LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

打撃投手のありよう 

澤宮優氏の「打撃投手」という本を読みました。

この本は、打撃投手という専門的な職業・役割は日本発祥のもののようで、それは巨人のV9時代に成立したといった歴史の発掘から、その発生時の打撃投手にインタビューして、その発展を考えるというものでした。
非常に興味深い趣旨だったのですが、その巨人打撃投手さん達のインタビューがやや冗長で、もう「ONの話はお腹いっぱい。」って感じにもなり、インタビューそのものも「裏方さんの影」をやたらと引き出そうという筆者の意図がいやらしく感じてしまい、点数をつけるのなら、あまり高い点数はつけられないかなというものでした。

とはいえ、先述のように趣旨には面白さはあるし、打撃投手のインタビュー記事をこれほど読める本もないので、一読をされても損はしないと思います。南海のエース格だった藤本修二や南海で左の中継ぎとして活躍した中條のインタビュー記事など読めるもんではありませんしね。南海ファンとしてはニャンコ修二の現在を知れたのは嬉しかったなぁ。

さて、記事名の話に移りますが、多くのインタビューで気になったのは、「打者が打ちにくそうにしている。それでは打撃投手失格。」といった言葉をどの打撃投手も言っていた事です。
私はこれって、違う気がするんですよね。今の投手はいかに「打ちにくいか」を考えながら、フォームを作り、投球を考えているのに、打撃練習で気持ちよく打つだけを追求するのは、選手の成長に寄与しないのではないかと。
この本でも出てきましたが、長年、還暦を過ぎても、バファローズで打撃投手をされていた水谷宏氏という打撃投手がいたのですが、氏などは、当時の西本幸雄監督に「速い球を投げろ。打たそうとするな。」といった薫陶を受けていたそうです。(雑誌・「野球小僧」のインタビュー記事から)
この野球小僧のインタビューの水谷氏は朗らかなんですよね。「バットをへし折ってやる。」という意識で投げていたとか、若い打撃投手にも「楽しんで投げろ。打たせないと思って投げても、相手は力が上なんだから、打てる。打たそうとせんでいい。」とアドバイスしていると仰ってました。

雁ノ巣の打撃練習も御多分に漏れず、この類の「気持ちよく打てているか」を重視しているようです。基本的に打撃投手は2軍監督・コーチが務めているのですが、やっぱり、「ホワァ」とした緩いボールを投げていますもんね。門田博光などは若い頃、打撃投手にガンガン速い球を投げさせていたとも聞きます。2軍とはいえ、プロなんだから、個人事業者なんだから、もっと自己の成長に繋がる打撃練習方法を主張・追求しても良いのではないかと思います。少なくとも、試合前の打撃練習と試合が無い日の打撃練習にはなんらかの違いが必要ではないかと思うんですよね。

今はメニューに沿って、言われたままの管理がしやすい打撃練習になっちゃおらんのかなと。例えば、監督・コーチなどとも相談して、2軍の投手に放ってもらうとか、変化球だけを打ってみるとか、そういった個性的な練習が雁ノ巣で見受けられる事はありません。
どの球団も同じようですが、この10年くらいで、「練習方法」なるものが過度に確立されすぎているきらいを感じます。まだ、プロが成長出来る練習方法などマニュアル化するほど確立などされちゃおらんだろうと疑っているのですが。水谷氏の発言からも、名選手を創り続けた、西本幸雄打撃論とは今の打撃練習は違っているのですから。気持ちよく打たしゃ、バッターが成長出来るってのは、ひとつの考え方に過ぎないような、そんな気がして。

スポンサーサイト

テーマ: プロ野球 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

王楽さんお疲れ様です 雪です 明日までにはやまないかなぁ?

打撃投手の考えかたは 私も全く同じ考えをもっていました、 ですから内川のティーバッティングを、一回地面にバウンドさせて打つやり方には納得いきました 地面にたたき付けられ、ランダムに来る球に対応するためらしいですからね、普通のティーだと 投げる人の仕草で予測できてしまうからだそうです。

気持ちよく打たせるって…意味解らないですよね?
その練習で なにが進化するの? 2+3=5!みたいなドリルを永遠やっても数学には強くならないでしょう?…てな話で(笑)

フォームを固めるためなら他の練習でも マシンでもいいわけですし。

ニャンコや中條は打撃投手やってたんですか!?

矢野 中條 井上…勝利の方程式(笑) 前回の王楽さんのコメントで思いだしました。

関係ないんですが ボールを両手で持って 例えばサッカーのスローインみたいに投げちゃ 違反なんでしょうか?

なんか指たくさん使えるから 面白いナックルみたいなの投げれそう(笑)

バレーボールを蹴っていい… というルールを知った時は目から鱗でした 最近よく蹴ってますけど 昔はみなかったような?(笑)

野球の八百長は考えもしませんでしたが、やはり目は必要ですよね わざとあれはデッドボールを当てたろう? …みたいのは状況も含めわかりますが、 わざと打たれるのを見破られるかなぁ?? うーん 変化球で振りが緩むやつなんて 未熟なだけじゃんて…て思うし… 違和感あるプレイは「ケガしてんのかな?」と思い 八百長なんて考えもしませんでした。

内野の小フライをわざと落としてゲッツーにするプレイあたりを … 八百長だ!と叫んだら恥だし(笑)

台湾で起こった時はどう八百長プレイをしたんでしょうか?

でも 本当に起きてたらショックでしょうね。

プロレスを友達から必死に庇った王楽さんの気持ちはよく解ります(笑)

仕事がら、夕方お年寄りのお宅によると 思った以上に相撲見てるんですよね、老人ホームとかでも

お年寄りの楽しみを奪ったのはね…これ 切ないですよ

同じお年寄りが必ず見てる水戸公門見てて あれは八百長だ! と言う人はいませんが(笑)…、水戸公門の連勝記録ついに途切れる!…なんて記事が将来…ガチンコ勝負にになる水戸公門(笑)

ほーくすくす #- | URL
2011/02/12 02:04 edit

Re: タイトルなし

>ほーくすくすさん
> 王楽さんお疲れ様です 雪です 明日までにはやまないかなぁ?

こちらはさほどでもないのですが、にわか雪の中、昨年よりはじめた野良作業をして、凍えて帰ってきました。

> 打撃投手の考えかたは 私も全く同じ考えをもっていました、 ですから内川のティーバッティングを、一回地面にバウンドさせて打つやり方には納得いきました 地面にたたき付けられ、ランダムに来る球に対応するためらしいですからね、普通のティーだと 投げる人の仕草で予測できてしまうからだそうです。

気持ちよく打って、首脳陣にアピールするって事ですかね?打撃投手も若い打者のアピール機会を邪魔しちゃいけないと言ってました。この流れは首脳陣の診る眼に疑いを感じちゃいますね。

> 気持ちよく打たせるって…意味解らないですよね?
> その練習で なにが進化するの? 2+3=5!みたいなドリルを永遠やっても数学には強くならないでしょう?…てな話で(笑)


実際、「あの投手は打ちにくい」という点から、打者から嫌がれる打撃投手は多いそうで、クビになる基準にもなっているとか。これはいかんですよね。

> フォームを固めるためなら他の練習でも マシンでもいいわけですし。

フォーム固めは素振りですよね。それもアマでよくある全体で一緒に振るようなただの素振りでは無く、いちいち体の使い方、筋肉・間接・骨格の動きを意識した、考えながらの素振りを行うべきだと思います。

> ニャンコや中條は打撃投手やってたんですか!?
> 矢野 中條 井上…勝利の方程式(笑) 前回の王楽さんのコメントで思いだしました。


この本は03年刊行なので、今は分かりませんが、当時はそうだったようです。矢野は、森脇からホークスを追い出されるように出ていきましたが、どうしてんだろう。

> 関係ないんですが ボールを両手で持って 例えばサッカーのスローインみたいに投げちゃ 違反なんでしょうか?
> なんか指たくさん使えるから 面白いナックルみたいなの投げれそう(笑)
> バレーボールを蹴っていい… というルールを知った時は目から鱗でした 最近よく蹴ってますけど 昔はみなかったような?(笑)


ドカベンに出てきた、左右投げの「わびすけ」みたいな投げ方ですね。そういったお遊び感覚の技は最近観ないなぁ。選手はもちろん、ファンも野球独特の自由さ・あいまいさを楽しむ余裕が無くなってきて、画一的・マニュアル的になっちゃっている気もしますね。以前、話題にした「八艘飛びホームイン」のような事をやる選手が出て欲しいですね。

> 野球の八百長は考えもしませんでしたが、やはり目は必要ですよね わざとあれはデッドボールを当てたろう? …みたいのは状況も含めわかりますが、 わざと打たれるのを見破られるかなぁ?? うーん 変化球で振りが緩むやつなんて 未熟なだけじゃんて…て思うし… 違和感あるプレイは「ケガしてんのかな?」と思い 八百長なんて考えもしませんでした。
> 内野の小フライをわざと落としてゲッツーにするプレイあたりを … 八百長だ!と叫んだら恥だし(笑)
> 台湾で起こった時はどう八百長プレイをしたんでしょうか?
> でも 本当に起きてたらショックでしょうね。


台湾はどうやってたんでしょうね。たしかにエラーで八百長は出来るでしょうね。福ちゃんなんか、八百長のヒーローになれそう。(失礼)

> プロレスを友達から必死に庇った王楽さんの気持ちはよく解ります(笑)
> 仕事がら、夕方お年寄りのお宅によると 思った以上に相撲見てるんですよね、老人ホームとかでも
> お年寄りの楽しみを奪ったのはね…これ 切ないですよ
> 同じお年寄りが必ず見てる水戸公門見てて あれは八百長だ! と言う人はいませんが(笑)…、水戸公門の連勝記録ついに途切れる!…なんて記事が将来…ガチンコ勝負にになる水戸公門(笑)


以前、入院していた時、「お年寄りって大相撲ってこんなに見てんの?」と思ったのが印象に残っています。こうしたファンへの意識が薄すぎたんですかね?どうも、力士はそうみえちゃうんですよね。

王楽太陽 #B9vKlaaI | URL
2011/02/12 15:52 edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/477-adaf5816
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。