LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

森野2世 湯本翔太 

湯本 翔太(日本文理高 新潟県)
外野手 左打ち右投げ

(紹介・タイプ)

ここ数年のドラフトにおいて、高校生を中心に「守備・走塁」能力が高くなく、打撃に特長が見出しにくいいわゆる中距離ヒッタータイプの指名が極端に減っている気がする。昔は、外野手は打てる事が第一とされたが、今は「速い」が優先されているきらいがある。ヒットを打つ能力が軽視されているの気がして。そうしたなかで、この打者こそ、そういった不利益を受けかねないタイプであろう。とかく、ヒットを打つ能力でいえば、確実にファームレベルにはある。
プロでのタイプ的には、森野(中日)や清水(元巨人)。ヒットを打てる中距離ヒッター。

(フォームイメージ)

本人もファンのようで、軽い脱力した構えやステップは森野。但し、振りおろす姿や打ち終わった後の迫力は金本のよう。しっかりとバットに全ての下半身の力を移行させる感じを受ける。

(スウィングの強さ・打球の速さ)

トップまでの優しい感じから一転、スウィングは強く、打球は非常に速い。また、意外にスウィングの孤は大きく、トップまでは小さく、前が大きい形となっている。この点がしっかりしているのは、飛距離のノビシロを感じさせる。

(構え)ーほぼ完ぺきー

柔らかいというより、軽い感じの構え。腰の座りも良く、両目でボールも捉えられている。股関節と肩甲骨の揺らぎもある。手直す部分など感じさせない。

(タイミングの取り方・始動)ーほぼ完ぺきパート2-

始動のスウィッチである、シンクロ自体は速いのだが、ステップする足が動きだすタイミング・時間はゆったりタイプ。これも私の考えでは理想的な姿。最近の高校生はシンクロのタイミングが遅く、間が出来ていないタイプが多い。

(ステップ 投球との間合い)ーヒットメイカーだが長距離砲には向かない?ー

ゆったりステップである為、ボールとの間合いがキチンと測れている。変化球で体が前に突っ込む姿など想像させない、優しい踏みこみ(ただし、長距離砲になるには優しすぎる)。ステップする距離も短く、頭は全くぶれない。

(トップの形)-ほぼ完ぺきパート3-

雁ノ巣ホークスの選手に「こういったトップを作る努力をしなさいよ」と教科書として渡してあげたくなるトップの姿。強いて言えば、もうワンテンポ早くトップを作れれば、言う事はない。
とにかく、トップの際のバットの角度・左肘の深さ・高さは、お手本。私はトップに個性はいらない、個性は欠点を生むものと思っているほど、トップをフォームの過程で最も重視して診ているが、高校生でこれだけのトップを作れる選手はこれだけで高く評価したい。

(スウィングの軌道)-縦振りー

バットは振るのではなく、落とす感じがベストである。その点から、この打者のストンと縦に落としてくるスウィング軌道は強くボールを叩く事を可能としている。

(インパクトポイント・精度)

インパクトは体の近くと現代野球仕様。精度は高いだろうが、どっちかといえば、引っ張り中心の打撃タイプではないか。柔らかい腕の使い方をするというイメージは持てない。インコースを中心に強く叩いて、ヒットを量産する感じを受ける。

(評価)S-

2塁打を打つ為に生まれてきたような打者になるのではないか?その点が特長として見えにくいという考えもあるだろうが、これほど高い技術をプロが買わないのは本当はおかしい。数字に換算される能力ばかりを重視する傾向に楔を打つ為にも彼の高い順位での指名を望みたい。





スポンサーサイト

テーマ: ドラフト会議 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/533-190faf62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。