の書き込みです、今年もお世話になりました、非常に今年もメディアには現れない若鷹達のみずみずしさ洪水のごとくリポート、非常に楽しかったです、ありがとうごさいます! 年俸の事はちょっとコメントする時期を逸してしまい、書く熱量がなくなってしまいましたが(笑) 門田は山田や山本浩二全盛の頃は六千万円くらいでしたね、確か門田著作の本で本人が書いてましたね、高校生の息子さんが、ビール飲んでねっころがってもホームランを打てる…と親父さんを舐めていたが、自分が高校野球をやるようになり、ようやく親父の偉大さがわかった…と言うエピソードがありましたね、南海の四番も舐められたもんだ…と記述してました(笑)

さて、いかにファンに感動を与えられたか? という面でも実績的にもやはり川崎は九千万アップは?です 川崎自身を否定する気持ちはないですがね… 同タイプの西岡に較べても傑出してる訳でもないし、守備も肩の違和感からで仕方ないのですが、緩んだゴムから放たれたようなものですし、盗塁もシーズン半ばからはほとんどしませんでした、(これらは私にとって-感動値でした)打撃はほぼ安定して広角に打ちわけ、去年のような当て逃げでなく、強く打ち返すこともできており、進化と言えますし、フル出場も評価に値します… そして私の+感動値は やはりあの後ろ向きでの背面ジャンプとり! あれは見た事ない、アメージングな感動を与えてくれたと言えるでしょう!

そして実際は失語症になるくらいナイーブな彼が、振り絞って明るくチームを鼓舞してる姿勢はホークスにとって宝です(空回りの言動もありますが(笑))

まぁ グッズ売上等等の売上は加味されてるのかもしれませんが、 優勝査定引っくるめて六千万くらいアップが私的な印象ですね。 まるっきり目をつぶった丼勘定です(笑)王楽さん同様、トータル一億二千万くらいが調度いいと思いますが、じゃあ上の値段はあげすぎなんですよね(笑)

予算がいくらあるかわからないから こんなもん解りませんわ!(投げ出した笑)


さてさて 今年のホークスの感動させてくれたプレーは やはり奇跡の西武三連戦、馬原対中島 そしてラスボスダルビッシュとの戦い! ある意味でホークスファンになり これほど直に心臓と汗線および及びアドレナリンを放出された一週間はなかった事でしょう。 そしてこの最後の闘いまで戦線を維持してくれた、馬原、摂津、ファルケンボーグの力、彼らの奮闘を見殺しにしまいと力をつけて、鉄条網を破って、戦線の矢面に立って、奮闘してくれた甲藤、最終盤に絶対絶滅のピンチをなんども救ってくれた投げるアドレナリンビー 森福、 地味ながら劣勢の局面を立て直してくれた金澤 彼らに鷹の十字勲章を与えたいですね!(別に戦争マニアではありませんよ笑)

さてさて 大補強の話はつまらんのですっ飛ばし(笑)岩嵜ウインターリーグ二ヶ月で8勝! 倉野も運や勢いだけで勝ったものではないと 岩嵜が何か南国で貴重な宝を掴んだ手応えを我々に伝えてつくれてます! これは倉野のランドホーでは?! 期待は高まるばかり、福ちゃんも先日二打席連続ホームラン!(ただこの試合は指名打者でした…) 安心して守れるポジション作ればスタメン争いに加われるのですが。

中村もこの試合にホームランを打ち、来年は下剋上をしてもらわないと困ります!

我らが江川、なぜかハワイに行かず地元でトレーニングをしていたおかげ なんかマスコミに微妙に出てました(笑) 藤井とのマンツーマンで江川開花! 来秋こんな振り返りが出来るのを来年のカレンダーにには書き込みずみ!(笑)マジでドカンと派手に開花してくれよ! 今回の補強は小久保 松中の目の色がね 変わったのが収穫なんですよ、 それに対し若手はね おっさんに負けるかよ! これからは俺らの時代だと MK以上に目の色変えなきゃダメなんですよ! また追い落とす自信をつけさすために首脳陣はオープン戦から若手を使うべき! おっさんは負けじと引き下がるな!
間違っても出来高制連中の試合出場なんか配慮するな! そんなんで不協和音でるのが怖いづすが、 下沖には当然期待していますし、川原も いつか開眼するかもと期待しています!今宮はアクシンデントの度に成長する漫画のような体質だし! 紅白戦から勝負だ若鷹達よ!

ほーくすくす #- | URL
2010/12/23 16:52 edit

Re: タイトルなし

>ほーくすくすさん

> 王楽さんお疲れ様です、年末年始はフル回転、ダブルヘッダーの毎日でしょうから、これが最後の書き込みです、今年もお世話になりました、非常に今年もメディアには現れない若鷹達のみずみずしさ洪水のごとくリポート、非常に楽しかったです、ありがとうごさいます!

年末年始が一番お忙しいでしょうから、お体にはくれぐれもお気をつけて。こちらこそ、今年もありがとうございました。オフのFA補強などで、個人的にかなりへこんでいましたが、それに負けない若手の姿を来年もお届けできたらとは思っています。ただ、一軍ネタは書く気がおきんでしょうけど。

>年俸の事はちょっとコメントする時期を逸してしまい、書く熱量がなくなってしまいましたが(笑) 門田は山田や山本浩二全盛の頃は六千万円くらいでしたね、確か門田著作の本で本人が書いてましたね、高校生の息子さんが、ビール飲んでねっころがってもホームランを打てる…と親父さんを舐めていたが、自分が高校野球をやるようになり、ようやく親父の偉大さがわかった…と言うエピソードがありましたね、南海の四番も舐められたもんだ…と記述してました(笑)

年俸面では門田世代が一番割食った気がしますね。しかし、そのぶん、ファンの思い入れは強いですよね。門田あっての南海って感じでした。我々のようにしつこく門田を語り続ける奴らもいますし。(あー門田も引退して、20年近く経つんだなぁ)いまから30年後にメジャーへ行っちゃった選手を語り継ぐファンっているのかな?

> さて、いかにファンに感動を与えられたか? という面でも実績的にもやはり川崎は九千万アップは?です 川崎自身を否定する気持ちはないですがね… 同タイプの西岡に較べても傑出してる訳でもないし、守備も肩の違和感からで仕方ないのですが、緩んだゴムから放たれたようなものですし、盗塁もシーズン半ばからはほとんどしませんでした、(これらは私にとって-感動値でした)打撃はほぼ安定して広角に打ちわけ、去年のような当て逃げでなく、強く打ち返すこともできており、進化と言えますし、フル出場も評価に値します… そして私の+感動値は やはりあの後ろ向きでの背面ジャンプとり! あれは見た事ない、アメージングな感動を与えてくれたと言えるでしょう!

ここで書いたかもしれませんが、ムネの背面キャッチは目の前で観ました。本当に何が起こったか、ちょっと分かりませんでした。「あれ?ボールが消えた?」って感じで。
昔のプロと比べると間違いなく能力に差があるのは、守備ですね。試合を観に行けば、ひとつはファインプレーが見られる気がします。これは15年前にメジャーを観に行った時に差を感じた点でした。メジャーもファインプレーを観るのが楽しいっていうのがありましたし。

> そして実際は失語症になるくらいナイーブな彼が、振り絞って明るくチームを鼓舞してる姿勢はホークスにとって宝です(空回りの言動もありますが(笑))

ムネのリーダーシップに関しては、雁ノ巣育ちで期待値が高かっただけに私の中では、評価は低いです。どーもガキが悪ぶってしゃべっている気もして。彼が18歳の時から見ているからどうしてもそう見えてしまうのかもしれませんが。
もっとリーダーらしい言動や行動を示してくれると思っていましたが、いらんこと、イチローなどにかぶれたのがいかんかった。ポンちゃんは雁ノ巣育ちでは無いですが、福岡出身というのもあり、人格的に次のリーダーとして期待したいですね。あとは成績かな?首位打者争いくらいせな、リーダーちゃは言えんですからね。

> さてさて 今年のホークスの感動させてくれたプレーは やはり奇跡の西武三連戦、馬原対中島 そしてラスボスダルビッシュとの戦い! ある意味でホークスファンになり これほど直に心臓と汗線および及びアドレナリンを放出された一週間はなかった事でしょう。 そしてこの最後の闘いまで戦線を維持してくれた、馬原、摂津、ファルケンボーグの力、彼らの奮闘を見殺しにしまいと力をつけて、鉄条網を破って、戦線の矢面に立って、奮闘してくれた甲藤、最終盤に絶対絶滅のピンチをなんども救ってくれた投げるアドレナリンビー 森福、 地味ながら劣勢の局面を立て直してくれた金澤 彼らに鷹の十字勲章を与えたいですね!(別に戦争マニアではありませんよ笑)

私は戦マニアに片足つっこんでいるんですよね。(苦笑)歴史好きというより、戦があった時代好きだしなぁ。戦国時代とか、幕末とか、20世紀前半史とか。スポーツ好きは戦好きになりがちじゃないですかね。まぁ、そんな事はどうでもよいのですが、仰るようにホークスファンとして、あれほど燃えた優勝争いは無かったですね。00年の終盤の9連勝も燃えましたが、これほどじゃなかったですね。
私もMVPはSBMから誰かを選出して欲しかったです。戦線にとどまらせてくれたのは抑えのおかげですよね。和田じゃない。この後ろがいれば、07・08年も優勝出来んじゃないかな。中継ぎ・抑えを創るのは本当に重点ポイントですね。

> さてさて 大補強の話はつまらんのですっ飛ばし(笑)岩嵜ウインターリーグ二ヶ月で8勝! 倉野も運や勢いだけで勝ったものではないと 岩嵜が何か南国で貴重な宝を掴んだ手応えを我々に伝えてつくれてます! これは倉野のランドホーでは?!

倉野のツイッターを読むと岩嵜の弱点である「悪い時なりのピッチングが出来ない」という部分をしっかりと把握していましたね。悪い時なりに勝てるにはどうすればよいのか、これは配球以前の問題で、投手が練習から考えていくべき点ですね。それにしても、8勝は凄いなぁ。岩嵜は変化球を中心に投球が出来ると診ていましたが、そうなっているんかな?あそこでストレート勝負してりゃ、これほどの成績は無理でしょうし。

>期待は高まるばかり、福ちゃんも先日二打席連続ホームラン!(ただこの試合は指名打者でした…) 安心して守れるポジション作ればスタメン争いに加われるのですが。
> 中村もこの試合にホームランを打ち、来年は下剋上をしてもらわないと困ります!


福ちゃんが打ってますか。なんか一軍では弱々しいスウィングになって、ちょっと心配していましたが。中村は来季はもっと長打が増える気がします。スウィングが大きくなってましたし。

> 我らが江川、なぜかハワイに行かず地元でトレーニングをしていたおかげ なんかマスコミに微妙に出てました(笑) 藤井とのマンツーマンで江川開花! 来秋こんな振り返りが出来るのを来年のカレンダーにには書き込みずみ!(笑)マジでドカンと派手に開花してくれよ! 今回の補強は小久保 松中の目の色がね 変わったのが収穫なんですよ、 それに対し若手はね おっさんに負けるかよ! これからは俺らの時代だと MK以上に目の色変えなきゃダメなんですよ! また追い落とす自信をつけさすために首脳陣はオープン戦から若手を使うべき! おっさんは負けじと引き下がるな!

若手にチャンスをやったのにそれを逃したって良く聞くんですが、江川なんて、今年のオープン戦4打席くらいでしたもんね。明石もひどくて、先発させたっけ?オープン戦でのアギーラ、イボムホの半分の打席でも江川や明石、中西、小斉にチャンスをくれてやったら、大分違ったはずなんです。

> 間違っても出来高制連中の試合出場なんか配慮するな! そんなんで不協和音でるのが怖いづすが、下沖には当然期待していますし、川原も いつか開眼するかもと期待しています!今宮はアクシンデントの度に成長する漫画のような体質だし! 紅白戦から勝負だ若鷹達よ!

川原・下沖は来季の一軍の隠し球になれんじゃないかと密かに期待しています。今宮は雁ノ巣でサードやセカンドの勉強をしてから、少し一軍の風に当たってくれればと思っています。

王楽太陽 #B9vKlaaI | URL
2010/12/26 13:25 edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/465-b147a283
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。