LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

北ハムのトレード戦略 

先日、巨人との交流戦では色んな事を考えさせられました。あれだけFAでのチーム創りを誇った球団が、若手育成モードに見事に切り替え、現時点での段階では、十分に上手く行っていると言わざるを得ない事。(1~3番まで高卒ドライチ野手を並べるなんてにくい演出です。タっちゃん監督は名監督の階段を着実に昇っている。本当の成功はこれが3年後にレギュラー化している事だけど)
これについても何時か書きたいとも思いますが、今回は改めて、巨人に高橋信二(前北ハム)がいるってのが、物凄い違和感やら面白さを感じて、そっちを優先し、北ハムという球団のトレード戦略の独自性・画期性について書いてみたいなと思います。

言うまでも無く、北海道日本ハムはトレードを積極的に行う球団です。巨人に北ハムの選手がやたらいますしね。編成同士が編成のあり方に対して、共鳴しあう部分があるのかな。
それにしても、高橋のような黄金時代を築く大功労者(4番やら捕手やらを務めてましたもんね)を1年ちょっとほどの不調で、放出するのはそうある事ではありません。ホークスでざっくりといえば、03年途中に前年不調だった柴原をトレードしたようなもんでしょう。(柴原は03年に復活しましたが)
しかし、その1年ちょっとの間に北ハムが綿密な計画を組んだドラフト戦略で獲得してきた野手が育ち、入れ替えを促されるようになってきました。

高橋自身は「まだ若手に負けない」という気持ちもあったでしょうが、北ハムは「3年後に誰がレギュラーとしてふさわしいのか?」を優先して、編成をしていると思われます。同じような数字なら、若手を使うと。
梨田監督にそこまで深遠な考えがあるかどうかは分かりませんが、球団としては高橋をトレードする事で、梨田監督に高橋を使うという選択肢を強制的に無くさせたといえるかもしれません。そして、陽や中田、大野、鵜久森らを使わざるを得ない状況を生みたかったと。ファンから愛されながら去っていく「幸福な引退」を、球団として授けるべきベテランは、稲葉1人で良いとも考えていたのかもしれません。

こうした入れ替えを球団主導で促しながら、割りを食ったベテランをトレードして、働き場を考慮しているのが、北ハムの凄いところです。それも「衰えたな」と思われない間に出してやるってのに独自性を感じます。これは出来そうで出来ないもんです。
ちなみに以前はこういった入れ替えは監督が主導となってやるもんでした。(特に新監督が)入れ替えを促された、ベテランの監督への恨みつらみは枚挙にいとまがありません。(最近の監督はベテランへの配慮・依存が過剰だろ)

トレードというと、昔から、ファンも球団もマスコミも「損得」をやたらと考えすぎです。その為、「他で活躍されるくらいなら、ウチで腐らせた方がマシ。」といった考えでトレードに積極的で無いチームも少なくありません。本当は、出した選手が他で活躍してくれりゃ、それは出した球団の「徳」として評価すべきなんです。昨年、荒金や金子がオリで活躍してたのは本当に嬉しかったですけどね。あれは新しい編成のファインプレーと評価しています。いちばん愚かなのは、過剰戦力で、球界の宝である選手を持ち腐れさせることなんですから。だから、私は基本的に北ハムの球団の姿勢を高く評価しています。

しかし、こういうベテランをトレードする風潮は、チームへの「忠誠心」やチームが築く「伝統」といったモノを奪う傾向にもあります。この北ハムにおいては、チームの中心で、ファンの支持も篤かった、小笠原や森本らがにべにもなく、FAでチームを去ったのは、これと無関係じゃないのかもしれません。選手がチームに根付かないチームでも良いのか?ファンとして、議論の余地があると思います。議論をとおすことで、ファンも球団・選手との快適な距離感を築いていけるもんではないでしょうか?それが編成方針にもフィールドバックしていくのが、本当の球団編成のあり方だろうと思います。マスコミの一方的な論調じゃなくて。
例えば、極端な事を言うと、ホークスという球団のファンが、生えぬき優先、地元主義、ベテランの厚遇などを求めるならば、それに添った球団編成を行っても良いと思います。ファンの心情に添ったチームづくりこそ、真のファンサービスのはずですから。

また、若手の入れ替えという観点では、絶対的にルール5ドラフトの採用(リンク参照)も不可避だと思います。

PS:という事を踏まえて、いずれ「オレ達の江川をトレードにすべきか」という題で記事を書くつもりです。
スポンサーサイト

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

王楽さん。お疲れ様です。


先週末からの、トップチームはもちろん、二・三軍の動画付き解説や、今回の球団の垣根を越えた北の大地・北海道ハムのトレードを中心としたチームの上手な作り方情報まで、大きい心での野球愛がたくさん感じられ、楽しく拝見拝読させていただきました。

まず育成の二保。ホップ・ステップ・ジャンプとジャンプの3年目。2年目に、思うようにステップ出来なかったような気がしますが、雁レポを見て安心しました。背番号同様に、1、2の3で支配下登録目指し羽ばたいて欲しい。それと、下沖(故障?)とともに心配していた2年生組の川原(練習中に送球が頭部に直撃するアクシデント?)でしたが、こちらも投球画像が見れて良かったです。確かに以前よりガタイが良くなってますね。2人とも、今季はまだ未登板ですが、1日も早いマウンドでの勇姿を待ち望んでいます。

次に、ストーブリーグにはまだまだ早いんですが、ごく一部の地域で燃え盛っている“オレ達の江川問題”を含む、トレード問題。確かに北海道ハムのチーム作りは、高度に計算され、しかも大胆かつ繊細だと感じます。それは、近年のチーム成績にも表れています。さらに、強烈な印象のドラフト。戦略も優れ、くじ運も強い。北海道ハムの良い流れは04年頃からかな?賛否両論あった、あのSHINJOさんの入団。その年のドラフトで、ダルビッシュ選手を単独指名。(うちはもちろん江川智晃です。)その後も抽選で、うちと重複した陽選手や中田選手、記憶に新しい昨年の斎藤選手をことごとく引当ました。そういえば昨年は、王楽さん一押しだった九産大の榎下選手も4位で指名でしたね。彼がホークスに入団していれば、王楽さんは今にも増して、多忙な日々だったでしょうね。そうなっていれば、嬉しい悲鳴というやつでしょうが・・・。今季も現在、ペナント争いの先頭を走る、日本最北最南に位置する両球団。敵は強いほど、やっつけ甲斐があります。我が軍はまず手始めに、交流戦の優勝賞金をいただきましょう。


ホークスのみならず、他球団にも精通している王楽さん。いやいや王楽さんと呼ぶのは、なれなれしい。やっぱり、響きがしっくりくる、

       『王楽師匠』  もしくは  『太陽師匠』

いかがですか?え?落語家みたい?・・・。確かに。とにかく、これからも雁レポ楽しみにしています。それと“オレ達の江川問題”の師匠の見解を首を長~くして待っています。わたくし、“kame”ですから。無理せず師匠のペースでブログを楽しんでください。では、また。

kame #- | URL
2011/06/07 19:26 edit

Re: タイトルなし

>kameさん
> 先週末からの、トップチームはもちろん、二・三軍の動画付き解説や、今回の球団の垣根を越えた北の大地・北海道ハムのトレードを中心としたチームの上手な作り方情報まで、大きい心での野球愛がたくさん感じられ、楽しく拝見拝読させていただきました。

動画は好評を頂いておりまして、苦労しながら撮影している甲斐があります。良い動画の裏には、多くのボツ画像もありまして(苦笑)。

> まず育成の二保。ホップ・ステップ・ジャンプとジャンプの3年目。2年目に、思うようにステップ出来なかったような気がしますが、雁レポを見て安心しました。背番号同様に、1、2の3で支配下登録目指し羽ばたいて欲しい。それと、下沖(故障?)とともに心配していた2年生組の川原(練習中に送球が頭部に直撃するアクシデント?)でしたが、こちらも投球画像が見れて良かったです。確かに以前よりガタイが良くなってますね。2人とも、今季はまだ未登板ですが、1日も早いマウンドでの勇姿を待ち望んでいます。

二保がここまで立ち直れたのは本当に嬉しかったです。あとはもう少し、アウトローのストレートのコントロールを安定させれば、2軍の主戦投手にもなれると思います。あっ、それよか、もっと太らんと。
その点では川原のケツががっちりしていたのは、良かったです。意外にしょっちゅう見ているとガタイが良くなっているのに気付かなかったりするんですけど。江川と健太くらいかな、毎年大きくなっているなぁと実感できるのは。イノケンもか。

> 次に、ストーブリーグにはまだまだ早いんですが、ごく一部の地域で燃え盛っている“オレ達の江川問題”を含む、トレード問題。確かに北海道ハムのチーム作りは、高度に計算され、しかも大胆かつ繊細だと感じます。それは、近年のチーム成績にも表れています。さらに、強烈な印象のドラフト。戦略も優れ、くじ運も強い。北海道ハムの良い流れは04年頃からかな?賛否両論あった、あのSHINJOさんの入団。その年のドラフトで、ダルビッシュ選手を単独指名。(うちはもちろん江川智晃です。)その後も抽選で、うちと重複した陽選手や中田選手、記憶に新しい昨年の斎藤選手をことごとく引当ました。そういえば昨年は、王楽さん一押しだった九産大の榎下選手も4位で指名でしたね。彼がホークスに入団していれば、王楽さんは今にも増して、多忙な日々だったでしょうね。そうなっていれば、嬉しい悲鳴というやつでしょうが・・・。今季も現在、ペナント争いの先頭を走る、日本最北最南に位置する両球団。敵は強いほど、やっつけ甲斐があります。我が軍はまず手始めに、交流戦の優勝賞金をいただきましょう。

ハムは、昔は、パリーグぽい卑屈なチームで、大物ドラフト選手に向かう勇気が無い編成だったんですけどね。今は編成のオピニオンリーダーともいえますよね。
榎下は今でも気がかりです。あの気骨溢れる投球は本当に好きだった。早く一軍で対戦しているのをみたいです。その時は榎下応援しますけど。(苦笑)

> ホークスのみならず、他球団にも精通している王楽さん。いやいや王楽さんと呼ぶのは、なれなれしい。やっぱり、響きがしっくりくる、
>        『王楽師匠』  もしくは  『太陽師匠』
> いかがですか?え?落語家みたい?・・・。確かに。とにかく、これからも雁レポ楽しみにしています。それと“オレ達の江川問題”の師匠の見解を首を長~くして待っています。わたくし、“kame”ですから。無理せず師匠のペースでブログを楽しんでください。では、また。


実際、王楽っていう落語家さんいるみたいですけどね。(笑)いやいや、師匠なんておこがましい。さんづけした頂けるだけで十分ですよ。私の場合、スポーツは野球しか知りませんからね。(昔はボクシングが好きだったけど)サッカーの大物外人さんとか本当に無知もいいところで。
江川問題(笑)は、ほぼ骨子がまとまったので、肉付けして近いうちにUPします。

王楽太陽 #- | URL
2011/06/08 19:27 edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/545-25349606
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。