LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

見えてねーなーノムさん 

昨日の開幕戦、福岡の地上波放送では、野村克也大先生がゲスト解説でした。レギュラー解説が私が最も信頼を置く、吉田修司でしたのでそれを聞きたいが為にCS放送で無く、こちらを見ていました。

結論から言うと、以前は、解説者としての野村はかなり買っていたのですが、それももう厳しい感じを受けましたね。(弟子の森福の名前を間違えたりするのは年齢からも仕方ないかと思うんですが)そう思わせる問題の場面があったのです。それは9回ワンアウトで後藤が打ったホームランについての見解です。

このホームランの前、吉田修司は「この試合のポイントは後藤選手ですね。T岡田選手よりも彼の方が怖いです。一発の可能性もあります。この選手は決め打ち(配球のヤマを張って、打つタイプ)をしますから、変化球に絞って、強く振ってくると言う事に気をつけて欲しいです。」といった事を予測していました。まさにその慧眼どおり、和田の抜けたスライダーを決め打ちよろしく、ライトスタンドに放りこみました。

しかし、この結果について、野村はやたらと「なぜ、簡単にストレートを放るのか?(あれがストレートに見えちゃっているんだもんな)後藤は変化球なんか読み打ちするタイプじゃないですよ、ストレートに超積極的に打ちに行くんだから、インコースにストレートをここで放りますかね?」といったぼやきを何度も言っていました。
そう、吉田修司の予測、結果とも全く異なる見解です。あの場面、細川のミットはアウトローに構えています。おそらくはスライダーが抜けたんでしょう。ドロっとした変化しかしていませんから。(それでもボールの球速とおじきした感じのボールで、ストレートとは絶対違うくらいは分かるようなもんでしょう)
しかし、あれだけの人が試合の一番のポイントとなる場面の考察すらしっかり出来なくなったのかと。配球予測・打者考察に相当長けていた人だったのにと愕然としました。
あの迷いの無い振りは完全に決め打ちです。それも変化球と読まなきゃ出来ない振りです。もちろん、球種が当たれば打てるっもんでもないです。問題なのは、和田のスライダーが大して曲がらず、インにスーと吸い込まれた事です。なぜ、そうなったのかの結果の考察を吉田修司から聞きたかったのに、野村がこうした変な見解を言うから、修司もモノを言えなくなっちゃった。

まぁ誰でも球種の見間違いはあるし(私の雁ノ巣レポートでも球種の間違いはあると思っています)、それをこのようにあげつらうのは、フェアじゃない気もしますが、あれだけ間違った結果から、和田の批判をするもんかねぇとあきれ返ったもんで、ちょっと書かずにいられない。ビデオを見りゃ分かりそうなもんでしょうし。
それにこの人はもちろん、この人の弟子の橋上とかいう茶坊主も野村を持ち上げる為に散々王さん批判などを本などで展開していますからね。(王さんよりも野村の打撃アドバイスの方が的確だみたいに)王さんの茶坊主(になりたいと願う)私が野村を批判してもよかでしょ。人を撃つ以上、自分も撃たれる覚悟をしないと。(俺もだけど)

しかし、こういった間違いをしている監督から、ギャーギャー怒られていた嶋(楽天)はつらかっただろうなぁと。言い返したかっただろうなぁ。「いや、今のはストレートじゃないです。アウトローに構えていたのが見えませんでしたか?スライダーが抜けたんですよ。」て具合に。私のサラリーマン時代のクサレ上司を思い出しますバイ。本当に解説聞いてて、嫌な気分になったなぁ。(これを読んでいる読者の方々も嫌な気分かな?)ベンチからだともっと球種なんかも見えてなかっただろうしねぇ。

PS:これを昨夜、ある程度の下書きをした時点では、あの球がチェンジアップというソースはなかったので、ここでは、抜けスラと私が間違った分析したとおりに書いておきます。(細川がチェンジアップだったと言っています)
和田がチェンジアップを放るというのは頭に無かったです。(10%くらい放っているにもかかわらず)人の失敗について書いているんだから、自分の恥もさらしておきます。

スポンサーサイト

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

王楽さんお疲れ様です、先週久しぶりに野球をやって筋肉痛、なおかつ仕事中に打撲して開幕そうそう満身創痍の私が来ました(笑)

野村がそんな醜態を… ちょっとそれはビックリですね。

間違いは誰にでもあるんですがね… 自分が影響力があるという自覚がないですよね、吉田修二も反論できないまま、誰も訂正できぬまま、放送も間違った道のまま歩いていかなくてはならない…。

もっとも、劣等感の固まりのようなお人ですから、人の指摘等で素直に誤りを正す人ではないでしょう…。むろん、自分で気付いた誤りには野村も反省はする人ですが。

私自信も劣等感の固まりなわけで、劣等感から工夫をして、あそこまでの大選手になった野村監督は劣等感界のスターと言ってもよく、全てが悪いとは言いません。

問題は 彼が指導者、もしくは影響力のある人として、 自分の考えと反対の考えの人を完膚なきまでに叩く、もしくは呪う人格ということ…(苦笑)

野村の意見に反対、もしくは反論できる人も少ないわけなんだから、すくなくとも自分より下の立場の人間にそれはないだろう??

王や長島に反骨心をもつのは結構! むしろドンドンやれ!

しかし、月見草がもっと弱い雑草をけちょんけちょんにして成長する前に腐らすのはいいのか??

まぁ、もっとも門田等はそれに対しても反発して成長したわけで。

古田も上記のような 野村の勘違い発言に対し「おっさんボケてんのか?」…とい思いながらも、傍若無人な父親のもとに時には学び反発しながらも旅立つような強い人間でないとダメなのでしょうが…。

吉永とかだったら潰れてたろうな…

まぁ、王さんも加藤伸一との例を見ても 似たようなケースはあるわけですが、 決定的な違いは 王さんは若い頃に尊敬するお兄さんに嗜められ、自分の行動が他人に与える影響を考えるようになった事、…これは自分が強い影響を持つ人間になった今こそ余計に自分を律する原点になってますよね。

まぁ、王少年から続く自分を自由に表現するにもなっている気もなくはないですが…

王少年と野村少年の決定的な違いは 野村少年には 信頼できる人の嗜めがなかった事なのでは??…と、 なんとなく思いました。

…なぜアメリカは日本ほど漫画が普及しなかったかというと アメリカには手塚治虫がいなかったから…と言う発言も、 関係ないけど思いだしました(笑)

チャップリンとヒットラー も同い年で 小柄でチョビヒゲ…劣等感の固まりだったにも関わらず

かたや母親の影響で 人を楽します事に喜びを得て、かたやユダヤ人を怨む心から…

あ 勿論、野村をヒットラーみたいに悪人扱いをしてるわけではないですよ(笑)

ただ、人はやっぱり人に理解してもらいたいから頑張るんだから、 野村は人を理解しようとせず、自分だけを理解させようとするなよ…。

ほーくすくす #- | URL
2011/04/15 10:40 edit

訂正します

すいません 常に誤字脱字ありますが これは大きく意味が変わるので。


まぁ、王少年から続く自分を自由に表現するにもなっている気もなくはないですが…

→まぁ、王少年から続く自分を自由に表現する枷にもなっている気もなくはないですが…

枷(かせ)が抜けてました (汗)

そういや投手、野手両方やった嘉勢っていたなぁ

ほーくすくす #- | URL
2011/04/15 10:48 edit

Re: タイトルなし

>ほーくすくすさん
> 王楽さんお疲れ様です、先週久しぶりに野球をやって筋肉痛、なおかつ仕事中に打撲して開幕そうそう満身創痍の私が来ました(笑)

お疲れ様です。私も6年前草野球を再開した際、野球の試合なんて、大して動く事無いし、大丈夫やろ、仕事でも動いているしと思ってたら、地獄をみたことを思い出します。

> 野村がそんな醜態を… ちょっとそれはビックリですね。
> 間違いは誰にでもあるんですがね… 自分が影響力があるという自覚がないですよね、吉田修二も反論できないまま、誰も訂正できぬまま、放送も間違った道のまま歩いていかなくてはならない…。


またその間違いを何回もくどくど言うんですよ。「あそこでストレートを放る気がしれない。」とかなんとか、そのたびに「いやいや、じい様、あれはどーみても、変化球やろ。」って突っ込んでいました。それに修司の予測を根拠も無く、否定するのも気に入らんかったですね。後藤は変化球打ちの達人だとおもっていますし。

話が逸れますが、あの場面和田が何を打たれた事より、なんでファルケンボーグ様を投入しなかったのかが原因だと思っていました。開幕の疲れで、8回以降に握力がなくなっているような感じを受けていましたから。

> もっとも、劣等感の固まりのようなお人ですから、人の指摘等で素直に誤りを正す人ではないでしょう…。むろん、自分で気付いた誤りには野村も反省はする人ですが。
> 私自信も劣等感の固まりなわけで、劣等感から工夫をして、あそこまでの大選手になった野村監督は劣等感界のスターと言ってもよく、全てが悪いとは言いません。


うーん、あの人は成績から見ても、明らかに「強者」なんですよ。たいがいでその劣等感を払拭して、大人にならないと。(笑)その強者が「弱者」の振りをして、自己弁護っていうか、覚悟が足りないっていうか、責任逃れの部分で話をするスタンスがどーにも気に喰わないですね。この国では自分が「弱者」だって言える人が一番堂々と世間を渡っていけますから。
ONのように野球界を背負う覚悟と責任を負った人にモノを言える資格はないですね。

> 問題は 彼が指導者、もしくは影響力のある人として、 自分の考えと反対の考えの人を完膚なきまでに叩く、もしくは呪う人格ということ…(苦笑)
> 野村の意見に反対、もしくは反論できる人も少ないわけなんだから、すくなくとも自分より下の立場の人間にそれはないだろう??


南海時代なんて凄かったみたいですしね。門田をはじめ、下も強かったけど。あのタイプの上司がいたら、たまらんだろうなって思います。

> 王や長島に反骨心をもつのは結構! むしろドンドンやれ!
> しかし、月見草がもっと弱い雑草をけちょんけちょんにして成長する前に腐らすのはいいのか??
> まぁ、もっとも門田等はそれに対しても反発して成長したわけで。
> 古田も上記のような 野村の勘違い発言に対し「おっさんボケてんのか?」…とい思いながらも、傍若無人な父親のもとに時には学び反発しながらも旅立つような強い人間でないとダメなのでしょうが…。
> 吉永とかだったら潰れてたろうな…


野村が潰した選手は多いと思いますよ。活躍している選手、みんながメンタルが強いってわけでもないですしね。あの豪快な王さんや中西太さんも怒られたら、シュンとするタイプだったと聞きますし。私はプロ野球において、ベンチでクドクド選手を怒るようなシーンは観たくないですね。嶋とか、本当に可哀想だった。怒るなら、ベンチ裏でやれって。

> まぁ、王さんも加藤伸一との例を見ても 似たようなケースはあるわけですが、 決定的な違いは 王さんは若い頃に尊敬するお兄さんに嗜められ、自分の行動が他人に与える影響を考えるようになった事、…これは自分が強い影響を持つ人間になった今こそ余計に自分を律する原点になってますよね。
> まぁ、王少年から続く自分を自由に表現するにもなっている気もなくはないですが…
> 王少年と野村少年の決定的な違いは 野村少年には 信頼できる人の嗜めがなかった事なのでは??…と、 なんとなく思いました。


まぁ、その王さんも田之上や若田部にはしょっちゅう、ベンチで横に座って、怒っていたんですが。(苦笑)王さんもホークスに来て、枷を少し、外された気がしますね。こんなに自由に表現する人だったんだって、ホークスにきて知りました。00年の日本シリーズでしたか、解説の中畑が「今の王さんは、ベンチでこんなに明るい表情で野球をやられているんですね。」としみじみと言っていましたね。

野村に関して言えば、忠告出来る人がどんどん去っていったんじゃないですかね。毒婦のせいで。最後はあの高畠さんすら、袂を分けたんですし。

> …なぜアメリカは日本ほど漫画が普及しなかったかというと アメリカには手塚治虫がいなかったから…と言う発言も、 関係ないけど思いだしました(笑)
> チャップリンとヒットラー も同い年で 小柄でチョビヒゲ…劣等感の固まりだったにも関わらず
> かたや母親の影響で 人を楽します事に喜びを得て、かたやユダヤ人を怨む心から…
> あ 勿論、野村をヒットラーみたいに悪人扱いをしてるわけではないですよ(笑)
> ただ、人はやっぱり人に理解してもらいたいから頑張るんだから、 野村は人を理解しようとせず、自分だけを理解させようとするなよ…。


手塚とヒットラーとくれば、「アドルフに告ぐ」を思い出しました。

そうですね、あの解説の時、吉田修司と何か会話をしたってことがなかったんです。普通、もっとクロストークになるはずですよね。KBCで落合が西村龍次や杉浦さんとダブル解説していた事がよくあったんですが、その際は色々な投手心理について、落合の方から尋ねたり、西村に対して、「さすがにホークスについてよく理解している。早く、投手コーチにならんとね。」とか言って、非常になごやかに楽しい解説が聞けた事がありました。野村の時はそういう雰囲気ゼロでしたもん。野村の方から、修司に話を振ってやるのが、年長者としてあるべき姿のはずなんですけどね。人を理解しようとしていない人が、偉そうに人の道を説いたりするから、私の怒りの琴線に触れるんですよ。

王楽太陽 #- | URL
2011/04/15 22:40 edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/510-9b3b898e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。