LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

未完成の野生児投手 松田遼馬 

松田 遼馬(波佐見高 長崎県)
投手 右投げ右打ち

(紹介)

センバツ前の練習時に大垣日大のベテラン監督が「今大会のNO1投手じゃないか?」と述べた事で、にわかに注目を集めた投手。週刊ベースボールでも「右腕3傑」として、先に紹介した吉永(日大三)、釜田(金沢)とともに並び称される。

(タイプ フォームイメージ)ー津田恒美ー

足をあげてから、ステップ前にお尻をファースト側に引いて、下にかがむ感じになるのが、2年前の夏に同じ長崎代表として甲子園に出て名を馳せた、大瀬良大地(長崎日大 現九州共立大)に似ている。このタイプの投手を見ると思いだすのは津田恒美。非常にダイナミックな投げ方で、ストレートでガンガン押していく投球スタイルも津田っぽい。

(フォーム)

グローブを持った手の使い方は近年非常に重要視されているのだが、この投手に関しては独特な使い方。一応、ステップ時に胸のあたりに持ってくるのだが、すぐにほどき、背中側に持ってくる。胸にもってくる動きは遠心力を制御する役割を果たすのだが(開きを抑える)、この投手は遠心力に身を任せている感じだ。こういった投げ終わった後もダイナミックな感じを受けるのは、近藤(オリックス)に似ている。

近藤はプロに入ってから段々右肘が下がって、今ではほぼサイドスローになっているが、この松田も無理に肘を上げるのではなく、近藤のように肘を下げて、遠心力を利かすフォームの方が、もっと凄い球を放れそうな感じも受けた。

(打者の討ち取り方)

投球パターンは非常に単調で、ストレートとスライダーの一本槍投球。スライダーは低目にワンバンするような感じの為、対戦相手の横浜高校は、途中から、高目のボールしか手を出さなくなり、非常に苦しい投球となっていた。
松田に敗れた横浜高がつらかったのは、ストレートが暴れている為、狙い打つのも難しかった事だろう。こういう投球スタイルは、大場(ホークス)のファームでの投球を思わせる。

(ストレートの質・球速)

捕手のミットを押し返すようなズドーン系の最上級のボール。空振りはそう取れないが、遠くに打つのが困難な感じを受ける。実際、横浜高校は当てても、なかなか飛んでくれず、内野ゴロを量産していた。時折、目を見張るような低目にギュイーンと伸びてくる、当てるのも困難なストレートもある。かと思うと、高目に手首の抑えが利かず、抜けていく球も多い。こうしたまとまりのない感じがプロのスカウトの心をくすぐっているだろう。(発展途上好きだモンな)

球速自体は137㌔~147㌔くらいとレンジが広い。狙ってそうなっているのではなく、投球フォームがまとまっていない為に起こっていると思われる。

(変化球)

スライダーが主な球種。横曲がりタイプで、曲がりは大きい。低目に決まっているのは良いが少し曲がりが早いのか、見送られるケースが多い。プロの先発でスライダーだけでやっていけるシロモノではない。
チェンジアップもたまーに放っていたが、これも使えるようにならないとファームでも厳しいだろう。

(コントロール)

決して良くはない。アマの広いストライクゾーンに助けられている感じがある。この部分はプロで相当に苦労する部分だろう。

(評価)B+

プロのスカウトからは、右腕3傑のなかで最も高い評価を受けるかもしれないが、私は今のままならプロでかなり苦労するタイプとみる。ただし、決まった時の低目の凄い伸びのストレートを光にこの投手の可能性に賭けてみたくなるのは分からなくは無い。
比較的自由に野球をやっている感じがある波佐見高だが、それゆえに個性的でプロ向きの選手も多い。こういった野生味溢れる選手が今後、どう成長するか楽しみではある。
スポンサーサイト

テーマ: ドラフト会議 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/512-2b8952e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。