LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

11雁ノ巣ホークス観戦記6 下剋上? 3軍VS2軍(練習試合) 

2時頃に練習やってっかな?とサクっと観に行ったところ、この日は2軍VS3軍の紅白戦をやっていたんですね。ラッキーでした。練習のつもりだったので、メモを持っておらず、なんとなくの観戦記ですが、とりあえず書いておきます。

試合の方は、3軍が2軍を「1-0」で下しました。3軍が勝とうが、2軍が勝とうが、どうでもいいんですが(どうでもいいなら、下剋上とか扇情的タイトルつけるなって)私が観に行った試合は、雁ノ巣軍団は打てんですね。昨年はこんな事はあまりなかったのですが、爆発する感じが全然しないんですよ。私のタイミングが悪いのかもしれませんが、打てないと観ててつまらんのですよね。ここに書く事も無いし。

そういや、3軍はよく声が出ていました。以前見たときよりも試合に入りこめているような元気がありましたね。

では、ルーキー中心の寸評です。

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球 ファームへ
にほんブログ村
坂田 将人(67 投手)

試合では投げていないのですが、ブルペンで投げている姿を初めてライブで観たので、第一印象を書いておきます。動画でも観て思ったのですが、かなり良い投げ方ですね。右・左が逆なので想像しにくいでしょうが、寺原(現・オリ)ぽいなぁと。足を上げて、ステップ前に少しお尻を沈ませ、足を下ろすまでに一拍を作れている部分はそっくりです。しかも、寺原ぽく、胸をしっかりと張って、大きく両手を広げるようにテークバックを取りますから、迫力があるんですよね。
それでいて、川原ぽく、しっかりと縦振りで腕を高い位置から下ろせますから、ボールに角度があります。身長の低さを感じさせないストレートを投げます。
球速も結構、あるんじゃないですかね。力を入れだしてからのボールは、かなりのキレを感じました。
3塁側は観戦席からは、捕手の姿が壁が邪魔して見えないので、コントロールについてはなんともいえないのですが、この投手は早く実戦で見てみたいと強く思いました。

伊藤 大智郎(127 投手)

伊藤は実戦でもブルペンでも観れましたが、この投手も面白いです。タイプ的には藤岡ですね。腕が打者の方に伸びてくるように打者近くでリリース出来ています。シュート回転もせず、しっかりと横の角度がついた、スライダー回転のストレートを放れています。
球速は高校時代はMAX143㌔だそうですが、この日の追い風参照記録で(センターから捕手方向に凄まじい風だったんです)140㌔以上は常時出せていたんじゃないですかね?とにかく、球速よりも4・5㌔は速く感じるはずです。
変化球はスライダーを放っていましたが、手元でキュっと曲がりますね。中西には偶然と思いますが、インスラぽいのを放っていました。
コントロールもある程度ストライクゾーンに来ていましたし、特に問題はないかと。私はサイドやアンダーはコントロールよりもボール気味のボールでも空振りを取れる・誘う迫力があるかの方がポイントだと思っていますから、多少乱れていてもそう気にはなりません。その点では、この日はガンガン空振りを取れていましたから、私が一軍で使えると思うタイプのサイドスローだなぁと。

この日くらいのピッチングが出来れば、3軍で無く、ファーム公式戦で放らせてもおかしくないと思います。

ヤン・ヤオシュン(91 投手)

いつから投げていたのか知りませんが、6回の1イニングのみ観れました。レルーも一度チラっと観た事がありますが、ヤンとは迫力が違いすぎると思うんですよね。どうして、レルーの方が一軍に上がったんだろうと不思議で仕方ないです。

私はどの雁ノ巣の投手よりもヤンに大きな夢を買っていますので、甘い見方になっているかもしれませんが、あの迫力あるストレートは雁ノ巣にいる投手じゃないと思っています。
昨年夏過ぎから、足を上げてから、左股関節近くで、グラブと手を割る位置とゆったりしたタイミングが一定してきたので、以前よりもコントロールに苦しむ事も無くなってきていると思います。小椋とは違う。
それこそ、彼なら、ストレートとスライダーだけで十分に先発としても、中継ぎとしても使えると思うんですが・・・。

山下斐紹(22 捕手)

凄く軽やかな打撃になっていましたね。
以前よりも大分、構えでの揺らぎ(肩甲骨と股関節を揺らしながら構える)が出て、かなり早目の始動が出来ている事で、足を上げてステップする様が、ゆったりと間が作れている感じがします。しかも、以前よりも投手寄りにバットが傾いており、スウィング軌道に「鋭さ」を感じさせます。私が観た打席はただのレフトフライでしたが、キムのフォークを巧く拾えて、意外に伸びる打球でした。良くなったなぁと感じさせましたね。
ただ、あの投球練習後の2塁送球の際にクイックせず、ゆったりと立ちあがって、2塁送球する姿勢は、いかがなものか。田上でもクイックして放っているのに。2塁送球は投げやすい体勢を作って、凄い球を放っても意味がないと思うんですよ。難しい体勢から、シュっと放れるかがポイントであって。昨年までの田口コーチ下では、捕手陣にああいった姿勢はまず見られなかったもんですが。



ツインズももち
ホテルツインズももち
←県外のホークスファンの方々に宣伝させて頂きます。こちらのビジネスホテルは、ヤフードームから徒歩7分という好立地にある、非常にお洒落な感じのホテルです。ホークスファン御用達にうってつけです。
実は、このホテルは昨年より私の高校時代からの親友(ホークスファン)が支配人として運営しております(友がみな、偉く見ゆる・・)ので、少しでも助けてやって頂ければと。
GWのどんたくシリーズなどで福岡にお越しくださる際には、ぜひこちらのご利用をご検討下されば、幸いです。こうしたネットもご縁ということで、バナーのクリックをお願いします。ただいま、ホークスシルエットクイズ開催中です。
スポンサーサイト

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2011/04/27 12:13 edit

王楽北風と太陽さんお疲れ様です

それほどもの凄い風です、地震も頻発してるし、千葉は多分野球できる環境じゃないでしょう、王楽さがこれ見る頃には結果でてるかな?

伊藤は颯爽としたデビューですね、ホークスで育ちそうなタイプだから楽しみですね、しかしなんで斉藤学やら高山やらサイドばっかの投手コーチなんでしょう? 星野も加わり気味だし(笑)

坂田君は言われる通り、ゆったり胸も張り、立て振りのいいフォームですよね、チューブ加圧トレとかで身体作っていけば面白いです、体重60?前半じゃ、まだまだ、お菓子の家の魔女が許しません(笑)

甲斐はなんか前に試合でバンバン盗塁刺したし、強肩らしいですね、軸回転で意外と飛ばすらしいですし、山下と競ってほしい。

山下の二塁送球は 多分、テレビとか見てて、こうするものだ…と、いつの間にか擦り込みでそういう送球になったのかもです、私もそうでした。

もしくは、山下のような身体能力の捕手は 割りとどんな体勢からでも投げられてしまい、フォームが崩れがちなので、基本的なフォームの確認的意味で…の可能性は少ないかな?(笑)

…私はまだ肩がよかった若い頃は抑止力の名目のもと、投球練習後の二塁送球は座ったままやりました、相手を驚かす若気の至りもあったんですがですが、実は下半身使えてないから立ったままだとノーコンで座ったままのがコントロールよかったんですよ(笑) 座り送球は日米野球のペーニャだか誰だかの影響でした(笑)

ヤン君はおっしゃる通りのフォームで去年の後半くらいは これは成長したなぁ…と思ってたんですが、なんか またチョイチョイ炎上してますよね…何が原因なんでしょうか?? 確かにあの骨格と筋肉から生み出すボリュームある球は魅力なんですが、私は台湾でのメジャー発言でちょっと萎えちゃったんですよね…

なんか自分はアメリカ野球のがあってると思ってるんですかね??

結果が出てないのにそう言う事言うのは そう考えてるのかなぁ?? うーん…。

福田昨日左相手に先発して いい打撃してましたね、ヘッドの先だけがが柔軟にしなって見える… 魅力されるスイングです。

使い続けて欲しいです。

#- | URL
2011/05/01 12:31 edit

王楽さんお疲れ様、昨日は試合は見れなく、福田のヒットしか見れなかったんですが、センターで超美技やってたんですねー! 今日も左腕から粘って内容のよい打撃だったし、守備でもいいスライディングを見せました、使い続けるべきです、松中が帰ってきても居場所がないくらいの活躍を望みます、本当にいいフォームになりました、バットの上半分がまるで材質が違うように弾力のある打ち方です、足首→ふくらはぎの沸き立つバワーは出色で、上とうまく連動できた時には綺麗な長打が出る打撃です、勝負するなら今です!

ほーくすくす #- | URL
2011/05/01 17:10 edit

Re: タイトルなし

>ほーくすくすさん
> 王楽北風と太陽さんお疲れ様です
> それほどもの凄い風です、地震も頻発してるし、千葉は多分野球できる環境じゃないでしょう、王楽さがこれ見る頃には結果でてるかな?


こちらは凄まじい黄砂が吹き荒れています。花粉はなんともないのですが、黄砂で目のかゆみがとまらない。黄砂の時期は空を見るだけで体に異常をきたすような気がしてならんです。

> 伊藤は颯爽としたデビューですね、ホークスで育ちそうなタイプだから楽しみですね、しかしなんで斉藤学やら高山やらサイドばっかの投手コーチなんでしょう? 星野も加わり気味だし(笑)

本当、迫力の無かったサイド出身の投手コーチが多いですよね。サイド・アンダー投手は大好きだったんですが、高山みたいな投げ方は好きじゃなかったなぁ。美しさが無かった。足利なんかは球はしょぼかったけど、綺麗なアンダーでしたよね。伊藤は綺麗さと迫力を備えたサイドですね。野球小僧ではスリークウォーターと書いてありましたが、完璧なサイドでした。

> 坂田君は言われる通り、ゆったり胸も張り、立て振りのいいフォームですよね、チューブ加圧トレとかで身体作っていけば面白いです、体重60?前半じゃ、まだまだ、お菓子の家の魔女が許しません(笑)

坂田は細いし、小さいですからね。チビッコ左腕は好きなカテゴリーではあるんですが、あれじゃまだまだ時間がかかりますよね。

> 甲斐はなんか前に試合でバンバン盗塁刺したし、強肩らしいですね、軸回転で意外と飛ばすらしいですし、山下と競ってほしい。

私が観たスローイングはイマイチでした。サンプル数が少ないので、なんともいえんのですが。打撃は大西みたいな感じですかね。かなり個性的な打ち方ですね。

> 山下の二塁送球は 多分、テレビとか見てて、こうするものだ…と、いつの間にか擦り込みでそういう送球になったのかもです、私もそうでした。
> もしくは、山下のような身体能力の捕手は 割りとどんな体勢からでも投げられてしまい、フォームが崩れがちなので、基本的なフォームの確認的意味で…の可能性は少ないかな?(笑)
> …私はまだ肩がよかった若い頃は抑止力の名目のもと、投球練習後の二塁送球は座ったままやりました、相手を驚かす若気の至りもあったんですがですが、実は下半身使えてないから立ったままだとノーコンで座ったままのがコントロールよかったんですよ(笑) 座り送球は日米野球のペーニャだか誰だかの影響でした(笑)


なるほど、山下なりの意図があるのかもしれんですね。実際、強いボールは放っています。ただ、のんびり立ってのスローイングであるのが気に喰わんだけで。これがフワっとしたボールを放りだしたら、間違いなく、プロで弛緩し始めたといえるんですが。
私は取ってから、足を使って、放るまでの体勢を早く作れるかが捕手スローイングのキーポイントだと思っているんですよ。プロだと投げるボール自体はそこまで大きく変化しないかなと。それをせっかく訓練出来る機会を逸している気がしているんですよね。他のホークスの捕手はちゃんとしているのに。
しかし、ほーくすくすさん、座って、2塁送球っちゃ凄いですね。やるだけで肩を痛めそう。

> ヤン君はおっしゃる通りのフォームで去年の後半くらいは これは成長したなぁ…と思ってたんですが、なんか またチョイチョイ炎上してますよね…何が原因なんでしょうか?? 確かにあの骨格と筋肉から生み出すボリュームある球は魅力なんですが、私は台湾でのメジャー発言でちょっと萎えちゃったんですよね…
> なんか自分はアメリカ野球のがあってると思ってるんですかね??
> 結果が出てないのにそう言う事言うのは そう考えてるのかなぁ?? うーん…。


あとは一軍で投げさせ続けるだけだと思うんですけどね。投げさせりゃ、簡単にもう一皮むける気がします。山田のように。
ただ、彼の場合は外人さんなんで、育成よりも結果を重視される立場ではあるんですよね。そういった不利を受けている鬱屈はあるのかもしれんですね。

> 福田昨日左相手に先発して いい打撃してましたね、ヘッドの先だけがが柔軟にしなって見える… 魅力されるスイングです。
> 使い続けて欲しいです。


上体やバットの使い方は文句ないです。強いて言えば、もう少し、右足のステップを強い踏みこみにしても良いのかなと思わなくもないかな。距離を出す為には。

王楽太陽 #- | URL
2011/05/03 17:21 edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/519-f1ec0fe5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。