LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

夏の捲土重来を 上村健人(東北高校) 

上村 健人(東北高校・宮城県)
投手兼外野手 左打ち右投げ

(紹介・タイプ)ー私的高校NO1打者ー

エースで4番、しかも主将と一昔前のスーパー選手風味の選手。とはいえ、センバツ大会で18歳に東北地震を一時でも振り払わせるような過度な期待を一身に背負わせたのは気の毒だった。明らかに気負いが感じられる打席・投球だった。

私はこの打者を昨秋の神宮大会で見て、「来年のNO1打者じゃない?」と唾をつけていた。金沢高校の剛腕・釜田をチェックする為に見ていた試合で、全く気にしていなかった対戦相手の上村の方に心奪われたのである。ちなみにこの寸評は基本的に神宮大会での金沢戦・浦和学院戦を元にする。(甲子園もチェックはしたが)
しかし、意外な事に現時点では、ドラフト雑誌では、平凡な投手としての評価が主で、打者の評価をあまりされていない。ネットドラフトで私と同じように打者として高評価を挙げているブログに接することはあり、「そうやろー。」と安心したほどだ。

打者のタイプとしては、長距離寄りの中距離ヒッター。ホークスでいえば、高校時代の中村晃って感じか。中村と違うのは、抜群に体格が良い部分。特に下半身の厚みが際立つ。尻の力でホームランが打てそうな雰囲気がある。

(フォームのイメージ)ー福留孝介ー

ステップ時に一度体が縮んで、スウィングとともに大きく体が広がっていくかのよう様子、でかいフォロースローは福留テイスト。

(スウィングの速さ・打球の強さ)-中村晃を彷彿ー

高校時代の中村晃で最も印象に残ったのは、そのとてつもない打球の速さだったが、上村もひけをとらない。浦和学院戦で投手の頭近くに投手ライナーを打ち、投手はよけながら捕球出来たが、心底当たらなくて良かったと肝が冷える思いをした。打球の強さはあるが、ライナー気味の打球が多い。
スウィングスピードは相当に速い。厚みのある下半身のパワーをしっかりとバットに移せている。

(構え)ー重量感ありすぎー

オープンスタンスで構え、腰の座りのどっしり感、両目でしっかりとボールを捉えられている構えは言う事無い。ただし、構えている間、肩甲骨はしっかりと揺らいでいるが、股関節の動きが無い。もっとここを動かしながら、構えると柔らかさが出る。
構えの時のバットの位置が私の理想。左胸の高さ・位置にグリップエンドがあり、柔らかい腕の使い方が出来ているはこれが所以。

(タイミングの取り方、始動)ー上体から始動ー
投手の動きに合わせて、始動するのを「シンクロ(同調行為)」というが、これを下半身でやれていない。バリーボンズのように上半身のみグリップエンドを少し下げる事で行っているか?(これは微妙)
但し、一定のタイミングで始動は出来ている。始動は投手の足が下がりきった際に行っている。これは平均の始動タイミングといえる。

(ステップ・投球との間合い)ーじっくり系なんだけどー
すり足気味にじっくりと前に足を出す姿は、日本時代の後年の福留に似ている。投手との間合いはきちんと取れている。じっくり足を出せる打者ほど、ボールをとらえる確率は高いと考える。しかし、ステップの仕方には次のような長所と短所が存在する。

福留と同じように右投げ左打ちの割には、右股関節の使い方が巧く、ステップ時に投手方向から見て、体全体が「く」のような型となっている。
これは上体が前かがみになってそうなるのではなく、ステップしながら、右股関節を一塁ベンチ方向にずらすこと(右尻だけ後ろにずらす感じ)が出来ている証左である。(「く」の角の部分がおよそ骨盤の位置ですね)
但し、この動き(フローティングASという)は股関節の開きの早さを誘発する傾向を持ち、それは右投手が放る、インコースのボールは開く事でふところが広くなり、より巧く捌けさせる(且つ、強いスウィングも出来る)が、左投手が投げるアウトローにはバットが届かなくなるという弱点も持つ。(左打者で好打者であるほど、この傾向は強くなる。だから、左打者には左投手のワンポイントが必要。特に左打者のインコースにシュートが放れる左投手が)
この為、センバツで左のサイドスローの投手(大垣日大・葛西)にキリキリ舞いさせられたのは致し方ない部分もあると私は見る。

また、ステップはじっくりしているのに、体の開きが早い為、右足に体重移動させるタイミングがやや早くなってしまう事があり、スウェー気味に打ち、力の無い打球となる事がある。

(トップの形・スウィングの軌道・インパクトポイント)ー奥義・後ろポイントを意識したいー

トップ角度はバットの先っぽが天を向くほど、立っており(ホークスでいえば田上型)、いかにも長距離砲のトップが作れている。そこから遊びなく、前にストンとバットを縦に落とせている。若い頃の福留のように前寄り(投手寄り)のポイントで打つ事が多い。

上村の体格、スウィングスピードならば、日本後年の福留のように「後ろ(捕手寄り)ポイント」で打つ事も可能ではないか。その方がもっと確率高く、強い打球を打て、且つ、ライナーではなく、高い放物線のホームランを打てる打者になれる気がする。(一番難しい、ポイントの打撃ではあるのだが)なにより、鈍足であるから、もっと長距離を意識した打者にならなきゃ、プロでは重宝されないだろう。

手を使って、シンクロを図るタイプの為か、トップに入れる前にややヒッチ(一度、グリップエンドを下に落としてから上にあげていく動作)の傾向もある。トップには早目に入れる事が出来ているので、大きな欠点にはなっていない。

(インパクト精度・得意コース)

インパクトの精度は非常に高い。速い球にも緩急にも高低にも対応出来る、ミート力がある。それは両目でしっかりととらえた構え、じっくりとした動きが少ないステップ、破綻が無いトップなどの恩恵だろう。
得意なコースは現時点ではインコースだろう。インが打てない左の長距離砲には魅力がない。

(評価)-S

強豪校のエースという事もあり(投手の練習ばっかしてるだろうし)、打者として仕上がってはいない部分も見受けられるが、長距離砲の原石として高い評価をしたい。一塁まで4.7秒の足では、今の中距離タイプとしての需要は少ない。もっと遠くに高く打てる打球をプロでこそ追及してもらいたい。

スポンサーサイト

テーマ: ドラフト会議 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

王楽さんお疲れ様です、今日もホークスの試合を見てしまい、休日もまったく高校野球を見れていないので、王楽さんの情報頼りです、今回のように上村君のように盲点になりそうな、平凡なエースで打撃に非凡な才能というのは、どちらで行くか?…という決断が、本人のこれからを左右する事が多いので、これからに注目ですね、阪神の秋山は今だに、投手として疑問に思ってますが、意外にルーキーから出てきたり、イチロー等は私等、愛工大明電の時は平凡なヒョロ投手としてしか見ていなかったのが、あの有様ですから、本当に王楽さんの言われる通り、投手の練習に重きが置かれてる現状も手伝い、非常に見極めが難しいですね。

さて、遅まきながら王楽さん撮影の動画を見ましたが、なるほど、山下にはバットのヘッドが投手よりに向いていませんね、まったくそんな印象がなかっただけに、観察眼には驚きます(力強く見えなかった印象の原因という見方もうなづけれます)、まぁ、長いプロ人生を見れば修正できる、もしくは変われるポイントで、直しがたい悪癖とまでは言えないでしょう、…安田は 何かヘッドで当て走りのシーンを見ましたが、あの打席だけの印象で言うなら、 ヘッドに重心のあるツチノコでいったほうがいいんではないか??…と思いましたね、ヘッドが軽い今のバットだと、ああいう力の伝わらない平凡なゴロになりがちで、ヘッドが思けりゃ、ぶつけるだけで、野手の頭を越えたり、また変な回転で内野安打になる確率が上がるので、試す価値はあるかな??…とも思いましたが、王楽さんの言われる鉄平タイプの打撃が本来の打撃なら、今のバットのがいい気がしますが、あくまであの一打席のヘッドの使い方の印象のみですから、気にはしないでください、

牧原はあの一打席だけでも テニスの面を綺麗に下半身から上半身の連動を活かせるバッティングができており、他の育成選手とは、もっているバットの軌道が違うな…という印象ですね!…パワーつけるだけですわ、確かに…。

バットの面を活かす軌道をもっていて、身体の連動も非の打ち所がないですね。

さてさて福田! 彼は屈辱の肉離れから、心神共の成長が見られ、なおかつ打撃技術、走りはレギュラーのそれといってもいいでしょう、フォームと身体はもう完成に近く、あの少ないチャンスを活かし、なおかつセーフティーを決める、視野の広さ、がむしゃらさだけでない頭脳の行動視野…アクティブフィールドの選択の幅ができつつ、 勢いだけでない技術と思考の成長は 今が攻め時だと感じましたね! ただ、や守備が…(笑)

充分に核弾頭としてやっける技術は身につきました! 後は固定すべき発射台である守備ですね。

中村は使ってやりたいんですけどね… 柴原の位置を奪うしかないんですよね、現状は試合に出るには多村の後、もしくは小久保の後… でも、なんか使い方的にはしっくりしたポジションではないですね、似たタイプの長谷川が控えにいるだけに…もうファームにいるべきではないだけに、需要と供給が一致しない不運がありますね… あと意外にプロとしての強いアピールが鍵かもしれませんね、技術的にはまだの柳田ですが、反面、見たいと思わせるアピール力が彼にはありますからね、中村は今が試練だと思います。

今宮は腰ひけすぎ、 腰入ってない手打ちうどん…。

けども、衝突とはいえ、ネルソンからドームでほおりこんだ訳ですから、まだまだ持ってる鉱脈は無尽蔵…、打撃技術的な立て直しを雁ノ巣ですべきかな?

大場は 中継ぎ転向が当たったか!…と思わせたら西武戦で連続失点…。

それでも 奴は わけわかんなくなるまで投げさせるべき! お祭で神輿をかつきすぎて わけわかんなくなり、身体が勝手に動くようになるまで投げさせろ!

ほーくすくす #- | URL
2011/04/03 17:42 edit

Re: タイトルなし

>ほーくすくすさん
> 王楽さんお疲れ様です、今日もホークスの試合を見てしまい、休日もまったく高校野球を見れていないので、王楽さんの情報頼りです、今回のように上村君のように盲点になりそうな、平凡なエースで打撃に非凡な才能というのは、どちらで行くか?…という決断が、本人のこれからを左右する事が多いので、これからに注目ですね、阪神の秋山は今だに、投手として疑問に思ってますが、意外にルーキーから出てきたり、イチロー等は私等、愛工大明電の時は平凡なヒョロ投手としてしか見ていなかったのが、あの有様ですから、本当に王楽さんの言われる通り、投手の練習に重きが置かれてる現状も手伝い、非常に見極めが難しいですね。

今年は素材のバラエティ度が高いのでこれからのチェックが楽しみです。高校生の突出した選手がいないのはメディア的には不作でしょうが。
秋山は完全に投手に心がいってましたもんね。打者としても面白かったけど、好きじゃないと伸びんでしょうね。
上村は打者としての素養が高すぎですね。作り込まれていないので苦労はするでしょうが、プロでこそ育てるべき逸材だと思います。これからどれだけ評価されるんでしょうね。

> さて、遅まきながら王楽さん撮影の動画を見ましたが、なるほど、山下にはバットのヘッドが投手よりに向いていませんね、まったくそんな印象がなかっただけに、観察眼には驚きます(力強く見えなかった印象の原因という見方もうなづけれます)、まぁ、長いプロ人生を見れば修正できる、もしくは変われるポイントで、直しがたい悪癖とまでは言えないでしょう、…

ですね。大きな欠点とはまではいいません。実際にヘッドが立ちながらインパクトにバットを落とせていますし。ただ、あの投手にバットを向ける動作は強固な「割れ」を作るのには必要だとは思ってます。ホンマモンの長距離砲には欠かせない動きだとは思います。しかし、投手方向に向きすぎるのもいかんし、バッティングは難しい。それだけに見るのは楽しいのですが。

>安田は 何かヘッドで当て走りのシーンを見ましたが、あの打席だけの印象で言うなら、 ヘッドに重心のあるツチノコでいったほうがいいんではないか??…と思いましたね、ヘッドが軽い今のバットだと、ああいう力の伝わらない平凡なゴロになりがちで、ヘッドが思けりゃ、ぶつけるだけで、野手の頭を越えたり、また変な回転で内野安打になる確率が上がるので、試す価値はあるかな??…とも思いましたが、王楽さんの言われる鉄平タイプの打撃が本来の打撃なら、今のバットのがいい気がしますが、あくまであの一打席のヘッドの使い方の印象のみですから、気にはしないでください、

いや、素晴らしいアイディアですね。ツチノコバットは思いつかなかった。ホークスは藤原満を先頭に重いバット使いの歴史を持っていますし、ぜひ採用して欲しい案です。鉄平タイプはただの私の理想ですし、現実的に一番安田に合うのは、ツチノコ、重いバットだと思います。

> 牧原はあの一打席だけでも テニスの面を綺麗に下半身から上半身の連動を活かせるバッティングができており、他の育成選手とは、もっているバットの軌道が違うな…という印象ですね!…パワーつけるだけですわ、確かに…。 バットの面を活かす軌道をもっていて、身体の連動も非の打ち所がないですね。

ですよね。安心しました、ルーキーの打撃であれだけべた褒めした選手ってそうはいないんで、言いすぎたかもと思っていました。あとは体の厚みをつけていくだけですね。特に下がまだまだ薄すぎる。

> さてさて福田! 彼は屈辱の肉離れから、心神共の成長が見られ、なおかつ打撃技術、走りはレギュラーのそれといってもいいでしょう、フォームと身体はもう完成に近く、あの少ないチャンスを活かし、なおかつセーフティーを決める、視野の広さ、がむしゃらさだけでない頭脳の行動視野…アクティブフィールドの選択の幅ができつつ、 勢いだけでない技術と思考の成長は 今が攻め時だと感じましたね! ただ、や守備が…(笑)
>
> 充分に核弾頭としてやっける技術は身につきました! 後は固定すべき発射台である守備ですね。


福ちゃんの打撃はほとんど見れてないんですよ。守らせるところが無いんですよね。外野でいくのか、内野でいくのか、将来的ビジョンまでも欠けている気がします。(本人のせいではなくて)

> 中村は使ってやりたいんですけどね… 柴原の位置を奪うしかないんですよね、現状は試合に出るには多村の後、もしくは小久保の後… でも、なんか使い方的にはしっくりしたポジションではないですね、似たタイプの長谷川が控えにいるだけに…もうファームにいるべきではないだけに、需要と供給が一致しない不運がありますね… あと意外にプロとしての強いアピールが鍵かもしれませんね、技術的にはまだの柳田ですが、反面、見たいと思わせるアピール力が彼にはありますからね、中村は今が試練だと思います。

そうなんですよ。だから、2年ほど優勝を我慢する時期すりゃあればと。これほど面白い逸材がファームにずらっと揃っているチームなんて滅多にないのに・・・。
中村はセンターから打撃を見れる機会があって、安心しました。ちょっと小斉の悪癖(トップの時に背中越しに左肘が見える)になっちゃーおらんかと思っていて。問題の無いトップでした。小斉も今年やっとやっとあの悪癖を克服しているんですよ。前とは打撃の質が違います。あれなら、インが捌ける。

> 今宮は腰ひけすぎ、 腰入ってない手打ちうどん…。
> けども、衝突とはいえ、ネルソンからドームでほおりこんだ訳ですから、まだまだ持ってる鉱脈は無尽蔵…、打撃技術的な立て直しを雁ノ巣ですべきかな?


一本足になって、「間」は作れていますが、踏みこみが弱いし、上下の連動が巧くはかれていませんね。彼の場合、何のために一本足にするのか、よー分からんのですよ。江川や健太のように「間」が作るのが下手くそな選手は一本足でいいんですが、今宮は「間」は前から巧く作れていましたし、どういった意図かなと。しかし、あの足の上げ方は藤本博チックですね。変に折り込んだり、勢いをつけすぎて上げる感じがないところが。

> 大場は 中継ぎ転向が当たったか!…と思わせたら西武戦で連続失点…。
> それでも 奴は わけわかんなくなるまで投げさせるべき! お祭で神輿をかつきすぎて わけわかんなくなり、身体が勝手に動くようになるまで投げさせろ!


一軍はチェックしていませんが、打たれましたか。とにかく、投げて投げて、下柳のような育て方をして欲しいですね。体だけは強そうなんで。

王楽太陽 #B9vKlaaI | URL
2011/04/05 19:22 edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/505-f9e1fb43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。