LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

蔵建て男の「本当に凄い奴」(11年4月号) 

ネットドラフトの最高峰(つーか、全ドラフト評論家のトップだと思っているけど)、「迷スカウト」(リンク参照)蔵建て男さんが、独立され、電子本として、下記の本を刊行されました。

私は6年くらい前から、蔵さんのビデオ撮影などに福岡担当として、協力させてもらい、少なからず交流を持たせて頂いています。
昨年は、榎下(現日本ハム)を観に行った試合で、初めてお会いし(同じ球場にいる事はなんどかあったんですけどね。私がギリギリじゃないと行けるかどうか確信出来なかったので、御連絡等が出来ませんでした)お話させてもらったのですが、非常に穏やかで、優しい感じの方でした。その観戦もプロのスカウト以上に誠実で熱心にメモやタイム、動画撮影をされていたのを感心しました。そういう方が、初めて出された書籍ですので、よろしかったら、下記からクリックされてください。

それにしても、こういう形での出版も出来るようになったのですね。私のように既存メディアに少なからず、不信や不満を抱いている者には、新たな仕組みでの読み物が増える事は大歓迎です。自分達で、そういったメディアを育てていける感じも悪くありません。
私も購入しましたが、センバツでの「右腕三傑+1」(釜田、吉永、松田、野村)における、私の寸評と違う部分や共感する部分などがあり、面白かったですね。答え合わせみたいな気分でした。
なにより、私が診ようともしない、診ても分からない、守備面での寸評(特に捕手はよーわからん)や「こういう選手だから、ノビシロがこうではないか?」という深い考察に基づく未来予測などは、まず既存メディアではまず読めないシロモノです。

「マネーボール」で知ったのですが、アメリカで「セイバーメトリクス」を広めたのは、1人の素人野球研究家(ビル・ジェームス)が行った、自己出版書からだそうです。この例に倣えば、蔵さんによって、よりドラフト選手の楽しみ方を日本人が深めていく事も可能かと。野球を通して、「人間の成長って何だろう?」といった事を考えていく事は日本独特の野球の楽しみ方かと思います。


スポンサーサイト

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/518-0f5dd54c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。