LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

変化球打ちの達人 畔上翔 

畔上 翔(日大三高 東京)
外野手 左打左投

(紹介 タイプ)

毎年、日大三高は多数のドラフト候補を生みだすが、今年も投手では吉永、野手では畔上を含め、3人のドラフト候補がいる。そのなかでもピカイチなのは、主将を務める畔上だと思っている。(とはいえ、一般的にはセンバツまでは候補の中で最も地味な存在と目されていた)

この選手の強み・印象は、おおざっぱな身体能力よりも野球に使う神経が細かいというか、いわゆる「野球を知っている」感じを受ける。意外にこのタイプこそが上で伸びていくのではないかと思うのだが、今はドラフト受けはしない傾向にある。それよりも足が速い・肩が強いという身体能力が過度に重視されている気がする。

こういった野手のタイプとしては、石井義人(西武)がまさにそれ。しかし、石井と違い、守備は安定している(らしい)し、野球の走力のレベルも高い(らしい)。

(フォームイメージ)

フォームイメージは、足をあげて打っている時の立浪(元中日)。立浪の打撃を天才と称する人も多いが、私にとっての立浪の打撃は、天才というより打撃の基本を磨きあげた努力性の高い打撃と映る。その感じをこの畔上にも感じるのだ。

(打球の速さ・スウィングの強さ)

高いミート力を誇っているタイプにしては、強く振れている方だと思う。当てに行くにもなるべく強く振ろうとする意識はある。もちろん、中・長距離砲のようにやみくもに強く振りまわす訳ではない。スウィングの強さに柔軟性を持っている。この点は、石井に似ている。

(構え)

腰の座りとリラックスした基本的な構え方は出来ている。出来れば、股関節にもう少し、ゆとりが欲しい。石井の股関節のゆらぎを参考にして欲しい。

(タイミングの取り方・始動)ー変化球への対応力ー

今時の高校生らしく、遅い始動。投手がボールを離してから、右足を動かし始める感じだ。プロの速いボールにあれで対応出来るのかは疑問符は付く。ただし、あれだけ遅い始動なら、しっかりと投手の腕の振りをきちんと見定められるだろう。その為、変化球で腕の緩みを感じたら、がっちりと捉えられるのではないか。高校生にしては、恐ろしく変化球への対応力が際立っているのは、ここに由来があるとみる。

(ステップ・投球との間合い)

変に膝を締めこまず、素直に足を上げ、ふところが広い感じは立浪テイスト。但し、始動が遅く、前ポイントで打つタイプの為か、足をあげている時間が短く感じる時もある。内川のようにステップする時間が長いタイプは打てるポイントが広くなる傾向にある。この点は改善余地あり。

(トップの形)

トップの形はほぼ問題なし。トップで上半身と下半身の割れがしっかりと出来ているから、変化球に体が流されず、バットを残らせる事が出来る。ただ、もう少し、トップの深さは欲しい気もする。プロのストレートに力負けしない為に。

(スウィングの軌道)

適度に遊びがある感じ。ストンと落とさない分、当てるポイントが広い(ただし、ホームランは減る)。この点は石井のスウィング軌道に非常によく似ている。

(インパクトポイント 精度)

インパクトポイントはやや前気味。出来れば、ここをもっと体の近く、後ろに持って来る事が出来れば、石井のようになれる。スウェーしながらも後ろで打てるという天才的な打撃は石井の専売特許である。これを見習って欲しい。
ミート精度は高い。左投手のカーブを「線」で打てるタイプ。

(評価)A-

十分にプロを意識出来るレベルであると思うが、売り物が見にくい部分はあろう。まだ、打撃を見直す余地はあると思うので、もっと磨きあげ、ワンランク上のヒットメイカーとなって欲しい。
スポンサーサイト

テーマ: 高校野球 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/543-9c15fae8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。