LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

日本独立リーグから米メジャーリーガーへの輩出? 

先日、昨年末の週刊ベースボールを整理している中で(よくあるように整理よりも読みふけってしまって)、清武巨人代表のコラムで見逃していた情報に出会いました。

それは「米大リーグのチームが、日本人を中心とするアジアの選手をドラフトなりで指名し、入団させるが、育成場所をアメリカでは無く、四国アイランドリーグや北陸BCリーグに派遣し、そこで育ててもらえないかという打診があった」という話です。そして、独立リーグ側は、この話を「NPBとの関係をおかしくしたくない。」との理由から断ったそうです。

ドラフト漏れしたような日本人選手を米国で育てようとしても、言葉の問題などもあり、うまく育たない。それならば、独立リーグを有効活用させてもらえないかということらしいですね。

正直、この話を断るなんて、信じられないほどのミスを独立リーグは犯してしまったと私は思いました。もし、独立リーグ側が恐れたように、これが原因で、NPBが独立リーグのなんらかの邪魔立てをしてきたら、それをマスコミに流すなりで抵抗すりゃ良かったんです。我々、ファンはNPBの横暴を許さないという姿勢をみせて、彼らを応援したと思いますよ。(どれだけの力になれるかは分からないにしても)

少し、横道にそれますが、実際、NPBを経ず、直接MLBに入団してしまった、あるドライチ候補が在籍していたチームがあるのですが、その選手以来、そのチームからは、どこもドラフト指名しないという疑わしき、いやがらせ事例があります。

もしかしたら、ただドラフト候補がいなかったが為かもしれませんが、ドラフト評論家の間では「おかしいんじゃないか?」という声もあがっています。
もし、独立リーグからNPBが指名をしなくなれば、ファンは強く抗議・批判を繰り広げるべきでしょう。それが野球を愛する者の務め、青年に希望を与えるという大人の一番の仕事ではないでしょうか。

話を戻して、独立リーグにしても、この話を受ける事には次のような大きな利点があります。

1 選手人件費等をメジャーに肩代わりしてもらえる。
2 メジャーに選手を送り込めれば、育成能力を評価され、ドラフト漏れした選手などがすすんで、独立リーグ入りを考えるようになる。良い選手が集まり易くなり、それはリーグの実力を高める事になる。もしかしたら、独立リーグからのドラフト1位選手も生まれるかもしれない。(リンク参照)
3 メジャーに上がれるような選手がいるリーグならば、それが観客への格好のPRとなる。

当然、独立リーグ側もこうした事は簡単に予測出来たのでしょうが、それをも上回るプロ野球の影への畏れって一体・・・という気分になります。なんといっても、NPBは独立リーグに全く協力的で無く、各球団自体も独立リーガーに対して、契約金の安い「育成契約」での契約が主という状況です。それなのにここまで気を遣わんといかんとは。プロ野球ファンとして、独立リーグに「申し訳ない」という気持ちに私はなりました。

巨人・清武代表は基本的には、育成の大事さをコラム等でも訴え、そこに軸を置いた編成を行っている、プロ野球のフロントマン・編成担当者では稀有な存在です(私はその点は高く評価しています)。
しかし、そうはいっても、この人はどこかマスコミの「我田引水」的な体質が染み込んでいる為か、野球界やファンをかえりみず、自分勝手な発言をしてしまう人でもあります。この件に関しても、「プロ野球は(断ってもらって)幸運だった。」などとノーテンキな発言をしていました。プロ野球には幸運でも、独立リーグやチャンスを掴もうとする青年には不運なことです。そうした事がなぜ、これだけの人が理解出来ないのか、本当に不思議です。こういったコラムを書くこと自体が、不思議でもありますが。(私が、プロ野球界の人間なら、こんな情報は表に出さない。プロ野球界の恥でもあるから)

ドラフト漏れして、アメリカのマイナー契約でも受けようかという選手は、真のチャレンジャーだと思います。同じように日本の独立リーガーも。本当に最後のチャンスに賭けているんだろうなぁと。そういった青年のあとおし(環境作り)を考えてあげるのは、大人の役割だと思うのです。もういちど、この話、再考してもらえませんかね、独立リーグの関係者の方々。NPBなんか怖くないって。(っていうか、もっとプロ野球を叩ける、スポーツジャーナリスト・ジャーナリズムを作らんと。プロ野球が横暴にならん為にも。重宝されているのは、選手・チームとべったりの太鼓持ちばっかじゃねーか。昔は、週刊ベースボールももっとスキャンダラスだったんだけどなぁ。週刊現代のほうが野球を愛するうえので批判記事が多いじゃねーか)

←あのダウンタウンが出囃しに使用していたこの曲。疾走感溢れる曲調のなかに、大人になりきれない青年の心が印象的なフレーズで描かれています。「明日からの事はわからないまま、知りたくないまま、でも大丈夫」「全てをスタートラインに戻して、ギアを入れなおしている」「本当の事より綺麗な嘘に夢見ている」「たったひとつだけ残された最後のチャンスに賭けている」佐野元春で最も好きな曲です。




にほんブログ村 野球ブログ ストーブリーグ・ドラフトへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ: プロ野球 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/568-181c1e36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。