LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

今はプロの方が練習しているからね 

題名は王さんが先日、発した言葉です。これはたしか「最近は、1年目から活躍する選手が少ないようですね。」といった質問を受けてのご返事だったと思います。最近は、学生や社会人よりもプロの方が練習をしているから、即座にプロで活躍出来るもんじゃなくなっているだろうねと。
この言葉って、意外に言われない言葉なんですよね。「プロの練習の方がアマ(大学が特にそうかな)よりも楽だった。」というのはたまに聞くんですが。

私は高校は県立高校で、別に野球に力を入れていた高校ではないので、練習量を比較しようが無いのですが、大学は、私が属していた20年前も今も関西を代表する、毎年全国選手権に出るような強豪校なのですが(神宮に一度応援に行った事もあります)あの時の大学チームの練習量と真剣さと今の雁ノ巣のそれとを比べれば、そら、圧倒的に雁ノ巣に軍配が上がる気がします。
もちろん、今のその大学チームがどれだけ練習量をUPさせているかは知りませんが、今の雁ノ巣が、20年前の雁ノ巣よりも練習の量も質も上がっているのは間違いありません。(解説者なんかは、俺達の頃の練習に比べりゃとか言ってますが、昔の方が客観的に弛緩していた感じを受けます)

20年前に比べて、大学とプロの差は圧倒的に開いていると感じていますが、やはり練習量に由来するんでしょうかね?その辺の研究を野球小僧なんかがやってくれたら面白いと思うのですが。
私は、05年~07年まで分離ドラフトで、今までは指名漏れしていたレベルの高校生の乱獲・青田刈りが行われた事が、レベルの差に拍車をかけた気がしているんですよね。
具体的には、ここ2年ほど、じっくり育てたら、伸びていた野手が、プロ側に早く入った為に大学生野手の枯渇を生んでいる気がします。(まぁ、私は野手はプロで育てた方が近道とは思っているのですが)

ともあれ、このレベルの差を埋めるのにも、先日決まった、大学生との交流は大歓迎です。プロは試合の機会を得られ、しかも「(楽をしている)大学生には負けられん。」という気持ちもあるでしょうから、そういったもんもファームの選手には必要でしょうしね。(って、あいつら、意外にアマとの試合が、ノホホンとしているんだよな。一番楽しい時期の青春を謳歌出来ないルサンチマンを晴らすよい機会だろうに(笑)共学には負けられない、男子校生のように)

大学生はプロのレベルを知って、向上心を高める良い機会ですしね。あの頃のウチの大学の選手のように、練習をちゃっちゃと終わらせて、ハイ、パチンコみたいな生活じゃプロには行けんのよと(笑)(いや、多分、真剣にやってた人もいるんでしょうけどね。私が大学の頃は毎年、1人はプロに行ってたし)



スポンサーサイト

テーマ: プロ野球 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/482-6bc31d5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。