LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

細川2世 高城俊人 

高城俊人(九州国際大付高 福岡県)
捕手 右打ち右投げ

(紹介・タイプ)

センバツで大爆発の活躍をし、一躍、高校トップランクの捕手に躍り出る事が出来た。甲子園での実績は凄かったが、それ以上にこの選手が評価されているのは、地肩。その点では、細川亨タイプのドシっとガッチリした、昔ながらの捕手というイメージがある。

(スウィングの強さ 打球の速さ)ー超高校級ー

この部分は超高校級。外の遅いボールを巻き込んで、レフトスタンドに叩きこめる力がある。ハンマーのようなドーンといった力強い振り。

(構え)ー短所と長所が共存ー

揺らぎがほぼなく、固さを感じるし、ボールが見えにくそうな構え。ただし、この座りはドシっとしてて良い。バットのグリップの位置と深さも問題は無い。

(タイミングの取り方・始動)

投手と動作を合わせる、シンクロという動きが全く見られない。こういった打者はボールとの間合いを掴むのが下手である。始動は今の高校生のなかでは普通の部類。投手の足が下がる途中から足を大きく上げて、始動する。

(ステップ)

大きな一本足打法。足の上げ方や踏みこみ方などは非常に良く、スムーズで間も作れている。陽(日本ハム)の一本足に似ている。こういった不器用な感じの打者は足を上げる方がボールの受けが良い。

(トップの形)ー時間が必要なトップー

投手寄りに一度バットを大きく傾けてから、トップを作る。その際、ややバットが寝ているが右打者なら許容範囲か。
一度、投手寄りにバットを傾けないとトップを作れない打者は最近多いが(代表者・昨年までの江川や吉川、いや、なんといっても王貞治だ)、こういった打者に必要なのは早目の始動だろう。
王貞治は投手の足が上がると同時に自分も上げるという極端に早い始動を心がけていたそうだが(実際はもっと遅い)それほど、時間がかかる動きをやっているという自覚があれば、強い打球を打つ事を補助する機能を果たせよう。
一度前に倒して、後ろに引くと反動が生まれ、その力をスウィングに活かす事が出来るからだ。(ただし、反動は自分が巧く操れないと弱点にもなる)

(スウィング軌道・得意コース)

軌道はやや遠回り。とはいえ、右打者はアウトコースを踏みこんで、巻き込んでレフト方向にホームランにするタイプも多く、高城もこのタイプ。基本的にアウトコースが好物といえよう。

(インパクトポイント・精度)

心もち後ろポイントか。精度は決して高くない。甘い球を打ち損ねる場面もまだまだ多い。一発で仕留める鋭さが欲しい。

(評価)A-

プロでは必ず打撃面で苦労するタイプだろうが、強肩という事、体が強そうという事でワンランク評価を高めた。捕手でこれだけの大型素材だと下位指名にうってつけとは思う。捕手ならば、時間をかけて育てようとするチームも少なくない。高卒からプロに入る方が、プロのボールに早く慣れて良いだろう。



にほんブログ村 ストーブリーグ・ドラフト
スポンサーサイト

テーマ: ドラフト会議 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/515-d9b0b904
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。