LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

打席の立つ位置 

松田が打席の立つ位置を前(投手寄り)から後ろ(捕手寄り)へ変更したという記事がどっかのスポーツ新聞に載っていました。(たぶん、スポニチ)
私は雁ノ巣では打席の立つ位置って結構、注目してみています。(ヤフードームでも確認出来る位置での観戦ならば、確認しています)雁ノ巣では、この打席の位置って、意外に打者によって、大きな違いは無いかなという印象を持っています。ほとんどが、最後ろで、インコースのバッターボックスラインより半足くらい離れて立つ感じですかね。
松田は記事によると昨年まで「変化球の曲がりっぱなを打ちたいから前の方に立っていた」と言っていました。
うーん、彼が「前に立っていた」という印象は雁ノ巣時代には記憶に無いんですよね。まぁ、雁ノ巣にいた頃はメモまではつけてなかったんで、忘れただけなのかもしれませんが。

で、松田の言う「変化球の曲がりっぱな」という話ですが、これって幻覚でしょう。いくら、体の近くで曲がる変化球が全盛の時代になったとはいえ、物理学的に変化球はもっと前で(遅くともバッテリーラインの真ん中で変化は始まっている)曲がり始めているはず(姫野龍太郎氏の本をどうぞ)で、今までは、変化に気づいていなかっただけではないでしょうか?あいつは、あれだけ前に体が動きながら打っているから(目線がぶれながら打っている)、変化しているのに気付くのが遅れるのだろうと思います。
何の為に後ろに立つのか、知りませんが、変化球の見極めが後ろに立つ事で改善するってことは松田の場合は関係ないのかなと。変化球は、曲がりよりもタイミングの方が重要でしょうし。
昨日のシート打撃のホームランも完全に前に泳ぎながら持って行った類のいかにも松田らしい、トンデモ打撃でしたから。(松田の打撃だけは批評の仕方がわからん)

ただ、基本的にバッターボックスというのは、後ろに立つべきだと思います。落合が技術書でも言っていましたが、「投手有利の野球界にするには、バッテリーラインを短くすれば、簡単にそうなるはずだ。(ソフトボールがそういったルール改正し、実証したと話もしていたはず)ということは、バッターは、バッターボックスで1cmでも後ろに立つ方が有利になる。」と。こうした意識で松田が後ろに立っているのなら、良いんですが、なんかよく理由が掴めんのですよね。松田を分かろうとする俺が間違っているのでしょうが。

ちなみに落合は、バッターボックスの左右の位置(ホームベース寄りかどうか)で、その打者の得意苦手が分かると言います。大概、ベース寄りに立つ打者は、イン捌きに自信があって、離れて立っているのは、外が好きだと。落合が解説者の頃、KBCで解説する機会が意外に多かったんですが、大道の打席の位置を見て、「あれはインが苦手だから、ああやって、(ホームベースから)離れて構えているんですよ。」と言ったのが、強く覚えています。

PS:1週間このブログをまともに見ていなかったのですが、思い切り間違った記述をしていましたので、今、訂正しておきました。(苦笑)前と後ろの記述を逆にしていたとは。一番重要な部分を間違って、しかも1週間も放置していたなんて・・・。よく左打者の記述をするのに、左右を間違えて書く事は多いのですが、これは度を越しています。今まで最も恥ずかしいミスです。謹んでおわびします。

スポンサーサイト

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

王楽さん、ご無沙汰でした。
相変わらず拍手がやっとでしたが、時間ができました(笑)

私が読んだ記事では「死球を避けるため」という理由もありました。
しかし私は「???」
松田が死球受けて骨折した時、確か内角のボール球を打ちにいったからだし、立ち位置変えるんじゃなくって意識変えて選球眼磨けよ、と思ったもんです。

Bookers #- | URL
2011/02/14 18:57 edit

Re: タイトルなし

>Bookersさん

> 王楽さん、ご無沙汰でした。
> 相変わらず拍手がやっとでしたが、時間ができました(笑)


いえいえ、こちらこそ御返事が遅れまして。拍手を頂けるだけでもありがたいです。かなり励みになってるんですよ。

> 私が読んだ記事では「死球を避けるため」という理由もありました。
> しかし私は「???」
> 松田が死球受けて骨折した時、確か内角のボール球を打ちにいったからだし、立ち位置変えるんじゃなくって意識変えて選球眼磨けよ、と思ったもんです。


そら、またトンチンカンな考えですね。後ろに立てば、死球を避けられるってのはあり得ないでしょう。仰るように彼の死球はインのボールへの反応の遅さを生んでいるルーティンや選球眼にありますよね。相変わらず、前に突っ込みながら打っていますから、死球の危険性が薄いことはないでしょうね。

王楽太陽 #aiCQkDJI | URL
2011/02/19 15:31 edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/481-59a4237c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。