LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

キャッチャーは併用がお好き? 

火曜日の「アサです」には、解説者の藤原満が出ています。そこでは、「教えて藤原さん」として、視聴者からの質問コーナーが設けてあるのですが、そこで「細川と山崎の併用では無く、キャッチャーは1人に固定した方が良いと思うのですが?」という質問があったのですが、理由は失念しましたが、藤原さんは「基本的には捕手は固定した方がよいが、現状は、二人体制が望ましい。」と答えていました。

理由を忘れたのは、実はその時、私は「捕手は固定した方が良いってのは本当なんか?既成概念にとらわれているんじゃないか?俺達はまた野村にだまされてんじゃねーの?」とかをつらつら考えていまして。

で、まだ考えは固まっていないのですが、私は意外に「捕手二人制ってありじゃないの?」って方に傾いているんですよね。
当然、城島のようなバカスカ打って、肩も突出してれば別ですが、そんな捕手をあまり追い求めてもねぇ。あんなのは20年に1人だから、そうは現れないもんなぁという気持ちもあります。もちろん、あんなスーパー捕手がいれば、そら固定が望ましいのだろうと思います。打撃力に安定感があるし。

しかし、捕手1人制の最大弱点は、捕手という怪我と隣合わせのポジションにチームの浮沈をあまりに預けてしまう危険性ではないでしょうか?
スーパー捕手が怪我した際に勝てない、スタメンにかなりの見劣り感があるってのがあるのかなと。それはホークスファンなら、城島不在で十二分に味わったはずです。ヤクルトも古田が怪我すりゃ優勝出来ないってのもありましたね。

逆に捕手2人制の長所は

1投手が投げやすい捕手を選択出来る。
2相手チームが「捕手の対策」がしにくい。

などがあります。この2ですが、これは落合監督が解説者時代に書いた著書をヒントに考えました。
ロッテ時代の落合は、南海と対戦するのが最も嫌だったといいます。あの投手力が低かった南海がなんで?と思ったのですが、落合曰く「毎試合、捕手が変わるので、リードの傾向が絞れない。」とのことです。(落合がロッテにいた頃は、南海はドカベン、吉田、岩木やらを使って全く固定出来なかったもんな)

ラミレス(巨人)も言っていましたが、日本野球は「捕手からリードを研究する」のが主で、特徴的です。ですから、1人捕手は「配球の傾向を掴みやすい」といえます。二人制なら、それだけで幻惑出来そうです。
今、ホークスは、和田・杉内は山崎、他の先発は細川となっていますが、パリーグ相手なら、たまにこれを変えてみても面白いかと。まぁ、大体、同じくらいの力量の捕手を揃えるという大変さもあるんですけどね。

こういった事を考えるきっかけは実はもうひとつあったんです。昨年、ホークスはドライチで山下を指名しましたが、彼一人にホークスの未来を託すのはちょっと違うのかなと思っています。(彼のメジャー志向も憂慮したうえで)なんといっても、福岡には「梅野隆太郎(福岡大)」という地元出身の打てて、強肩の大型捕手がいます。(体はちっこいけど。いや、大学選手権ではなかなかゴツくなってた)
大学選手権で少し観ましたが、成長著しい梅野(本当に九州の大学って、有力高校選手の順調な成長を成し遂げさせるようになったなぁ。大瀬良もそうだし)と山下を併用するってのが、ホークスの5年後の捕手の理想じゃないかと幸せな妄想をしたんですよね。(その為には、ナベジイルートを使って、ガッチリと囲い込まんと)

山下は左打ち、梅野は右打ちとこのバランスも良いし、悪くない案だと思うんですけどね。ということで、ここから3年間は大瀬良と梅野に注目して、九州大学野球を見ていきます。



スポンサーサイト

テーマ: プロ野球 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

王楽さんお疲れ様です 落合の南海が1番嫌だった…ってのは意外で面白い話でしたね、攻撃重視の香川に 守備の吉田に思われがちですが、香川はラジオの解説を聞いていると、なかなか頭脳的でしたから、今からは考察できないんですがリード面はよかったんじゃないんですかね?(というかか、香川のリード自体をメディアで見る機会が殆どなかったですが…逆に岩木なんかはブルペンで生観戦できる機会がありましたが(笑))

吉田は典型的な捕手で 二割四分から二割五分くらいですが、たまに三打席連続ホームランをやったり、一試合に二度一塁牽制で刺したりと、堅実性と意外性を兼ね備えた捕手として、私は吉田を平均的なレギュラー捕手としての目安としています。

細川の話をすると王楽さんが不機嫌になるかもしれませんが、中日戦のピンチに見せた荒木か井端の時に見せた、内角に身体を傾け、実際ボールが来たら外角に…というフェイントをした時に うーん…細川はさすが…という気分にされました。

問題はフェイントという行為があるわけではなく、あの要所で、中日のベテランが気配を老獪に察知している事を、一つのフェイントをする事で 明らかにベテラン井端(荒木?)はとまどいを感じ、自分の打撃が出来ていませんでした。

しかも、このフェイントを他用する事なく、ポイントでかましているから、非常に有用で、しかも普通はこういう小細工は投げずらいんじゃないか?…というタイプのホールトンは慌てる事なくコントロールを乱すことなく 成し遂げたあたり、試合前の下ごしらえ、ホールトンに与えた信頼感が見えるプレーでした、

今年1番出来が悪かったホールトンだけに、この細川のプレーは鮮やかに映りました、非常に見応えがあるリードでした。
しかしファルケンは去年もやられ、森福もやられ…ナゴヤドームは鬼門と言われますが、やはりマウンドに問題があるんでしょうか?

あえてマウンドを他の球場と違う作りにして、自軍はそこで慣らし、ビジターチームには不利にする…

前述の捕手に対する落合ならば このくらいはする…なんて考え過ぎもしちゃいますね(笑)落合は川崎仕様の右打ちしてましたしね

梅田、 大瀬良と久しぶりに囲い込みしなけりゃいけないですね(笑) 最近は囲い込みが緩いから(元ホークスのスカウト石川辺りに完全に手の内知られ、やられてますね)
もう一度、ホークスはえげつない囲い込みするなぁ…と将来の先入観作らないといけないですね(笑)

ホークスはくじ運悪いし…(笑)当たっても 若田部、内之倉、大場となんか微妙だし…(苦笑)

河西さんのエントリー、スカウトの話題はもっと深く話したいので、また!

ほーくすくす #- | URL
2011/06/17 19:55 edit

Re: タイトルなし

>ほーくすくすさん
> 王楽さんお疲れ様です 落合の南海が1番嫌だった…ってのは意外で面白い話でしたね、攻撃重視の香川に 守備の吉田に思われがちですが、香川はラジオの解説を聞いていると、なかなか頭脳的でしたから、今からは考察できないんですがリード面はよかったんじゃないんですかね?(というかか、香川のリード自体をメディアで見る機会が殆どなかったですが…逆に岩木なんかはブルペンで生観戦できる機会がありましたが(笑))

香川のリードってどんな感じだったんでしょうね。私もいまいち記憶に無い。しかし、コントロール抜群の孝徳と組んで、それなりに勝ててましたから、リードも悪くなかったんじゃないでしょうかね。あれは杉浦さんが山内孝に頼んだらしいですね、ドカを試合に出す為に。「タカちゃんなら、牽制・クイックが巧いから、ドカと組んでやって。」と。本人は、弱肩でキャッチングもよくない、ドカと組むのはイマイチ気乗りしなかったようです。城島と組んでたら、もっと勝てたのにとも言ってました。

> 吉田は典型的な捕手で 二割四分から二割五分くらいですが、たまに三打席連続ホームランをやったり、一試合に二度一塁牽制で刺したりと、堅実性と意外性を兼ね備えた捕手として、私は吉田を平均的なレギュラー捕手としての目安としています。

吉田は南海最後の年は打率も良かった記憶があります。たしか、オールスターにも出たんじゃないかな。これという特長はありませんでしたが、無難な捕手でしたね。ダイエーでは怪我で使えなかったけど。

> 細川の話をすると王楽さんが不機嫌になるかもしれませんが、中日戦のピンチに見せた荒木か井端の時に見せた、内角に身体を傾け、実際ボールが来たら外角に…というフェイントをした時に うーん…細川はさすが…という気分にされました。

多少は・・・。って嘘です。お気になさらず、細川の話でもカブレラの話でもしてください。私はこの試合は、ファーム中継があったので、そっちを見てたんですよ。9時頃に中村・江川が浅尾に稽古つけてもらっている場面だけは観たんですが。(苦笑)
そのワザは、WBCでキューバ戦で城島がやった手ですね。それに気付くってのが凄い。WBCでも「松坂、逆球ばっかりやないか。」って私は怒っていましたから。

> しかしファルケンは去年もやられ、森福もやられ…ナゴヤドームは鬼門と言われますが、やはりマウンドに問題があるんでしょうか? あえてマウンドを他の球場と違う作りにして、自軍はそこで慣らし、ビジターチームには不利にする…
> 前述の捕手に対する落合ならば このくらいはする…なんて考え過ぎもしちゃいますね(笑)落合は川崎仕様の右打ちしてましたしね


かもしれんですね。落合ならやりかねない。今日も雨でファルケンボーグ様のお手がすべって、落ち損ないのフォークをとらえられましたね。まぁ、しゃーないでしょう。こんな事もありますよね。

> 梅田、 大瀬良と久しぶりに囲い込みしなけりゃいけないですね(笑) 最近は囲い込みが緩いから(元ホークスのスカウト石川辺りに完全に手の内知られ、やられてますね)
> もう一度、ホークスはえげつない囲い込みするなぁ…と将来の先入観作らないといけないですね(笑)
> ホークスはくじ運悪いし…(笑)当たっても 若田部、内之倉、大場となんか微妙だし…(苦笑)
> 河西さんのエントリー、スカウトの話題はもっと深く話したいので、また!


強行したら、ウッチーみたいなことになるよって脅しもかまさんといかんですよね。綺麗ごとだけでドラフトは出来んですから。福岡大・九州共立大は最近縁が薄くなっていますからね、ここらでお互いの絆を確かめ合わんと。

王楽太陽 #- | URL
2011/06/18 18:17 edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/564-a1631ed6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。