LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

岩嵜への期待の裏返しとして 

この記事はブロとも限定にするか迷ったのですが、一応、一般用として公開しておきます。岩嵜ファンの方々には傷に塩を塗る記事かもしれませんので、お取り扱いにはご注意を。なんか凄くとりとめのない文章になったのもご了承ください。

昨日の岩嵜は残念でした。とはいえ、昨年ほど(参照)庇うっていうか、保護するっていうか、そんな気にはなっていないんですよね。今までこれだけ岩嵜に心を砕いてきたっていうのに。というのも、昨日の降板への至り方などがちょっと気に喰わんかったってのがあるんですよね。

まず、あのイニングでいきなり、ストレートの球速が5㌔ほど落ちたってのが、どーにも情けない。昨年までは「なんとしても、リリーフの力でコイツを勝たしちゃりやい。勝たな、続けて投げさせてもらえんちゃっけん。」と願いたくなるような、まだ幼い投手でしたが、今年は「もう、自分で勝てるようにせないかんバイ。」と思わせるほどの大人の投手になりつつあると思っていたんですけどね。先発が6回でバテてどげんするとかと。5回しか投げられんのなら、小椋と変わらんじゃないかと。
降りる前の1回くらいピッシャっと3人で片づけんかい、それでリリーフに勢いをつけて、気分良く投げさせんかいと。

昨年夏以降、岩嵜は変わったと言われていました。ファームでも自分から志願して、完投したり、ガッツポーズしたり、私も昨年のドームでのファーム優勝決定戦でのリリーフでの強い気持ちが現れた投球を見て、アイドル投手からの脱却を感じました。岩嵜のハートを感じさせる投球は忘れらません。
その後のプエルトリコでの大活躍はそれを裏付けるものでした。技術の部分では無く、精神的な部分においては、プエルトリコで成長したっていうより、夏以降の雁ノ巣での成長をあそこでもしっかり表現出来たと思っていました。
それだけに昨日の6回はがっかりしたなぁ。そんなサクっとした顔で潔くマウンド降りるなよと。俺はまだ投げられるって顔して降りんかいと。降板の打診もされずに降ろされるってのは、まだ低いレベルの投手とみなされいる証拠なんだから、それに対する、自分への他者への悔しさは無いんかいと。もっと自分を高く評価していかないとこれからの成長は無い。お前に夢が買えん。

昔、星野仙一という、気迫をむきだしにして、緩い球や変化球で抑えようとする投手がいました。(私はギリギリ、オンタイムで投げているのは観てるんですよ)その投手はピンチに投手コーチ(稲尾さん)がマウンドに来たら、「もうダメですよ。俺はバテてます。早く交代させないと。」と自己申告してきたとか。それを受けて、本当に替えると、なんとマウンドでグローブを叩きつけて、交代への不満をアピールしたそうです。ベンチに戻ってきて、稲尾さんが「なんだ、あの態度は。お前が交代したいって言ったんだろうが。」とたしなめると星野は「稲尾さん、俺は名古屋で「燃える男」って呼ばれているんですよ。その男が交代に簡単に従ってたら、ファンが納得しないでしょう。」とのたまったそうです。
20歳くらいの真面目な青年にそこまでの腹芸を求めるのもアホなんですけど、君の降板の仕方を見つめているファンもいるって事は知って欲しいです。一軍で投げるってのはそういう事でもあるんです。星野のようにファンを意識して、創造の感情表現をするような投手もいたんだから。(まぁ、この人はそれが極端に強すぎて、時折、食あたりしそうになりますが)

これから、ホークスは岩嵜を中心にチームを作らなきゃいけないんですから、もっとエゴを感じさせるような投手になってもいいと思うんですよね。和巳に憧れている割には、そういった部分は見習わなかったのでしょうね。(ムネは見習わんでいい、イチローの横着なインタビューの受け答えまでマネしてんのに)和巳の2軍時代、雁ノ巣での登板は何度も見ていましたが、彼が雁ノ巣で打者を討ち取って、吠えたシーンなど一度も見た事はありません。淡々と投げていました。一軍でこそ、あのように吠え、真の自己表現が出来るのだと知りました。「こんな感情豊かな奴やったんや。」と。一軍での岩嵜にも、胸いっぱいの想いを表現できるようになって欲しい。昨日は、戦いに対するテンションっていうか、そういったものが私には伝わってこなかった。

厳しい言い方をしていますが、あのモーレツライオンズ打線を相手にヒットを打たれても、点をやらない投球が出来ており、岩嵜の真骨頂が発揮されたという嬉しさも一方ではありました。投球自体に注文をつける点はあまりありません。(ひとつ言うなら、足を上げて、グラブと手を離すタイミングがイニングによって違っていた。この重要ポイントが固まっていないのは、いかがなものか)
そういった部分でも、特に初勝利を焦る必要は無いと感じます。そんな低いレベルを考慮する投手じゃなくなっていると信じています。初勝利なんかより、新人王を意識させないと。
その為には、一軍で委縮した顔をするのではなく、逆に一軍こそが、自分のエゴやら抑圧やらを解放出来るような場所として欲しいです。本当に勝ちを喜べ、負けの悔しさを味わえるのは、一軍の舞台だけなんだから。(江川が昨年、それを爆発させてたのは嬉しかったなぁ。バット叩きつけてたし)

PS:昨日、初勝利を挙げた、オリの西は、接戦の9回、ベンチでおどけてマウンドのリリーバーに「頼みます。初勝利挙げさせてください。」って感じで、祈りを捧げるような仕種をしていました。岩嵜にそういった事を求めるのは違うとは思うのですが、ああいう風な事が出来るような、もう少し、気楽な雰囲気のチームになったっていいんじゃないかと思うんですよね。なんで4月のはじまったばかりの試合でこうも悲壮感が漂うのか、「また、ダメやったのう。お前は持ってないわ。」って、岩嵜に笑いかけるくらいのチームにならんもんかと。
小久保や松中や柴原が若い頃はもっとノンキで可愛いチームでしたよ。アイツらがそれを忘れて、若手を過度に縛り付けてんのかしらんけど。もっと若い奴らは弾けとけ。ベテランの目なんか気にするな。ポンがその先頭に立って、チームの雰囲気を変えてくれ。

ツインズももち
ホテルツインズももち
←県外のホークスファンの方々に宣伝させて頂きます。こちらのビジネスホテルは、ヤフードームから徒歩7分という好立地にある、非常にお洒落な感じのホテルです。ホークスファン御用達にうってつけです。
実は、このホテルは昨年より私の高校時代からの親友(ホークスファン)が支配人として運営しております(友がみな、偉く見ゆる・・)ので、少しでも助けてやって頂ければと。
GWのどんたくシリーズなどで福岡にお越しくださる際には、ぜひこちらのご利用をご検討下されば、幸いです。こうしたネットもご縁ということで、バナーのクリックをお願いします。ただいま、ホークスシルエットクイズ開催中です。
スポンサーサイト

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

お久しぶりです王楽さん。
岩嵜登板ということでコメントさせていただきます。
偉そうなことを書きますがご了承ください。

私個人の岩嵜への評価は微妙です。
成長できたところもできてないところも見せられた試合だったかなと
思っているからです。

まず一番に思ったのが、直球がしょぼいなと。
あくまで私の感想ですが、オープン戦、練習試合では
もっと球威、球速があったと思っていたのですが、
ワインドアップで投げてる時でもガッカリするくらい直球が走ってなかったのでは
ないかと思います。
足を上げた後の動きが微妙にいつもと違ってた気もしますが
それが原因なのか、そんなことは私にはわかりませんが。
初登板ということで緊張もあったでしょうが、次の登板もあの直球では
きついでしょう。スライダーでなんとか粘ってた、という印象しかありません。

あと制球が甘すぎです。疲労もあったでしょうが、
不用意に真ん中投げてHR打たれたり、せっかく追い込んでも甘く入って
ヒット打たれてランナー出したり。
四球がない分、被安打は多少多くても良いと私は思っているんですが、
あの試合はちょっともったいないヒットが多かったような気もします。
何でそこに投げんの!?って思う場面が多いです。

あとはまぁスタミナですね。134キロの直球には驚きましたよ。
あのフォームが良くないんですかね?
どうも小手先で投げてるようにしか見えない…。
まぁ斉藤祐樹も似たような印象ですけど。

さんざんボロクソ書いたのであとは褒めようかな。
あの化け物みたいな西武打線相手に良く投げたとは思います。
攝津炎上の翌日だっただけに、よく試合を作ってくれたなと。
その点は精神的な成長があってこそだと思います。
リリーフ崩壊で勝ちを消されたのは不運だと思うしかないでしょう。
どんな内容であれ、岩嵜に勝ちがつけば次以降の登板がすごく楽しみだったの
ですが、見事に打ち砕いてくれましたよ。打たれた投手は反省しろ。

四球ださないのは彼の武器だと思いますし、スライダーが良かったという
印象も持ちました。
さっきも書きましたが、『西武打線相手に試合を作った』というのが
一番の成長でしょう。ただ岩嵜は今年はもう『期待の若手』でいてもらっては
困ります。開幕ローテに入った以上、1年間守ってもらわないと。

長々と偉そうにすいません。
期待が大きい分、厳しくなってしまいますが、
山田が成長を見せてくれたので余計岩嵜に
求めるものが多くなるかもしれません。

ゆずぼんど #- | URL
2011/04/19 18:01 edit

Re: タイトルなし

>ゆずぼんどさん
> 私個人の岩嵜への評価は微妙です。
> 成長できたところもできてないところも見せられた試合だったかなと
> 思っているからです。
> まず一番に思ったのが、直球がしょぼいなと。
> あくまで私の感想ですが、オープン戦、練習試合では
> もっと球威、球速があったと思っていたのですが、
> ワインドアップで投げてる時でもガッカリするくらい直球が走ってなかったのでは
> ないかと思います。


決して直球が走っていたとはいえませんよね。ただ、私はあのストレートでも勝てる投球を出来る投手になって欲しいので、ピッチング自体はそう問題は無いと思っています。もう少し、開幕ローテに入れた恍惚と不安をぶつけるというか、吐き出すような、ハツラツさが欲しかったなぁと。

> 足を上げた後の動きが微妙にいつもと違ってた気もしますが
> それが原因なのか、そんなことは私にはわかりませんが。
> 初登板ということで緊張もあったでしょうが、次の登板もあの直球では
> きついでしょう。スライダーでなんとか粘ってた、という印象しかありません。


足を上げて、グラブと手を離す位置とタイミングは重要だと思っています。軸を稼働させるスウィッチのようなもんで。どれが正しいというのでは無くて、自分の体の使い方に即したポイントを一定させるのが正しいのに、これが微妙に違うのはどうなのかなと。今年はそれを感じた事は無かったんですけどね。
スライダーは良かったですね。ただ、そのぶん、ツーシームが攻め込めてなかった気がします。もっと打者の近くにかますくらいでいいのに。

> あと制球が甘すぎです。疲労もあったでしょうが、
> 不用意に真ん中投げてHR打たれたり、せっかく追い込んでも甘く入って
> ヒット打たれてランナー出したり。
> 四球がない分、被安打は多少多くても良いと私は思っているんですが、
> あの試合はちょっともったいないヒットが多かったような気もします。
> 何でそこに投げんの!?って思う場面が多いです。


ツーアウトからのヒットが多かったですね。先発は試合を作らなきゃいけない訳ですから、ライオンズ打線の火を燻らせたままマウンドを降りた感じです。5回2/3で2失点という結果以上のものも求めたいですね。まぁ、ただの先発6番手の投手ならそこまで言いませんが。小椋にそれを求める気も無かったし。

> あとはまぁスタミナですね。134キロの直球には驚きましたよ。
> あのフォームが良くないんですかね?
> どうも小手先で投げてるようにしか見えない…。
> まぁ斉藤祐樹も似たような印象ですけど。


一番ガクっときたポイントですね。いくら初回から飛ばしていたとはいえ、あんなに球速が落ちる一軍の先発投手はそうはいません。これが続くようなら、今年も雁ノ巣で体つくりやらせる必要すらあると思います。つーか、「バテるのは気持ちの問題タイ、気持ちの。」って感じもあるんですよね。もっと自分を奮い立たせるように吠えたり、してみーよと。マウンドで飛び跳ねてたら、バテもせんって。

> さんざんボロクソ書いたのであとは褒めようかな。
> あの化け物みたいな西武打線相手に良く投げたとは思います。
> 攝津炎上の翌日だっただけに、よく試合を作ってくれたなと。
> その点は精神的な成長があってこそだと思います。
> リリーフ崩壊で勝ちを消されたのは不運だと思うしかないでしょう。
> どんな内容であれ、岩嵜に勝ちがつけば次以降の登板がすごく楽しみだったの
> ですが、見事に打ち砕いてくれましたよ。打たれた投手は反省しろ。


佐藤友にホームラン打たれちゃいかんでしょう。アイツのホームランなんてはじめて見た気がします。
まだ4月なんだから、勝てんでもいいんやから、馬原を雁ノ巣でしっかり調整させるべきだと思います。足を上げてからのステップするまでの一拍が消えているんですよね。軸足にしっかり体重が乗る前にステップするから、腕が横振りになって、フォークが落ちてない。

> 四球ださないのは彼の武器だと思いますし、スライダーが良かったという
> 印象も持ちました。
> さっきも書きましたが、『西武打線相手に試合を作った』というのが
> 一番の成長でしょう。ただ岩嵜は今年はもう『期待の若手』でいてもらっては
> 困ります。開幕ローテに入った以上、1年間守ってもらわないと。
> 長々と偉そうにすいません。
> 期待が大きい分、厳しくなってしまいますが、
> 山田が成長を見せてくれたので余計岩嵜に
> 求めるものが多くなるかもしれません。


私は岩嵜と山田に雁ノ巣で頑張っている奴らの代表として、投げて欲しいんですよ。チャンスすらもらえそうにない年の近い奴らのうっ憤を晴らして欲しいというか。それで、ホークスファンが「やっぱり、若い奴らはいいなぁ。」と思わせてくれるというか。ただ、いいピッチングをすりゃいいってのよりも大きな期待をかけているから、彼らには厳しくなるのかな。

王楽太陽 #- | URL
2011/04/19 21:42 edit

>一軍で委縮した顔をするのではなく、逆に一軍こそが、自分のエゴやら抑圧やらを解放出来るような場所として欲しいです。本当に勝ちを喜べ、負けの悔しさを味わえるのは、一軍の舞台だけなんだから。(江川が昨年、それを爆発させてたのは嬉しかったなぁ。バット叩きつけてたし)


>これから、ホークスは岩嵜を中心にチームを作らなきゃいけないんですから、もっとエゴを感じさせるような投手になってもいいと思うんですよね。和巳に憧れている割には、そういった部分は見習わなかったのでしょうね。(ムネは見習わんでいい、イチローの横着なインタビューの受け答えまでマネしてんのに)和巳の2軍時代、雁ノ巣での登板は何度も見ていましたが、彼が雁ノ巣で打者を討ち取って、吠えたシーンなど一度も見た事はありません。淡々と投げていました。一軍でこそ、あのように吠え、真の自己表現が出来るのだと知りました。「こんな感情豊かな奴やったんや。」と。一軍での岩嵜にも、胸いっぱいの想いを表現できるようになって欲しい。

王楽さんお疲れ様です、いや非常に感動させられる文章でした、 和巳は雁ノ巣ではあんなに感情爆発させてなかったんですか…

自然と感情を爆発させてしまうのが 一軍のマウンド、アドレナリンをぶつけられる勝負の舞台に 感情が岩嵜はまだ入ってない

雁ノ巣やプエルトリコでしか感情を表現できてない岩嵜は

厳しい言い方すれば、いわばまだお客さん…

しかも 次に投げるまでに随分間隔が空いて雁ノ巣にいるわけでしょう?? これじゃあお客さんの心も取れない…。


穴があるから招待される客演ではなく、主演を掴みとらなきゃならんぞ岩嵜!! あのマウンドの絶対君主リア王和巳はもう舞台にはいないんだぞ??

投げれるお前が奪いにいかずしてどうする??

みんなが物足りないと思ってるということは まだお前はもっと持つ物を持て、 背負える物が背負えると思ってるからだ

お前が感情を表現したい場所は一軍だろ?

山田が表していて悔しいだろ?

同じローテーションなのに自分は二軍調整。

岩崎 二軍で脚にピリッと違和感

そんなニュース俺は聞きたくないよ…。


山田、岩嵜がいなかったらこの優勝はなかった

こうならなきゃいけないのよ?

内川、カブレラを補強しなかったら優勝はなかった…

これは恥だよ?

新しいホークス屋台骨の骨格を作る年なんだ!

岩嵜! がんばれ!

俺は王楽さんと違い雁ノ巣でお前を見ていない

一軍でお前らしさを見せてくれないと解らないのだよ?

一軍のキャンパスに殴り書きのような岩嵜投手の感情表現待ってるぜ!

ほーくすくす #- | URL
2011/04/24 11:29 edit

Re: タイトルなし

>ほーくすくすさん
鴨池のコメントを送ったのですが、反映されていないというか、俺が管理者なのに拒否されるんですよ(苦笑)とりあえず、こっちを書いておきます

岩嵜に関しては、抽象的な事で批判しても悪い気もするんですが、なんか彼を見ていると息苦しくなるというか、もっと気楽にいこうぜ、陽気にいこうぜって言いたいんですよね。せっかくの晴れ舞台なんだからと。二十歳くらいの怖いもの知らずっていうか、そういった元気が欲しかった。

和巳は2軍では淡々と表情一つ変えずに投げていました。ファームでも打ち取って、ガッツポーズする投手もいなくはないんですよ。でも、和巳はガッツポーズなんてした事無いと思います。ましてや、声を吠え上げるなんて。一軍の試合で、本当に驚きましたもん、これがあの大人しかった和巳かと。

江川のホームランも雁ノ巣でなんども見ていますが、ガッツポーズしているなんて一度もないです。でも、一軍ではファインプレーして、ガッツポーズしていましたもんね。三振して、バット叩きつけてましたもんね。ファームの選手が一軍に上がった時にはああいった姿見たいんですよ。それがファンを惹きつけるし、ちょっとくらい負けても若手を使ってやろうやってなると思うんですよね。

王楽太陽 #- | URL
2011/04/24 18:56 edit

千葉に行ってきました

負けてしまいましたけど、山田はいい投球でした。
7回4安打。そのうちの3安打を5回に集められたのが何とも悔やまれますが、それ以外の回は、全く危なげなかったです。
ストレートのスピードは130km台前半。でも、腕がよく振れていて、ストレートとほとんど同じフォームでくる110km台のチェンジアップ(に見えました)が、とても効果的で、マリーンズのバッターは振り遅れていました。
5回の満塁の場面ではその遅い球を使わずに、ストレート勝負にいってやられたわけですが、甘い球ではなかったので打った荻野を褒めるべきでしょう。
今日のような投球が続けられるなら、2桁勝利は軽く、最多勝争いも夢ではありません。大いに期待できます。

さて、ビハインドで終盤を迎えたおかげで(笑)、大場の投球もみることができました。大場もよかったですね。なによりも負けが込んでいた時のような「オタオタ感」がなくなっています。
スライダーに頼ることなく、ストレートとカットボールで力押ししているものいい傾向だと思います。ストレートは今日出てきた両軍ピッチャーの中ではやはり別格の力強さでした。

両者に共通して言えることは、「バットに当てられることを恐れなくなった」ことではないでしょうか。バットに当てられることを恐れるあまりに無駄なフォアボールを出してしまう。そのフォアボールを恐れるあまりに勝負どころで甘い球がいく。
若手の、特に有望な(したがって、ワンランク下の相手にはバットにかすらせもしなかった)投手が陥りがちな、この負のスパイラルから山田と大場は抜け出した感があります。

いつもこの時期は多忙でテレビもろくにチェックできないので、試合をゆっくり見られたのは今日が初めてです。そんな中、負け試合でもこれだけ楽しませてくれた二人には本当に感謝です。次は勝ちにつながりますように。

狛江の鷹 #l9MyUSC2 | URL
2011/04/29 21:12 edit

Re: 千葉に行ってきました

>狛江の鷹さん

> 負けてしまいましたけど、山田はいい投球でした。

おー、観戦お疲れ様でした。

> 7回4安打。そのうちの3安打を5回に集められたのが何とも悔やまれますが、それ以外の回は、全く危なげなかったです。
> ストレートのスピードは130km台前半。でも、腕がよく振れていて、ストレートとほとんど同じフォームでくる110km台のチェンジアップ(に見えました)が、とても効果的で、マリーンズのバッターは振り遅れていました。


130㌔前半が速く感じさせるボールを放れるようになっていますよね。力強いし。雁ノ巣で見た、山本昌のストレートがあんな感じだったんですよね。重いし、伸びてきているしで。仰るように変化球で腕が緩まないってのも大きな成長だと思います。

> 5回の満塁の場面ではその遅い球を使わずに、ストレート勝負にいってやられたわけですが、甘い球ではなかったので打った荻野を褒めるべきでしょう。
> 今日のような投球が続けられるなら、2桁勝利は軽く、最多勝争いも夢ではありません。大いに期待できます。


昨年のような何時大崩れするのか分からない不安定感は無くなりましたよね。フォームやリリースポイントも一定しているし。山田が二桁ってだけでも感涙なのに、最多勝取ったら、優勝並みの嬉しさに酔いしれるでしょう。

> さて、ビハインドで終盤を迎えたおかげで(笑)、大場の投球もみることができました。大場もよかったですね。なによりも負けが込んでいた時のような「オタオタ感」がなくなっています。
> スライダーに頼ることなく、ストレートとカットボールで力押ししているものいい傾向だと思います。ストレートは今日出てきた両軍ピッチャーの中ではやはり別格の力強さでした。


大場はリリーフが合うと思っています。もっと良い場面で投げさせて欲しいんですけどね。それも毎日のように投げさせて良い投手だと。体も強いし、オタオタする余裕がないくらい肉体的に疲れさせるのも再生の手かと。(苦笑)本当、堂々としたマウンドっぷりになってきましたね。あの子は褒めて育ててやらんと。(笑)

> 両者に共通して言えることは、「バットに当てられることを恐れなくなった」ことではないでしょうか。バットに当てられることを恐れるあまりに無駄なフォアボールを出してしまう。そのフォアボールを恐れるあまりに勝負どころで甘い球がいく。
> 若手の、特に有望な(したがって、ワンランク下の相手にはバットにかすらせもしなかった)投手が陥りがちな、この負のスパイラルから山田と大場は抜け出した感があります。


若手が上で醜態を晒す時は、たいがい仰るようなパターンでやられますもんね。また、審判も若い投手には厳しいし。逆球だと絶対にストライクを取らないとか。
大場もカットを覚えたようで、山田もマッスラ、マッシュを意図的に放っているみたいで、ちょっと曲がる変化球をしっかりと腕を振って投げれば、なんとか抑えられるって感じになったのかもしれませんね。

> いつもこの時期は多忙でテレビもろくにチェックできないので、試合をゆっくり見られたのは今日が初めてです。そんな中、負け試合でもこれだけ楽しませてくれた二人には本当に感謝です。次は勝ちにつながりますように。

惜しい試合でしたよね。オーちゃんファンとしては、あそこでツーベースを打てる打者をスタメンで使えないとはもったいなくて仕方なく感じました。

王楽太陽 #- | URL
2011/04/30 19:56 edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/513-f9241911
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。