LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

第一印象はよかったのだが 川上竜平 

川上 竜平(光星学院 青森)
センター 右投げ右打ち

【この打者は!!と思ったのだが】

光星学院の2年生に「田村龍弘」という背は低いが、素晴らしくセンスが良い打者がいたので、そちらをチェックしていたが(素晴らしかった。来年はドラフト候補になるはず)、田村とともにクリーンアップを打つ、この川上も意外にいいんじゃないかと調べてみると、やはり、このセンバツで名を揚げた選手で、ドラフト下位候補にもなっているようだった。右打者で、体格がよく、足が速く、守備が良く(投手をやるほどの強肩)、長打が打てるタイプは希少価値があるというのも手伝っているだろう。


しかし、第一印象を基本的に目安に寸評するのだが、意外に細かくチェックしていくと粗が目立つかなと。

【間がつくるのが下手な印象】

一番に感じるのは、投手との間を作るが下手ではないかなと思う部分だ。ここに「固さ」を感じる。まず、投手とのシンクロが生じていない。タイミングの一致は投手のフォームに合わせて、左足かかとを踏んで、生じさせるものだが、それが全く見られない。

次に左手の使い方が固い。ヒッチしながら、トップに入れており、このタイミングではプロの速い球には対応出来ない。
それでも、ステップする右ひざなどに柔らかさがあれば、なんとかなるが、この部分も固い。しかも、ボールを捉えれば、高い打球を打てるのなら、まだ我慢できるが、彼の打球はライナー気味が多い。イメージ的には、打撃が固くなった、後年の清原の打撃。(すり足時代)これで、ファームで打てるかと問われると、かなり厳しいと言わざるを得ない。

【センターを中心に打てる】

この打者を清原に例えたが、清原の長所であったバットの出し方がセンターを中心に出せている事が似ている。清原は足が速ければ、こういった打撃中心で首位打者なりを取れたと思うほど、バットの出し方の巧さがあったが、その部分が川上にもある。トップからインパクトのバットの軌道は良い。この部分と沖縄出身ならではの身体能力(俺、沖縄選手好きなんだよな)を買って、プロが注目するのもよく分かる。

【評価】-B

阪神に甲斐という選手がいるが、彼が高校生の頃(博多工業)観に行ったが、川上はその時の印象にも近い。甲斐よりも腕の柔らかさがあるが、甲斐が高校生の頃の「モロさ」をどうしても感じてしまったのだ。こういった場合、もうワンステップを踏んでからのプロ入りの方が良いとみる。甲斐同様に守備や足でメシが喰えるタイプだとは思うのだが、やはり、打撃力をもっと磨いて欲しい。




←好きな夏の歌です。海の近くに住んでいる割にサーフィンやらマリンスポーツには興味無いんですが、このバンドのサーフミュージックだけは好きです。
スポンサーサイト

テーマ: ドラフト会議 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/588-cc19d6d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。